気軽にラジオで空の旅へ…TOKYO FM『JET STREAM』を聴こう

皆さん、旅行はお好きですか? TOKYO FM『JET STREAM』は、日本航空(JAL)提供のもと、ラジオを通じて旅行気分が味わえる人気音楽番組です。良質な音楽と落ち着いた語り口のナレーションで、深夜に遠い異国の地に思いを馳せながら、リラックスタイムを過ごせる『JET STREAM』の魅力をご紹介します。

『JET STREAM』ってどんな番組?

『JET STREAM』は、1967年7月にTOKYO FMの前身である東海大学の超短波放送実用化試験局(FM東海)にて放送スタート。来年に放送55周年を迎える長寿番組で、放送開始から現在に至るまで多くのリスナーの心を掴み、根強いファンから愛されています。

番組のコンセプトは「パーソナリティを“機長”に見立て、異国情緒溢れる音楽と情感たっぷりのナレーションで、海外旅行の魅力をリスナーに伝える」こと。現在の機長は福山雅治さんが務めています。

放送開始当初から長らく日本航空(JAL)の一社提供番組(現在は他社スポンサーあり)で、日本人の海外旅行が夢だった時代に、海外への興味を掻き立てる貴重な番組でした。番組中には世界の国や都市の紹介に加えて、それらの国や都市へ行くJALのプランを紹介、さらに番組終了後には日本航空が通常流しているラジオ広告を流していました。

番組テーマ曲は、1964年に全米チャート1位を記録した人気ポップス「ミスター・ロンリー」のオーケストラアレンジ。番組中に流れる音楽はイージーリスニングで、気軽に聴きやすいのも特徴です。

JET STREAM
放送局:TOKYO FM
放送日時:毎週月曜~金曜 24時00分~24時55分
出演者:福山雅治
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

歴代機長の紹介

初代:城達也さん(1967年7月~1994年12月)

放送開始から27年半、7387回にわたり機長としてフライトを務めました。番組収録の際、「夜間飛行のお供をするパイロット」という番組コンセプトに入り込むため、必ずスーツを着用してスタジオ入り、スタジオ内の照明も暗く落として収録に臨むなど、徹底した役作りを行っていました。『JET STREAM』は城さんの代名詞と言える番組でもあり、世界各地をロマンチックなナレーションで紹介し、数多くのファンを魅了し続けました。

2代目:小野田栄一さん(1995年1月~2000年3月)

事務所の先輩でもあった城さんから引き継ぐ形で2代目機長に就任。架空のラウンジで同席したリスナー語りかける形式を採っていたため、エンディングの挨拶は「ではまた明日の(金曜日は“来週月曜日の”)午前零時に、このラウンジでお会いいたしましょう」としていました。

3代目:森田真奈美さん(2000年4月~2002年9月)

現時点で唯一の女性パーソナリティです。フライトアテンダントという設定で「乗客」をゲストを迎え、世界中の国や都市をテーマにトークを展開しました。在任中は『LOVE SOUNDS ON JET STREAM』というタイトルで放送していました。

4代目:伊武雅刀さん(2002年10月~2009年3月)

就任当初は1週間を通してのラジオドラマを放送するなど試行錯誤を行っていたものの、徐々に初代・2代目のスタイルに戻し、安定した人気を得るとともに、初代機長・城さんのスタイルを踏襲した語りが好評でした。番組タイトルも『JET STREAM』に戻しての放送となりました。

5代目:大沢たかおさん(2009年4月~2020年3月)

自身初のラジオレギュラー番組にして、5代目機長に抜擢されました。番組構成は4代目機長・伊武さんのスタイルを引き継ぐ形で、パーソナリティを11年間担当。初代機長・城さんに次ぐ在任期間となりました。

6代目:福山雅治さん(2020年3月30日〜現在)

TOKYO FM開局50周年を迎える2020年春の番組改編により、2020年3月30日(月)放送分から6代目機長に就任しました。伊武・大沢両機長時代の番組構成を継承する形で現在も放送中です。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

テレビプロデューサー・佐久間宣行 ラジオ番組で娘をネタにした場合は使用料を請求される

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(10月19日放送)にテレビプロデューサーの佐久間宣行が出演。パーソナリティを務めるラジオ番組のネタ探しについて語った。

佐久間宣行

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。10月18日(月)~10月22日(金)のゲストはテレビプロデューサーの佐久間宣行が出演。2日目は、ラジオやエッセイでの「身内ネタ」について—

黒木)パーソナリティをされている「オールナイトニッポン0(ZERO)」では、「きょうは頭にどんなネタを持って行こうか」というようなことを考えてから臨まれるのですか?

佐久間)だいたい序盤の15〜20分はエンタメのニュースを話すので、エンタメのニュースを作家陣にラインで送って、メモにしてもらっています。フリートークは毎回、自分でメモをつくって、15〜20分くらいしゃべります。

黒木)週1ですから、週に1回、「これがネタになる」みたいなものを考えるのですか?

佐久間)そうです。いまコロナ禍ではないですか。そうすると家族の話が増えて来るのですよ。それで、娘から「ネタにしてもいいけれど、ネタにした場合は使用料をいただきます」と言われました。中3の娘と契約を結んで、別のお小遣いを払うことになったのです。

黒木)でも、そうしたら、自由にお話しできるではないですか。

佐久間)その契約を本当に書面で交わそうという話を2人でしています。

『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる』

黒木)私もある新聞で5〜6年ほど週1でエッセイを書いていたのですが、週1ってネタに詰まるのですよね。

佐久間)そうなのですよ。

黒木)撮影にどっぷり入ってしまうと、撮影の話しかない。でも本当に読者の方が「それを読みたいか」と思うのですよ。

佐久間)わかります。それと、情報解禁などもありますものね。

黒木)それで、結局、おっしゃったように家族の話になるのです。

佐久間)やはり、そうなりますか。

黒木)そうなると、私の場合は夫の話が多くなります。

佐久間)黒木さんもネタ探しをそんなに一生懸命やっていられたのですね。エッセイは大変ですよね。

黒木)週1ですから、そのときはやはり、ネタ探しは。

佐久間)エッセイを読まれて、ご主人はどんな感じでしたか?

黒木)「こういうことがあったんだって」とか「そういうことがあったんだって」と人に聞かれるのだそうです。それで「また書いたの?」みたいな。

佐久間)まったく一緒です。うちの娘も、「お父さんとこんなことあったんだって?」と、同級生のリスナーから聞いたと言っていました。

黒木)家族のネタは親近感が湧いたり、共感してもらえる部分があるのですよね。その他には、私は料理をつくるのが好きなので、最近、ハマっている料理のことなども書きました。

佐久間)しっかりとネタを探しているではないですか。

黒木)もともとすごくお笑いが好きなのです。ですので、オチがないと。

佐久間)「オチがないと」ということを黒木瞳さんから聞くとは思わなかったです。

佐久間宣行

佐久間宣行 / テレビプロデューサー

■1975年・福島県いわき市出身。
■早稲田大学卒業後、テレビ東京に入社。「ゴッドタン」「青春高校3年C組」「あちこちオードリー」など数々の番組を担当。バラエティ番組を作るカリスマ・プロデューサーとして活躍。映画「ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE」では監督・脚本も手掛けた。
■2019年にはテレビ東京の現役局員でありながら、ニッポン放送『オールナイトニッポン0(ZERO)」のパーソナリティに就任。番組内の愛称は「船長」。多くのリスナーを獲得している。
■2021年、テレビ東京を退社。フリーのテレビプロデューサーとなる。
■今年6月には扶桑社から、『オールナイトニッポン0』の活動を書籍化した、『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる』が発売された。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ