プロ野球解説者・山﨑武司が総括「4月の中日ドラゴンズ打線」

東海ラジオ『ドラゴンズステーション』4月30日の放送で、プロ野球解説者の山﨑武司氏が、開幕から1か月余りが過ぎたところで、中日ドラゴンズの打線について振り返った。

「打撃陣、復調の兆しは?」というテーマでコメントを求められた山﨑氏は「一時の不振は脱した。ビシエドが戻ってきて変わった。ただ、今のままではまずい。個人のレベルアップをしていかないと、優勝争いはむずかしい」とした。

続いて、個々の選手について「ビシエドはもっと上がってくるだろう。暖かくなってくると体が動くようになる。大島もよくやっている。全く心配ない。高橋周平も卒なくやっているが、求められている大きいのが、まだまだ打てない。あまり、大きいものをと言い過ぎてもいけないが」

新外国人ガーバーについては「あまり暴れた打ち方はしない。バットにボールを当てる技術はまあまあある。逆の話をすると、今のドラゴンズが一番期待している長打は少ないだろう。バッティングのシルエットがカッコイイ。打ち方がスマート。均整の取れた体つきをしている。期待したい」と解説した。

京田については「前よりよくなったが、打ち取られたときの内容が物足りない。一打席いい打ち方をしたと思ったら、次の打席で全く違うことをやる。バッティングは天才的」とした。

一方で、阿部については「頭の中の大半をインコースが占めている。何とかインコースを打とうとして、ボール球にも手を出している。おしりを引いて打っているので、アウトコースが遠くなる。去年、いいときには、右中間に大きな当たりを打っていた。今の調子が続くなら、一度、2軍に落とすことも考えたほうがいい。しっかり調整して、また1軍に上がってきても十分に間に合う」

また、根尾については「この1か月で明確になったことは、速いピッチャーが打てないということ。力負けしている。変化球にはうまく対応しているので、バットコントロールはいいが、力のある速い球に、力強く打とうとすることで、ストライクゾーンが広くなったり、高めの強い球とけんかして負けてしまっている。それが、この1か月で見えてきた」と分析した。

ドラゴンズは、4月終盤、首位阪神に2勝1敗と勝ち越し、続く、巨人との2連戦を連勝して、調子を上げてきている。5月はいいスタートを切った。2日は試合がなく、3日からバンテリンドームナゴヤで、ベイスターズと3連戦を行う。

ドラゴンズステーション
放送局:東海ラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 17時15分~18時00分

※該当回の聴取期間は終了しました。

90年代初めの"サブカル・バンド"にはプレッシャーになった「浪漫飛行」の大ヒット

「宝島」を読んで悦に入っていた青春時代 ©STVラジオ

シンガーソングライターの松崎真人が、'70~'90年代の日本の曲・日本語の曲を厳選かけ流し(イントロからアウトロまでノーカット)でお届けするSTVラジオ『MUSIC☆J』。5月8日は、10曲目~12曲目の「つながり」にフォーカスします。

☆10曲目「浪漫飛行/米米CLUB」

松崎:言わずと知れた1990年度のオリコンで年間2位。米米CLUBの中でも特大級のヒットでございます。クレジットを見ると、アレンジが中崎英也で共同クレジットになってるんですね。作曲が米米CLUBアレンジがで米米CLUBと中崎英也というクレジットなので、こういう場合は往々にして、どこからが作曲でどこからが編曲かあまりこだわらないというパターンが多いんですけど、そうでないと当時、浪漫飛行が出るまで米米CLUBは、16ビートのファンクをやって、同時にステージでは面白いことをやって、シュールな前衛芸術なのか?お笑いなのか?というギリギリを攻めるマニア受けのバンドだと思われていたわけです。でも大所帯のバンドを維持するには、どっかでブレイクというか大ヒットが欲しいとうことで、狙って大トッと言うのはなかなか生まれないんですが、ここは狙って取ったというのはスゴいですね。

松崎:で、これ(浪漫飛行)も"元歌"がある曲でして、次の曲も同じ元ネタです。

☆11曲目「トゥナイト/佐野元春」

松崎:当時、佐野元春さんが自分でやっていた雑誌やFM番組の色んな情報を加味すると、恐らく、米米CLUBの浪漫飛行と同じ元ネタにスゴく触発されてるんじゃないかと思います。きょうは"3段逆スライド"でもう3曲目で元歌に行ってしまいます。「トゥナイト」の2年前のヒット曲ですね。歌詞で描かれている情景を含めて、同じニューヨークを描いている曲です。そこら辺も共通するんじゃないかと思いますね。

☆12曲目「STEPPIN’OUT/JOE JACKSON」

松崎:もうメロディーのどこを取って、どこをパクったとか、そういう次元じゃないんですよね。この単調な割とマシン的なリズムにシンセベースを♪ドンドンドンドンって行く感じ。で、米米CLUBの浪漫飛行が技ありなのは、全然テンポが違うんです、いま聴くと。元春さんの曲もそうですし、音の各要素で少しずつJOE JACKSONの良さを取り入れてるんですけど、やはりメロディじゃないというところと、小技の効かせ方に日本的な遊び、日本語の遊びが高等戦術として使われているところが、それぞれスゴいなと思うところです。

松崎:ちょっとだけ付け足すと、「浪漫飛行」とか「君がいるだけで」で米米CLUBが売れたコトって言うのは、同系統の「劇団系」とか「アート系」「パフォーマンス系」の(いわゆるサブカルチャー系)バンドが、"あなたたちも米米CLUBのように大きく売れて欲しい"というプレシャーを与えられる大きな遠因になっていたんです。例えば、「メンズ・ファイブ」とか、浜田麻里さんがいた「モダン・チョキチョキズ」とか、放っておいてもらえたら面白く活動が続けられたのに、「浪漫飛行」的な成功を、当時、90年代後半とかCDがパカパカ売れていた時代には、そういう面白いことやってるバンドにも大きいヒットを望むみたいな風潮がございまして、その白羽の矢が立ったバンドには、それなりに苦労したということです。これは"実話"込みでございますですね。

<5月8日のプレイリスト>
M01「Get Wild/TM Network」
M02「Dear My Friend/Every Little Thing」
M03「深い森/Do As Infinity」
M04「プリティー・プリティー/石野真子」
M05「恋のバッド・チューニング/沢田研二」
M06「ごはんができたよ/矢野顕子」
M07「五月のバラ/鹿内孝」
M08「飛んでイスタンブール/庄野真代」
M09「ペガサスの朝/五十嵐浩晃」

M10「浪漫飛行/米米CLUB」
M11「トゥナイト/佐野元春」
M12「STEPPIN’OUT/JOE JACKSON」
M13「青空のある限り/ザ・ワイルドワンズ」
M14「忘れ得ぬ君/ザ・テンプターズ」
M15「愛の挽歌/つなき&みどり」
M16「HURRY GO ROUND/hide with Spread Beaver」
M17「恋のマジックポーション/すかんち」
M18「丸ノ内サディスティック/椎名林檎」
M19「君は風/佐々木幸男」
M20「雨が空を捨てる日は/中島みゆき」

M21「ダンシング・オールナイト/もんた&ブラザーズ」
M22「紳士同盟/薬師丸ひろ子」
M23「泣かないで/舘ひろし」
M24「十戒(1984)/中森明菜」
M25「シャツのほころび涙のかけら/NSP」
M26「決められたリズム/井上陽水」
M27「ジュテー厶/坪倉唯子」
M28「ハナミズキ/一青窈」
M29「ホンダラ行進曲/ハナ肇とクレイジー・キャッツ」
M30「もうひとつの土曜日/浜田省吾」

<松崎真人の編集後記>
「恋のバッド・チューニング/沢田研二」。あの「TOKIO」の次のシングルとして制作陣のプレッシャーは大きかったと思うが、それを聴き手に悟らせない遊び心溢れる楽曲。女性コーラスにあのパタパタママで有名な「のこいのこ」さんを起用していたことは今回初めて知った。男と女は「ズレてる方がいい」というコンセプトは2021年にも通用するかも。

STVラジオ『MUSIC☆J』(毎週土曜 18:00~21:00)
 

Facebook

ページトップへ