天気予報や交通情報をチェックできる! おすすめのラジオ番組

天気予報・交通情報をチェックするならラジオがおすすめ! 今回はラジオで天気予報や交通情報を聴くメリットや、おすすめのラジオ番組を紹介します。

ラジオで天気予報を聴くメリット

気象庁が行なったアンケート「天気予報は何でチェックしていますか?」によると、

1位:テレビ…79%
2位:パソコン…63%
3位:新聞…24%
4位:ラジオ…9%

という結果に。ラジオは1割にも届きません……! しかし、ラジオで天気予報を聴くことには大きなメリットがあります。ここでは2点紹介します。

(1)作業をしながら聴ける!

例えば料理をしたり、車を運転をしている時には、テレビを見たりスマホを操作したりすることはできませんよね。ラジオであれば、作業をしながらでも情報を得ることができます。ラジオのパーソナリティや気象予報士は、視覚情報がなくても伝わるように情報をシンプルにして届けています。

(2)脳が鍛えられる⁉︎

東洋経済オンライン掲載の「ラジオは脳にきく」(脳神経外科医・板倉徹 著)では、音を聴いて想像しなくてはならないラジオは“脳が活性化”されると論じられています。しかも、「ラジオドラマ」、「ラジオのトーク番組」、「ラジオの天気予報」の3つで脳の血流変化を調べたところ、天気予報が最も活性化されたという結果に。仕事に行く前や、健康維持にもぴったりですね。

交通情報を伝えるラジオ放送「ハイウェイラジオ」とは?

「ハイウェイラジオ」とは、高速道路での渋滞や通行止め、交通規制などの交通情報を伝えるラジオ放送です。全国どこでもAMラジオ1620kHzで、「ハイウェイラジオ ここから」と「ハイウェイラジオ ここまで」の看板の間で聴くことができます。

その情報は、5,000もの音声単語をプログラムでつなぎ合わせて自動生成され、内容は5分ごとに更新されています。運転中でも、重要な交通情報を聴き漏らしてしまうことはありませんね。

おすすめのラジオ番組

朝におすすめ! TOKYO FM『ONE MORNING』

「それぞれの朝に、新しい価値観を」をコンセプトに放送している情報番組です。2021年4月からは、タレント・ユージさんと、フリーアナウンサー・吉田明世さんが新たにパーソナリティに就任。働く子育て世代の2人が、今まで以上に生活の現場に寄り添ってニュースを届けます。天気予報は8時32分頃に、交通情報は30分〜1時間間隔で6回放送されます。

ONE MORNING
放送局:TOKYO FM
放送日時:毎週月曜~金曜 6時00分~9時00分
出演者:ユージ、吉田明世
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#ワンモ」

※放送情報は変更となる場合があります。

昼におすすめ! TBSラジオ『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』

メインパーソナリティを務める高田文夫さんをはじめ、曜日替わりでバラエティ豊かなアシスタントが登場する昼の名物番組です。11時56分頃にその日のアシスタントが天気予報を読み上げ、続く11時57分頃と、12時25分頃にそれぞれ交通情報が放送されます。

高田文夫のラジオビバリー昼ズ
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週月曜~金曜 11時30分~13時00分
出演者:(月・金)高田文夫、(月)松本明子、(火)東貴博、山根千佳、(水)春風亭昇太、乾貴美子、(木)清水ミチコ、ナイツ(塙宣之・土屋伸之)、(金)松村邦洋、磯山さやか
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#ビバリー昼ズ」

※放送情報は変更となる場合があります。

夕方におすすめ! TBSラジオ『荻上チキ・Session』

「発信型ニュース・プロジェクト」と題し、パーソナリティの荻上チキさんがリスナーと共に時事や政治問題を考えます。2020年9月からの放送時間の変更に伴って番組内容もリニューアル。エンタメやカルチャー情報も発信しています。天気予報は17時25分頃、交通情報は30分〜1時間間隔で3回放送されます。

荻上チキ・Session
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 15時30分~17時50分
出演者:荻上チキ、南部広美
番組ホームページ
公式Twitter
公式Facebook

Twitterハッシュタグは「#ss954」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

2027年までにトマホーク500発の購入を検討の報に大竹「抑止力は、専守防衛の中で大事だけど、ちょっとノリを超え始めてるんじゃないかな」

11月30日の「大竹まこと ゴールデンラジオ」(文化放送)にて、防衛省が米国製の巡航ミサイル「トマホーク」について、2027年度までをメドに最大500発の購入を検討しているというニュースを取り上げ、大竹がコメントした。

読売新聞によると、防衛省が米国製の巡航ミサイル「トマホーク」について、2027年度までをメドに最大500発の購入を検討していることがわかった。岸田首相は13日のバイデン米大統領との首脳会談で購入交渉を進展させる方針を確認し、「反撃能力」の保有に向け、準備を加速させている。

防衛省は改良された12式の配備が遅れたとしても、反撃能力を早期に確保するため、トマホークを導入したい考えだ。北朝鮮がミサイル発射技術を急速に進展させていることなどを踏まえ、最大500発の保有が必要だと見積もっているという。このニュースを受けて大竹は、次のようにコメントした。

大竹「これはやっぱしクリミア併合あたりからの今のロシアとウクライナの戦闘状況、アジアでは中国の脅威、それに合わせて北朝鮮という条件が重なって、にわかに我が国の専守防衛の問題が国会でこのままの防衛費で足りるのかしらと。もうちょっと上げた方がいいんじゃないのっていう議論が始まって2027年までには防衛力を上げていこう、今までの1%ちょっとから2%まで上げるという話になってきた。これによって日本の防衛予算はアメリカ中国に次ぐ防衛予算は、第3位に躍り出るということになる。それが本当の日本の専守防衛の形になるのか」

さらに番組では東京新聞による柳沢協二・元官房副長官補の発言を取り上げた。

「最大の問題は、日本を狙う攻撃の着手を事前に認定できても、たたけば結果として日本が先に相手の本土を攻撃する構図になることだ。国際法上は先制攻撃ではないとの理屈でも、相手に日本本土を攻撃する大義名分を与えてしまう。確実に戦争を拡大させ、際限のないミサイルの撃ち合いに発展する」
これに大竹は同意し、次のように続ける。

大竹「前にも言ったけどウクライナはあれだけ国内にロシアからの攻撃を受けつつも、ロシア本土の攻撃はしていない。それには、諸事情、NATOとの関係、アメリカとの関係とかいろいろあるだろうけども、もしこれを攻撃するようなことになれば、火種がここで収まらないであろうということが簡単に想像できる。だからそれも含めてしないんだろうなという想像はできる。日本は、もうこれ無理だととあるコメンテーターが言っている。中国も、北朝鮮もこっちにたくさんミサイル向いてる。1カ所攻撃したところで、何箇所でも攻撃したところで、それをやったらとんでもない目に遭うだろうというようなことがもうわかりきってる。何千発のミサイルがこちらを向いているって言ってもね言い過ぎじゃないくらいの状況だと思うよね。そういう中で国としては、建前かもしれないけども、抑止力だと。それは俺もわかる。抑止力は、専守防衛の中で大事だけどこの抑止力が、敵基地攻撃能力とか、相手の軍事施設とか相手の国会とかそういうところを攻撃するっていうのがちょっとノリを超え始めてるんじゃないかなっていう危惧は十分にあるよね。

Facebook

ページトップへ