「ひとりの悲しみ/ズー・ニー・ヴー」"絵の見える歌詞"に書き換えた別曲が大ヒットした数奇な名曲

詞が命運を分けた…「ひとり悲しみ」 ©STVラジオ

ポプコン出身のシンガーソングライターで"選曲家"としても活躍する松崎真人が、'70~'90年代の日本の曲・日本語の曲を中心にイントロからアウトロまでノーカットでお届けするSTVラジオ『MUSIC☆J』。19時半過ぎにGS(グループサウンズ)の曲を紹介していますが、11月30日は「ズー・ニー・ヴー」というグループの楽曲を取り上げました。この曲、タイトルを聞いてもピンと来る方は少ないと思いますが、メロディラインを聞くと「え?!」と思う方は多いはずです。(文中敬称略)

松崎:1970年リリースのこの曲、エピソードを知ってる方と知ってない方がいらっしゃるので、敢えて説明せずに、まず曲をおかけします。

M07「ひとりの悲しみ/ズー・ニー・ヴー」(19時34分頃OA)

松崎:阿久悠が詩を書いて、筒美京平が作曲で、もう十分に良い曲で名曲の風格もあるんですが、残念ながら今ひとつヒットには及ばなかったんです。でも、プロデューサーの村上司が「もうワン・トライしたい」と言うことで、詞を書き直して、尾崎紀世彦が「ぜひ歌いたい」と言ったのが、「また逢う日まで」ということです。

松崎:「また会う日まで」の詞をわかっている方は頭の中で「あ、こことココが違う」とか思いながら、この曲を聴いたと思うんです。結果論ですが、やはり、売れた「また会う日まで」の方が"絵が見える歌詞"なんですよね。「ひとりの悲しみ」はちょっと観念的というか、頭の中を描いている感じがします。

松崎:やはり「♪ふたりでドアを閉めて、ふたりで名前消して」…これが(歌詞に)あることで、すごく絵が見えるんですね。僕は詩を書くので、そういう風に思いながら「あ~、なるほど」と思いながら聴きました。バック(演奏)は同じドラックを使っていますね。

「また逢う日まで」には様々なエピソードが残されていて、『MUSIC☆J』でも松崎真人がたびたび紹介しています。名曲には逸話が多いのは常ですが、タイトルと歌詞だけが違う"同じ楽曲"が存在する例は多くはありません。1971年のレコード大賞も取った「また逢う日まで」と、不世出の「ひとりの悲しみ」。日本のポップス界の伝説のひとつです。

【編集後記】
「恋しくて/Begin」 いわゆるイカ天が生んだ人気者は多いが、「名曲」「この1曲」という意味ではこの「恋しくて」とFLYING KIDSの「幸せであるように」を挙げたい。奇しくもこの2つのバンドはアミューズ所属となるところがまた興味深い。このあとBeginはマイペースで活動を続け、アミューズも粘り強くプロモーションを続けた。「10年に1曲の大名曲」を生み出せるバンドをサポートし続ける、というのは並大抵のことではない。そしてBeginは見事に結果を出し続けている。アミューズの凄さを感じる。(松崎 真人)

【11月30日のプレイリスト】
M01「ぼくがつくった愛のうた〜いとしのEmily〜/チューリップ」
M02「『いちご白書』をもう一度/バンバン」
M03「乙女座宮/山口百恵」
M04「ふたりはステディ/竹内まりや」
M05「内気なジュリエット/杉真理」
M06「想い出のストロベリーフィールズ/川島なお美」
M07「ひとりの悲しみ/ズー・ニー・ヴー」
M08「すてきなエルザ/ザ・ライオンズ」
M09「あせ/N.S.P」
M10「夕暮れ時はさびしそう/N.S.P」
M11「君と歩いてみたくて/N.S.P」

M12「そのキスが欲しい/沢田研二」
M13「天使よ故郷を見よ/アン・ルイス」
M14「RADIO MAGIC/EARTH SHAKER」
M15「イルカにのった少年/城みちる」
M16「真珠色の涙/城みちる」
M17「桃色吐息/高橋真梨子」
M18「ピンク・シャドウ/ブレッド&バター」
M19「六本木のベンちゃん/ザ・ナンバーワン・バンド」
M20「HOW!ワンダフル/倉田まり子」
M21「君は薔薇より美しい/布施明」
M22「恋しくて/BEGIN」

M23「キラキラ/小田和正」
M24「traveling/宇多田ヒカル」
M25「トラベリン・バス/矢沢永吉」
M26「明日へ/MISHA」
M27「ANNIVERARY/松任谷由実」
M28「空よ/トワ・エ・モア」
M29「この空を飛べたら/加藤登紀子」
M30「難破船/中森明菜」
M31「あのとき・・・・・・/安全地帯」

STVラジオ『MUSIC☆J』(毎週火曜~金曜 19:00~22:00)/RCCラジオ 同時生ネット

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

MUSIC★J
放送局:STVラジオ 他1局ネット
放送日時:毎週火曜~金曜 19時00分~22時00分
※放送局によって日時が異なる場合があります。
出演者:松崎真人(まつざき・まこと):シンガーソングライター、選曲家。北海道札幌市出身。1984年ヤマハポピュラーソングコンテストで優秀賞を受賞し、85年「たわいないトワイライト」でデビュー。92年、佐木伸誘とユニット「Birthday Suit」結成。現在はソロでラジオパーソナリティやライブを中心に活動。
番組ホームページ

リクエストメール:mj@stv.jp
twitterハッシュタグ:#musicj 
(番組OA中は、マニアックな話題で盛り上がります)

70年代~90年代の日本のポップス・日本語のポップスを中心に"厳選かけ流し"でお届け。パーソナリティは、北海道出身のシンガーソングライター・松崎真人。音楽への深い造詣と知識に裏打ちされた含蓄あるトーク、選曲の幅広さでリスナーの支持を全国に広げている。松崎の"微妙な滑舌"も病みつきになります!。
★RCCラジオでも同時生放送(~21:50)

※該当回の聴取期間は終了しました。

佐々木主浩、大谷翔平選手のすごさを語る「レベルが違いすぎて…」

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」。1月22日(土)の放送は、元プロ野球選手の佐々木主浩(ささき・かづひろ)さんをゲストに迎え、お届けしました。


佐々木主浩さん(左)とパーソナリティの丸山茂樹



◆馬主としての顔も

丸山:佐々木さんといえば、現役時代の背番号「22」、1968年2月22日生まれということで、2だらけですね。

佐々木:だから今年は僕の年だと思っているんだよね。競馬も5日(水)に(自分の馬が)走って勝ちましたから。

丸山:佐々木さんって本当に2時22分に生まれたの?

佐々木:本当。だから競馬でも2着が多いっていう(笑)。

丸山:競馬は、地方も全部見に行くんですか?

佐々木:一応、行けたら行きます。

丸山:本物の馬主だ(笑)。

佐々木:テレビだと燃えないのよ(笑)。

丸山:競馬はほとんどやったことがないんだけど、自分の馬って絶対自分で買うんですか?

佐々木:買います! 以前はいろいろ買っていたけど、“なんで人の馬(の馬券)を買って喜ばなきゃいけないんだ”って思いだして。自分の馬で負けたら納得するじゃん?

丸山:なるほど。自分の馬は絶対に1番から買うんですか? 今日ちょっと調子悪そうだなってときは2番くらいにしておこうかなとか?

佐々木:いや、絶対に1番です。頭からしか買わないですよ。

丸山:頭からしか買わない!? さすが、頭を逃した時点で馬券はダメだと。かっこいい、男気だわ。

◆“大魔神”佐々木主浩は、大谷翔平の活躍をどう見る?

丸山:最近の野球界は、大谷翔平選手とかすごいじゃないですか。

佐々木:アメリカに行って、パワーで太刀打ちできたのは大谷選手だけだと思います。

丸山:やっぱり。

佐々木:大谷選手はすごい! 解説のときに「大谷選手のことも言ってくれ」と言われるけど、もうレベルが違いすぎて……解説しづらいよねっていう(苦笑)。それぐらいすごいです。

丸山:以前、槙原寛己さんがゲストに来てくれたときに、「(普通の選手だと)先発した次の日に、ボールを打ったり、バットを振ったり、守備に入ったりできない」って言っていたんですよ。

佐々木:体が張るからね。

丸山:佐々木さんは、抑えとして最後にビシッと決めていましたけど、抑えでも(登板すると)疲労困憊になるわけですよね?

佐々木:次の日は張っているし、それでまた(野手や打者として)やるんだから本当にすごいと思う。ただ、彼がいいのは、右投げ左打ちでしょ? 反対なんだよね。

丸山:バランス?

佐々木:だからバランスは崩れないよね。右投げ右打ちだとそっちばかりだから。

丸山:同じ動きしかしていないということでバランスが悪くなるというか。

佐々木:うん。だから彼は右投げ左打ちというのが、たぶんすごく理にかなっているんじゃないかな。

丸山:僕はゴルフ界の人間ですけど、大谷選手がすごいのはわかります。すぐに国民栄誉賞の授与を打診されて。でも、松山英樹選手は(日本人選手として初めて)マスターズのチャンピオンになっても打診されない理由というのは……。

佐々木:松山選手もすごいことだよ。(昨年)4月で早すぎたんだと思うよ。

丸山:なるほど。でも、最後にZOZO(ZOZOチャンピオンシップ・2021年10月)でバシッと優勝したから、もう1回火がつくかなと思ったんですけどね。

次回1月29日(土)の放送も、佐々木さんをゲストに迎え、お届けします。どうぞお楽しみに!

「AuDee(オーディー)」では、時間の都合上カットしたトーク部分も盛り込んだ「ディレクターズカット版」がアップされています。音声は「AuDee(オーディー)」アプリで聴くことができますので、ぜひそちらもチェックしてください。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年1月30日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY
放送日時:毎週土曜 7:00~7:25
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/moving/

Facebook

ページトップへ