中継以外で野球チームを応援しているラジオ番組!

ラジオでプロ野球を楽しむにはナイター中継がありますが、放送局によってはナイター中継が終わった直後に、地元球団を応援する番組が放送されています。贔屓のチームが勝った日に聴けば楽しさも2倍に!? 今回は、プロ野球チームを応援している番組をピックアップしました。

北海道日本ハムファイターズ

HBCラジオ『ガンちゃんの「世界一面白いプロ野球の番組」』

トップクラスの賑やかさを誇るプロ野球解説者、岩本勉(通称「ガンちゃん」)」。放送開始10年を超える人気番組です。冗談を言っていることが多いのですが(笑)、さりげなく真面目な話を挟んでくることがあるので、聴いていて飽きません。不振気味な選手には愛のあるメッセージを送ったり、「どこで仕入れたんだ」と思うような情報を言ったりで、聞きごたえたっぷりです。ご本人も曰く「脱線トークは山ほどある」とのこと。

■放送日時:毎週日曜日 12時~13時30分

 

STVラジオ『GO!GO!ファイターズ』

STVラジオでは中継終了後に、お笑いコンビ「しろっぷ」のじゅんぺいさんがパーソナリティーを務める『GO!GO!ファイターズ』を放送。「プレイバック ファイターズ」のコーナーで、その日のファイターズの試合の様子を分かりやすく振り返ったり、監督や選手のコメントも紹介します。

■放送日時: 火曜日~金曜日 中継終了後~21時50分

 

文化放送『岩本勉のまいどスポーツ』

一方、東京・文化放送からお送りしている『岩本勉のまいどスポーツ』では大人しい…かと思いきや、全く同じテンションです(笑)。こちらは、日本ハムに限らず、パ・リーグの球団の話題を中心にトークをしています。

■放送日時:毎週月曜日 18時~18時30分

東北楽天イーグルス

TBCラジオ『イーグルスラボ』

火曜日・水曜日はお笑いコンビのニードルが、木曜日・金曜日はTBCアナウンサーズが担当。全国各地の楽天ファンから届いたメッセージを紹介するほか、シーズンを通して一人の楽天選手の成績・表情を伝えながら応援していく「推しメン!」や、佐藤修アナウンサーが独自の分析・観点から甘口辛口で喋る「佐藤の切り口」などをお届け。木曜・金曜はアナウンサーによって、実況に関する裏話がポロリと飛び出すことがあるので、そちらにも注目!

■放送日時:火曜日~金曜日 21時〜22時

読売ジャイアンツ

ラジオ日本『水野雄仁のGスタジアム』

元巨人軍投手・水野雄仁さんのトーク番組。選手へのインタビューでは、近況や今後の展望、はたまた、他の選手とご飯に行く?…といったプライベートにまで迫ります。水野さんからは「ルーキーからレギュラーになるにはどうしたらいいか」といった、OGならではの話も。もちろん、野球以外のスポーツの話題でも盛り上がります。ちなみに、水野さんはゴルフが好きで、以前、ご自身の連載で野球とゴルフの共通点を解説したことがあるほどです。そんな水野さんは、やっと暖かくなってきて、早く短パンでゴルフに行きたくてしょうがないとか。

■放送日時:毎週月曜日 20時~20時30分

中日ドラゴンズ

CBCラジオ『ドラ魂ナイト』

野球大好きオヤジ・戸井康成さんがドラゴンズを徹底応援。中日は開幕から連敗が続き、4連敗した直後の初回の放送(4月4日)では元気なさげだった戸井さん。初勝利を収めた4月7日(金)放送は僅か5分間の放送でしたが、狂喜乱舞でした。リスナー参加のコーナーが充実していて、リスナーだけが知る、言いたくてたまらないドラゴンズの勝因・敗因を紹介するコーナ「王様の耳はロバの耳」、「ピンチヒッター大喜利」「連勝ソング・泥沼連敗ソングリクエスト」。中日を応援している番組なのに、ライバルチームのファンからのメールも紹介していて、なんとも懐が深いです。

■放送日時:火曜日~金曜日 21時~22時

阪神タイガース

MBSラジオ『豊永真琴のベースボールパークEXトラ!』

MBSラジオのプロ野球関連の番組ではおなじみの豊永真琴さんと、お笑い芸人で、大の野球好きの山田スタジアムさん(元ストリーク)が担当。その日の試合をしっかりと振り返ります。この番組に限ったことではありませんが、例え阪神が負けたとしても、翌日に繋がるような明るい話も織り交ぜる清々しさがあります。テンションが高めの山田さんのトークと、豊永さんの可愛らしい声のバランスの良さもポイントです。

■放送日時:火曜日~木曜日 21時~21時50分

広島東洋カープ

RCCラジオ『Veryカープ! バッチコイする応援団』

その日のカープ戦をダイジェストで振り返るほか、監督・選手のインタビューもしっかりとお届け。カープを応援する全国の私設応援団やカープファンと電話をつなぎ、生の声を聞きます。以前はカープ女子に電話をつないでいましたが、今年は男女問わず電話をつなぐそうなので、「俺も勝利をメッセージを送りたい!」という方は是非ご参加を。パーソナリティーは、伊東平アナウンサー(水曜)、カープ女子会のリーダーの住本明日香(火曜・金曜) 、RCCラジオカーの卒業生の金田和恵(木曜・金曜)が担当。

■放送日時:火曜日~金曜日 21時~21時50分

福岡ソフトバンクホークス

RKBラジオ『鬼橋美智子 花の応援団!』

RKBラジオでおなじみの、ホークス応援番組『ホークス 花の応援団』(火曜~金曜 中継終了~22時)が時間拡大で、タイトルも団長・鬼橋美智子(鬼ちゃん)の冠番組になりました。中でも注目は「ホークス花の応援団」のオリジナルソング「ホークス音頭」。鬼ちゃんが自ら踊っている動画が番組のサイト(http://blog.rkbr.jp/ouendan/)で公開されていて、踊りをマスターすることができます。

■放送日時:毎週月曜日 16時~18時 火曜日~金曜日は16時~17時55分

 

KBCラジオ『ホークスじゃんじゃん』

ホークスを本気で愛するお笑いコンビ、ブルーリバー(火~木)と、KBCテレビ「アサデス。KBC」のスポーツコーナーでおなじみの野下史織(金)が当日のホークス戦をファン目線で振り返ります。特にブルーリバーはホークスにまつわる知識が豊富で、二人のフリートークを聞いているとニヤニヤします。

■放送日時:火曜日~金曜日 中継終了後~22時

プロ野球に関する質問を受け付ける番組も!

普段応援しているチームを味方している放送局の番組を聴くのも楽しいですが、敢えてライバルチームを応援している番組を聴くのもおすすめです。贔屓にしているチームが勝った時に、ライバルチームの応援番組を聞くと、勝利の喜びが一層噛み締められるかも!?(ちょっと意地悪ですが)

さらに、特定の球団を紹介しているわけではありませんが、ニッポン放送『板東英二のプロ野球バンバン伝説』(月曜 18時〜18時20分)もおすすめです。プロ野球中継では時間が足りなくてできないような解説をじっくりとお届けしています。板東さんは元々プロ野球選手ですが、そのことを知らず、バラエティ番組のタレントだと思っている方も多いようで、初回の放送ではしっかりとプロフィールを紹介していました。プロ野球に関する質問も受け付けていますので、よかったらぜひ。

タイムフリーを活用しよう!

月曜はプロ野球中継がない日が多いですが、18時からは、『岩本勉のまいどスポーツ』(文化放送)、『板東英二のプロ野球バンバン伝説』(ニッポン放送)が放送されています。「両方聴きたいけど、時間が重なっていて聴けない!」という方は、ぜひ、ラジコのタイムフリー聴取機能を使ってお聴きください。

ちなみに、埼玉にあるNACK5では、FMのラジオ局としては珍しくプロ野球中継を行っています。埼玉西武ライオンズ戦を放送する「SUNDAY LIONS」(日曜 12時〜16時)です。西武戦を楽しみたい方は、火曜〜金曜に放送されている「文化放送ライオンズナイター」(18時〜21時30分)と併せてどうぞ。

▼「タイムフリー聴取機能」使い方ガイド
https://news.radiko.jp/article/edit/1120/intro/

この記事を書いた人


やきそばかおる
子どもの頃からのラジオっ子。
「ケトル」「BRUTUS」等ラジオ特集を担当。
ライター・構成作家・動物園愛好家。好きな食べ物は、焼きそば。
ツイッター @yakisoba_kaoru

研究者に転身の日テレ・桝太一アナ 「『最大の脅威』と羽鳥慎一さんが絶賛」と明かす橋下徹

元・大阪府知事で元・大阪市長の橋下徹氏が1月24日、ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に生出演。日本テレビを退社して研究者へ転身することを発表した桝太一アナウンサーについて、辛坊とともに語った。

【映画「竜とそばかすの姫」大ヒット御礼舞台挨拶】 司会を務める、日本テレビの桝太一アナウンサー =東京・日比谷 撮影日:2021年09月11日 ©産経新聞社

辛坊)(桝アナの日テレの)先輩で羽鳥(慎一)くんというのがいるのですよ。羽鳥くんは一緒に番組をやっていましたよね。

橋下)一緒にやっていました。

辛坊)親しいよね。あのクラスは、何というか、非常に性格がいい人が多いのですよ。フリーになる人はなんとなく性格悪そうなイメージがあるのだけれども、羽鳥も性格がいいし、桝くんは直接の接点はないのだけれど、噂を聞くといい人みたいですよ。

橋下)羽鳥さんが絶賛していて、何年か前なのですけれども「最大の脅威は桝さんだ」と羽鳥さんが言っていました。

テレビ朝日系「橋下×羽鳥の新番組(仮)」の制作発表に出席した左から前大阪市長の橋下徹氏、フリーアナウンサーの羽鳥慎一 撮影日:2016年04月07日 ©産経新聞社

辛坊)桝くんがうまいなと思うのは、日テレのいまの給与事情から見ると、あの年であれだけ頑張っている人が日テレの給料でやっているのは理不尽だなと思うので、たとえフリーになると言っても私などは応援したいと思うのです。でも世間の受け止め方は、なんか「金が欲しくてフリーになったのか?」みたいなイメージが付きまとうのですよ。ところが彼は助教。助教というと、一昔前でいう助手なのですね。研究者のヒエラルキーのなかでは一番底辺なのだけれども、そんなことは世間にはわからないわけです。そうすると「研究員になります」と言っても助教では絶対に食えないから、たぶんタレント活動を継続されると思うのです。そういう意味では、「フリーでアナウンサーをやるのではなく、研究員になるのだね」という印象が先行するというこのやり方は、桝はすごいです。やはり。

橋下)いや、そんな腹黒いことは考えていないです(笑)。純粋に研究をしたいという。

橋下徹、増山さやかアナウンサー、辛坊治郎

橋下)でも、アナウンサーの人が独立してフリーになるという事情がなんとなく分かったのは、この間辛坊さんの読売テレビの後輩の女性アナウンサーが、私と古市(憲寿)さんのイベントの司会をやるということで挨拶しに来てくれたのです。以前だったらそういうイベント業のギャラというのは全部自分でもらっていたのでしょう? だからそういうものは読売テレビに「辛坊ルール」というのがあるはずなので、「(ギャラを)全部自分で取れるのではないですか?」と聞いたら、いまはできないと。

辛坊)もう全然。もうもうだいぶ前からですよ。だから私は会社を辞める直前ぐらいからものすごく厳しくなっていて、本もだめです。私が読売テレビ時代に出した本は、言っては何だけど、自分で書いていますから、印税はだいたい10%なのですよ。ところがそれ以降というか、いまは確か、本人に1%くらいで、全体の印税の9割くらいは会社が持っていきます。

橋下)結婚式の司会もだめなのですか。

辛坊)結婚式の司会などをやっている人はいないのではないかな。

橋下)いまは会社への届け出とかあって、そういうものが全部自分の収入にはならないと。辛坊さんの時代などは税金も払っていなかったでしょう(笑)?

辛坊)税金はフルで払っています! 何てことを言うのだ(笑)! 自慢じゃないけれども、節税は一切やっていませんから。これは何回も言っていますけれども、US-2は買えないです。あれは150億円しますから。だけど小型飛行機3機ぐらい買えるだけの納税はしているからね。

橋下)私は税務署ではないから大丈夫です(笑)

辛坊)本当だって。何てことを言うのだ!

増山)納税しているということです。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ