アマプラ独占配信「アメリカン・フィクション」はアカデミー賞注目作品

クリエイティブプロデューサー・三好剛平氏

2/27からAmazon Prime Videoで配信が開始したばかりのアメリカ映画『アメリカン・フィクション』。アメリカでは昨年公開され、アカデミー賞の前哨戦として重要視されるカナダのトロント国際映画祭では最高賞にあたる観客賞を受賞、そして3/10に発表される第96回アカデミー賞でも作品賞ほか5部門にノミネートされている注目のコメディ・ドラマ作品だ。日本では劇場公開なしでAmazon Prime限定の独占配信が開始したばかりのこのタイミングで、RKBラジオ「田畑竜介GrooooowUp」に出演するクリエイティブプロデューサーの三好剛平さんが見どころを語った。
 

「アメリカン・フィクション」とは

本作はパーシヴァル・エヴェレットという作家による2001年の小説「Erasure(消去)」とを映画化した作品で、脚本・監督をコード・ジェファーソンが務めました。

 

コード・ジェファーソンはこれまで人気脚本家として業界では広く知られる存在で、Netflixの人気ドラマシリーズ「マスター・オブ・ゼロ」「グッド・プレイス」そして2019年に発表され歴史的傑作となったHBOドラマ「ウォッチメン」などで脚本を務めこれまで数多くの賞を受賞。今回が初監督作品となるわけですが、さっそくトロント映画祭での観客賞受賞をはじめ、その後も英国アカデミー賞や放送映画批評家協会賞の脚色賞など受賞を続けており、第96回アカデミー賞では作品賞、主演男優賞、助演男優賞、脚色賞、作曲賞の5部門にノミネートということで注目を集めています。(オバマ大統領が毎年選出する “お気に入りの作品”の映画部門にも選ばれていました)。

 

主演は人気の黒人俳優ジェフリー・ライト。ダニエル・クレイグ版「007」でボンドをサポートするCIA局員フェリックス・ライター役で出演したり、その他さまざまな映画で主演や助演を務める実力派俳優です。今回は、売れない黒人の小説家を演じ、アカデミー賞では主演男優賞にノミネートされています。

売れる作品?

さてここからあらすじに入る前に、お二人と一緒に今回はある一つのお題を考えてみたいと思います。

 

映画や小説、アートなどで世界には色んな創作物、作品がありますが、そこに生まれる「売れる作品」と「売れない作品」の差は何なのでしょうか?そして「売れる作品」だからといってその作品は「良い作品」なのでしょうか?

 

これを踏まえて、この映画のあらすじをご紹介したいと思います。

 

主人公は、成功した小説家であり、大学で英文学の教授を務める黒人男性作家モンク。出版社に書き上げた新作を提出するも、“黒人らしさ”が足りない、と評され著書が発表できない日々が続いています。方や業界では、いかにも世間がイメージしそうなステレオタイプな”黒人らしさ”に迎合した黒人女性作家の小説がベストセラーとして注目を集めています。

 

それでもなんとか自分の創作物が社会に対して負う“黒人らしさ”への責任や、自分なりの創作への倫理観などから、自分ではそうした小説を書かずにやり過ごしていた主人公でしたが、ある日、母がアルツハイマーであることがわかり、高額な介護費が必要になります。

長らく出版が出来ていない悔しさも助けて、彼はついに、酒を煽りながら思い付く限り、いかにもな“黒人要素”を詰め込んだ小説を、ペンネームを使って書き上げます。本人としては、出版社への皮肉として送りつけたはずのこの小説でしたが、出版社からは「こんな完璧な本は久々に読んだわ」「あの強烈な文体は黒人としての辛さを経験した人にしか書けないものだ」と大絶賛を集め、たちまち破格の値段で買い手がついてしまいます。すぐにその年を代表するベストセラーになるばかりか、ハリウッド映画化まで決まってしまうなか、ついには自分が審査員を務める文学賞にまでその作品が食い込んできてしまい——、というようなお話です。

 

アメリカでは、人種や性差別、環境問題など様々な社会の不均衡に強い配慮を示す人々を「woke(wakeの過去形、awake=目の覚めた、悟ったに関連)」という言葉で表現することがありますが、近年、この「woke」への見方が変化してきているようです。それは日本でも「意識高い系」という言葉が皮肉としても使われていることにも通じますが、ともすれば行き過ぎた倫理意識は、問題の本質を捉え損ない、その解決から遠く離れた、ただいびつな価値観を新たに社会の「正解」や「規範」にすげかえてしまうような場面が増えているせいでもあります。

 

この映画でテーマになる人種問題についてもこうしたwokeの流れはかなり大きなものになっています。これまで白人作家や作品だけが評価されてきた文学界において、新たな人々——この映画では黒人の「生の声を伝えている」作家や作品も評価すべし、ということでその規範意識が暗黙のルールとなって、そこから出版されるべき新しい本、新しい作家が文字通り「生み出されて」いくわけです。

 

しかしそこで「“黒人らしさ”を十全に表現できている」と評価するのは誰かといえば、それは引き続き多くが「白人インテリ層」のままであるという事実であり、またまだ価値観がアップデートされていないままの「大衆」であるということが問題になります。つまりここでいう「黒人らしさ」とは、「白人そして多くの大衆がイメージできる・期待する(=そうであってほしい)黒人像」に過ぎないのではないか、ということが映画のなかでも見つめられていきます。

 

映画ではこの問題を黒人についてのコメディとして提起していますが、当然これは黒人問題に限ったことではありません。当初は、これまで社会のなかで埋もれていた声に新しい力を与え届く声にしていくという意味で正しい取り組みだったはずのものが、一体どこから歪んで、そうしたマイノリティの人々のステレオタイプをただ広めるような仕組みに成り下がってしまうのか。作品を「売れる」「広く知られている」「影響力がある」という評価軸でしか測れない社会において、いかにして創作はなお可能なのか。

そしてこれは僕がいまこうしてラジオに出演してお話させてもらっていること、つまり「見方」や「読み方」を教わらないと十分楽しめない作品はそれでも存在する意味があるのか?というようなことにも関わってくる、非常に射程の広い問題でもあると思いました。個人的にも、この映画を課題作品にして皆さんとぜひ色んな話を交わしてみたくなる映画でした。

 

と、ここまでご紹介してきましたが、映画としてはコメディとして抜群に面白い作品でもあり、ウィットに富んだクライマックスも含め、いま見るべき注目の作品だと思います。

 

「アメリカン・フィクション」はAmazon Prime Videoで配信中です。

ぜひご覧になってみてください。

「アメリカン・フィクション」

田畑竜介 Grooooow Up
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
出演者:田畑竜介、田中みずき、三好剛平
番組ホームページ
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

乃木坂46賀喜賀喜「最高のステージで、アイドルとしての最後の姿を迎えられるように…」山下美月“卒コン”への思いを明かす


乃木坂46賀喜遥香



乃木坂46の賀喜遥香がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「SCHOOL OF LOCK! 乃木坂LOCKS!」。4月11日(木)の放送は、先週の生放送に引き続き、賀喜が大好きで尊敬している先輩・山下美月が登場。ここでは、5月11日(土)、12日(日)の2日間にわたって東京ドームで開催される「乃木坂46 山下美月 卒業コンサート」について語り合いました。


乃木坂46山下美月



山下:今回、東京ドームで2日間、卒業コンサートをやらせていただくのですが、乃木坂46としても東京ドームってすごく特別な場所じゃん?

賀喜:そうですね。

山下:なかなか頻繁にやれるような所でもないし。そこで、今のメンバーでステージに立てるって本当にありがたいなって思う。つい2、3時間ぐらい前まで打ち合わせをやっていたぐらい、いま詰めていて。それこそセットリストとか、衣装とか、メンバー構成も今回、結構私が全部やらせていただいていて。かっきーとの何かもあるかも? しれない……? もう特大の……これはまだ言っていないですけど……! ちょっと何かあるかも? みなさん楽しみにしてください!

賀喜:私も楽しみです!

山下:本当に!?

賀喜:はい!

山下:よかった~! かっきーも喜んでくれるかなっていう曲もあります。

賀喜:本当ですか!?

山下:はい!

賀喜:個人的に楽しみですし、そのときの美月さんが、私の目には、どう映っているんだろう? って思っています。もうすでに想像できなくて……。

山下:そうだよね。私もまだふわふわしているわ。

賀喜:していますね。

山下:残り1ヵ月、最後までたくさん思い出作ろうね。

賀喜:作りましょうね! 私も卒業コンサート楽しみますし、来てくださるみなさんは、美月さんが最高のステージで、アイドルとしての最後の姿を迎えられるように一緒に泣いてもいいですけど、笑顔で! “泣き笑顔”で!!

山下:“泣き笑顔”って、いい言葉!

賀喜:泣き笑顔で美月さんを送り出しましょう!

山下:はい、お願いします!

番組では他にも、4月23日(火)に発売される山下美月2nd写真集『ヒロイン』について語り合う場面もありました。


(左から)乃木坂46山下美月、賀喜遥香



----------------------------------------------------
4月11日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年4月19日(金)AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長(小森隼・GENERATIONS from EXILE TRIBE)、COCO教頭(CRAZY COCO)
放送日時:月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/lock/

Facebook

ページトップへ