ラジコでJクラブ応援番組を聴こう! 【横浜FM・山形・北九州】

令和初のゴールデンウイーク、5月3日から4日にかけて開催された明治安田生命J1リーグ第10節。浦和レッズ対ジュビロ磐田に最多の5万3,361人がつめかけるなどして9会場の合計観客数は約26万人。Jリーグ公式サイトの記録によると、節ごとの合計観客数のリーグ史上最多記録更新となりました。

この記事では、改元後も大いに盛り上がるJリーグクラブを応援するラジオ番組にスポットをあてて紹介しています。

今回は、J1で令和初ゴールを決めた仲川輝人選手が在籍する横浜F・マリノス。そして、今季、一時首位にも上り詰めて好調なJ2のモンテディオ山形。J3からは、“昇格請負人”との異名を持つ小林伸二監督を今年招聘。今季1位もマークし、昇格を狙うギラヴァンツ北九州をご紹介します。

フィールドプレーができる守護神がいるチーム 横浜F・マリノス

昨季アンジェ・ポステコグルー監督に変わり、これまでの伝統的な堅い守りから超攻撃的なスタイルへとチェンジした横浜F・マリノス。

「アタッキングフットボール」を体現したプレースタイルで注目を集めているのがゴールキーパーの飯倉大樹選手。キーパーというと、試合中はずっとゴールマウス付近に張り付いているイメージですが、飯倉選手は違います。

相手ゴール近くでプレーが展開されているときは、センターサークルあたりまであがり、高過ぎるポジショニングで待機。フィールドプレーヤーのひとりとして積極的にディフェンスに参加し、攻撃に関わっています。

このプレースタイルは、中学生からゴールキーパーに転向し、フィールドプレーヤーを経験していた飯倉選手と攻撃的サッカーを進める監督との思惑がうまくマッチして実現したもの。

攻撃は最大の防御。リーグで最も攻撃的に活躍する守護神のプレーをぜひ、スタジアムで確かめてください。

《試合スケジュール》
・明治安田生命J1リーグ 第12節
5月18日(土) 14時 ヴィッセル神戸 @日産スタジアム 

・JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第6節
5月22日(水) 19時  V・ファーレン長崎 @トランスコスモススタジアム長崎

・明治安田生命J1リーグ 第13節
5月26日(日)13時  ジュビロ磐田 @日産スタジアム

クラブ応援番組 FMヨコハマ『F・マリノス同好会 Friday』

毎週金曜日15時から生放送している『Tresen Friday』の中で、18時半過ぎからオンエアされているのが『F・マリノス同好会 Friday』。

横浜F・マリノス公式応援DJのじゅんごさんが直近の試合について解説、じゅんごさんやリスナーが聞きたいことを注目の選手へのインタビューと合わせて紹介します。

5月3日(金・祝)のオンエアでは、今季コンサドーレ札幌から移籍した三好康児選手にインタビュー。東京五輪世代の中でも注目され、若手ながら得点にからむプレーが光る選手です。チーム内での三好選手である呼び名が“よしみ”であることや今季の目標を名言しない理由などサポーターが気になるポイントを聞き出していました。

お笑い芸人のじゅんごさんらしい番組Twitter企画も展開。インタビュー出演した選手が選んだブレイク間近の若手芸人非公認一発ギャグを動画で紹介しています。選手のお笑いの趣向が知りたい方はチェックしてみてください。

F・マリノス同好会 Friday(『Tresen Friday』内)
放送局:FMヨコハマ
放送日時:毎週金曜 17時36分~19時00分
出演者:じゅんご
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

天然温泉の足湯も! スタグルも大充実の“んだスタ” モンテディオ山形

モンテディオ山形のホームスタジアムは、ND(エヌデー)ソフトスタジアム山形。地元の人々からは、「そうだ」を意味する山形弁「んだ」にちなんで、“んだスタ” の愛称で親しまれています。

山形有数の温泉地のひとつ天童市にあり、メインスタンド前には無料で入れる「足湯」を設置。筋肉痛、冷え症などへの効能があるという天然温泉です。

そして、スタジアムグルメも味のクオリティとコスパの高さでJサポーターの間では有名。

中でも名物は、対戦チームを食べてしまおうと考案され、毎回その土地にちなんだ食材をカレーパンの中に入れている「炎のカリーパン」。数量限定で200円台~300円台とリーズナブルです。

今までもみじ饅頭やたこ焼き、時にはみかんやいちごなどバラエティーに富んだ食材を入れて話題を集めてきました。5月26日(日)の金沢戦ではどんな食材が入るのでしょうか。

《試合スケジュール》
・明治安田生命J2リーグ 第14節
5月19日(日)14時 徳島ヴォルティス @鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム

・明治安田生命J2リーグ 第15節
5月26日(日)14時 ツエーゲン金沢 @NDソフトスタジアム山形

クラブ応援番組 YBC山形放送『アグレッシブJ ~Jリーグ情報~』

朝7時からの情報ワイド番組『グッとモーニン!!』。毎週水曜日7時40分頃から放送しているのが『アグレッシブJ~Jリーグ情報~』です。

元サッカー日本代表のゴールキーパーとして活躍した瀬田龍彦さんと電話をつないで、モンテディオ山形の直近試合について解説してもらいます。

5月1日(水・祝)の放送内容は、0-1でモンテディオ山形が勝利したアウェイの試合、第11節・アビスパ福岡戦について。

この試合で、ゴールキーパー櫛引政敏選手の相手コーナーキックを防いだプレーをピックアップ。ここでしっかり防いだからこそ、勝利をつかめたワンプレーだったとのこと。

ゴールキーパーや指導者などの豊富な経験から、試合の流れやチーム状況を分析。サッカー初心者にもわかりやすい解説を聴くことができます。

アグレッシブJ~Jリーグ情報~(『グッとモーニン!!』内)
放送局:YBCラジオ918
放送日時:毎週水曜 7時40分~7時50分
出演者:山本浩一、瀬田龍彦
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

選手だけでなくサポーターも後押しする“サポサポ”ギラヴァンツ北九州

2018年は17チーム中、17位。J3リーグ最下位に沈んだギラヴァンツ北九州。今季第8節終了時点でザスパクサツ群馬に勝利し、首位に躍り出ました。“昇格請負人”小林伸二監督の名指揮により、2017年、2018年に成し遂げられなかったJ2への昇格が叶うかもしれません。

現在のようにチームが好調な時も、そうでないときも後押しするのがサポーター。ギラヴァンツ北九州には、選手だけではなく、サポーターを応援する方々がいるんです。

それはサポーターを支えるサポーター、サポーターをサポートする人たち、「サポーターサポーター」もしくは「サポーターをサポートし隊」。略して「サポサポ」と呼ばれます。

ホームスタジアムで腕章をしているメンバーに声をかけると、観戦や応援方法を教えてくれるんだとか。初心者サポーターにとって心強い味方です。

《試合スケジュール》
・明治安田生命J3リーグ 第9節
5月19日(日)13時 カマタマーレ讃岐 @Pikaraスタジアム

クラブ応援番組 cross fm『ワッツアップ!ギラヴァンツ』

朝9時から放送しているワイド番組『UP↑ UP↑』。毎週月曜日10時40分頃には『ワッツアップ!ギラヴァンツ』をオンエアしています。

番組パーソナリティ・八木徹さんは、ギラヴァンツ北九州のホームスタジアム、ミクニワールドスタジアム北九州でスタジアムDJを担当しています。

スタジアムの様子をよく知る八木さんが、当日のホームスタジアム・ミクスタの雰囲気やイベントの模様、試合の展開をわかりやすく臨場感を交えて解説してくれます。

また、今年のこどもの日にちなんだお仕事体験企画では「スタジアムDJ」体験を実施。子供たちがイベントインフォメーションや観戦ルールをスタジアムDJ・八木さんと一緒に場内アナウンスにチャレンジしました。

スタジアムDJとサポーターの交流は、ラジオ応援番組リスナーが増えるきっかけにもなりそうです。

ワッツアップ!ギラヴァンツ(『UP↑ UP↑』内)
放送局:cross fm
放送日時:毎週月曜 10時40分~12時00分
出演者:八木徹、桜美奈
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

今回は、横浜F・マリノス、モンテディオ山形、ギラヴァンツ北九州の応援番組をご紹介しました。気になった番組があったら、ぜひラジコでチェックを!

日本全国には特色のあるJリーグクラブ、そしてラジオの応援番組がまだまだあります。次回も注目クラブをピックアップしてご紹介していきます。

ラジオを聴いて、そして持って、気になるJリーグの試合へ足を運んでみてください。

この記事を書いた人

佐藤史恵

ライター、構成作家。

ラジオ番組が好きで構成作家のキャリアをスタート。
都内近郊のFM、AMラジオ・テレビ番組の構成を多数手がける。

遊び体験共有サイトPLAYLIFEでプランナーとしても活動。
国内外の映画・ドラマが探せるaukanaにて作品解説を担当。

現場主義のエンタメウォッチャー。
サッカー、野球、プロレス、舞台、お笑いなどを年間トータル100本ほど見る生活を約15年続けている。
宝物は今まで集めたエンタメ半券約1500枚。

Twitter

ラジコでサッカー中継を聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

Kan Sano×環ROYが飛び入り参加! henlyworkが東京の街の音をサンプリングした楽曲【音源あり】

11月23日(月・祝)、J-WAVEでは勤労感謝の日を「道や車、ドライバーに感謝をする1日」とし、「感車(かんしゃ)」と「ありが道(とう)」の気持ちを込めて、リアルな展開も織り交ぜながら届ける特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL JAPAN SMART DRIVER presents THANKS TO LA STRADA』(ナビゲーター:小山薫堂・増井なぎさ)を、9時間にわたりオンエアした。

ここでは、この番組でアーティストのhenlywork、Kan Sano、環ROYが偶然出会ったことをきっかけ生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』の制作の様子を紹介しよう。

思いもよらない展開から生まれた車を連想させる1曲

番組では、生活の中にあふれる音を収集して音楽を制作するアーティスト・henlyworkが、JAPAN SMART DRIVERのコンセプトカー、ほめるパトカー「ホメパト」に乗って東京の道をドライブしながら、そこにある声や音を採取して番組放送中に1曲の楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』を制作した。

henlyworkは食材を食べる音や調理音からその場で音楽をつくりだすなど料理と音楽の融合を行う「EAT BEAT!」を主宰するなど、即興的なパフォーマンスを得意としつつ、音楽制作の過程にも独自のセンスを発揮する。

東京の街のさまざまな音を採取したhenlywork。スタジオに戻り曲作りに取りかかると、同番組でゲスト出演したKan Sanoとのセッションが実現。henlyworkは突然の共演を喜んだ。

・Kan Sano ゲスト出演の様子
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123152009(2020年11月30日28時59分まで)

増井:今日はどんなところで音を拾ってきたんですか?
henlywork:朝スタジオを出てから、三田にある法音寺さんで車のおはらいをしてもらって、そこから渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で雑踏の音を録りました。そこから東京湾のお台場の方に行き、せっかくなので車を降りて海の音を拾ったりして戻ってきました。

さらに、楽曲制作中のhenlyworkに偶然の出会いが。別のスタジオで収録をしていたラッパーの環ROYも飛び入り参加することになり、henlywork、Kan Sano、そして環ROYと、この日でしか生まれないセッションが実現した。

増井:3人のセッションでさらに曲作りって難しくなかったですか?
henlywork:もう何がなんだか分かってないですね(笑)。でも。こうしてゲストで曲作りに入ってもらって感無量です。

完成した楽曲は…

早速、henlyworkは一日を通して完成した『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY を披露した。

『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123171802(2020年11月30日28時59分まで)

henlyworkが採取した東京の街のざわめきや車のエンジン音やウインカー音、Kan Sanoのキラキラと輝くようなメロディー、そして環ROYの「どこまでも続く道を1、2 と走り出す姿」を連想させるようなラップが混ざり合い生まれた1曲。

聴き終わると、小山は「今作ったわけなんですよね」とその完成度の高さに驚いた。

henlywork:鳥肌が立ちました。みなさんありがとうございます!
小山:すごいクールなんですけど、ちょとコミカルな感じもありましたね。
henlywork:車のエンジン音とかドアを閉める音も混ぜ込みました。
小山:自分の車でもう一度聴きたいですね。

Kan Sanoと環ROYは突然のセッションを終えた感想を語った。

Kan Sano:ものすごい楽しかったです。ライブ感がすごかったですね。人とセッションするのも久々で、しかも生放送。貴重な機会を本当にありがとうございました。
増井:henlyworkさんが採取した東京の音はどうでした?
Kan Sano:僕も外に行ってフィールドレコーディングとかやったこととかあるんですけど、けっこう大変な作業なんです。henlyworkさんが今日一日それをやられてきたということで、最後にこういう曲になってよかったですね。環(ROY)さんの力も大きいですけど。
環ROY:「六本木の高い所にいるな」と思って、夜景を見ながら作りました(笑)。
増井:六本木ヒルズ33階のスタジオから、言葉を曲にのせてもらったわけですね。偶然の出会いとは思えないような3人のコラボレーションでしたね。
henlywork:ヤバいっすね(笑)。

思いもよらないかたちで生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』。今回の展開に終始興奮を隠せない様子のhenlyworkだった。

環ROYはニューアルバム『Anyways』を、Kan Sanoはニューアルバム『Susanna』をリリース。ぜひチェックしてほしい。

Facebook

ページトップへ