「花屋は40歳になっても諦められなかった僕の夢」花屋「Le26(ルヴァンシス)」・長友裕修さんの未来を変えた信念とは

高島麻衣子がDJを務めるFMヨコハマ『プラする〜あなたにプラスするラジオ〜』[1月22日(日)、1月29日(日)放送]に花屋「Le26(ルヴァンシス)」・長友裕修さんがゲストで登場。高島麻衣子がDJを務めるFMヨコハマ「プラする〜あなたにプラスするラジオ〜」[1月22日(日)、1月29日(日)放送]に花屋「Le26(ルヴァンシス)」・長友裕修さんがゲストで登場。

長友さんは、1969年生まれ、リゾート運営会社に入社し国内ホテル事業を経て渡仏。帰国後、米国ファンド会社に転職しM&A事業を担当しますが、花屋の夢を諦めきれず、独立に向け生花仲卸会社に転職したのち米国法人設立のため渡米。帰国後「週末だけの花屋」を副業開店、軌道に乗ったタイミングで独立、現在は大田区で「Le26(ルヴァンシス)」を開業しています。

店名の「Le26」は、長友さんが副業で花屋を始めて「将来僕は花屋になるんだ」と決心した26歳の「26」にフランス語の冠詞「La」を組み合わせて「ルヴァンシス」、当時26歳だったご自身の若い志へのオマージュが込められているそう。

花屋とは全く違う業界で働き、多くの経歴が持ちながら、花屋の夢を叶えた長友さんは「過去は変えられないけど、未来は常に変えられる。自分を信じて、やりたいことがあるんだったら、その信念を持ち続けることって大事だなって思います。」と座右の銘を教えてくれました。

花屋の夢をかなえるために長い道のりを歩んできた長友さんが今思うこととは?「僕が花屋になるにあたって転職をする時に全く違う業界だったりするんですよね、それでもその会社の仕事を全力でやる、そうすると得るものが必ずあるそれが今の仕事の中で何かのプラスにはなっているので、無駄ではなかったなと。中途半端に腐ってやるくらいだったら、やらない方がいいし、やるなら徹底的にやった方がいいと思いますね。」と背中を押してくれる熱いメッセージも飛び出しました。

卒業、進学、移動など花を贈る機会が多いこれからの季節、花を贈るときに参考にしたいためになるお話。「最近元気のない友達に元気になってほしいから花を贈る、そんな時オレンジと黄色の花で元気になってもらいたいという気持ちが(贈る側には)あると思うんですよ。でも意外と元気のない人って、そういう元気印をもらっちゃうと疲れちゃうことがある、お花に負けちゃうというか。」だからこそ相談を受けて、その思いにこたえてあげたい、人に寄り添える花屋でありたいと話してくれました。あなたも花のある暮らしはじめてみませんか?花屋「Le26(ルヴァンシス)」・長友裕修さんのトークはradikoのタイムフリーで!

プラする~あなたにプラスするラジオ~
放送局:FMヨコハマ
放送日時:毎週日曜 5時30分~6時00分
出演者:高島 麻衣子
番組ホームページ

※該当回の聴取期間は終了しました。

プラする~あなたにプラスするラジオ~
放送局:FMヨコハマ
放送日時:毎週日曜 5時30分~6時00分
出演者:高島 麻衣子
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

今週日曜『Whole Earth RADIO』はDJ 光永亮太が担当!ギターサウンドの魅力を堪能する「Guitar Music Club」

毎週日曜17時からお届けしている「Whole Earth RADIO」では、さまざまなトピックスを特集しています。2月5日放送では、ギター特集をお届けします。

日本が誇るスーパーギタリストChar、布袋寅泰、小倉博和から、ギターへの特別な思い溢れる感動コメントや、先日1月10日に急逝した世界的ギタリスト ジェフ・ベックを偲ぶパートも。

ギター愛が止まらない1時間です。

Facebook

ページトップへ