元ドラゴンズ山﨑武司氏が語った「高木守道監督との思い出」

TOKAI RADIO『Live Dragons!』(月18:00~19:00 火~金17:15~19:00 DJ平松伴康)水・木の『HOMERUN GARAGE』(ホームラン ガレージ)のコーナーでは、プロ野球通算403本のホームランを記録し、ドラゴンズなどで活躍したプロ野球解説者・山﨑武司氏が、野球人生での思い出ばなしなどを語っている。時には、趣味(クルマなど)の話も交えて、自身の大きな「GARAGE」に詰まった話を披露している。

「最終的にはすごくお世話になった監督だが、1回目の(ドラゴンズの)監督時代は、自分は非常につらい立場だった。今は70人枠に入っていればいい(1997年~)が、以前(1992年~1996年)は、40人の1軍枠に入らないと、1軍の試合に出られなかった。40人枠から外れると、1軍に行くチャンスがなくなるが、自分が2軍である程度の成績を残したのに、40人枠から外されたことがあった」

「そのとき、当時の福田2軍監督に『辞めさせてもらいます』と言いに行った。福田監督には『絶対に入れ替えはしてやるから、とにかく、圧倒的な成績を(2軍で)出せ』と言われた。納得して、2軍でいい成績を出して、入れ替えの時期が来た。替われるなと思っていたら、なんと、デッドボールで骨折して、1軍へ行けなかったという苦い思い出がある」

「高木さんは本当に野球が大好きで、野球のことに関しては、自分の意見は絶対に曲げないという人だった。ただし、高木さんにハマる人だといいが、ハマらないと難しかったかなというところはある」

「僕が楽天を退団したときに、高木さんが再びドラゴンズの監督になった。当時の編成担当に、ドラゴンズ入りを打診したら『それは無理だぞ。だが、一応(高木監督に)訊いてみる』と言われた。そのとき高木さんが『いいよ。帰ってくればいいじゃないか』と言ってくれて、ドラゴンズで最後の2年お世話になった。高木さんに、最後、救ってもらった感謝はある」

高木さんも、ファンのためにドラゴンズを何とかしたいという思いがあった。僕もドラゴンズで長くやっていたということで『まだ余力があって、ドラゴンズファンのために、盛り上げたいという気持ちがあるなら帰ってこい』ということだったと思う」

「レギュラー争いのライバル、ブランコと勝負させてもらった。自分がオープン戦で打って、開幕スタメンも勝ち取った。そういう意味では、実力主義でやらせてもらった」

「高木さんは憎めない人というか、素をそのまま、悪気なく言っちゃう人。一番びっくりしたのは、7月に監督のところへ『今シーズンで引退させてもらいます』と言いに行った。普通なら、27年目の大ベテラン選手の引退報告に対して『そうか、わかった』それに続くねぎらいの言葉があるかなと思ったら、そのとき、巨人との試合で負けた直後で、頭がカッカしていたこともあったのか『あ、そう』の一言でおわり」

「それを聞いて『おい!』みたいな感じになったが、でも、それも高木流なんだなと思って、全然、カチンとこなかった。最後まで、高木節だったなあと思った。高木さんはドラゴンズOBの大先輩。そういう先輩に追いつけ、追い越せ、肩を並べたいという思いでやっていた。到底、高木さんの成績には行けなかったが、成績として3つぐらい、上回ることができたので、自分では少しうれしいなという気持ちがある」と語った。

Live Dragons!
放送局:TOKAI RADIO
放送日時:毎週月曜~金曜 17時15分~19時00分
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

魅惑の ”ヴェルベット・ヴォイス” 野田幹子の魅力をノンストップでお届け!『こだわりセットリスト・特別編』

"こだわり" 選曲をノンストップでお届けする『こだわりセットリスト・特別編』。5月23日(木)19:00~は『野田幹子特集』を放送します!

1987年デビューのシンガーソングライター・野田幹子。彼女の魅力は何といっても「ヴェルベット・ヴォイス」と称されるその優しく伸びやかな歌声。キャッチーで洗練されたサウンドと相まって、聴くものに「癒し」と「心地よさ」を与えてくれます。

今回、特集するにあたって改めてアルバムをじっくりと聴き直しましたが、その完成度の高さに驚かされたと同時に、時代・世代を越えた普遍的な魅力を感じることが出来ました。現在は歌以外にもソムリエ、文筆業など、マルチな活動を展開する彼女ですが、その類稀な才能を生かして、もう一度音楽シーンの第一線で活躍してほしいと願う今日この頃です。

今回は、アルバムナンバーを中心に、彼女の魅力満載のセットリストでお届けします。どうぞご期待ください!

※セットリストの詳細については番組HPでご確認ください。

Facebook

ページトップへ