気軽にラジオで空の旅へ。TOKYO FM『JET STREAM』を聴こう!

皆さん、旅はお好きですか? TOKYO FMがお届けしている『JET STREAM』は、日本航空(JAL)が提供しているラジオを通じて旅行気分が味わえる人気音楽番組です。良質な音楽と落ち着いた語り口のナレーションで、深夜に遠い異国の地に思いを馳せながらリラックスタイムを過ごせる『JET STREAM』の魅力をご紹介いたします。

『JET STREAM』ってどんな番組?

番組の放送開始は1967年。TOKYO FMの前身である東海大学の超短波放送実用化試験局(FM東海)にてスタートし、今年2017年に放送50周年を迎える長寿番組です。番組のコンセプトは「パーソナリティを“機長”に見立て、異国情緒溢れる音楽と情感たっぷりのナレーションで、海外旅行の魅力をリスナーに伝える」こと。放送開始から現在に至るまで多くのリスナーの心を掴み、根強いファンから愛されています。

現在の機長は5代目で、大沢たかおさんが務めています。日本航空(JAL)の提供番組であり、当時日本人の海外旅行が夢だった時代に、海外への興味を掻き立てる貴重な番組でした。そのため、番組中に世界の国や都市の紹介を行い、それらの国や都市へ行くJALのプランを紹介し、さらに日本航空が通常流しているラジオ広告を番組の終了後に流していました。番組のテーマ曲は、1964年に全米チャート1位を記録した人気ポップス「ミスター・ロンリー」のオーケストラアレンジです。番組で流れる音楽はイージーリスニングであり、気軽に聴きやすいのも特徴です。

過去の歴代機長の紹介

■初代:城達也さん(1967年7月~1994年12月)

放送開始から27年間、放送回数はなんと7387回ものフライトを務めました。番組の収録の際は、旅客機の機長という番組コンセプトと役作りのために、実際の飛行機の操縦士を意識して毎回スーツを着用してスタジオ入りし、さらに夜間飛行という設定から、夜間の旅客機の暗いコックピットを再現するかのように、スタジオ内の照明も暗く落として収録に臨んだと言われています。『JET STREAM』は城さんの代名詞的な番組でもあり、世界各地をロマンチックなナレーションで紹介し、数多くのファンを魅了し続けました。

 

■2代目:小野田栄一さん(1995年1月~2000年3月)

事務所の先輩であった城さんから引き継ぐかたちで機長に就任。「ではまた明日の(金曜日は“来週○曜日の”)午前零時に、このラウンジでお会いいたしましょう。」というエンディングの挨拶が好評でした。

 

■3代目:森田真奈美さん(2000年4月~2002年9月)

女性パーソナリティということで、機長ではなくフライトアテンダントという設定でした。また『LOVE SOUNDS ON JET STREAM』という番組タイトルで放送していました。

 

■4代目:伊武雅刀さん(2002年10月~2009年3月)

初代機長である城達也さんを踏襲した放送スタイルで人気を誇りました。また、番組タイトルは『JET STREAM』に戻して放送していました。

 

■5代目:大沢たかおさん(2009年4月~現在も活躍中)

初ラジオレギュラーにして、機長に大抜擢されました。元々番組のリスナーでもあり、番組構成は4代目の伊武さんのスタイルを受け継いで放送中です。

番組概要

■放送局:TOKYO FM(JFN系列38局フルネット)
■番組名:『JET STREAM』
■放送日時:月曜~金曜 24時~24時55分
■番組URL:http://www.tfm.co.jp/jetstream/

『JET STREAM』の魅力は、他の番組では味わえない旅行気分に浸れることです。深夜のリラックスタイムにぜひ、異国へのフライトを楽しんでみて下さい。

“お風呂をすぐむ”ってどんな意味? OLDCODEX・Ta_2が愛知県の方言をレクチャー

ボーカル・Ta_2(タツ)とペインター・YORKE.(ヨーク)による個性派ロックユニット・OLDCODEX(オルドコデックス)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「THE QUARTER~LADDERLESS from OLDCODEX~」。9月10日(火)の放送では、リスナーからのメールに応えて、Ta_2の故郷・愛知県の方言をレクチャーしました。
(TOKYO FM「LADDERLESS from OLDCODEX」2019年9月10日(火)放送より)

左からYORKE.、Ta_2



月ごとのメールテーマを設けて、リスナーと交流を深めているこの番組。9月のマンスリーテーマは「いま立ち向かっていること」です。この日は、「愛知県の方言を直したい」というリスナーからのメッセージを紹介しました。

「いま立ち向かっているのは、“方言を極力出さないようにする”ことです。私はTa_2さんと同じ愛知県出身ですが、標準語だと思っていた『言っとるよ』『やってこりん』『えらい』が方言だったことに今さらながら気付きました。地方出身の職場の先輩に意味が伝わらなくてマズイと思い、方言を直そうとしている最中です。とくに『えらい』が伝わらなかったときは、焦りました。“身体がだるい”と言いたかったのに、『誰が偉いの?』と聞かれて説明に困りました。方言の直し方って難しいですね」

Ta_2:スゲーよくわかるよ、これ。

YORKE.:「言っとるよ」は(イントネーションが)「言っ↗と→る→よ」じゃなくて、「言っ↗と↘る↗よ」なんだね。「やってこりん」ってなに?

Ta_2:「やっ↗てこり↘ん」ね。“やっておいで”ってことだね。

YORKE.:“やってごらん”みたいなこと?

Ta_2:そうそう。「言っとるよ」は、“言っているよ“って意味。

YORKE.:まぁ、これはわかるな。

Ta_2:「えらい」は“辛い”とか“しんどい”とか。

YORKE.:“たくさん”とか?

Ta_2:そう、(「えらい」には)“たくさん”という意味もあるから、愛知県や中部地方に行くと、「今日は、すげー疲れたな」を「今日は、えらいえらかったわ」って言うよ。

YORKE.:「えらいえらかった」?

Ta_2:「どえりゃーえらかった」という言い方もするね。

YORKE.:言葉を重ねていくわけだ。だから「えらい・えらかった」になるわけね。

Ta_2:あと、名古屋の言い方だと「でらえらかったわ」とか。あと、これは昔の方言だったらしいんだけど、こっち(東京)では、お風呂には「浸かる」って言うじゃない?

YORKE.:ああ、湯船に「浸かる」からね。

Ta_2:俺、ずっとそれを「すぐむ」だと思っていたの。

YORKE.:「すぐむ」?

Ta_2:それが「浸かる」って意味なのよ。だから(Ta_2の実家)鈴木家では、ずっと「もうちょっとお風呂に浸かってから出ておいで」というのを、「もうちょっとお風呂すぐんどいで」って言われていた。

YORKE.:その言い方、ちょっといいね。

Ta_2:これ、三河弁(愛知県東部の方言)のすごく昔の言葉のようで、使っている人ももう少ないみたい。

YORKE.:おもしろいね、言葉って。

Ta_2:たしかに。「えらい」とかは(東京の人には)伝わらなかったなぁ。

YORKE.:「えらい」「えらかった」と言われたら、「誰が?」ってなるよね、シチュエーションによっては。

Ta_2:でも方言って、可愛いと思うんだよなぁ。

YORKE.:いいと思う。方言を出さないようにしている感じが、またグッとくるしね。可愛いじゃん。

Ta_2:うん。だから、(方言が)出ちゃってもいいと思うんだよ。

YORKE.:いいと思う。俺は、福岡の方言「すいとーよ」(意味:好いているよ)が好きだね。あれは超いい! 言われたい(笑)。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年9月18日(水)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:THE QUARTER~LADDERLESS from OLDCODEX~
放送日時:毎週火曜25:00~25:30
パーソナリティ:OLDCODEX
番組Webサイト:https://mv-sp.gsj.bz/view.page/menu/program/quarter/top

Facebook

ページトップへ