財津和夫、僕よりも泣き虫は小田和正だと断言する

TULIP・財津和夫が、時には泣き虫な自分を恥じながら話す『グランドメゾン プレゼンツ 財津和夫 虹の向こう側』。今回は、中野サンプラザでの解散コンサートの時も泣いてしまった事を白状する。

ファンからは「泣き虫和夫ちゃん」と言われることも

50年の歴史に幕を下ろし、今年7月に建て替えのため閉館される東京の中野サンプラザの思い出を教えて欲しい、というリスナーのお便りから、財津の思い出話へ。
「(コンサートを)よくやりましたね、中野サンプラザ」
「東京へ出て行って初めてのライブは渋谷のジャンジャンでした。30人ちょっとぐらいしか入らない地下の小劇場を兼ねたようなところで、その時の客は6人ぐらい。全員当時の事務所(シンコーミュージック)の人間でした。それを思えば中野サンプラザはすごくたくさんの人が入ってたような気がしますね。当時は大きなホールのひとつだったんですよ(現在公称2,222席)」
リスナーのお便りにもあった、1989年のTULIPファイナル(解散)ツアーは全国で開催され、中野サンプラザでは4日間連続で行われたらしい。
「意図して(自分から望んで)ではないが、最近、その時の映像を見る機会があるんです。(財津本人が)泣いてるシーンが多いんですよ。解散コンサートだから、やっぱり泣いちゃったんですね。とめどなく私が泣いている。最低ですね」
(武田アナ)「え、どうしてですか」
「もうちょっと男らしくなりたいよ。だって、何度も泣くとその価値が・・・希少であるからいいわけでしょ、毎回泣いていると『また泣いてる。よっぽど水分余ってるんだな』って。ファンの方からのお手紙で『泣き虫和夫ちゃん』とか書かれたりすることがあるんです」
「僕よりも泣き虫は小田和正さんだと思います。あの人も水分過多みたいですね」
(武田アナ)「中野サンプラザの思い出は何かありますか」
「解散しようと決めたあの頃はつらかったんです。バンドが分裂しての解散ですから。今、また一緒になって(演奏活動を)やっているというのはありがたい話ですけど・・・あの時の涙は感激で泣いてるというよりも、悲しかったなぁ。バラバラになって解散なんだ、と、そういう思い出かな。(わざとらしく)早く解体してください!」

今日の一曲は、財津和夫「Straight Way」。1998年(平成10年)に発売された財津和夫通算8枚目のソロアルバム「ONE WORD」に収録されている。

次回の放送5月21日も、通常通り18時15分(午後6時15分)からの予定ですが、野球中継が延びた場合は放送時間が変わる(繰り下がる)場合があります。
財津和夫が大好きな漫才・お笑いに関する話をお届けします。

グランドメゾン プレゼンツ 財津和夫 虹の向こう側
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週日曜 18時15分~18時30分
出演者:財津和夫、武田伊央
番組ホームページ

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

「中小規模の病院」の力になるために…株式会社ヘンリーが開発したクラウド型電子カルテ「Henry」とは?

笹川友里がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「DIGITAL VORN Future Pix」(毎週土曜 20:00~20:30)。この番組では、デジタルシーンのフロントランナーをゲストに迎え、私たちを待ち受ける未来の社会について話を伺っていきます。2月24日(土)の放送は、株式会社ヘンリー 共同CEOの林太郎(はやし・たろう)さんをゲストに迎えて、お届けしました。


(左から)笹川友里、林太郎さん


林さんは、一橋大学卒業後、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)に留学。学生時代は、アフリカで日本の中古重機をレンタルする新鋭スタートアップで現地リーダーとして活躍。楽天株式会社入社後、楽天カード全体のSEOマーケティング業務や、楽天市場・楽天カードのビッグデータの分析などを担当、2018年に株式会社ヘンリーを起業しました。

◆“医療現場のデジタル化”を目指す

はじめに、ヘンリーが提供している病院向けのクラウド一体型電子カルテ「Henry」について、「『電子カルテ』『オーダリングシステム(医師の指示を各部署にコンピューターで伝達するシステム)』『レセプトコンピューター(診療報酬明細書を作成するコンピューターシステム)』の3つが一体となったクラウド型のシステムで、病院向けに販売しているのは、日本で弊社だけです。クラウドで使えることによって、他にはない大きなメリットが提供できます」と林さん。

これまでの医療システムは、それぞれ別のシステムでそれらを“つなぐ”前提で作られているものが多いのですが、「我々は最後発で作ったこともあり、それらをすべて同じシステムで管理できるように作ってあるところが特徴です。また、紙を使わなくても情報共有ができるシステムを構築しているところもメリットかなと思います」と強調します。

林さんによると、医療業界では長らく“セキュリティ上、医療情報システムはインターネットにつないではいけない”といった制限があったため、「例えば、お医者さんが自宅でカルテを確認するとか、何か緊急の事態があったときに“患者さんの情報を伝える術がない”というようなことがありました。それをクラウドシステムで共有化することにより、自宅で“患者さんが急変した”という情報を具体的に確認した状態で病院に向かえる、というメリットもあります」と話します。

続けて「医療の現場は、すごく情報が多い世界なので、実際にはもっと共有したい情報がたくさんあると思うんですけど、我々の目標としては、この先3~5年のあいだにクラウドのシステムを通して、お薬の情報だけではなく、患者さんの情報の細かいところまで、医療機関や自治体と共有し合える世界を構築できればと思っています」と力を込めます。

◆中小規模の病院向けに特化している理由

「Henry」は中小規模の病院に向けたサービスとして特化していますが、その理由について、「大きな病院では電子カルテの普及率がかなり高くて、おそらく9割以上の病院が導入していますが、中小規模の病院の普及率はまだ50%ぐらいで、残り約半分の病院は紙のカルテを使っています。その大きな理由として、例えば、病院内にサーバーがあって、インターネットとつながない従来型のシステム『オンプレミス』(自社でサーバーを所有・管理)を導入したくても、“価格が高額なために買えない”という病院が今でも多く存在しています」と林さん。

そうした中小規模の病院が抱えている課題を解決するべく、「“クラウドで安価かつスムーズに導入できるシステムを作りたい”という思いで、我々は初めから中小規模の病院に特化して作ったという背景があります」と話します。

そして、「Henry」の今後の展望については、「電子カルテ、オーダリングシステム、レセプトコンピューターはそれぞれ難しいシステムなので、(サービスを導入していただく)病院がより使いやすくなるように、機能を改善していくことが必要になってくると思います」と課題点を挙げます。

そうした部分を一つひとつ解決していき、「より使いやすく、しかも安価で情報共有しやすい電子カルテができれば、今まで電子カルテに踏み切れなかった病院に対しても、自信を持って提供できると思いますので、まずは我々のシステムを使って“業務が改善した”“情報共有ができるようになった”といった事例をどんどん作っていきたい」と力を込めていました。

次回3月2日(土)の放送も、引き続き、林さんをゲストに迎えてお届けします。林さんが思い描く“近未来の医療現場の風景”についてなど、貴重な話が聴けるかも!?

----------------------------------------------------
2月24日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年3月3日(日) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:DIGITAL VORN Future Pix
放送日時:毎週土曜 20:00~20:30
パーソナリティ:笹川友里

Facebook

ページトップへ