財津和夫、松田聖子とは「今まで直接会ったことがない」と驚きの事実を語る

TULIP・財津和夫が、時には他のアーティストに提供した楽曲について語る『財津和夫 虹の向こう側』。今回は、松田聖子について、ちょっとびっくりする話が飛び出します。

自分が持っているものを出せばいい

松田聖子のアルバム「SEIKO JAZZ 3」が2月14日に発売されるという事で、今回は松田聖子にまつわる話をお届けする。彼女と財津、二人のファン以外でも、財津が松田聖子に多数の楽曲を提供している事をご存じの方も少なからずいらっしゃると思います。
その作曲者を目の前に、松田聖子のコンサートに参加した事もある下田アナが「チェリー・ブラッサム」「白いパラソル」「夏の扉」「野ばらのエチュード」などのいくつかを照れくさそうに(?) サビの部分をちょっとずつ歌います。 
そして、松田聖子に対して、財津は「すごい精力的な人。持って生まれたものが違うよね」と称賛した後「残念なことに、今まで直接会った事ないんですよ。大昔、まだ18歳くらいじゃないかな…レコーディングしてるところをガラス越しに見て、そのまま会釈してさようならさせて頂いた」という意外過ぎる事実を話す。
「ですから、僕にとっては本当に紗幕の向こうの霧のかかったその向こう側にいる、カリスマの女性って感じですね」と、甚く文学的な表現をする財津。 〔※ 紗幕:しゃまく  甚く:いたく〕
下田アナが「松田聖子さんの個性に合った曲を提供するとか、雰囲気を取り入れたりってすると思うんですけど、会ってなくてもあれだけのものが生まれるんですね」と感想のような質問をすると
「むしろ、どんな人って(事前に)聞かないで作った方が(結果的に)よかったのかもしれません」と、またも驚きの返事を返す財津。
財津が松田聖子の歌を初めて作曲したのは彼女の4枚目のシングル「チェリー・ブラッサム」。プロデューサーから「松田聖子だからこれを書いて」みたいなことは一切なく、「曲を書いてくれって言われただけなんで、どんな人が歌うのか正確には分からなくて、自分が持っているものを出せばいいんだ、よしこれを歌ってもらおう」と思って書いたのだ、と真相を明かす。
「ヒットしたのは本当にアーティストとプロデューサーとアレンジャーと作詞家のおかげ。世の中で彼女が歌ってヒットしているときは、僕の分身がなんか勝手に作った感じで、外野席から見てるような気がしました」
実は、松田聖子もいわゆる歌謡曲とは違うニューミュージックの曲調に戸惑い、不安を抱えてのレコーディングは2日間かかったらしい。初めは苦労して馴染めず、好きになれなかった曲が、今では松田聖子自身お気に入りの一曲、という逸話もあるようです。

今日の一曲は、松田聖子「花一色~野菊のささやき~」。1981年(昭和56年)公開の松田聖子初主演の映画「野菊の墓」の主題歌。作詞が松本隆、作曲が財津和夫。作詞作曲が同じコンビで作られた「白いパラソル」のB面に収録されています。
以下は、下田アナからの情報です。松田聖子のコンサートでは、客席からのリクエストコーナーがあり、実際に会場から色々なリクエスト曲の歓声が上がるらしいが、この曲は映画の主人公の名前である民子(たみこ)から「たみさんの歌」という呼び名でのリクエストコールが必ずと言ってよいほどある、との事です。

次回2月11日の放送は、通常通り18時15分(午後6時15分)からの予定です。
バレンタインデー間近、チョコレートトークをお届けします。

財津和夫 虹の向こう側
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週日曜 18時15分~18時30分
出演者:財津和夫、下田文代
番組ホームページ

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

この夏は、「夏バテ」ならぬ「冷えバテ」対策にきのこと豚肉の味噌汁で芯から温めよう!

野村邦丸がパーソナリティを務めるラジオ番組『くにまる食堂』(文化放送・毎週月曜から木曜9時~13時)内で火曜日の11時半ごろから放送されている「ホクトpresents きのこで菌活~カモン健康!」。きのこを食べて体の内側から「健康」になる方法について、「日頃の生活の中で気になる健康」をテーマに、毎週、その道の専門家に話を聴く。

今週は、『イシハラクリニック』副院長の石原新菜先生に「夏バテの予防と対策」というテーマで話を伺った。

夏バテといえば夏の終わりごろに「最近夏バテで…」と体調不良を訴える人が多かったが最近では7月ごろから夏バテを訴える人が増えてきた。この理由は、「暑熱順化」という言葉で説明できるという。「暑熱順化」は、徐々に身体を夏の暑さに順応させるということ。昔は春から夏にかけてだんだんと暑さに慣れていくことができていたが、最近は5月頃から夏日を観測することも増え、急に気温が高くなり身体が夏の暑さに慣れる時間がないうちに真夏を迎えてしまい、夏の初めから夏バテのような症状が出る人が増える要因になっているそうだ。では、夏バテの対策で重要なことは…。

野村邦丸「新菜先生、夏バテの主な原因は自律神経の乱れと思ってもいいですか?」

石原新菜「そうですね。まず冷房が効いた部屋で身体を冷やす。で、外に出ると今度猛暑ですから、外がめちゃくちゃ暑い。中が寒い、外が暑い、この温度差で体温調節をしなきゃいけない自律神経が頑張るとバランスが乱れてしまって、その影響で身体の中のいろんな機能に不調が現れてくるってことなんですよね。まだ暑いので、皆さんさっぱりした冷たいものをささっと食べちゃう。のどごしのいいものを食べたくなるんですけど、栄養が偏ってしまうんですよね。タンパク質とか薬味とか食物繊維、発酵食品がうまく摂れなくて。こういった栄養が偏ってしまうということも、また身体の疲れにつながる。もう悪循環ですよね」

邦丸「わかってるけど、やっぱりツルツルしこしこのそうめんとか冷麦ばかり食べちゃうんだ!って方も多いと思います。気持ちはわかりますよね」

石原「さらに薄着で冷房の中で、冷たい飲み物、食べ物。もうトリプルで内臓を冷やしてしまうんですよね。だから私いつも言ってるんですけど、最近の現代人の夏バテというのは暑くてバテるのももちろんあるんですけども、内臓を冷やしてしまって内臓の冷えから来る体調不良だから「冷えバテ」だよっていつも言ってますね」

邦丸「夏バテじゃなくて「冷えバテ」。夏バテ予防、あるいは冷えバテ予防に有効な食べ物は何でしょうか?」

石原「やっぱりおすすめなのが、きのこと豚肉の味噌汁。きのこたっぷりの豚汁の状態ですね。やっぱり豚肉にはタンパク質が豊富ですから、筋肉を作るものにもなりますし、それからやっぱり代謝を促すビタミンB1すごく豚肉には多く含まれているんですね。代謝はエネルギーに変えてくれるので、夏バテとか、冷え対策にもなる。きのこもビタミンB群がすごく豊富に入ってます。あと、大豆を原料にしてる味噌にもタンパク質、それからビタミンB2も入ってる。きのこにもB2が入ってて、きのこと味噌汁の組み合わせってすごくいいんですね。相乗効果があって。後は、味噌汁に含まれる塩分とかミネラル。夏、汗をたくさんかいて、ミネラルが失われてしまうので、味噌汁で補給するのもいいですし、そこに腸内環境を整える食物繊維が豊富なきのこを取り入れると一石二鳥かなと思います。実はきのこにたくさん入ってるのは、カリウムもあって、カリウムには、ナトリウムを追い出す働きがあるので、夏の「むくみの改善」にも良いですし、あとは結構汗でもカリウムが出ていってしまうので、カリウムの補給にもいいですね。あまりカリウムが不足してしまうと筋肉の動きに関わって、足がだるくなるとか攣ってしまうとか、いろいろあるので、カリウムもしっかり摂りたいミネラルなのできのこに入ってて、お勧めですよね。また、夏バテが続くと今度は免疫機能が低下してしまって、夏風邪の原因にもなってくるんですよね。きのこには免疫細胞に直接働きかけるβグルカンが豊富に入ってたり、免疫アップにもおすすめなんです。あとは睡眠ケアにも役立つオルニチンとかギャバ。そういったアミノ酸もたくさん入っているので、疲労回復におすすめ。なので、是非きのこたっぷりの豚汁。これを夏バテ予防として取っていただけたらいいなあと思いますね」

邦丸「きのこを入れて豚汁。豚汁は本当に好きな人が多いと思うんですよ。夏場の豚汁で夏を乗り切ろうってのはいいですね」

Facebook

ページトップへ