イチゴの糖質は100gあたり7g!?まさかの少なさに滝沢カレンが解答を疑う「そんなわけない」

TBSラジオ『パンサー向井の#ふらっと』毎週月曜日~木曜日 朝8時30分から放送中!

1月23日(月)の放送はイチゴ特集!今後、注目のイチゴの品種について伺ったのですが、その前にGAG・ひろゆきさんによるイチゴクイズ。向井さんと月曜日パートナーの滝沢カレンさんが挑戦しました。

クイズの答えを認めようとしない滝沢カレン

<問題>

【フルーツの100gあたりの糖質。マンゴーは100gあたりおよそ15.6g。バナナは100gあたりおよそ21.4g。では、いちごの糖質は100g当たり何gでしょう?】
滝沢:これ、どっちに転がるかですよね。"

ひろゆき:そういうことですね。

向井:バナナは1/5ぐらいが糖質なんですね。高めなのかな。

ひろゆき:そうですね。

向井:これカレンさんから答えてください

滝沢:なんでですか?なんで?

ひろゆき:逆張りする気ですよ。

滝沢:えー!

向井:俺はなんとなくこっちだろうな、ってのがあるんで。

滝沢:あるんですね。

向井:おそらくこっちだろうな、っていうのがあります。俺の理論言っちゃうと、逆に真似されちゃう可能性がある。

滝沢:うわ。ずる。

向井:そちらから言ってください。

滝沢:51.1g

向井:すごい糖質

ひろゆき:ほぼ角砂糖。

一同:(笑)

向井:51で良いですね?"

滝沢:15

一同:(笑)

向井:いやいや全然違う

ひろゆき:マンゴーと同じぐらい。

せっかくならイチゴの1と5を入れてあげたいな、と思ったので。

向井:そういう事ね。

滝沢:でも51って、そっか。砂糖になっちゃうのか。

ひろゆき:まあ半分ぐらいが糖質になります。

滝沢:でも、半分糖質、半分水分っていうフルーツもありそうですよね。

滝沢:確かに。

向井:ほうほうほうほう。じゃあ51?

滝沢:ごめんなさい。じゃあ32。

向井:1、5、入れないんじゃない(笑)

滝沢:もうやめます。32g。

向井:32ね。俺は正直逆だと思ってるんです、この問題。「甘さです」って言ってるんですよ。「もう一つのイチゴの人気の理由は甘さ」です。って言って問題にするわけですから、言ってるけど、糖質は低いですよ、甘味感じられるのに糖質低いすごく良いフルーツなんですよ、っていう紹介の仕方だと思ってるんですよ。なので、マンゴーよりも低い1桁台。9。

ひろゆき:なるほど!

滝沢:絶対違うと思います。

向井:いいです。それは答え聞いてからにしましょうや。

ひろゆき:正解は………7.1g!!

滝沢:えー!?

向井:よっしゃい!

滝沢:絶対違いますよ。

一同:(笑)

向井:違いまず、じゃなくて。

滝沢:絶対違う。そんなわけない。

向井:そうなんだって。"

滝沢:そのイチゴが、って事ですか?

向井:いや、1個だけの話じゃなくて!そこがすごい、って話なんだって。

滝沢:そこが凄いってなんですか?

向井:甘いけど糖質が低いです、っていう、おすすめの仕方をしたいに決まってるじゃないですか、こういうのって。

ひろゆき:そういう事なんです。イチゴは甘いフルーツの中で、糖質が意外に低く、脂質はゼロということで健康志向の方の強い味方となっている、という。

滝沢:絶対違う…。

一同:(笑)

専門家に聞いた!イチゴ新品種の注目株は「とちあいか」!

ひろゆき:イチゴの新しい品種で注目株は何ですか。という事をお聞きしたところ「とちあいか」。

滝沢:あー!

向井:知ってます?

滝沢:知ってます。知ってます。

ひろゆき:最近ニュースでも話題になりました。

向井:「とちおとめ」はもちろん知ってますけど。

ひろゆき:栃木県の知事の一言で注目を集めている品種なんですけども、栃木県のイチゴといえばとちおとめが有名ですが、2027年までに栃木県全体の生産の8割を「とちあいか」に切り替えます、と知事が宣言されました。この「とちあいか」特徴といたしましては、ハート型の断面。いちごミルクのような幸せ感があふれる甘み。酸味は少なくお花のような独特の香りがあるそうです。とちおとめよりちょっと早く収穫ができて、収穫量も「とちあいか」の方が多く見込めるとかいろいろな条件があるようで、こちらの「とちあいか」栃木県のイチゴにしていくということなので、本日スタジオにご用意いたしました。先ほどクイズで正解に近かった向井くんに食べていただきたいと思います。

向井:これがご褒美という事ですね。

滝沢:良いなあ。良いご褒美ですね。

向井:ありがとうございます………。甘い!確かにミルキーな感じも若干あるかな。しかもこれで糖質が低いわけでしょう。

ひろゆき:7g

向井:7gですから何個食べてもね。

滝沢:………。

ひろゆき:カレンちゃん、おっちゃんいらんから食べ!おっちゃんいらんから。

向井:それをやり始めたらもう…

滝沢:普通に仕事として食べます。

向井:ダメだって。仕事としてだったら食べちゃ駄目です。クイズで正解しないと食べられないっつってんだから。

滝沢:味の紹介として…

仕事だったら断らないと。

一同:(笑)

タグ

タレント業と農作業を両立 加藤紀子が目指す姿は「生産者の頑張りを伝える“真ん中の人”」

日曜日の昼下がり、静かな通りに佇む一軒の店「your time」に集うお客様たち。カウンター越しには、それぞれの個性あふれる物語が聞こえてきます。パーソナリティのチャンカワイがお届けするTOKYO FMのラジオ番組「ヱビスビール presents Color Your Time」。

2月4日(日)、2月11日(日・祝)放送回のゲストは、タレント業と並行して自身の畑で農作業に打ち込む加藤紀子さん。自分時間「my time」にまつわる物語をひも解いていきます。

(左から)パーソナリティのチャンカワイ、加藤紀子さん


◆ロケの仕事で意識していること 

チャンカワイ:電波に乗せて話すのは初めてなんですけども、相方と事務所で紀子さんのVTRを観たんです。ロケの進め方とかコメントの落とし方を勉強していたんですよ。好きという気持ちを濃く伝えることで、相手も幸せになるんですよね。

加藤:ロケは完全にそうですね。話を伺っている方がいかにリラックスするか、そして、どうすれば趣旨に沿ったお言葉をもらうようにするかを意識しています。

チャンカワイ:すごい。

加藤:どこに国に行ってもどこの県に行ってもそう。

チャンカワイ:そうですよね。「共有力」って言うんですかね?

加藤:なんだろうね? もちろん「全面に紀子!」と思っていた時代があったかもしれないけれど、それだと何も伝わらないっていうことに気がついたんだと思う。とにかく「楽しい」ことしかない現場にしようと思っていて、たとえば微妙な空気だったとしても「自分がこう思えばいいのか」と考え方を変えたりします。

チャンカワイ:なるほど!

加藤:(なぜかと言うと)本当に単純な話で、仕事が終わって家に帰ったとき、1杯目のおいしいビールが飲みたいの(笑)。

チャンカワイ:(笑)。仕事のときにピリオドを打つんじゃなくて、その先を(考える)。

加藤:そうそう。

(左から)加藤紀子さん、パーソナリティのチャンカワイ


◆「好き」の背景を知ることは大切 

チャンカワイ:いろいろなお料理、畑、なんなら作っている生産者と向き合うこと。それが自分の力になっているのでしょうか?

加藤:はい。今までなにも知らないでおいしいとか言っていたし、どう作られているのかっていう背景に一切気付いていなかった。だけど、好きの背景を知ったことで、その作り手の人たちに寄り添うことができるから、より味わって食べられるようになった。どういう大変な思いで作っているのか、ちょっと汲み取れるようになってきて。

チャンカワイ:(農作業を)やっているからわかることですね。

加藤:きっと、かける言葉も変わってきたと思う。ありがとうの重さというか、強さも変わってきているはず。

チャンカワイ:たしかに。

加藤:でも、まだ足りない。生産者さんにも会って、私がその頑張りをお伝えする“真ん中の人”になりたいと思うし、野菜の本を書きたいなとも思います。

チャンカワイ:今の「好き」をもっとブラッシュアップしながら、みんなのスピーカーになりたいという思いがあるんですね。

加藤:まさにそうです。

この続きはポッドキャストでどうぞ!

<番組概要>
番組名:「ヱビスビール presents Color Your Time」
放送日時:日曜 14:55~15:00
パーソナリティ:チャンカワイ

Facebook

ページトップへ