ゴリラがパーソナリティ!? マニアック・ユニークなテーマのおすすめ新番組【前編】

春の新番組がスタートして2ヶ月。

既にお気に入りの番組を見つけた人も、番組が多すぎてまだ把握できてないという人も、思わず「これは?!」と思うような、マニアックな番組やユニークなテーマの番組を紹介します。

目次

  1. HBCラジオ『サブカルキック』
  2. STVラジオ『洋二と明石の無口な二人』
  3. FM NORTH WAVE『北笑ラジオ』
  4. 文化放送『音楽ゴリラ』
  5. ニッポン放送『篠原かをりのいきいきプラネット』
  6. J-WAVE『JUMP OVER』
  7. ラジオ日本『甲子園をめざして』
  8. RadioBerry『サトウヒロコの即興ソングブック』

HBCラジオ『サブカルキック』 毎週土曜日 26時30分〜26時50分


出演は、札幌在住の漫画家/イラストレーター・田島ハルさんと、劇団活動のかたわらススキノの怪談バーで怪談師をつとめる小林エレキさん。

番組内コーナー「サブカル川柳」では、俳人・五十嵐秀彦さん(実は田島さんのお父さん)を迎えてお届け。4月にはカレーの作り方を官能小説風に紹介する企画を放送していて、田島さんの暴走っぷりが、いい意味でバカバカしかったです。

“もしも”の発想で、いろいろな企画を行おうとしている2人の今後に期待!

STVラジオ『洋二と明石の無口な二人』 月曜日〜金曜日 12時〜12時15分


「洋二と明石」と聞いて、木村洋二アナウンサーと、赤石英一郎アナウンサーとピンとくる人には説明不要。北海道のみならず、全国各地にファンを持つ、”無口ではない2人”によるトークショーです。

しばらくはテレビでの活躍が多かった2人だけに、この番組でタッグを組むのは嬉しいところ。よく「ラジオはながら聞きできるところがいい」と言われますが、『無口な二人』はつい聴きこんでしまう番組のひとつです。

FM NORTH WAVE『北笑ラジオ』毎週木曜日 24時~24時30分


こちらは、スタッフ全員がお笑い芸人のバー「北笑ダイニング」所属の芸人が登場する番組。

身長195センチ、シャンパンのお店を経営するプロの女装家・アンビバレント志摩子さんと、バーも経営する札幌のタレント・MACHIKOさんを中心に30分間とにかく賑やかに進行します。

番組内コーナーの「今週のお客様」では、仲良しのお客さんについて楽しく紹介。「志摩子とMACHIKOのお悩み相談室」もあります。

アンビバレント志摩子さんは見かけからしてインパクト大なので、ぜひ番組サイトやご本人のSNSでチェックを!

文化放送『音楽ゴリラ』 毎週火曜日 26時15分〜26時30分


パーソナリティは、音楽が好きな”音楽ゴリラ”。

番組の冒頭は、スタジオで作ったバナナシェイクでゲストと乾杯してからスタート。ゴリラなので、興奮するとドラミングをします。野生のゴリラは、実は非常に優しいことで有名ですが、音楽ゴリラもゲストの話を優しく引き出していきます。冷静に聞くとシュールな15分。

ニッポン放送『篠原かをりのいきいきプラネット』毎週日曜日 20時20分〜20時40分


生き物(とくに昆虫)が大好きな慶應大の作家・篠原かをりさんが、生き物の魅力を語り尽くします。

篠原さんは、自宅のマンションでタランチュラほか、さまざまな生き物を飼育しているだけに、テーマもマニアック。4月の初回放送では「篠原かをりが今までに経験したハプニングベスト3」として、タランチュラが脱走した話(もちろん、家の中で捕獲)、オランウータンにカチューシャを取られた話、ゴミムシが口の中に入って熱いガスを噴射された話をしていました。篠原さん、タダものではありません。

J-WAVE『JUMP OVER』毎週日曜日 23時〜24時


J-WAVEは、2018年10月1日に開局30周年を迎えます。30周年を記念して、2019年2月に下北沢・本多劇場で、松居大悟監督による舞台公演が行われます。『JUMP OVER』は、その公演と連携した番組。

リスナーから寄せられたテーマ投稿を参考に脚本を作っていったり、舞台に関わってほしい人をゲストに呼んでその場で協力依頼の交渉をしたり……。毎週聴いていくと「どんな舞台になるんだろう」とワクワクさせてくれます。

リスナーが”稽古場”に来る感覚で楽しめて、稽古場で作品を作っていく雰囲気が味わえるのがポイント。ゲストに石崎ひゅーいさんが登場した時は、その場で劇中に使う音楽を依頼していました。そのほか、ミュージシャン・竹原ピストルさん、俳優・稲葉友さん、さらには松居大悟さんのお母様で、福岡でパーソナリティやコラムニストとして活躍しているトコさんも登場。ひたすら明るいトコさんに、松居さんはあきれ気味でした。この番組は福岡のcross fmでも放送されていますよ!

ラジオ日本『甲子園をめざして』月曜日〜木曜日 12時35分〜12時50分(※『加藤裕介の横浜ポップJ』内で放送)


夏の高校野球神奈川県大会に向けた、野球部応援番組。毎年初夏に放送されている期間限定の番組で、2018年は7月3日(火)まで放送される予定です。

各校の放送部/視聴覚部などがオリジナルの発想で作り上げた番組を放送。選手自身が、自身や学校周辺の見どころを紹介したり、マネージャーがチームの特徴を紹介したりと、作品の雰囲気はさまざまです。神奈川といえば全国屈指の激戦区だけに、各校の力作に期待!

放送された作品の中から「優秀作品賞」「審査員特別賞」などを選出して、7月に発表します。

RadioBerry『サトウヒロコの即興ソングブック』毎週水曜日 20時55分〜21時


寄せられたお題を元に、栃木県在住のシンガーソングライター・サトウヒロコさんが即興で歌う番組。なかなかハードルが高いですが、エピソードの内容をうまく汲み取って、アコースティックギターで歌い上げます。5分しかないのがもったいない。

余談ですが、2011年には出身地である栃木県下都賀郡壬生町から「かんぴょう大使」に任命されたことがあり、「かんぴょうのうた」を作りました。

なお、サトウさんはCRT栃木放送で『とちぎ偉人変人伝』(毎週木曜日 19時〜19時30分)を4月にスタート。頑張っている栃木の皆さんを応援する番組です。そちらもぜひチェックしてみてくださいね!

▼これ以外の新番組についてはこちら
【まとめ】2018年4月スタート! 春のラジオ新番組!(関東編)
【まとめ】2018年4月スタート!春のラジオ新番組!(関西編)

 

――続きは後編へ!

この記事を書いた人

やきそばかおる

小学5年生以来のラジオっ子。ライター・構成作家・コラムニスト。

「BRUTUS」「ケトル」などのラジオ特集の構成・インタビュー・執筆を担当するほか、radiko.jp、シナプス「 I LOVE RADIO」(ビデオリサーチ社)/ J-WAVEコラム「やきそばかおるのEar!Ear!Ear!」/otoCoto「ラジオのかくし味」/水道橋博士のメルマ旬報など連載や、番組出演を通じて、ラジオ番組の楽しさを発信。

ラジコプレミアムを駆使しながら、全国のユニークな番組を紹介するツイキャス番組「ラジオ情報センター」(水曜21時〜22時)も放送。全てを合わせると、年間でのべ800本のラジオ番組を紹介している。

Twitter:@yakisoba_kaoru

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

▼プレミアム会員登録はこちらから
http://radiko.jp/rg/premium/

『ラジコプレミアム(エリアフリー聴取)』なら、全国のラジオ番組を楽しむことができます。

テレ東・佐久間P、「テレビで面白いと人気者に、ラジオで面白いと“好き”になる」

7月15日、テレビ東京のプロデューサー・佐久間宣行がニッポン放送開局記念日スペシャル「おかげさまで65周年”あなたとROCK&GO”」に出演し、ラジオへの愛とその力について熱く語った。

佐久間は、2019年4月からオールナイトニッポン0(ZERO)の水曜パーソナリティを務めており、“ニッポン放送の未来を担うパーソナリティ”としてスタジオへ登場したが、この紹介に対して「テレビ東京の未来すら担ってないのに」と苦笑。しかも特番の最後のゲストということで「43歳のただのサラリーマンが開局特番のオオトリ!?」とツッコミを入れた。

伊集院光、とんねるず、電気グルーヴ、川村かおりなどの「オールナイトニッポン」を中高生の頃に福島から聞いており、就職試験でニッポン放送を受けたこともあるというほどのラジオ愛を持つ佐久間が、ラジオの魅力、テレビとの違いについて語った。

「テレビバラエティっていうのは、無料でいろんなところに届くけど、やっぱりラジオの魅力っていうのは、1対1で捕まえられるっていう、ハートを掴めるっていうことだと思うんです。僕の場合だったら若手芸人のネタをよくやるんですけど、テレビに出るにはまだ花とか力が足りないけど、その中で、ラジオでリスナーと一緒に育てて行ったりするのも楽しいなと思ったりもするし。

テレビはすぐに結果を出さなければ行けない現場だったりするところもあるんですけど、ラジオってリスナーと一緒に育てたりもできるなっていう。そういった意味で言うと、役割を変えながら一つのものを(一緒に)やっていくっていうのはできるなと思ってますね」

パーソナリティならではのメディアミックスの可能性にも言及した佐久間は、

「ラジオっていうのは、その人のキャラクターを掘り下げるから、好きになっちゃいますよね、ラジオが面白いと。テレビが面白いと、人気者にはなるかもしれないけど、ラジオが面白いと好きにになっちゃうなって感じはありますね」

と、ラジオ愛溢れる分析も披露した。

ニッポン放送開局記念日スペシャル「おかげさまで65周年”あなたとROCK&GO”」
FM93AM1242ニッポン放送 2019/7/15 5:00-21:50

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ