菅田将暉、藤木直人、小泉孝太郎…冬ドラマ出演俳優のラジオ番組【2019年度版】

みなさん、平成最後の冬ドラマは楽しんでいますか?

「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」の主演を務める菅田将暉さんのニッポン放送『菅田将暉のオールナイトニッポン』など、冬ドラマ出演俳優が出演するラジオ番組を紹介します。

ラジオならでは”ガチトーク”も聴けるかも……? ぜひご期待ください!

▼女優編はこちら
https://news.radiko.jp/article/edit/30219/

横山だいすけ出演! TBSラジオ『横山だいすけ はじめのいっぽ』

元・うたのおにいさんとしてお馴染みの横山だいすけさんが、「子育て」や「公園デビュー」などの毎週子育てにまつわるテーマをリスナーと一緒に考えます。

横山さんはドラマ「刑事ゼロ」に、京都府警本部刑事部・捜査一課13係の巡査部長、内海念也役で出演中です!

横山だいすけ はじめのいっぽ
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週日曜 17時30分~18時00分
出演者:横山だいすけ
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

古川毅出演! 文化放送『SUPER★DRAGONのスパドラジオ』

注目の若手ダンス&ボーカルユニット・SUPER★DRAGONによるトークバラエティ番組。

“スパドラ”ことSUPER★DRAGONは、スターダストプロモーションの若手俳優集団・EBiDANから生まれた9人組ユニットです。 メンバーの1人である古川毅さんは、ドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」に出演中。問題児メンバー1の切れ者男子、冷静沈着なモテ男には女性ファンも多い……という須永賢を演じています。

SUPER★DRAGONのスパドラジオ
放送局:文化放送
放送日時:毎週水曜 26時30分~27時00分
出演者:SUPER★DRAGON
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

菅田将暉出演! ニッポン放送『菅田将暉のオールナイトニッポン』

俳優や歌手など幅広く活躍し、「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」で主演を務める菅田将暉さんの番組。

2年目に突入し、リスナーからのメールコーナーも活発で、これまで以上に菅田さんの「素の声」をお届けしています。

菅田さんは「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」で、卒業直前の生徒全員を人質にとり『最後の授業』を行う3年A組の美術教師・柊一颯(ひいらぎいぶき)を演じています。

菅田将暉のオールナイトニッポン
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週月曜 25時00分~27時00分
出演者:菅田将暉
番組ホームページ
公式Twitter

#菅田将暉ANN

※放送情報は変更となる場合があります。

藤木直人出演! TOKYO FM 『TOYOTA Athlete Beat』

頂点を目指し、日々挑戦を続けるアスリートの熱い鼓動「ビート」をお届けするスポーツ・ドキュメンタリー番組。スポーツ気分を盛り上げる音楽と共に、選手たちへのインタビューや、アスリートの残した偉大な記録などをお送りします。

パーソナリティのひとりである藤木直人さんは、ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」で科学者・秋保恭一郎を演じています。

TOYOTA Athlete Beat
放送局:TOKYO FM
放送日時:毎週土曜 10時00分~10時50分
出演者:藤木直人、伊藤友里
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

小泉孝太郎出演! bayfm『Antenna K』

俳優・小泉孝太郎さんが仕事の話やプライベートでの過ごし方などをゆったりと語る番組です。

小泉さんは、ドラマ「グッドワイフ」に出演中。常盤貴子さん演じる主人公・蓮見杏子の同期の弁護士を演じています。

Antenna K
放送局:BAYFM78
放送日時:毎週金曜 22時00分~23時00分
出演者:小泉孝太郎
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

草川拓弥出演! CBCラジオ『スクランブル×特急!!!!!!!!』(『ナガオカ×スクランブル』)

CBCラジオ『ナガオカ×スクランブル』内で、毎週木曜日にお届けする『スクランブル×特急!!!!!!!!』。メインダンサー&バックボーカルグループの超特急が担当するコーナー番組です。

ダンサーのタクヤ(4号車)こと、草川拓弥さんは ドラマ「家売るオンナの逆襲」に出演中。売り上げゼロで、北川景子さん演じる三軒屋万智にしごかれるダメダメ新人営業マンを演じています。

ナガオカ×スクランブル
放送局:CBCラジオ
放送日時:毎週火曜~金曜 22時00分~24時30分
出演者:永岡歩
番組ホームページ
公式Twitter

超特急がパーソナリティを務める番組『スクランブル×特急!!!!!!!!』は22時50分頃〜

※放送情報は変更となる場合があります。

片寄涼太出演! JFN系列『GENERATIONSのGENETALK』

2013年4月にスタートした、GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーがパーソナリティを務める番組。メンバーの素顔のトーク、レコーディングやライブの裏話が聴けるところが魅力です。

俳優としても活躍する片寄涼太さんは、ドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」に出演中。縛られることが大嫌い!!オーラ漂う学校1の悪大将!……という甲斐隼人を演じており、2話目でのダンスシーンがSNSで話題になりました。

GENERATIONSのGENETALK
放送局:FM大阪
放送日時:毎週土曜 21時00分~21時30分
出演者:GENERATIONS from EXILE TRIBE
番組ホームページ
公式Twitter

#GENETALK

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

盛山大臣を責めるより、「選挙実態を根本的に変える」ための議論をするべき 不信任決議案を反対多数で否決

ジャーナリストの佐々木俊尚が2月21日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。反対多数で否決された盛山文科大臣に対する不信任決議案について解説した。

予算委員会で答弁する盛山正仁文科相=2024年2月19日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影) ©産経新聞社

盛山文部科学大臣に対する不信任決議案、反対多数で否決

衆議院は2月20日に本会議を開き、2021年の衆院選で世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関連団体から支援を受けたとの疑惑をめぐり、立憲民主党が提出した盛山文科大臣の不信任決議案を与党と日本維新の会などの反対多数で否決した。

飯田)野党の対応が割れた形になりました。

旧統一教会への解散命令請求をはじめ、就任後の仕事に影響は出ていない

佐々木)旧統一教会と関係が深いため、文科大臣としての職責を果たしていないのであれば問題だと思いますが、実際には就任後、旧統一教会に関しては解散命令請求も行い、いまも行政手続きまで進めています。何も影響はなかったことが1つ。

飯田)さまざまな手続きに。

佐々木)もう1つは、例えば写真を一緒に撮っていたとか、握手したから「関係がズブズブだ」と言うのだけれど、そうでしょうか? 朝日新聞によると、旧統一教会系の機関誌を受け取っていたと報道されていますが、盛山さんは「勝手に送ってきたのでわからない」と言っており、おそらくその通りなのだと思います。

選挙中に多数送られてくる政策協定には端からサインしているのが実態

佐々木)もう1つの問題は政策協定です。旧統一教会と政策協定があったのではないかと言われています。「政策協定」という言葉だけ聞くと、旧統一教会と政治的につながっているのではないかという話になるのですが、先日、ある番組で舛添要一さんと一緒になったのです。

飯田)舛添さんと。

佐々木)舛添さんは東京都知事を務め、その前は参議院議員で労働大臣に就任するなど、選挙をたくさん経験されています。都知事を辞めて7年ぐらい経つので、いろいろ喋ってくれたのですよ。話によると、ものすごくたくさんの団体から政策協定の文書が送られてくるそうです。選挙期間中は忙しいので、とにかく来たものに端からサインして渡しているだけだから、「中身なんか殆ど見ていませんよ」と言っていました。見ていないのもどうかと思いますが、選挙というのはそんなものなのだと思います。それをもって「政策協定があったからけしからん」と言い切っていいのかどうか。

盛山大臣を責めるより、日本の選挙実態を根本的に変えるための議論をするべき

佐々木)もちろん、なかには本当に納得して政策協定にサインしている人もいるだろうから、批判がまったく無意味だとは言いません。しかし、実態として選挙時はとにかく少しでも支援が欲しいので、選挙中に政策協定を申し込まれたら、次々とサインする。「写真を撮りたい」と言われれば一緒に写真を撮り、「サインをください」と言われたらサインする。日本の選挙はそうやってきたわけですよね。

飯田)日本の選挙は。

佐々木)もちろん自民党だけではなく、野党側だって重々承知の上で国会で攻撃しているわけです。「いけない」と言えばいけないのだけれど、実態としてそういう選挙戦を長年日本の政治がやってきたのも事実です。そうすると、たまにこうやって注目を浴びた盛山大臣のような人を「ズブズブだ」と責めるよりも、「実態を根本的に変えた方がいいのではないか」という議論に持っていかなければ、意味がないと思います。

飯田)結局「あの人のことは知っている」とか、「一緒に写真を撮ってくれていい人だった」というようなところが投票の動機になることもある。鶏が先か卵が先か、という関係性ではありますが。

政治資金の使い方も「グレーの部分が多すぎる」構造を変える議論をするべき

佐々木)政治献金の裏金問題もありました。政治献金を裏金として自分の懐に入れ、鯉を買ったり大豪邸を建てたりしているイメージがあるけれど、いまの政治家はそんなに私腹を肥やせないですから、実際は普通のマンションに住んでいる方がほとんどです。結局、そのお金は結婚式に持っていくご祝儀に使ったり、香典に使ったり。なかには表に出せないお礼をしなければいけないケースもあって、そのような目的で使っているのであって、別に私腹を肥やしているわけではないのです。

飯田)実際には。

佐々木)ただ、「裏金扱いがいいのかどうか」と言うと、よくはないわけです。全体として選挙の在り方も、政治資金の使い方もグレーの部分が多すぎる。これをもっと正常化するためには、1人ひとりをあげつらって「けしからん」と言うよりも、構造を変える方向に持っていくべきではないでしょうか。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ