父の日を前に「音楽好きのお父さん」が喜ぶガジェット3選

RKBラジオ『立川生志 金サイト』でレギュラーコメンテーターを務める、元サンデー毎日編集長・潟永秀一郎さんが、6月から新企画「こんなものを買った」をスタート。最近買ったもので「これは良かった」と思うものを紹介します。初回は、音楽鑑賞が趣味の潟永さんらしい、こんなものから…。

お風呂で音楽を楽しむならスマホとつなげる防水スピーカー

6月18日は父の日。そこで、3~4,000円くらいで買えて、音楽好きのお父さんならきっと喜ばれるであろうものと、あわせて、私の音楽ライフを豊かにしてくれているものをいくつか紹介します。

まずは父の日プレゼントの候補から。それは「ブルートゥース接続の防水スピーカー」です。といってもピンとこないかもしれませんが、分かりやすく言うと、お風呂で音楽やラジコなどが聞ける防水タイプの無線スピーカーです。

基本的に使い方は、本体の電源を入れて、スマートフォンのブルートゥースをオンにして、スピーカーと接続=ペア設定=するだけです。あとはスマホで好きな音楽を再生するもよし、ラジコを聴くもよし、携帯は濡れない脱衣所に置いたまま、音は風呂場のスピーカーから聞けるという仕組みです。

私がこれを買おうと思ったのは、息子が携帯を水没させたから。風呂場に持って入って、うっかりドボン。「そうまでして音楽聴きたいか」と思いましたが、そんなに需要があるなら、絶対に対応商品があるはずだ、と。ネットで「風呂」「スピーカー」「おすすめ」と入れたら、下は2,000円台から上は10万円超えまで、まぁいろいろと出てきました。上を見るときりがないので、私はお風呂タイムのBGMと割り切って予算5,000円で探しました。

結果、私が買ったのは、アメリカの老舗スピーカーメーカー・JBLのGO ESSENTIALというモデルで、通販サイトなどで3,000円台で買えるはずです。大きさは手のひらサイズで、1回の充電で5時間くらい持ちますから、よほど長風呂の方でなければ、週1回の充電でいいと思います。

JBL GO ESSENTIAL(Amazon)

これがそこそこいい音で。その日の気分で、疲れているときは静かな音楽、日曜の朝とかはロックで体揺らしながらシャワーとか(笑)。あと、このプレゼントがいいのは、お父さんにあげても、同居なら家族みんなで使えるところで、まあお父さんにしてみたら「(プレゼントした)本人が欲しかったんじゃないか?」と思われるかもしれませんが(笑)。値段的にも手ごろですし、いかがでしょうか?

配信音楽を古いオーディオ機器から再生する

実は私、オーディオファンで、かつては自分で真空管のアンプを作るなど、かなりはまっていました。

その後、忙しくて遠ざかっていたんですが、この番組で歌詞の解説をするようになって、またじっくり聴き始めました。そこで、CDを持っていない曲も聴くために、ネット配信の音楽を30年前に買ったアンプで聴くにはどうしたらいいか? と思って買ったのが「ネットワークプレーヤー」です。

プレーヤーをインターネット回線につないでアンプに出力すると、古いオーディオ機器でも配信音楽が聴けます。特に、HDとかUltra HDといった高音質の配信を選べば、CDと同等かそれ以上の音質なんです。

私はさらに無線LANでホームネットワークを構築していて、その中にAIスピーカー(音声認識デバイス)があるので、それに向かって「●●をかけて」と言うと、それだけでステレオから曲が流れます。

今は、アンプとネットワークプレーヤーが一体になったものが実売5万円くらいからありますから、スピーカーは今あるミニコンやステレオのものを使っても構いません。この仕組み、家にインターネット回線が引いてあることが前提ですが、もし興味があれば家電量販店で店員さんに「ネットワークアンプってどれ?」と聞いて、「声で曲名を言ったら音楽がかかるようにしたい」と相談してみてください。

それで「大丈夫。うちもできる」と思ったら、休みの日に接続やセッティングを頑張れば、後は快適な音楽ライフです。曲名だけでなく、例えば「80年代のロックをかけて」といった使い方もできますから、楽しいですよ。

アナログ音声入力しかないアンプにテレビをつなぐ

最後にもう一つ。これも、古いミニコンやステレオの活用法で、テレビの音楽再生です。

ご存じの通り、地上デジタル放送になってから、テレビの音は画期的に良くなりました。原理的にはCDと同レベルです。最近はテレビ本体のスピーカーの音もずいぶん良くなりましたが、それでも物足りなく感じたり、映画の臨場感を求めたりするような方は、別売りのサウンドバーや、専用のサラウンドシステムを用意すると思います。

ただ、サウンドバーは売れ筋で3万円前後、システムだと専用のアンプやスピーカーなどで安くても合計10万円くらいします。

そこで私がやっているのは、今持っているオーディオからテレビの音を出す――という、それだけなんですが、ここに一つハードルがありました。最近のテレビには「アナログの音声出力」がなくて、一方、古いアンプには「デジタル音声の入力」がない――つまり、そのままでは繋げなかったんです。

デジタル入力のあるアンプを買えばいいんですが、そこそこの物は10万円くらいして、とてもカミさんには言えません(笑)。――と、悩んでいた時にネットで探し当てたのが「DAコンバーター」=DAのDはデジタル、Aはアナログで、つまりはデジタル信号をアナログに変換してくれる装置のことです。

これも、上を見ればきりがないんですが、私の場合、テレビの光音声端子から出た信号を、普通のステレオ音声にしてくれるだけ、音質もそこそこでいい――ということで探したら、2,000円ちょっとでありました。

この値段ならダメでも諦めがつくと思って買ったら、大丈夫でした。先ほど言った通り、テレビの光音声端子からケーブルでDAコンバータにつないで、反対側にあるアナログのステレオ音声端子から古いアンプにつないだだけです。

もちろんサラウンドとか、映画が立体的に聞こえたりはしませんが、私の場合、クラシックも含めた音楽番組のときくらいしか使いませんから、これで十分。CDを聴いているみたいにステレオから音が出てくれます。ネットで「DAコンバーター 光」と打ち込んで検索すれば色々出てくるので、ご興味がある方は探してみてください。すっかり埃をかぶっていたステレオが、また活躍するかもしれません。

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

元サンデー毎日編集長・潟永秀一郎

◎潟永秀一郎(がたなが・しゅういちろう)
1961年生まれ。85年に毎日新聞入社。北九州や福岡など福岡県内での記者経験が長く、生活報道部(東京)、長崎支局長などを経てサンデー毎日編集長。取材は事件や災害から、暮らし、芸能など幅広く、テレビ出演多数。毎日新聞の公式キャラクター「なるほドリ」の命名者。

立川生志 金サイト
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週金曜 6時30分~10時00分
出演者:立川生志、田中みずき、潟永秀一郎
番組ホームページ
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

「中小規模の病院」の力になるために…株式会社ヘンリーが開発したクラウド型電子カルテ「Henry」とは?

笹川友里がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「DIGITAL VORN Future Pix」(毎週土曜 20:00~20:30)。この番組では、デジタルシーンのフロントランナーをゲストに迎え、私たちを待ち受ける未来の社会について話を伺っていきます。2月24日(土)の放送は、株式会社ヘンリー 共同CEOの林太郎(はやし・たろう)さんをゲストに迎えて、お届けしました。


(左から)笹川友里、林太郎さん


林さんは、一橋大学卒業後、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)に留学。学生時代は、アフリカで日本の中古重機をレンタルする新鋭スタートアップで現地リーダーとして活躍。楽天株式会社入社後、楽天カード全体のSEOマーケティング業務や、楽天市場・楽天カードのビッグデータの分析などを担当、2018年に株式会社ヘンリーを起業しました。

◆“医療現場のデジタル化”を目指す

はじめに、ヘンリーが提供している病院向けのクラウド一体型電子カルテ「Henry」について、「『電子カルテ』『オーダリングシステム(医師の指示を各部署にコンピューターで伝達するシステム)』『レセプトコンピューター(診療報酬明細書を作成するコンピューターシステム)』の3つが一体となったクラウド型のシステムで、病院向けに販売しているのは、日本で弊社だけです。クラウドで使えることによって、他にはない大きなメリットが提供できます」と林さん。

これまでの医療システムは、それぞれ別のシステムでそれらを“つなぐ”前提で作られているものが多いのですが、「我々は最後発で作ったこともあり、それらをすべて同じシステムで管理できるように作ってあるところが特徴です。また、紙を使わなくても情報共有ができるシステムを構築しているところもメリットかなと思います」と強調します。

林さんによると、医療業界では長らく“セキュリティ上、医療情報システムはインターネットにつないではいけない”といった制限があったため、「例えば、お医者さんが自宅でカルテを確認するとか、何か緊急の事態があったときに“患者さんの情報を伝える術がない”というようなことがありました。それをクラウドシステムで共有化することにより、自宅で“患者さんが急変した”という情報を具体的に確認した状態で病院に向かえる、というメリットもあります」と話します。

続けて「医療の現場は、すごく情報が多い世界なので、実際にはもっと共有したい情報がたくさんあると思うんですけど、我々の目標としては、この先3~5年のあいだにクラウドのシステムを通して、お薬の情報だけではなく、患者さんの情報の細かいところまで、医療機関や自治体と共有し合える世界を構築できればと思っています」と力を込めます。

◆中小規模の病院向けに特化している理由

「Henry」は中小規模の病院に向けたサービスとして特化していますが、その理由について、「大きな病院では電子カルテの普及率がかなり高くて、おそらく9割以上の病院が導入していますが、中小規模の病院の普及率はまだ50%ぐらいで、残り約半分の病院は紙のカルテを使っています。その大きな理由として、例えば、病院内にサーバーがあって、インターネットとつながない従来型のシステム『オンプレミス』(自社でサーバーを所有・管理)を導入したくても、“価格が高額なために買えない”という病院が今でも多く存在しています」と林さん。

そうした中小規模の病院が抱えている課題を解決するべく、「“クラウドで安価かつスムーズに導入できるシステムを作りたい”という思いで、我々は初めから中小規模の病院に特化して作ったという背景があります」と話します。

そして、「Henry」の今後の展望については、「電子カルテ、オーダリングシステム、レセプトコンピューターはそれぞれ難しいシステムなので、(サービスを導入していただく)病院がより使いやすくなるように、機能を改善していくことが必要になってくると思います」と課題点を挙げます。

そうした部分を一つひとつ解決していき、「より使いやすく、しかも安価で情報共有しやすい電子カルテができれば、今まで電子カルテに踏み切れなかった病院に対しても、自信を持って提供できると思いますので、まずは我々のシステムを使って“業務が改善した”“情報共有ができるようになった”といった事例をどんどん作っていきたい」と力を込めていました。

次回3月2日(土)の放送も、引き続き、林さんをゲストに迎えてお届けします。林さんが思い描く“近未来の医療現場の風景”についてなど、貴重な話が聴けるかも!?

----------------------------------------------------
2月24日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年3月3日(日) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:DIGITAL VORN Future Pix
放送日時:毎週土曜 20:00~20:30
パーソナリティ:笹川友里

Facebook

ページトップへ