財津和夫、50年以上前の小田和正とシンクロするような思い出に触れる

TULIP・財津和夫が、時にはアマチュア時代の大切な思い出を語る『グランドメゾン プレゼンツ 財津和夫 虹の向こう側』。今回は、大人の恋の持論を語り、またデビュー前の全国アマチュアコンテストの思い出を振り返る。

詞は、映像が残るように書いた方が記憶に留まる

財津と同じ小学校の卒業生から、通っていた中学校では財津が作詞作曲をした「生徒会の歌」が歌い継がれている、とのお便りが届いた。
最初はその曲の事を忘れていたようだが、メッセージを読み進めるうちに徐々に思い出した財津、「生徒会の歌とは思っていなかったが、後でそういうネーミングをされたんでしょうね。あるいは通称かな」と語りながら、自分が作った歌詞の一部も蘇ってきたようだ。「詞は、映像が残るように書いた方が(記憶にも)残る」
番組で改めて調べたところ、財津の母校から分かれて新設された中学校の創立10周年を記念して、卒業生の同窓会が生徒会の歌として企画し、財津に楽曲制作を依頼したもの。2001年(平成13年)の創立10周年記念式典で発表された、生徒会の歌「忘れないでおこう」は今も歌い継がれており、お話を伺った教頭先生もすぐに口ずさんで頂きました。(概要は、その中学校のホームページにも掲載されています。)

大人の恋? 老いらくの恋?

ろくな恋愛経験もなくお見合いで結婚したせいか大人の恋に憧れる、というリスナーのお便りへ財津が言葉を添える。
「70代、80代になってもそりゃあ恋はするでしょう。恋をすることで自分の生命維持装置が外されてないんだな、と感じるんですよね。そりゃあ、ありがたい事ですよ」
「人って、恋をして子孫繁栄するために生まれてきたわけですから。極端に言うと他の事は別に何もしなくても良い。あとはご飯を食べて、寝て、三大本能をやっていればいいんじゃないですか」
「恋は歳とってもした方が良い。むしろ無理やりした方が良いと思う。自分を鼓舞しながら」
・・・財津の恋愛論はいつも饒舌だが、ウィットに富んだ回り道も多いので、本論だけを拾っています。

続いての今日の一曲は、財津和夫「君の部屋のソファ」。1992年(平成4年)に発売された財津のソロアルバム「『もうひとつ』の愛」に収録されています。

小田和正と似たようなことを考えていた

昭和40年代に開催されたライトミュージックコンテストは、のちにプロとなった五つの赤い風船や吉田拓郎なども出場し、当時のアマチュア音楽界のムーブメントとなっている。財津が出場した第3回のコンテスト(1969年)では、財津のライバルとして赤い鳥やオフコース等々の面々と、全国大会の場でしのぎを削っている。
そのコンテストから10数年経ち、既に第一線のプロとなったオフコースの小田和正と鈴木康博が当時の事を語っている約40年前の記事の切り抜きをリスナーが送ってくれた。
「強敵は他にもいた。財津和夫(現TULIP)の率いるフォーシンガーズも良くまとまっていて、かなりの実力の持ち主と見た。トップは赤い鳥、まずこれは間違いないよなぁ。フォーシンガーズはおそらく2位に来ると思うよ。そうなると、俺たちは3位に入っていないとやばいって事か」
財津はこの記事の内容を初めて知った、と言う。「(小田の言う事が)誤解にしても錯覚にしても嬉しいな。オフコースは2位になったけど、1位になってもおかしくなかったという感じでした。本当にそれほどすごかったし、自分たちが入賞もしなかったのは当たり前の話だ、とコンテストの直後に思いました」
フォーシンガーズがおそらく2位だろうと思った、との小田の言葉に財津は、「他のバンドとバンド名を間違えたのか、それか小田サマの耳が悪いかのどちらか」と照れ隠して茶化すのでした。
「すごかったですよ、第3回ライトミュージックコンテストは、一生の思い出。僕の思い出の中でも1位2位を争います」
またじっくり話を聞かせてください、との武田アナのお願いに、是非お話しさせてください、と答える財津。改めて番組の中で詳細を語って頂くこととしましょう、

次回の放送4月16日も、通常通り18時15分(午後6時15分)から。
「チャップリン」と財津和夫の不思議な関係についてお話しします。

グランドメゾン プレゼンツ 財津和夫 虹の向こう側
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週日曜 18時15分~18時30分
出演者:財津和夫、武田伊央
番組ホームページ

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

今日の運勢占い7月24日(水)12星座占いランキング第1位は魚座(うお座)! あなたの星座は何位…!?

2024年7月24日(水)の毎日占い「12星座ランキング」を発表!
ラジオ発のエンタメニュース&コラム「TOKYO FM+」では、今日の運勢や今週の運勢、性格診断、心理テストなどを配信中です。

この記事では、2024年(令和6年)7月24日(水)のあなたの運勢を、東京・池袋占い館セレーネ所属・占い師の夏目みやびさんが占います。「12星座別ランキング&ワンポイントアドバイス」第1位は魚座(うお座)! あなたの星座は何位……?


【1位】魚座(うお座)
今日はセンスの良さを褒められるなど、ちょっぴり嬉しい出来事が起こりそうです。自信もわいてくるので、やりたいことなど積極的に提案してみるとよいでしょう。笑顔でいればさらに運気アップ!

【2位】乙女座(おとめ座)
恋愛運が好調な日。いつもより積極的になってみると良いかも。夏を感じられるようなデートを提案してみると◎ 恋愛にマンネリ気味ならば、ヘアスタイルを変えるなどイメージチェンジをしてみて。

【3位】山羊座(やぎ座)
いつもとは違う行動をすると◎ 少し寄り道をすることで、新たな考えも生まれるようです。短期的な目標を決めると、物事がスムーズに進みそう。学びたいものを探してみるのも良いでしょう。

【4位】牡牛座(おうし座)
楽しいことが続き、気分が明るくなるようです。その思いを周りと共感すると良いでしょう。友達のアドバイスを参考にすると、新たな道が開けるかも。何事も前向きにとらえるようにしてみましょう。

【5位】蟹座(かに座)
集中力がアップしているので、好きなことをやってみましょう。何かを表現してみると自分が思っていたよりも良いものが生まれるかも。お気に入りのものはSNSに投稿するのも良いでしょう。

【6位】蠍座(さそり座)
今日は穏やかな気分で過ごすことができそうです。あなたがリラックスしていると、家族や恋人も落ち着けそう。食事をともにするなど、なるべく一緒に過ごしてみると、相手の本音が分かるかも。

【7位】射手座(いて座)
部屋の片付けなど、後回しにしていたものをやることになりそう。頑張ったあとのご褒美を用意して、一気に片付けてしまうと良いでしょう。買ったのに使っていないものがあるならば、きょうだいや友人にあげるのもアリ。

【8位】牡羊座(おひつじ座)
自然が豊かなところでリラックスすると◎ 予定をつめすぎずのんびりすると良いでしょう。音楽を聴きながらストレッチなどをするのもおすすめ。不安に感じるものがあるならば、思いきって手放してみて。

【9位】水瓶座(みずがめ座)
今日は健康を意識した生活をしてみましょう。寝不足気味ならば、昼寝をしてみるのもアリ。疲れを取ることで、イライラする気持ちも解消することでしょう。旬の野菜や果物を食べて運気アップを。

【10位】双子座(ふたご座)
物欲が強くなっているので、衝動買いをしてしまうかも。とくにネットショッピングは気をつけて。リフレッシュには、熱めのお風呂に入ると◎ 肩など疲れているところをほぐしましょう。

【11位】天秤座(てんびん座)
仕事場などに対して少し不満を持ってしまうかも。新しいことに挑戦したい思いも強くなっているようです。焦らずに時間をかけて準備をすると良いでしょう。信頼できる先輩に相談してみるのもアリ。

【12位】獅子座(しし座)
感情の起伏が激しくなってしまいそう。イラッとしたら深呼吸を。時間をかければ、良い方法など見つかりそうです。あまり難しく考えないようにするのも大切。いちど悩むのをやめて好きなことを楽しんでみると◎

【今日の一言メッセージ】
疲れが出やすい時期なので、無理をしないようにしましょう。慌てて何かの答えを出してしまうと、後悔してしまいそうなので気をつけて。

■監修者プロフィール:夏目みやび(なつめ・みやび)
東京・池袋占い館セレーネ所属。メッセージ性の高い鑑定はリピーターも多く、心の琴線に触れると話題に。占いや開運で個性が輝けるような占いを発信中。Yahoo!占い「マザー占術」など数多くのコンテンツもリリース。
Webサイト:https://selene-uranai.com/
オンライン占いセレーネ:https://online-uranai.jp/

Facebook

ページトップへ