山里亮太、山本彩の新曲『ゼロ ユニバース』を絶賛!「すごく気持ちいい音楽」

山本彩さんがナビゲーターを務める月曜深夜のJ-WAVE『SPARK』。10月26日(月)の放送は、南海キャンディーズ・山里亮太さんがスペシャルゲストで登場! 

山本さんの新曲『ゼロ ユニバース』の感想や、山里さん原作のドラマ『あのコの夢を見たんです。』(テレビ東京)にちなんだ妄想トークで盛り上がりました。(J-WAVE『SPARK』10月26日(月)放送分)

月曜『SPARK』 今週は"やまちゃんコンビ"でお届け!

今年10月から山本彩さんが月曜ナビゲーターを担当するJ-WAVE『SPARK』。10月26日(月)は、スペシャルゲストに南海キャンディーズ・山里亮太さんを迎え、”やまちゃん”コンビでお届けしました。

山里:だって俺、本当にさや姉とお仕事するってなるとさ、さや姉がNMB48に入ろうとしている時からなんだよね。

山本:まだ入る前ですもんね。

山里:そうそう。NMBが発足する密着番組のレポーターやってたんだよね。いや、本当……。

山本:感慨深いです。

山里:そう。だから1番本当にかっこいいパターンとしては、その時にちゃんとさや姉に気付いて、「いや、あの子来ると思ってたんだよ」って言いたかったんだけど、俺何にも気付いてなかったからね。

山本:そうですよね。いや、女の子がいっぱいいましたからね。

山里:いや、いたけどさ。そこからガンガン頭角を現していって。今じゃもう、ひとりでアーティストとして……。いやあ、本当だからすいません。なんか「お邪魔します」としか言えません。

山本:いえいえ、よろしくお願いします。

山里:このお時間ね、この局でこんなガサガサした声流して、大丈夫?

山本:大丈夫でございます。マイクが綺麗に拾ってくれると思います。

山里:あはは(笑)。そういう事ね。そうなんだ。という事はさや姉、現時点での俺の声の汚さは肯定するのね。

山本:いえいえ(苦笑)。すいません(笑)。

山里:今だって、技術への信頼でしかなかったじゃない(笑)。「マイクがなんとかしてくれます」っていう(笑)。

山里原作ドラマのED曲『ゼロ ユニバース』を語る

山本さんは10月28日(水)に4枚目のシングル『ゼロ ユニバース』をリリース。この曲は、山里さんの短編妄想小説集をドラマ化した『あのコの夢を見たんです。』(テレビ東京)のエンディング曲としても使用されています。山里さんが楽曲の印象について、ドラマのエンディング部分を思い浮かべながら語りました。

山里:本当はイントロがあるんだけど、ドラマだとイントロがなくて最初の歌い出しからトンって入るんだけど、それが(仲野)太賀さんがオチを顔で落とすじゃないけど、話がストーンっと落ちたところにパッと歌い出しが入ってくるのがめちゃくちゃ良くてさ。そこに撮影の時のシーンの写真がね、この曲がバーっと入って、そのシンクロ具合。なんか「あ、いいもん見たな」って気持ちに曲を聴けば聴くほどなってくる感じがね。

山本:確かに。振り返りつつ。

山里:すごく振り返りやすいの。いろんな事を想像する時に流れてくれてると、すごく気持ちいい音楽というか。

山本:ありがとうございます。

山里:だから正直、俺の中で、保険の会社の小田和正さんを超え始めてるから。

山本:え~!?

山里:静止画の写真に曲の相性として、今俺の中であれを超え始めてるの。『ゼロ・ユニバース』が。

山本:あれは世界で写真に合う楽曲1位じゃないですか。

山里:ははは(笑)。そうね、そのランキングというものがあるならそうだよね。絶対。いや、でもそれくらい良いのと、書き下ろしなんでしょ? 感謝しかない。

山本:いえいえ。もう。

山里:だって、歌い出しなんかさ、本当にこのドラマの事を言ってくれてるみたいな。

山本:いやあ、どういう事を伝えたいかとか、私なりに考えさせていただいて書かせていただいたので。

山里:いやあ、素晴らしい曲を本当にありがとうございます。

「秋の妄想祭り」開催! 山里の妄想が爆発

番組では、山里さん原作のドラマのテーマ「妄想」にちなみ、「秋の妄想祭り」を開催! キーワードとなる2種類のカード(シチュエーション:1枚、道具:2枚)を引いて、お互いの妄想プランを即興で披露します。

山里さんはシチュエーションに「大阪」、道具に「たこやき」と「傘」のカードをそれぞれ引きました。

山里:まあ、僕がたぶん初めて大阪に行って、大阪といえばアメ村(アメリカ村)なんてのがあるんだなんて言われてて、アメ村に行く事になるわけですよ。アメ村に行ってね、せっかく初めて来たのに雨がパァっと降っている。雨の中でアメ村に行って、「あれが有名なたこ焼き屋さんか」なんか言って、たこ焼き屋さんに並んでせっかくだから食べてみようと思って買ってみるわけ。

買って「ありがとうございます」って言って、店先で食べるところが無いからしょうがない、「ちょっとどこか外で食べようかなあ」なんて思って、雨の中片手には傘、片手にはたこ焼きを持って歩いているわけよ。「どこか屋根があるところなんかないなあ」なんか探してて、「ああ、早く食べたい。たこ焼き冷えちゃうなあ」なんて思った時にスッと現れるのがさや姉なわけ……。

僅かな時間で作り上げた山里さんの妄想プランに、山本さんは驚きの反応を示しました。

山本:今のその数十秒でそれだけのストーリーが作れられる事ってあります?

山里:なんかそんな感じ。妄想って。

山本:すごい……。いや、もう何か私を含め、他の人たちがするような妄想を山里さんと同じ妄想と言ってはいけない気がします(笑)。

山里:全然いいよ(笑)。こんなの、だって自分の勝手に「これ、こうだなあ」みたいな。

山本:すごい、物語ですね。妄想ですけど。

山里:そうそう。なんか喋りながら思いついちゃうみたいな。この後、どこかで遭ったら絶対にもうちょっとドラマチックになるなあと思ったら、「じゃあ、ライブハウスに新人として出てきたらいいじゃない」みたいな。

山本:じゃあ、それを話しながら?

山里:そうそう。

突然の自転車!? さや姉の妄想プラン

山本さんはシチュエーションに「ケンカ」、道具に「花束」と「自転車」のカードをそれぞれ引きました。果たして、さや姉が作り上げる妄想プランとは……?

山本:私は山里さんの事が好きで、でもそれを言えなくって。なんとなく気付いてくれているのかなっていう。でもなんか、その先にお互い進めないみたいな感じで。でも、やっぱり他の人に優しくしてたりとか、自分以外の人にそういう事をしたりしていると自分は嫉妬というか、嫌な気持ちになっちゃうみたいな。

それで付き合ってもないのに想いが止められずに、「何でそうなん?」みたいな感じで言っちゃって、そうしたら「自分だってそうじゃん」って山里さんに言われて、ちょっと言い合いになって「もういい」って言って、自転車で……(笑)。

山里:お、出てきた、急に。

山本:ははは……(笑)。自転車で……逃げて……(笑)。私は自転車に乗って逃げて、「追いかけてこないなあ」と思って、河川敷で自転車を止めて川を見ながらひとりでボーっとしてたら足音が聞こえて、「何かな」って振り返ったら山里さんが花束を持って、河川敷に来てくれた……(笑)。すっごい低レベルな妄想になった(笑)。

山里:いやいや、それいいの。ただ、妄想の導入部が良すぎたから。これリスナーの皆さんね、パネルはあるけども、1メートル弱のところでこれを言われているおじさんのドキドキ感よ。もうキョロッキョロしちゃったよ、今。んで、キョロッキョロしてドキドキしてるところに強引に自転車が来て、冷静に考えたら「わあ、すげえ強引。強引に自転車が来た!」(笑)。

山本:急に出しちゃいましたね。

山里:そう。いいのよ、それで。

山本:あれですね、綺麗な流れでそれぞれのキーワードを使っていくって難しいですね。

SPARK
放送局:J-WAVE
放送日時:毎週月曜~木曜 24時00分~25時00分
出演者:山本彩、ゲスト:山里亮太(南海キャンディーズ)
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#sp813」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをパソコンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

作曲家・林哲司が語る「あの曲」の裏側

昭和から平成、さらに令和にわたり数々のヒットソングを手がける名ソングライターでアレンジャーの林哲司。
8月11日にFM COCOLOで放送された「Holiday Feature CITY POP SUMMER 2022」では、3曲をピックアップし制作当時のエピソードを聞いた。

竹内まりや「恋のバカンス」(1980年)
「僕にとって竹内まりやは最重要歌手のひとり。カレン・カーペンターの歌声は“万人に愛される歌声”だと僕はよく言うんですが、彼女の歌声も嫌いな人はいないんじゃないかと思うくらいで、アルトが非常に魅力的な歌手です。」
「彼女に書いた「September」(1979年)がスマッシュヒットした後に書いた曲が「恋のバカンス」。あの当時、宮田茂樹さんというレコードディレクターからAIRPLAYを教えてもらって、そこからAORにどっぷりハマりました。アメリカの音に憧れて、追いつけ追い越せと切磋琢磨して。「恋のバカンス」はそんなAORのエッセンスを生かして次のシングルを書こうとなった曲なんです。ポップスの中にロックの要素も入れた、竹内まりやのイメージにからすると異色の1曲かもしれません。」

杉山清貴「NEVER ENDING SUMMER」(1984)
今秋リリースされる、杉山清貴&オメガトライブ3rdアルバム「NEVER ENDING SUMMER」再ミックス盤の作業を通じて改めて感じたこととは。
「80年代サウンドの特徴はボーカルエコー。今回のリミックスではエコーをとったり生レコーディングの雰囲気を生かした今っぽいアレンジにしました。そうした時に杉山君のボーカルの上手さが顕著に表れて、“デビューの頃からこんなに上手かったんだ!”と改めて驚きました。」

松原みき「真夜中のドア/STAY WITH ME」(1979年)
「あの頃日本のメインストリームだった歌謡曲ではない、新しいものをつくりたいという情熱があったんです。同じものではなくて、自分自身のものを作ろうという気概があった。」
「40年以上の時代を経て、1億回以上聴いてもらっていると知って驚いています。松原さんはおられないけれど、歌そのものが残っていくことを証明してくれていますよね。松原さんも喜んでるはず。自分自身も作家冥利に尽きます。」

「FM COCOLO Holiday Feature CITY POP SUMMER 2022」では、林哲司のトークと楽曲を11時・12時・13時台それぞれに紹介。番組は8月18日(木)までradikoタイムフリーで聴くことができる。

Facebook

ページトップへ