SEKAI NO OWARIの4人がリラックスモードで贈るラジオ番組『SEKAI NO OWARI “The House”』

2022年に結成15周年を迎える4人組バンド・SEKAI NO OWARI。2007年に「世界の終わり」を結成し、2010年にインディーズデビュー、翌年8月にシングル『INORI』でメジャーデビューを果たし、バンド名を現在の「SEKAI NO OWARI」に改称。2013年に「End Of The World」名義で世界展開でのプロジェクトを始動し、同年1月にはフランス・カンヌで初のヨーロッパ・ライブを敢行しました。その後は『RPG』や『炎と森のカーニバル』、『Dragon Night』など、多数のヒット曲をリリース。ドラマや映画の主題歌にも多く起用され、ポップでキャッチーな楽曲はもちろん、ライブで披露されるテーマパーク型の世界観の演出などが幅広い世代から支持されています。

コミカルかつ中毒性のあるダンスが話題となっている『Habit』(6月22日にリリース、4月28日に先行配信がスタート、映画『ホリック xxxHOLiC』主題歌)は、TikTokなどのSNSを中心に流行。「オリコン週間ストリーミングランキング」(7月27日発表)で5週連続、「Billboard JAPAN HOT BUZZ SONG」(集計期間:2022年7月18日~7月24日)で7週連続の首位を獲得し、国内外で空前のブームを巻き起こしています。

本記事では、SEKAI NO OWARIメンバー全員でお送りする『SEKAI NO OWARI “The House”』(TOKYO FM)をご紹介します。

SEKAI NO OWARI出演 TOKYO FM『SEKAI NO OWARI “The House”』

2020年4月にスタート。TOKYO FMをキー局にJFN系列で放送されている番組です。『SCHOOL OF LOCK!』内で放送されていた『セカオワLOCKS!』(2011年9月・11月、2012年4月〜2020年3月)の実質的な後番組であり、メンバー4人全員が出演します。

4人だけの家のリビングに集まって会話をするようなリラックスした雰囲気で、バンドの近況やプライベートトークはもちろん、メールを通してリスナーとの交流も繰り広げます。

SEKAI NO OWARI “The House”
放送局:TOKYO FM 他37局ネット
放送日時:毎週土曜 22時30分~22時55分
※放送局によって日時が異なる場合があります。
出演者:SEKAI NO OWARI
番組ホームページ

Twitterハッシュタグは「#TheHouse」

※放送情報は変更となる場合があります。

メンバーによる楽曲解説、制作裏話が聞ける

楽曲の制作解説やエピソードが聴けるのも番組の魅力のひとつ。2021年7月31日・8月7日の放送では、2021年7月21日にリリースされたオリジナルアルバム『scent of memory』の収録曲をリスナーからのメッセージを交えながら解説しました。

TOKYO FM開局50周年アニバーサリーソングにも起用された『周波数』は、その制作背景について語られました。この曲は1回目の緊急事態宣言の時に録音されたもので、納期も迫る中、各パートの奏者とリモートでやりとりする初の試みだったとのことです。自宅のスタジオではピアノと歌のみをメンバーだけで録音した事にも触れ、Nakajinさんは「実験室みたいに録ってた」と制作当時を振り返りました。

「ドラマの主人公」「ドライブ」「爆音」…テーマに沿った選曲企画

番組開始当初から定期的に行われているのが、各メンバーが1曲ずつ選曲した楽曲をお届けする「選曲企画」です。

これまで「自己紹介代わりの1曲」(2020年4月19日放送)や「自分がドラマの主人公になれる曲」(2020年11月8日放送)、「ナイトドライブソング」(2021年9月18日放送)、「爆音推奨ソング」(2021年10月30日放送)など、さまざまな切り口でお届けしてきました。メンバーによる選曲の解説や、各々の音楽観が垣間見えて来るのが楽しい人気企画です。

この記事を書いた人

radiko編集部

radiko編集部員が「ラジコを通じて、ラジオの良さをもっと知ってもらい、皆さんが面白い番組に出会うキッカケ」になるように、ラジオ各局の情報をまとめて発信中。radiko newsでは、新番組へのインタビュー、さまざまなテーマに沿ったまとめ記事など、独自の切り口でも番組をご紹介しています。ラジコ公式SNSの情報更新も行なっています。

radiko公式Twitter

radiko公式Instagram

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

2027年までにトマホーク500発の購入を検討の報に大竹「抑止力は、専守防衛の中で大事だけど、ちょっとノリを超え始めてるんじゃないかな」

11月30日の「大竹まこと ゴールデンラジオ」(文化放送)にて、防衛省が米国製の巡航ミサイル「トマホーク」について、2027年度までをメドに最大500発の購入を検討しているというニュースを取り上げ、大竹がコメントした。

読売新聞によると、防衛省が米国製の巡航ミサイル「トマホーク」について、2027年度までをメドに最大500発の購入を検討していることがわかった。岸田首相は13日のバイデン米大統領との首脳会談で購入交渉を進展させる方針を確認し、「反撃能力」の保有に向け、準備を加速させている。

防衛省は改良された12式の配備が遅れたとしても、反撃能力を早期に確保するため、トマホークを導入したい考えだ。北朝鮮がミサイル発射技術を急速に進展させていることなどを踏まえ、最大500発の保有が必要だと見積もっているという。このニュースを受けて大竹は、次のようにコメントした。

大竹「これはやっぱしクリミア併合あたりからの今のロシアとウクライナの戦闘状況、アジアでは中国の脅威、それに合わせて北朝鮮という条件が重なって、にわかに我が国の専守防衛の問題が国会でこのままの防衛費で足りるのかしらと。もうちょっと上げた方がいいんじゃないのっていう議論が始まって2027年までには防衛力を上げていこう、今までの1%ちょっとから2%まで上げるという話になってきた。これによって日本の防衛予算はアメリカ中国に次ぐ防衛予算は、第3位に躍り出るということになる。それが本当の日本の専守防衛の形になるのか」

さらに番組では東京新聞による柳沢協二・元官房副長官補の発言を取り上げた。

「最大の問題は、日本を狙う攻撃の着手を事前に認定できても、たたけば結果として日本が先に相手の本土を攻撃する構図になることだ。国際法上は先制攻撃ではないとの理屈でも、相手に日本本土を攻撃する大義名分を与えてしまう。確実に戦争を拡大させ、際限のないミサイルの撃ち合いに発展する」
これに大竹は同意し、次のように続ける。

大竹「前にも言ったけどウクライナはあれだけ国内にロシアからの攻撃を受けつつも、ロシア本土の攻撃はしていない。それには、諸事情、NATOとの関係、アメリカとの関係とかいろいろあるだろうけども、もしこれを攻撃するようなことになれば、火種がここで収まらないであろうということが簡単に想像できる。だからそれも含めてしないんだろうなという想像はできる。日本は、もうこれ無理だととあるコメンテーターが言っている。中国も、北朝鮮もこっちにたくさんミサイル向いてる。1カ所攻撃したところで、何箇所でも攻撃したところで、それをやったらとんでもない目に遭うだろうというようなことがもうわかりきってる。何千発のミサイルがこちらを向いているって言ってもね言い過ぎじゃないくらいの状況だと思うよね。そういう中で国としては、建前かもしれないけども、抑止力だと。それは俺もわかる。抑止力は、専守防衛の中で大事だけどこの抑止力が、敵基地攻撃能力とか、相手の軍事施設とか相手の国会とかそういうところを攻撃するっていうのがちょっとノリを超え始めてるんじゃないかなっていう危惧は十分にあるよね。

Facebook

ページトップへ