イチゴの糖質は100gあたり7g!?まさかの少なさに滝沢カレンが解答を疑う「そんなわけない」

TBSラジオ『パンサー向井の#ふらっと』毎週月曜日~木曜日 朝8時30分から放送中!

1月23日(月)の放送はイチゴ特集!今後、注目のイチゴの品種について伺ったのですが、その前にGAG・ひろゆきさんによるイチゴクイズ。向井さんと月曜日パートナーの滝沢カレンさんが挑戦しました。

クイズの答えを認めようとしない滝沢カレン

<問題>

【フルーツの100gあたりの糖質。マンゴーは100gあたりおよそ15.6g。バナナは100gあたりおよそ21.4g。では、いちごの糖質は100g当たり何gでしょう?】
滝沢:これ、どっちに転がるかですよね。"

ひろゆき:そういうことですね。

向井:バナナは1/5ぐらいが糖質なんですね。高めなのかな。

ひろゆき:そうですね。

向井:これカレンさんから答えてください

滝沢:なんでですか?なんで?

ひろゆき:逆張りする気ですよ。

滝沢:えー!

向井:俺はなんとなくこっちだろうな、ってのがあるんで。

滝沢:あるんですね。

向井:おそらくこっちだろうな、っていうのがあります。俺の理論言っちゃうと、逆に真似されちゃう可能性がある。

滝沢:うわ。ずる。

向井:そちらから言ってください。

滝沢:51.1g

向井:すごい糖質

ひろゆき:ほぼ角砂糖。

一同:(笑)

向井:51で良いですね?"

滝沢:15

一同:(笑)

向井:いやいや全然違う

ひろゆき:マンゴーと同じぐらい。

せっかくならイチゴの1と5を入れてあげたいな、と思ったので。

向井:そういう事ね。

滝沢:でも51って、そっか。砂糖になっちゃうのか。

ひろゆき:まあ半分ぐらいが糖質になります。

滝沢:でも、半分糖質、半分水分っていうフルーツもありそうですよね。

滝沢:確かに。

向井:ほうほうほうほう。じゃあ51?

滝沢:ごめんなさい。じゃあ32。

向井:1、5、入れないんじゃない(笑)

滝沢:もうやめます。32g。

向井:32ね。俺は正直逆だと思ってるんです、この問題。「甘さです」って言ってるんですよ。「もう一つのイチゴの人気の理由は甘さ」です。って言って問題にするわけですから、言ってるけど、糖質は低いですよ、甘味感じられるのに糖質低いすごく良いフルーツなんですよ、っていう紹介の仕方だと思ってるんですよ。なので、マンゴーよりも低い1桁台。9。

ひろゆき:なるほど!

滝沢:絶対違うと思います。

向井:いいです。それは答え聞いてからにしましょうや。

ひろゆき:正解は………7.1g!!

滝沢:えー!?

向井:よっしゃい!

滝沢:絶対違いますよ。

一同:(笑)

向井:違いまず、じゃなくて。

滝沢:絶対違う。そんなわけない。

向井:そうなんだって。"

滝沢:そのイチゴが、って事ですか?

向井:いや、1個だけの話じゃなくて!そこがすごい、って話なんだって。

滝沢:そこが凄いってなんですか?

向井:甘いけど糖質が低いです、っていう、おすすめの仕方をしたいに決まってるじゃないですか、こういうのって。

ひろゆき:そういう事なんです。イチゴは甘いフルーツの中で、糖質が意外に低く、脂質はゼロということで健康志向の方の強い味方となっている、という。

滝沢:絶対違う…。

一同:(笑)

専門家に聞いた!イチゴ新品種の注目株は「とちあいか」!

ひろゆき:イチゴの新しい品種で注目株は何ですか。という事をお聞きしたところ「とちあいか」。

滝沢:あー!

向井:知ってます?

滝沢:知ってます。知ってます。

ひろゆき:最近ニュースでも話題になりました。

向井:「とちおとめ」はもちろん知ってますけど。

ひろゆき:栃木県の知事の一言で注目を集めている品種なんですけども、栃木県のイチゴといえばとちおとめが有名ですが、2027年までに栃木県全体の生産の8割を「とちあいか」に切り替えます、と知事が宣言されました。この「とちあいか」特徴といたしましては、ハート型の断面。いちごミルクのような幸せ感があふれる甘み。酸味は少なくお花のような独特の香りがあるそうです。とちおとめよりちょっと早く収穫ができて、収穫量も「とちあいか」の方が多く見込めるとかいろいろな条件があるようで、こちらの「とちあいか」栃木県のイチゴにしていくということなので、本日スタジオにご用意いたしました。先ほどクイズで正解に近かった向井くんに食べていただきたいと思います。

向井:これがご褒美という事ですね。

滝沢:良いなあ。良いご褒美ですね。

向井:ありがとうございます………。甘い!確かにミルキーな感じも若干あるかな。しかもこれで糖質が低いわけでしょう。

ひろゆき:7g

向井:7gですから何個食べてもね。

滝沢:………。

ひろゆき:カレンちゃん、おっちゃんいらんから食べ!おっちゃんいらんから。

向井:それをやり始めたらもう…

滝沢:普通に仕事として食べます。

向井:ダメだって。仕事としてだったら食べちゃ駄目です。クイズで正解しないと食べられないっつってんだから。

滝沢:味の紹介として…

仕事だったら断らないと。

一同:(笑)

タグ

みちょぱ、広瀬すずへのご法度な展開に「やっちゃった~!と思いながらも、心の中で……」

1月29日(日)、みちょぱこと池田美優がパーソナリティを務めるラジオ番組「#みちょパラ」(ニッポン放送・毎週日曜22時30分~23時)が放送。自身が出演した『櫻井・有吉THE夜会』(TBSテレビ系)での一幕について語った。

「やっちゃった~!」と『櫻井・有吉THE夜会』出演時のエピソードを語るみちょぱ

「ゲストに同い年の広瀬すずちゃんが来て。キックボクシングを習っているという話から、『強くなりたい』『同い年の那須川天心さんに教えてもらいたい』みたいな流れになって。

よくゲームセンターにある“パンチングマシン“をスタジオに用意して。「まず、(パンチ力が)どれぐらいか一度やってみよう」という話になったんですよね。

平均のスコアが、女性で20、男性で40って言ってたかな? さっそく広瀬すずちゃんがやってみたら、29とかで『平均より全然上じゃん!』って盛り上がって。

確かに、姿勢もすごくきれいで『さすが習っているだけのことはあるね~』みたいな感じで……」

広瀬のスコアを見て、誰もが称賛するような空気に。そんな中、ほかの出演者に促される形でみちょぱも挑戦してみると……。

「あたし、今まで(パンチングマシンを)やったことなくて。『パンチって、どうやって前に出したらいいのかな?』みたいなレベル。

だから、思うままにやってみたら、え~っと、31ですか……?(笑)

もう最悪だよね。メインゲストのスコアを上回るっていう……。ボクシング習ったことないのよ?1回も(笑)『最悪~!』『やっちゃった~!』って思いつつも『え、あたしってこんなに強かったっけ?』みたいな。

そのときに、天心君とかにも『(みちょぱは)ストリート育ちな雰囲気が出ていますね』みたいに言われて。有吉さんも『昔を思い出せ!』って言ってきたけど、何もないから(笑)」

自分でも予想外の数字が出て、ゲストの記録を超えてしまう展開に慌てたみちょぱ。思いがけず自分のパンチ力を知らしめるような結果になり、「まさかでしたね~」と驚いたことを明かしていた。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ