ラジコでJクラブ応援番組を聴こう! 【横浜FM・山形・北九州】

令和初のゴールデンウイーク、5月3日から4日にかけて開催された明治安田生命J1リーグ第10節。浦和レッズ対ジュビロ磐田に最多の5万3,361人がつめかけるなどして9会場の合計観客数は約26万人。Jリーグ公式サイトの記録によると、節ごとの合計観客数のリーグ史上最多記録更新となりました。

この記事では、改元後も大いに盛り上がるJリーグクラブを応援するラジオ番組にスポットをあてて紹介しています。

今回は、J1で令和初ゴールを決めた仲川輝人選手が在籍する横浜F・マリノス。そして、今季、一時首位にも上り詰めて好調なJ2のモンテディオ山形。J3からは、“昇格請負人”との異名を持つ小林伸二監督を今年招聘。今季1位もマークし、昇格を狙うギラヴァンツ北九州をご紹介します。

鶴瓶 電話予約の様子を奥様に怒られる

ニッポン放送「鹿島プレゼンツ 笑福亭鶴瓶日曜日のそれ」(5月19日放送)では、ゴールデンウィーク中の出来事が話題に挙がった。


最近肩が上がらず腕に力が入りづらくなっていた鶴瓶は、療養のため温泉に行った。その温泉は、何度か訪れたこともあるという有馬の温泉。しかしゴールデンウィーク真っ只中ということもあり忙しそうな電話口。なんとか一部屋「絞り出しました!」ということで温泉に入ることができたそうだ。

無事に部屋を予約できた鶴瓶だったが、その様子を見ていた奥様にはとても怒られてしまったとか。というのも、予約の際に「笑福亭鶴瓶ですけど……」と、本名ではなく“笑福亭鶴瓶”と名乗っていたからだ。世間的にも知らない人はほぼいない名前を使って忖度してもらおうとしていたのでは?という様子がよくない印象を受けたそう。鶴瓶のように芸名のある芸能人にとって、本名と芸名とで態度を変えられてしまったら複雑でもあり、悩みどころのひとつなのかもしれない。

奥様には怒られてしまった鶴瓶さんだが、心の中では「でも(部屋は)取れたやんけ…」と思っていたそうだ。

鹿島プレゼンツ 笑福亭鶴瓶日曜日のそれ
FM93AM1242ニッポン放送 日曜16:00-17:30

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ