ラジコでJクラブ応援番組を聴こう! 【横浜FM・山形・北九州】

令和初のゴールデンウイーク、5月3日から4日にかけて開催された明治安田生命J1リーグ第10節。浦和レッズ対ジュビロ磐田に最多の5万3,361人がつめかけるなどして9会場の合計観客数は約26万人。Jリーグ公式サイトの記録によると、節ごとの合計観客数のリーグ史上最多記録更新となりました。

この記事では、改元後も大いに盛り上がるJリーグクラブを応援するラジオ番組にスポットをあてて紹介しています。

今回は、J1で令和初ゴールを決めた仲川輝人選手が在籍する横浜F・マリノス。そして、今季、一時首位にも上り詰めて好調なJ2のモンテディオ山形。J3からは、“昇格請負人”との異名を持つ小林伸二監督を今年招聘。今季1位もマークし、昇格を狙うギラヴァンツ北九州をご紹介します。

ダイエットや美容にも…「カリフォルニア・レーズン」の魅力とは

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。7月16日(火)の生放送は、マラソンランナーで加圧インストラクターの鈴木莉紗さんが登場。「レーズン愛」を語りました。

(左から)鈴木莉紗さん、高橋みなみ



鈴木さんのフルマラソンのベストタイムは2時間39分56秒。3時間を切る、いわゆる「サブ3(スリー)」を達成しています。趣味を探してマラソンにたどり着き、わずか1年半でサブ3に。そんな鈴木さんが、“取り入れたら調子が良くなった食べ物”として、カリフォルニア・レーズンを挙げました。

◆発汗で失われた栄養補給に
さまざまな栄養が、バランスよく含まれるカリフォルニア・レーズンは、レースや運動前に摂ると良いそう。ご飯やパンに含まれるデンプンよりブドウ糖の吸収が早く、運動中のエネルギー補給に優れているとのことです。

鈴木さんはレース中の給水ポイントで、バナナの代わりにレーズンがオススメだと言います。理由は、バナナ1本103 kcal(約120g)に比べ、レーズンは約80粒(約40g)で120 kcalと、クイックエネルギーとして適しているからだとか。

レースや運動後の疲労回復にも好適です。発汗により失われた鉄やカリウムなどのミネラルを補給し、酸素を全身に行き渡らせて体の回復を助けてくれます。

鈴木さんが勧めるのは、ヨーグルトにレーズンを一晩漬けておく食べ方。「ヨーグルトの水分をレーズンが吸って、レーズンが柔らかくなって食べやすくなります。それにヨーグルトが濃厚な味になる。ぜひやってみて」と提案しました。

◆整腸やダイエットにも
スタジオには、カリフォルニア・レーズンをトッピングした冷やし中華も登場。冷やし中華の甘酸っぱいタレとレーズンの甘みや酸味のバランスが良く、たかみなは「驚きました。すごく合っている」と絶賛しました。

カリフォルニア・レーズンをトッピングした冷やし中華



優れた栄養分に加え、整腸効果も期待できるカリフォルニア・レーズン。食物繊維は、一般的に「多い」とされているサツマイモやセロリより豊富です。

また、レーズンには腸内で善玉菌のエサとなる食物繊維の一種「イヌリン」が含まれており、水溶性と不溶性の食物繊維も合わせると、可食部100g中9.8gの食物繊維が含まれています。加糖のない自然な甘みで腹持ちがよく、ダイエットにも合っているそう。

「レーズンって今まであまり気に留めていなかったけど、最強の補給食だったんですね」とたかみな。スポーツをする方、美容感度が高い方など、気になった方は、レーズン補給を試してみてはいかがでしょうか。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年7月24日(水) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/korenani
番組SNS:
LINE=@korenani
Twitter=@KoreNaniTFM
Instagram=korenanitfm

Facebook

ページトップへ