ラジコでJクラブ応援番組を聴こう!【福岡・山口・金沢】

夏休み、真っ只中! 日本各地にあるJリーグのスタジアムでは、熱い試合と楽しいイベントが開催されています。夏休みを利用して、いつもはネットで見ているチームの試合を観戦しに足をのばしてみてはいかがですか? そこには迫力のある試合はもちろん、スタジアム周辺のおいしいグルメやおもしろいイベントが待っています。“五感でJリーグを味わう夏旅”はおすすめですよ!

今回は、J2特集。アビスパ福岡、レノファ山口FC、ツエーゲン金沢のトピックとラジオ応援番組をご紹介します!

ペットが主役!? ユニークな総選挙を今年初開催 アビスパ福岡

「後期試合スケジュールポスター」に登場する7選手を決める「アビスパ福岡 選抜総選挙」が終わり、8月から今年初開催のファン・サポーターが選ぶ「アビスパ福岡 ペット総選挙」がスタートしました。立候補資格は、アビスパ福岡の「ペット用ユニフォーム」を着用したペットであること。すでにペット用ユニの販売は終了しており、立候補期間は8月9日(金)までとなっています。

1位に輝いたペットに送られるプレゼントは「オフィシャルカメラマンに撮影してもらえる権&ペットユニフォーム(ハチ祭り記念ver.)」。

投票期間は、8月16日(金)~8月23日(金)で、8月17日(土)のホームゲーム 徳島ヴォルティス戦でスタジアム投票が可能。また、アビスパ福岡公式アプリからもお気に入りのペットに一票を投じられます。初栄冠はどのペットに輝くのでしょうか?

《試合スケジュール》
明治安田生命J2リーグ 第27節
8月11日(日)18時 FC岐阜@岐阜メモリアルセンター長良川競技場

天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会 3回戦
8月14日(水)19時 清水エスパルス@レベルファイブスタジアム

明治安田生命J2リーグ 第28節
8月17日(土)19時 徳島ヴォルティス@レベルファイブスタジアム

明治安田生命J2リーグ 第29節
8月24日(土)19時 京都サンガF.C.@たけびしスタジアム京都

クラブ応援番組 FM FUKUOKA『D U know? ~AVISPA MOVEMENT~』

パーソナリティがアビスパ福岡の選手から届いたメッセージを代読するスタイルで進行する番組。担当選手は隔週で交代で、試合後や練習場で収録したインタビューや取材コメント紹介が多い中、違ったアプローチでチームの情報を伝えています。

FW木戸皓貴選手の担当回では、自身の子どものころの夏休みのエピソードを披露。プールによく行っていたものの、ラジオ体操の参加は1回限り。また、宿題は追い込まれないとやらないタイプで、休みの最後にまとめて片づけていたそうです。

GK山ノ井拓己選手は、実行委員を務めている「ファン感謝デー」についてトーク。去年初開催され、今年は9月1日(日)に開催されるアビスパ福岡の「ファン感」の見どころや意気込みをメッセージに込めていました。メインはミニ運動会で、サポーターと選手の絆がさらに深まりそうな内容。会員だけでなく、一般の方も参加できるので、ファン感をきっかけにアビスパ福岡にハマる人も増えそうです。

D U know? ~AVISPA MOVEMENT~
放送局:FM FUKUOKA
放送日時:毎週土曜 6時55分~7時00分
出演者:萬石洋文

※放送情報は変更となる場合があります。

「ご当地シャレン選手」って知ってる? レノファ山口FC

Jリーグの各クラブでは、地域を盛り上げて活性化させるホームタウン活動を行っています。レノファ山口FCのホームタウンは、山口県全体。「Jリーグで地方創生、まちづくり」を促進させるため、県や市町などの自治体ごとに担当選手・監督を配置しています。

地域のPRや応援といったシャレン(社会連携)活動を行うため、担当選手を「ご当地シャレン選手」と呼び、毎年シーズンが始まる前に担当地域と選手を発表します。選手が担当している市の市長を表敬訪問することもあります。

MF清永丈瑠選手は、出身地である周南市のご当地シャレン選手。8月4日(日)ホームゲームでは、周南市サンクスデーを盛り上げるために地元で採れた素材で作ったジェラートや地ビールなどを動画でPRしていました。趣向を凝らしてさまざまな地域をPRする選手のPR動画、ぜひクラブの公式Twitterでチェックしてみてください。

《試合スケジュール》
明治安田生命J2リーグ 第27節
8月10日(土)19時 柏レイソル@三協フロンテア柏スタジアム

天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会 3回戦
8月14日(水)19時 セレッソ大阪@維新みらいふスタジアム

明治安田生命J2リーグ 第28節
8月17日(土)18時 ヴァンフォーレ甲府@山梨中銀スタジアム

明治安田生命J2リーグ 第29節
8月24日(土)19時 V・ファーレン長崎@維新みらいふスタジアム

クラブ応援番組 エフエム山口『GO!GO!RENOFA!!』(『Happy Happy Friday』内)

レノファ山口FCの試合実況も務める金光一昭さんが直近の試合を振り返り、チームの状況を説明。そのあとにDAZNのピッチサイドレポーターも務めるトクダトモヨさんが注目選手にじっくり行ったインタビューをオンエアしている番組です。

7月に川崎フロンターレから期限付き移籍加入した宮代大聖選手。インタビューで語った山口を選んだ決め手は、「サッカーが魅力的で、FWとして得点を決めるバリエーションが広がりそうだから」とのこと。チームに合流して数日でリーグ戦のスタメン入りし、U-20日本代表戦で見せたようなゴールが近々見られるかもしれません。

9月1日(日)は、ホームゲーム・ファジアーノ岡山戦の模様をエフエム山口で実況生中継します。解説は元日本代表の前園真聖さん、元なでしこジャパン・丸山桂里奈さん。そして、三男の大輔選手がレノファ山口で活躍する元プロ野球選手・高木豊さんがスペシャルゲストで登場します。ラジコで豪華ゲストの解説を聞きながら観戦してみてくださいね。

《試合スケジュール》※エフエム山口にて実況生中継
明治安田生命J2リーグ 第30節
9月1日(日)19時 ファジアーノ岡山@維新みらいふスタジアム

GO!GO!RENOFA!!(『Happy Happy Friday』)
放送局:FMY エフエム山口
放送日時:毎週金曜 13時30分~18時55分
出演者:金光一昭、小林愛子
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#ハピフラ」

※放送情報は変更となる場合があります。

公式マスコット同士が対立!? ツエーゲン金沢

公式マスコットといえば、クラブや地域を盛り上げて応援するのがスタンダードですが、ツエーゲン金沢は違います。正義と悪のマスコットが対立する珍しい構図でJリーグファンに注目されています。

石川県を絶望の淵に陥れると突如スタジアムに現れた、悪の化身「ヤサガラス」。漆黒のコスチュームに身を包み、不気味な笑い声が特徴です。そのヤサガラスから石川県とツエーゲン金沢サポーターを守るために登場したのがヒーロー「ゲンゾイヤー」。石川県の鳥・イヌワシをモチーフにしたマスコット「ゲンゾー」がバトルモードに入り、変身。「ゲンゾイヤー」となり登場しました。

悪の化身と正義のヒーローのバトルは「ヤサガラス劇場」としてスタジアムの名物ショーに。8月4日(日)の栃木SC戦では、3rdシーズンに突入。もう一人のヤサガラス、「ヤサガラス・ツヴァイ」が爆誕。「もう怯えなくていい。もう争う必要はないんだ」と意味深ツイートしています。今後どのような展開になるのか、見守っていきましょう!

《試合スケジュール》
明治安田生命J2リーグ 第27節
8月10日(土)19時 FC町田ゼルビア@町田市立陸上競技場 

明治安田生命J2リーグ 第28節
8月17日(土)18時 FC岐阜@石川県西部緑地公園陸上競技場

明治安田生命J2リーグ 第29節
8月24日(土)19時 アルビレックス新潟@デンカビッグスワンスタジアム

クラブ応援番組 MROラジオ『達洋・まさひこのアディショナルタイム』

ツエーゲン金沢の試合実況も務めるアナウンサー・角野達洋さんとJFA公認審判員を持ち、ホームスタジアムDJを担当している大平まさひこさんがパーソナリティを担当しています。

ツエーゲン金沢の選手へのインタビューコメントの紹介や試合の振り返りも、サッカーを愛するふたりだからこそ気づくポイントをお互いにピックアップしながらトーク。Jリーグの話題だけでなく、石川の障がい者サッカーに携わっている方々をスタジオに招いて話を聞いたりも。

パーソナリティ二人の親しみやすい人柄や声質、サッカーへの愛情が伝わってサッカー初心者でも思わず耳を傾けたくなる番組です。

達洋・まさひこのアディショナルタイム
放送局:MROラジオ
放送日時:毎週土曜 12時10分~12時40分
出演者:角野達洋、大平まさひこ
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグ「#adtime」

※放送情報は変更となる場合があります。

今回はアビスパ福岡、レノファ山口FC、ツエーゲン金沢のトピックと応援番組、ラジコで聴けるラジオ中継情報をご紹介しました。気になった番組があったら、ぜひチェックを!

日本全国には特色のあるJリーグクラブ、そしてラジオの応援番組がまだまだあります。次回も注目クラブをピックアップしてご紹介していきます。ラジオを聴いて、そして持って、気になるJリーグの試合へ足を運んでみてください。

この記事を書いた人

佐藤史恵

ライター、構成作家。

ラジオ番組が好きで構成作家のキャリアをスタート。
都内近郊のFM、AMラジオ・テレビ番組の構成を多数手がける。

遊び体験共有サイトPLAYLIFEでプランナーとしても活動。
国内外の映画・ドラマが探せるaukanaにて作品解説を担当。

現場主義のエンタメウォッチャー。
サッカー、野球、プロレス、舞台、お笑いなどを年間トータル100本ほど見る生活を約15年続けている。
宝物は今まで集めたエンタメ半券約1500枚。

Twitter

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

周防正行「サイレント映画について大変な勘違いをしていました」

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、映画監督の周防正行が出演。最新映画『カツベン!』の題材となったサイレント映画について語った。

ニッポン放送「あさナビ」

黒木)今週のゲストは映画監督の周防正行さんです。周防監督の5年ぶりとなる最新作映画『カツベン!』が全国公開中です。『カツベン!』は、映画の始まりの時代を駆け抜けたスーパースターである、活動弁士の話なのです。

周防)日本に初めて映画が入って来たときに、「Motion Picture」という言葉をそのまま訳して「活動写真」と呼んだのですね。そのときは、まだ映画に音がなかったのですよ。スクリーンの横に人が立って、写っているものの説明を始めたのです。最初は物語映画ではなかったから、何が写っているかとか、どうして動くとか、まさに“写真が動く”ということは始めてのことだったので、世界中で流行るわけです。当時、日本ではそのように説明する人が、最初の日の上映からいたのです。

黒木)つまりは紙芝居みたいに「こういう物語ですよ」と、ト書きも言えばセリフも言うという…。

周防)最初は単なる出来事が写っていました。駅に列車が到着するとか、工場から人が出て来るとか。それがやがて物語を持つようになって、弁士は物語をきちんと説明することを始めました。こういう文化が根付いたのは日本だけなのです。アメリカやヨーロッパでも説明する人が立った記録はありますが、職業としては説明していません。アメリカ、ヨーロッパは生演奏の音楽だけで魅せていたのです。

黒木)『カツベン!』はオリジナルの作品ですが、どうしてこれを映画にしようと思われたのですか?

周防)僕が浅はかにも、ずっと無視をして来たから。

黒木)え?

周防)大学生のときに、サイレント映画をたくさん観ていました。そのときはサイレント映画だから音がない状態で、活動弁士の説明も音楽もない、まさに無音の動く画を観るというのが、サイレント映画の見方だと思っていました。活動弁士がいることも、音楽があることも知っていたのですが、それを無視していたのです。サイレント映画なのだから、サイレントで観ないと監督の意図は伝わらないのだと、ずっと思って生きて来た。でもつい最近、僕の助監督をして下さっていた片島章三さんが「こんな本を書きました」と、この映画の元になる台本を読ませてくれたのですね。

黒木)いつも周防監督は、ご自分でシナリオをお書きになりますよね。

周防)自分のシナリオではないのは、今回が初めてです。

黒木)そのシナリオを読まれてどうだったのですか?

周防)「僕はなんて勘違いをしていたのだろう」と思いました。当時、明治の終わりから大正昭和の始まりにかけて、無声映画をサイレントで観ていた人はいなかったのです。当然、映画監督は自分の作ったものが上映されるときに、生演奏があり、誰かの説明が入るとわかって撮っていたのですね。要するに、監督がサイレントで観てもらうことを前提に撮っていなかった。それを僕はサイレントで観ていたのですよ。「これはいけない」と。それも僕は映画監督なのに、なぜ日本映画史の重要なことを無視して来たのだと思って、大反省です。音がない状態で物語をつくり上げるというのは、映像を作る人間としての最高のテクニックだ、技術だと思っていたのです。それこそが映画の基本と言うか、映画の本質だろうと。

黒木)それが180度変わったわけですね。

周防)変わりました。

黒木)活動弁士という方々がいて、初めてサイレント映画は成り立つのだと。

撮影・下村一喜

周防正行(すお・まさゆき)/映画監督

■東京・目黒区出身。1956年生まれ。
■立教大学在学中に、高橋伴明監督の助監督を務めるようになり、以降、若松孝二監督や井筒和幸監督の作品に助監督として携わる。
■1984年に小津安二郎へのオマージュを含んだピンク映画で監督デビュー。
■1989年に『ファンシイダンス』で商業映画初メガホン。
■1992年の『シコふんじゃった。』で、日本アカデミー賞最優秀作品賞をはじめ、最優秀監督賞、最優秀脚本賞を受賞。
■1996年には大ヒット作『Shall We ダンス?』公開。日本アカデミー賞で作品賞・監督賞・脚本賞など13部門を総なめ。
■2006年には痴漢の冤罪裁判を描いた『それでもボクはやってない』、2011年にはバレエ作品を映画として収めた『ダンシング・チャップリン』、2012年には終末医療を題材にしたヒューマンドラマ『終の信託』、2014年には花街で成長する舞妓の姿を描いた『舞妓はレディ』を監督。
■最新作は、2019年12月13日公開の『カツベン!』。大正時代に全盛だった無声映画を個性豊かな語りで彩った「活動弁士」が主人公。活動弁士を志す青年・俊太郎を成田凌が演じ、ヒロインを黒島結菜が演じる。

ENEOSプレゼンツ あさナビ(12月9日放送分より)
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ