山崎育三郎、古川雄大、薬師丸ひろ子…朝ドラ『エール』出演者のラジオ番組

昭和を代表する作曲家・古関裕而氏とその妻で歌手の金子氏をモデルに音楽とともに生きた夫婦を描くNHK朝の連続テレビ小説『エール』。窪田正孝さんが主人公の古山裕一、ヒロインの音を二階堂ふみさんが演じ、その引き込まれるストーリー展開が人気を集めています。そしてこの作品は新型コロナウイルスの影響で6月29日(月)より第1回から放送されることが決定。見逃していた方、もう一度じっくり見返したい方にはチャンスです!

今回は『エール』出演者がパーソナリティを務めているラジオ番組を一挙紹介。『エール』の個性的なキャラクターたちがラジオではどんなトークを展開しているのか、ぜひチェックしてみてください!

菊池桃子出演 文化放送『菊池桃子のライオンミュージックサタデー』

朝ドラ『エール』では、主人公・古山裕一(窪田正孝)の母・まさ役で出演している菊池桃子さん。福島で呉服屋を営む家族愛にあふれた夫の三郎(唐沢寿明)を支え、ともに裕一の音楽家になりたいという夢を応援する役どころです。

菊池さんは土曜朝の音楽番組を担当しています。季節やその時々のトピックスに合わせて毎回テーマを設定し、リクエストを募集。70'S~90'S中心に選んだ5曲を紹介しています。去ドラマの再放送が多いステイホーム期間中には「再放送で観たい!ドラマ主題歌」などがテーマに。過去には松任谷由実さんの「春よ、来い」など曲のタイトルに「、」や「。」が入る曲「句読点ソング」といったユニークなものも登場。とある放送回では『エール』で裕一の妻・音の母を演じる薬師丸ひろ子さんの曲をオンエア。思わず菊池さんが「薬師丸さんの声はなんてかわいいんだ!」と興奮気味にトーク。そんなドラマファンには胸アツなシーンも。

菊池桃子のライオンミュージックサタデー
放送局:文化放送
放送日時:毎週土曜 10時00分~11時00分
出演者:菊池桃子
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#ミュージックサタデー」

※放送情報は変更となる場合があります。

薬師丸ひろ子出演 ニッポン放送『薬師丸ひろ子 ハート・デリバリー』

薬師丸ひろ子さんは、主人公・裕一(窪田正孝)の妻・音(二階堂ふみ)の母親、関内光子役で登場。愛知で馬具店を営む夫の安隆(光石研)が不慮の事故で突然亡くなり、3人の子を育てながら店を切り盛りすることに。負けん気の強いポジティブな性格で困難を乗り越えました。愛知から東京に住む裕一と音の成功を祈っています。

薬師丸さんの番組は日曜朝に放送。厳選した名曲と国内外の心がほっこり温まる実話に基づいたストーリーを紹介しています。新型コロナウイルスの影響で休校になった子供たちに花束をプレゼントしている元教師の花屋の男性の物語のほか、会津鉄道芦ノ牧温泉駅で活躍するネコ駅長の物語、フィリピンのセブ島で貧しい子ども達に音楽を教えているトロンボーン奏者についてのエピソードなどどれも心にしみるものばかり。穏やかで優しい薬師丸さんの語り口が心に響く30分です。

薬師丸ひろ子 ハート・デリバリー
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週日曜 8時30分~9時00分
出演者:薬師丸ひろ子

※放送情報は変更となる場合があります。

山崎育三郎出演 ニッポン放送『山崎育三郎のI AM 1936』

主人公・裕一(窪田正孝)の小学校の同級生で裕福な家の息子・佐藤久志役で話題の山崎育三郎さん。裕一の妻・音(二階堂ふみ)が通う音楽学校の先輩です。その甘いマスクと歌唱力で女子学生たちから絶大な人気を誇るプリンス的存在。今後、幼なじみの村野鉄男(中村蒼)が歌詞を書き、裕一が作曲を手掛けて久志が歌う「福島三羽ガラス」として注目されていきます。

山崎さんの担当する番組ではスタジオに電子ピアノをスタンバイ。米津玄師さんの「Lemon」や尾崎豊さんの「I LOVE YOU」といった大ヒット曲やミュージカルの名曲などの弾き語りを披露しています。最近の放送では、ピアノを始めたばかりのリスナーのためにコード進行をわかりやすくレクチャーしたり、山崎さんが電話越しのリスナーのピアノに合わせて歌うという電話越しデュエットも。さまざまなことにチャレンジし、ラジオの可能性を拡げている山崎さん。明るくなめらかなトークも絶品です。

山崎育三郎のI AM 1936
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週土曜 21時30分~22時00分
出演者:山崎育三郎
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

古舘伊知郎出演 ニッポン放送『古舘伊知郎のオールナイトニッポンGOLD』

『エール』で古舘伊知郎さんが演じたのは、音(二階堂ふみ)の地元・愛知で音楽関係の興行を取り仕切る鶴亀寅吉。関内家に滞在していた裕一(窪田正孝)が世界的なコンクールで入賞した人物との噂を聞きつけて音楽会開催を持ち掛けます。寅吉の胡散臭い雰囲気に裕一と音は戸惑いますが、無事に成功。しかし、寅吉は売上金を持ち逃げ。この件で裕一と音の絆が深まったことは間違いありません。

古舘さんは2016年10月から月1回この番組を担当しています。1カ月の間で古舘さん自身が感じたあらゆる事象について古舘節でしゃべりまくる台本なしの2時間の生放送。長年報道番組のメインキャスターを務めてきた経験からの視点、プロレス実況で鍛えた独特のたとえや表現で世の中の気になる「言葉」を斬っていきます。古舘さんの芸術の域に達した話術がたっぷり堪能できる番組です。

古舘伊知郎のオールナイトニッポンGOLD
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週金曜 22時00分~24時00分
出演者:古舘伊知郎
番組ホームページ

twitterハッシュタグは「#古舘ANNG」
※月イチパーソナリティ

※放送情報は変更となる場合があります。

古川雄大出演 FM長野『古川 雄大「あしたはSUNDAY」』

山崎育三郎さんら、ミュージカル界で人気の俳優の競演が朝ドラ『エール』の見どころのひとつ。音(二階堂ふみ)に歌を教える音楽講師・御手洗清太郎役で登場したのは、古川雄大さん。「先生」と呼ばれることを極端に嫌がり、「ミュージックティーチャー」と呼ぶように指示するインパクト強めのキャラクター。端正な顔立ちと抜群のスタイル、そして華やかさもあり、一気に話題の人となりました。

古川さんは故郷である長野県のFM局でラジオ番組を担当しています。とある放送回では『エール』の撮影裏話や初登場後の反響についてトーク。SNSで話題沸騰、検索サイトのランキングでも1位になったことで家族や古い友人たちから多数連絡があったことを明かしました。大好きなスイーツの話になると自然にテンションが上がってしまう古川さん。『エール』で見せた個性的なキャラクターとはまた違うおもしろさのトーンが楽しめる番組です。

古川 雄大「あしたはSUNDAY」
放送局:FM長野
放送日時:毎週土曜 19時00分~19時30分
出演者:古川雄大
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

三四郎「何をやったかも、話したかも覚えてない」冠ラジオ放送“346回”を突破 これまでの7年間を振り返る

1月14日(金)深夜、お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信と相田周二がパーソナリティを務めるラジオ番組「三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週金曜27時~)が放送。記念すべき、346(サンシロー)回目の放送だったため、これまでの約7年間を振り返ったが、思い出に残っていることは昨年のことばかりと語る。

三四郎、この日のゲスト・リニアのしょうへい(中央左)、フレンチぶるの加瀬部駿介(中央右)

相田:今日は、放送回数346回目! “三四郎”ということですね!

小宮:もうちょっとで、丸7年。記念すべき346回目でございますね。

相田:そうなんですよね~。昨年は色々とね……東京国際フォーラムでイベントをやったり。

小宮:番組のファンクラブができたり。

相田:そうね。

小宮:思い出に残っているのは昨年のことばかり。

相田:ははははは(笑)

小宮:これ、いかに残らないかだよね、印象に。7年間やっていて、いかに残らないか。

相田:確かにね~。

小宮:スペシャルウィークのゲストとかを思い出したりしますけど、何をやったか思い出せます?

相田:う~ん……ちょっと、思い出せないですね。

小宮:いかに残らないかだよ。

相田:何をやったかって言われたら、確かに昨年の番組イベント『バチボコプレミアムライブリベンジ』が頭に残ってるね。

小宮:そうそう。(それ)以降はあんまり印象がないし、何をやったかも覚えてない。何を話したかも覚えてない。

相田:そうですね。

小宮:だから、ここまで続いたのは大したものでしょう? あんまり残らないのに(笑)

相田:ははははは(笑)

小宮:まあ、残らないこそ、よかったのかもしれない。

相田:逆にね。残っちゃってたらもう、パンパンになっちゃうもんね。

小宮:うん。ちゃんと残って続くのが一番いいんだけどね。本当はね。

相田:ちゃんと整理が出来てて、残るのが一番いいけどね(笑)

これまで、SNSのトレンドランキングで1位を獲得するなど、カオスな企画や三四郎ならではのゆるいトークで話題を呼んできた当番組。そのため、小宮は、7年間を振り返ってみても何を話したか記憶に残っていないと発言。しかし、記憶に残ってないことが逆によかったのかもしれないと語ると、相田も同調していた。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ