乃木坂46・齋藤飛鳥「最初はやっぱり怖かった」 バナナマンへの印象の変化を語る

1月15日(金)放送のTBSラジオ『JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD』に、乃木坂46・齋藤飛鳥さんがゲスト出演! バナナマンとお正月トークやお互いの印象の変化、クイズコーナーで盛り上がりました。(TBSラジオ『JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD』1月15日(金)放送分)

乃木坂46のメンバーが出演しているラジオ番組

乃木坂46・齋藤飛鳥登場!

TBSラジオ『JUNK』では1月11日(月・祝)から15日(金)にかけて、漫画雑誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」創刊40周年を記念してコラボウィークを実施。『JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD』では、「月刊!スピリッツ」の連載作品で映画『映像研には手を出すな!』の主演を務めた乃木坂46・齋藤飛鳥さんがリモートでゲスト出演しました。

齋藤:CM中もずうっと見てましたけど、日村さんがずっと変な顔してました(笑)。

日村:飛鳥ちゃん、俺してないのよ、CM中。

齋藤:うそっ!? なんか私に向けてやってくれてるのかと思った(笑)。

設楽:いや、日村さんやってないんだよ。

日村:飛鳥ちゃん、俺やってないのよ。

齋藤:あれ? うそ(笑)。

日村:飛鳥ちゃん、俺変な顔やってないのよ。どういう事やってた、俺が?

齋藤:なんかずっとこっち(画面)を見ながら(顔の)全部を……目を薄くして、口もなんかニーッとして、全部線で書ける人みたいな。

設楽:あの……日村さん、たぶん笑ってただけよ(笑)。

齋藤:あ、そうなんですか……(笑)。

日村:たぶん、違うところを見てニコニコしてるだけじゃない?(笑)。

設楽:ニコニコしてる顔がもう変な顔。

日村:もう変な顔になっちゃったんだね。飛鳥ちゃん、してないのよ(笑)。

齋藤:ああ、ごめんなさい。そうでしたか(笑)。すみません(笑)。

齋藤飛鳥の回答に… 設楽「"ミス・ミステリアス"だよ」

乃木坂メンバーとは今年初の共演となったバナナマン。設楽さんは「ここでしか話せないみたいな話をしたい」と話題を振りつつ、オープニングトークで日村さんと盛り上がったお餅に関する質問を齋藤さんにぶつけます。

設楽:正月、餅食べた?

齋藤:食べましたよ。

設楽:じゃあ、やっぱ食べたんだ。

日村:何個食べたの、お餅?

齋藤:まあ、別にそんな、普通の……。

設楽:言わないんだよ。あのね、飛鳥ちゃんってのはね、言わないのよ。なんか知らないけど。自分の細かい情報を。

日村:餅何個も教えてくれないのねえ。どうやって食べるの、お餅? 設楽さんが気になるんだって。

設楽:好きな食べ方よ。いろいろあるでしょ?

齋藤:食べ方もまあ……そんな別に変わった食べ方はしないです。

設楽:言わないんだよ。

日村:はははは(笑)。あんことかきな粉とか、お雑煮とかいろいろあるよねえ。

設楽:磯辺とかさ、どの食べ方が好きなのよ?

日村:1番好きなのは?

齋藤:……ああ、まあでも全部好きなので(笑)。

設楽:言えや。おい、飛鳥こら。言えや。何で言わねえんだ。餅の食べ方教えてくれないんだよ(笑)。何で教えてくれないんだろうね。しょっぱいのと甘いの、どっちが好きなの?

齋藤:……ああ、でも、どっちも好きです。

設楽:言えや(笑)。教えねえんだよ(笑)。

設楽:お正月はちょっと休めたの?

齋藤:はい、お正月は休めました。

設楽:ああ本当。何してたの?

齋藤:……まあ、でも……一般的な正月休み……。

日村:何しに来たんだよ!(笑)。何も言わねえじゃねえかよ!(笑)。

設楽:おい、こら(笑)。なんだこれ(笑)。一般的にテレビを観たり?

齋藤:そうですね(笑)。

日村:ちょっと踏み込んだらもう何も教えてくれないのね。

設楽:何にも教えてくれない。本当にミステリアスだよ。

日村:一個でも踏み込もうものなら。

設楽:本当だよ、"ミス・ミステリアス"だよ。

齋藤飛鳥がバナナマンについて気になっている事

リスナーから齋藤さんへ、バナナマンについて「気になっている事とかありますか?」といった質問メールが届きました。『乃木坂って、どこ?』、『乃木坂工事中』(テレビ愛知・テレビ東京)など、バナナマンとは10年近く共演している齋藤さんが気になっている事とは……?

齋藤:設楽さんは結構、休憩中とかもいろんなメンバーに話しかけてくださるじゃないですか。しかも、「あれ観たよ」とか結構言ってくださるなって思ってて、「ああ、優しいな」って思うんですけど……。

日村:その入りは完全に、この後俺が腐されるやつだ(笑)。

齋藤:なんか日村さんはいつも、さっきCM中に私が見ていたあの顔……微笑んでいるのかよくわからないですけど……。

設楽:なんか変な顔。

齋藤:変な顔をしていて……。

日村:だから変な顔してないって(笑)。なんか顔やってるんだ。

齋藤:やってらっしゃって。みんなそれに気付いていて……。

日村:それ絶対、こっちの悪口になってる気がするよね(笑)。これは言ってそうだよね(笑)。中田(花奈)あたりがトップになって(笑)。

設楽:でも、悪口っていうか疑問なんじゃない? 「何で日村さん、変な顔してるんだ」って。

齋藤:うん、「何で変な顔してるんだろう?」って思います。

日村:そもそも変な顔してるわけじゃないんだけど、俺たぶんね、目とかちょっとグッてやったりとか。

設楽:目を見開くのは単純に老眼とかで見えないから、焦点を合わせるために目を見開いてね。

日村:最近は特に多いんだよねえ。目のかすみとかそういうので、ちょっとクッとやったりとか。なんかやってるんだよね。だからそれはちょっと思うけど、わからない。自分が変な顔やってるって印象が無いから。

齋藤:ああ、そっかあ。

設楽:日村さんってね、もう全然普通にしていても変な顔なんだよね。今はわりとコロナの影響で楽屋が別れてるからあんまりアレなんだけど、そうじゃない時って楽屋が二人で一つだったから、普通の顔をしてる時とか変な顔してる時とか、内緒で結構写真撮ってるんだよね、俺。

日村:たまに「カシャッ」とかいうから「えっ」って思うと、カメラ向けられてたんだよね。

設楽:でも日村さんだって、俺が寝てるところとか勝手に撮ってるんだよ。

日村:完全に盗撮だから(笑)。

長年の共演で感じた印象の変化

「最初の頃と今ではバナナマンの印象は変わりましたか?」という質問メールに、バナナマンと齋藤さんがお互いの印象の変化について語りました。

齋藤:普通に最初はやっぱり怖かったので。

設楽:「怖い」ってよく言うんだけどさ、何が怖いの? 俺ら最初から優しいよねえ?

日村:怖かないでしょ。

齋藤:接してくださる感じは優しいんですけど、設楽さんは見た目の圧力みたいなのが怖かったし、日村さんは今まで出会った事のない顔と体をしてるから、なんか生体が気になってちょっと怖かったです。

日村:生物的にね。

設楽:なるほどね。カエルとか、そういう怖さに近いって事……。

齋藤:ああ、そう。そういう感じで。

日村:ううん、「そういう感じ」じゃねえんだわ(笑)。「うんうん」じゃないんだよ(笑)。

設楽:それが最初の印象。それが変わった?

齋藤:だいぶ変わりました。

設楽:どれぐらいから変わっていった?

齋藤:個人的にはやっぱり、"飛鳥ちゃん"って呼んでくださるようになった辺りから、段々とイメージが変わってきました。

日村:今、全然怖くないの?

齋藤:全然怖くないです。

設楽:そうだよねえ。だって優しいもんね。

日村:怖いわけないもん。

設楽:優しいよ。本当でしょ。良かったねえ。でも、俺らもだいぶ変わってるけどね。最初からだったらね。

齋藤:え〜、気になります。

設楽:みんな単純に幼かったから。だから、「ずいぶん大人になったな」って普通に思うよね。

日村:飛鳥ちゃんなんて、もう迫力すらあるからね。「齋藤飛鳥、登場」みたいな、スタジオ入ってきた時に「おっ」っていう。そりゃそうだよねえ。

設楽:だから、どんどんみんな大人になっていく感じというか、本当に若い時から会ってるから「反抗期みたいなのかな」とかさ、学校の先生みたいな感じ? だから「ああ、なんか今こういう感じなのかな」とか。いろいろ思うところはあるよ。

番組後半では、スピリッツに関するクイズコーナー「クイズ!スピリッツ」が1日限りの復活。正解するともらえる素敵なプレゼントを目指して、齋藤さんが日村さんと一緒に回答者となってクイズに挑戦しました。

JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週金曜 25時00分~27時00分
出演者:バナナマン、ゲスト:齋藤飛鳥(乃木坂46)
番組ホームページ

Twitterハッシュタグは「#bananamoon」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

作曲家・林哲司が語る「あの曲」の裏側

昭和から平成、さらに令和にわたり数々のヒットソングを手がける名ソングライターでアレンジャーの林哲司。
8月11日にFM COCOLOで放送された「Holiday Feature CITY POP SUMMER 2022」では、3曲をピックアップし制作当時のエピソードを聞いた。

竹内まりや「恋のバカンス」(1980年)
「僕にとって竹内まりやは最重要歌手のひとり。カレン・カーペンターの歌声は“万人に愛される歌声”だと僕はよく言うんですが、彼女の歌声も嫌いな人はいないんじゃないかと思うくらいで、アルトが非常に魅力的な歌手です。」
「彼女に書いた「September」(1979年)がスマッシュヒットした後に書いた曲が「恋のバカンス」。あの当時、宮田茂樹さんというレコードディレクターからAIRPLAYを教えてもらって、そこからAORにどっぷりハマりました。アメリカの音に憧れて、追いつけ追い越せと切磋琢磨して。「恋のバカンス」はそんなAORのエッセンスを生かして次のシングルを書こうとなった曲なんです。ポップスの中にロックの要素も入れた、竹内まりやのイメージにからすると異色の1曲かもしれません。」

杉山清貴「NEVER ENDING SUMMER」(1984)
今秋リリースされる、杉山清貴&オメガトライブ3rdアルバム「NEVER ENDING SUMMER」再ミックス盤の作業を通じて改めて感じたこととは。
「80年代サウンドの特徴はボーカルエコー。今回のリミックスではエコーをとったり生レコーディングの雰囲気を生かした今っぽいアレンジにしました。そうした時に杉山君のボーカルの上手さが顕著に表れて、“デビューの頃からこんなに上手かったんだ!”と改めて驚きました。」

松原みき「真夜中のドア/STAY WITH ME」(1979年)
「あの頃日本のメインストリームだった歌謡曲ではない、新しいものをつくりたいという情熱があったんです。同じものではなくて、自分自身のものを作ろうという気概があった。」
「40年以上の時代を経て、1億回以上聴いてもらっていると知って驚いています。松原さんはおられないけれど、歌そのものが残っていくことを証明してくれていますよね。松原さんも喜んでるはず。自分自身も作家冥利に尽きます。」

「FM COCOLO Holiday Feature CITY POP SUMMER 2022」では、林哲司のトークと楽曲を11時・12時・13時台それぞれに紹介。番組は8月18日(木)までradikoタイムフリーで聴くことができる。

Facebook

ページトップへ