『波よ聞いてくれ』鼓田ミナレに比肩!?服部さやかの“破壊力”

服部さやか ©RKBラジオ

ラジオ局を舞台に、さまざまな人間模様を描き出すテレビドラマ『波よ聞いてくれ』(テレビ朝日系)が話題だ。同名タイトルのコミックを原作としたこのドラマの主人公は、ひょんなことがきっかけで、深夜に自身の名前を冠した番組を持つことになったフリーター・鼓田ミナレ(小芝風花)。元交際相手のダメ男の話や、自らが引き起こした“事件”で公開謝罪するといった、身の回りで起きたことを、ときに絶叫を交えながらしゃべりたおしていく、痛快劇だ。

実はこのドラマが放送されている金曜深夜、ミナレと同じように一人マイクに向かって生放送をしているラジオパーソナリティがいる。福岡・RKBラジオ『#キューパレ 服部さやかのシュンすぎ』の服部さやかその人である。

スタジオでグラビア雑誌をチェック ©RKBラジオ

番組内で服部は、福岡の女性タレントや全国各地の地方局アナウンサーのSNSをチェックするコーナー「SNSパトロール」を毎週放送。「この写真の表情はあざとい!」「におわせ投稿がひどい」などと歯に衣着せぬトークを展開している。5月19日の放送では、IBC岩手放送・今井日奈子アナウンサーのインスタグラムが“捜査対象”となった。

ほかにも「リスナーに代わって怒ります」と、腹が立ったエピソードを募集しておきながら「そりゃ、メールを送ってきたあんたの方が悪い」とお説教することも。挙句、ディレクターMoby氏が用意した「そのへんにしとこうか」という“天の声”や、スタジオに入ってきたAD「やまびこ」になだめられるというやりとりが続いている。

ディレクターMoby氏、ADやまびこと放送後「反省会」 ©RKBラジオ

しかし、この番組の真骨頂は、テレビ番組のロケに遅刻したことや、生中継での失敗、過去の恋愛経験など、多分に自虐的なネタを含めた服部自身の体験談だ。それが多くのリスナーの爆笑を誘い、あるいは共感を呼んでいる。まさに『波よ聞いてくれ』のミナレそっくりである。5月19日の放送では、自身が挑んだCMオーディションで「期間限定のデカいフラペチーノを持ったモデルの女の子」に敗れた話を面白おかしく紹介した。

この服部のトークについて、全国各地のラジオ局やパーソナリティの取材を続けるラジオコラムニスト・やきそばかおる氏は「いそうでいないタイプ。自分の話だけでこれだけ面白くできる人は稀有」と評価。また、福岡に移住してきた元放送作家の木村公洋氏もウェブで公開しているコラムで「服部さんがもっと自由奔放に活躍できるスタイルの番組が生まれたら(中略)東京にさせるぶっとい槍が生まれるかもしれません」と絶賛している。

「お仕置き」ポーズを決める服部さやか ©RKBラジオ

服部は、2011年に福岡で結成されたご当地アイドルグループ「LinQ(リンク)」の創立メンバー。卒業後、福岡よしもと(吉本興業九州支社)に所属し、主にテレビ番組のリポーターとして活躍している。その彼女が2022年のプロ野球シーズンが終わり、ナイター中継の「穴埋め番組」として担当することになったのが『シュンすぎ』である。

この『シュンすぎ』というタイトル自体「私、旬が過ぎてますが何か?」という自虐的な意味が込められている。アイドル時代の人気投票でメンバー30人中29位だった、コンプレックスだった歯並びをなおすために歯医者で歯を8本抜いた…。自虐エピソードは枚挙にいとまがない。

こうした破天荒ぶりが評価され、2023年のプロ野球中継が始まれば終了するはずだった『シュンすぎ』は、放送時間を金曜日の深夜に移動して続いている。ドラマ『波よ…』で他のスタッフたちを巻き込みながら成長していくミナレのように、福岡のラジオ業界の風雲児となって「東京にさせるぶっとい槍」になるのかどうか。服部のこれからの活躍に目が離せない。

服部さやかのシュンすぎ
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週金曜 21時00分~23時59分
出演者:服部さやか
番組ホームページ
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

「ニセ酒」撲滅運動から見えてくる中国の特権社会をウォッチャーが解説

画像はイメージです

「不正コピー天国」「ニセモノ天国」というイメージが根強い“Made in China”。ニセモノの中でもいま、中国政府が力を入れているのが、ニセ酒の摘発だという。東アジア情勢に詳しい、飯田和郎・元RKB解説委員長が、6月13日に出演したRKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』で「特別な人しか飲めない極めて高級な酒を装ったニセ酒の摘発から、中国社会、中国の官僚社会の様子が見えてくる」とコメントした。

Facebook

ページトップへ