吉幾三、弟子・真田ナオキの番組で、爆笑トーク炸裂!

吉幾三が東海ラジオ『26時の歌謡曲』7月10日の放送に出演した。(木曜深夜担当)番組パーソナリティは弟子の真田ナオキ。吉は、緊張気味の真田に対し、爆笑トークの連続で、真田を笑いっぱなしにさせた。

番組のオープニングから登場した吉は、いきなり「おこんばんは」とリラックスムードを醸し出し、近況を聞かれると「一日ボーっとしている。(真田の担当)ディレクターから、次の曲はまだですか、と言われるが、何にも浮かばん」と答えた。さらに、真田と初めて会った時のことを覚えているかと聞かれ「覚えているわけないだろう、2日経ったら嫁の顔も忘れるのに」と笑いを誘っていた。

そして「こんなに自宅にいたことはない。嫁とこんなに長く一緒にいたことはない。これまでは、嫁といるときは、次に何を言われるかビクビクしていたが、今は毎日一緒にいるので、何を言われるかわかるので、そんなにビクビクはしていない」そうだ。また、自宅にいる時間が長く、いつも座っているマッサージチェアがギシギシ言い出したので、分解して油をさして組み立てようとしたがうまくいかず「嫁に怒られ、新しいものを通販で買う予定」だそうだ。

次に、五木ひろし、山本譲二、北川大介と回ったゴルフの話で、五木のゴルフについて、吉は「枯れた、いいゴルフをする」とほめ、アメリカでプロテストに合格している北川については「それほどうまくない」と感想を述べた。盟友の山本と吉自身については「ほとんどフェアウェイにいないので、五木さんは、声かけなきゃよかったと思っているにちがいない」とした。さらに吉は「ゴルフは人生そのもの。山本と俺は谷底ばかり」と笑わせた。

真田は、最近ゴルフを始めた。そして、吉の姿を見て、ギターもはじめたとのこと。ギターについて聞かれると吉は「だだ、引いてりゃいいんだよ」としながらも、将来的には(吉のように)曲作りもしたいという真田に対し「演歌・歌謡曲を作るときはギター。ポップスなどは鍵盤(ピアノやシンセサイザー)で作る。歌う人に合わせて曲を作るが、いろんな人と話をする中から、ことばを探して、そのことばから物語をつくる」と、曲作りのコツも披露した。

吉は、ギターを30本ほど持っているそうだが、いつも使っているものは2本だという。そこで、吉から真田に「ギター、あげるよ」という提案があった。真田がここぞとばかりにお願いすると、吉は「何十万円もするギターもある。10万円ぐらいのものをあげようとは思っているが、まずは、ウソでも、買いますぐらい言えよ」と言い、真田が「出世払いで」と答えると「死んじゃうよ」と返し、またまた笑いを誘っていた。

番組の最初から最後まで出演して、弟子の番組を盛り上げた吉は、4月に新曲「百年桜」を発売した。しかし、コロナ禍でキャンペーンやコンサートができない状態が続いている。世間からは、金持ちと思われている吉だが「ほぼ飲んじゃったので、金持ちじゃない。さらに会社を3社持っていて、このご時世で維持していくのは大変。助けてくれ」と最後は嘆き節で終わった。しかし、嘆きも含め爆笑トーク全開の1時間だった。

26時の歌謡曲
放送局:東海ラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 26時00分~27時00分

※該当回の聴取期間は終了しました。

『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』など新作映画を紹介『シネマ 銀幕の夜』

Photo by Robert Palka ©2019 Film Produkcja All rights reserved

8月14日(金)放送の『シネマ 銀幕の夜』は、新作映画を2本ご紹介します。両作品とも、3組6名様へチケット(劇場鑑賞券)のプレゼントもありますよ。どうぞお楽しみに!

Facebook

ページトップへ