赤江珠緒、人生のターニングポイント

TBSラジオ「Be Style」毎週土曜あさ5時30分から放送!

この番組は、様々な分野で活躍している方々にお話を伺い、未来を生きるための『気づき』や自分らしいスタイルを確立するためのヒントをシェアするプログラムです。

ゲストは、「たまむすび」でお馴染み、フリーアナウンサーの赤江珠緒さん。
TBSラジオリスナーでもある要潤が会いたかった人です!


赤江さんは、兵庫県生まれ、高知県育ち!
幼少期にはまだ瀬戸大橋が無く、両親の実家に帰省する時には、車で香川経由でフェリー関西に渡っていたのだとか。

「だから私の原風景は、高知の太平洋が広がっているイメージです。私は桂浜で溺れかけたことがあって、、、それでテレビ初出演ですね!2、3歳の頃、波に流された所、助けられてニュースになりました(笑)」

神戸の大学に進学し、大学卒業後にABC朝日放送に就職。
その後、2003年、28歳で上京されたのが、赤江さんにとっての人生のターニングポイントでした。

上京理由は、東京支社に勤務し、テレビ朝日の朝番組の司会を1年間務めるというものでした。

「当時ABCで泊まり勤務明けの朝、部長に食堂で話があると呼び出されて。そしたら、”来月から東京で働いてみないか?”って事で。東京で、という事はアナウンス部をクビになるのか?と思ってたんですけど、いろいろ話を聞いてみると、テレビ朝日さんからのオファーで、と。もともと転勤族だったので転々とする暮らしは慣れていたし、関東で暮らした事もないし、1年だったら刺激になって良いかな〜と、あまり深刻に考えずに、東京来てしまいました。」


そもそも赤江さんがアナウンサーを目指したのは、小学校の時、先生に朗読を褒められたことがきっかけでした。

「私、落ち着きがない子で、親にも怒られる子だったんです。でも、小学校の国語の授業で、朗読を先生に褒められて、卒業文集にも、アナウンサーか声優になりたいと書いたんです。それがなんとなく頭に残っていて、大学のときに思い出してアナウンサーになりました」

上京し、東京で朝の顔として3年ほど勤務し、30歳前半で今後の人生について考えるようになった赤江さん。

結婚し東京に行く事を意識し、退職を考えていました。
ですが、その時に新たなオファーが!
出会いに感謝し、フリーになる事を決意されました。

「結婚しても、結局仕事ばっかりしてましたね(笑)仕事好きだし、ご縁を大事にしたいし、期待に応えたいと思ってしまう、良い子な自分がどこかにいたので、それに30代は振り回されましたね。でも、40過ぎてからは、縁は切れてもいいや、とか、ここは嫌われてもいいか!って多少思えるようになりましたね。」


赤江さんは局アナ時代から、スポーツや報道、バラエティなど、様々なジャンルでアナウンサーとして活躍されてきました。
中でも、局アナ3年目ごろから始めた、高校野球の実況は今でも役になっていると感じているのだとか。

「実況って、1人でマイクの前に座って、目の前で起こる試合を見ながらしゃべるんですよね。こんなにも色んな人が携わっている中継で、自分が失敗したら台無しだと思うと怖くて怖くて。下積みとして3年くらい練習してたんですけど、いざ明日から、となったら、夜逃げしたいくらいプレッシャーでした。逃げも隠れもしない、マイクの前での覚悟を教えてもらいました。」

この経験が、今でも様々な仕事をするうえで支えになっている、と赤江さん。

ここで赤江さんから要潤への質問。
"相手のリアクションが分かりながらも、どうやって演技しているの?"

『まずは、台本を読んだ時に客観的にこういうシーンになったら良いなっていう想像をして、それに近づけていきます。その想像が役者同士でズレていたら、監督が直して呼吸を合わせたり。相手のリアクションが分かっていても、どうやったら自然に見えるタイミングか、お互い探り合っていくんです。だから、お芝居って、ちょっと訓練に近いんですよね。』

赤江さんは以前、演技の仕事で20テイク以上も撮り直しがあったそうで、どういうプロセスで演技をすれば良いのか、ずっと気になっていたのだとか。
俳優は、嘘がないように事実を伝えるアナウンサーとは、正反対ともいえる仕事のようです。

来週は、赤江珠緒たまむすび/金曜たまむすび について伺います!

今朝のBe Style Songs …
M1. beautiful people feat. khalid / Ed Sheeran

タグ

【12星座占い】9月23日~10月22日の運勢「魚座(うお座)」の運気は?【マリュたんのマンスリー星占い】



ラジオ発のエンタメニュース&コラム「TOKYO FM+」がお届けする月間星占い「魚座(うお座)」2021年9月23日~10月22日)。LINEトーク占いやWebサイトをメインに占い記事の執筆からコンテンツ監修、占い講師など多岐にわたって活躍中の、“マリュたん”の愛称で親しまれているマリユドゥ(真龍人)が贈る、ひと月を快適に過ごすためのマンスリー星占い。太陽がてんびん座に移動した日からおよそ1ヵ月間の占いです。沖縄県・石垣島の大自然の癒やしのパワーとともに星たちからのメッセージで開運のヒントをお届けします♪ 今月のあなたの運気は……?
(監修:東京・池袋占い館セレーネ所属の占い師・真龍人(マリユドゥ)さん)

石垣島の星空:撮影協力/石垣島星空フォトTERU



9月23日は秋分の日。春分の日から1年がはじまる西洋占星術では、ちょうど1年の折り返し地点となります。23日から始まる1ヵ月は、てんびん座の太陽の祝福を受ける期間。太陽に火星がぴったりと寄り添っているので、いつもよりアクティブになれそうです! 華やかなムードも漂う季節にファッションやコスメなどオシャレの感性も磨いてみては?

9月27日からは水星が逆行を開始するので、コミュニケーションミスや交通機関のトラブルには注意したいところです。

10月6日には、てんびん座で新月が起こり、10月20日には、おひつじ座で満月を迎えます。人と過ごす時間と自分だけの時間のバランスを取ることも、この時期のテーマになりそうです。

また、10月7日には、愛と美の星・金星が一足先に、いて座に歩みを進めるので、恋愛においては相手に寛容になれそうです。金銭面は少しおおざっぱになってしまいがちですので、お財布のひもは引き締めると◎ 星座ごとの惑星からのメッセージを参考にして、てんびん座のシーズンを快適に過ごしてくださいね♪

◆魚座(うお座:2月19日~3月20日)
夏の後半から、たくさんの出会いがあった人も多いのでは? これからの時期は、関係を深めていくサイクルに入っていきます。

太陽は「深い愛情」を示す部屋を運行していきます。何か1つに集中して「極めたい」と感じる人も出てくるかも。

恋愛運は、10月前半までは好調の運気。「この人だ!」と思えるお相手には一歩踏み込んでみましょう。外国人や国際結婚などのご縁もあるかも。

金運は比較的良好。10月20日の満月では、お金に関する努力が花開く可能性も。また、仕事での頑張りが認められて昇給などのオファーもあるかもしれません。

■監修者プロフィール:真龍人(マリユドゥ)
西洋占星術・心理占星術研究家。愛称は”マリュたん”。20代より占星術を学び、社会人経験を経て2017年より対面鑑定、チャット鑑定、メール鑑定を開始。LINE占いコンテンツ「石垣島の宿命師 マリユドゥ」の監修も手掛ける。2019年に拠点を石垣島へと移し、西洋占星術とタロットを組み合わせ、お客様の明るい未来を創るサポートに日々励んでいる。占い講師としても活動中。
個人サイト:https://linktr.ee/Maryudu
Webサイト:https://selene-uranai.com/
LINEトーク占い:http://nav.cx/Wf4Thhj/

Facebook

ページトップへ