子ども向きから大人向きの番組まで!「朗読」が楽しめるラジオ番組

ラジオから聴こえてくると、ふと耳を傾けてしまうのが朗読。実は、朗読が楽しめるラジオ番組は各地で放送されています。ふと手を止めて、気分転換に聴いてみてはいかがでしょう?

TOKYO FM『高橋みなみの「これから、何する?」』

番組内で放送中のコーナーの「よ・み・き・か・せ」では、「ママはかいじゅう」「いっすんぼうし」などの名作を、毎月1話、お届けします。朗読する童話は、JX-ENEOS童話賞受賞の「心のふれあい」をテーマとした創作童話です。ちょうど赤ちゃんが眠くなる時間に放送されるので、子育て中のお父さん、お母さんにおすすめです。

高橋みなみの「これから、何する?」
放送局:TOKYO FM
放送日時:毎週月曜~木曜 13時00分~14時55分
出演者:高橋みなみ
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram
公式LINE

twitterハッシュタグは「#これなに」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジオ日本『前野健太のラジオ100年後』

低音ボイスで人気のシンガーソングライター・前野健太さんが、好きな音楽、酒、競馬などについて語る30分。「歌詞のソムリエ」のコーナーは、前野さんが好きな歌詞の朗読を行う人気のコーナーです。

前野健太のラジオ100年後
放送局:ラジオ日本
放送日時:毎週日曜 21時30分~22時00分
出演者:前野健太
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#maeno100」

※放送情報は変更となる場合があります。

SBCラジオ『言葉はちから~朗読なかま大集合~』

長野県内で活動している、朗読や読み聞かせのグループを招いて朗読を披露してもらう番組です。グループだけではなく、中には夫婦など、個人で読み聞かせの活動をしている方も登場します。

進行は長野で活躍中のパーソナリティー・武田徹さん。言葉が軽視されている時代において、言葉のちからをもう一度見直してほしいとの願いから、長野さんが2005年に始めた番組です。

言葉はちから~朗読なかま大集合~
放送局:SBCラジオ
放送日時:毎週土曜 16時30分~16時50分
出演者:武田徹

※放送情報は変更となる場合があります。

CBCラジオ『ことばのおもちゃばこ』

CBCラジオのアナウンサーが名作絵本を朗読するほか、キッズソングや遊び歌など、料理コーナーもあります。「シュワシュワマンゴーポンチ」「すいかジュレのせ!かき氷」など、料理の名前からしていかにも子どもが好きそうなデザートです。日曜日のランチタイムのひとときをお子さんと一緒にお楽しみください。

ことばのおもちゃばこ
放送局:CBCラジオ
放送日時:毎週日曜 12時20分~12時35分
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

RCCラジオ『お好み焼のある風景』

世にも珍しい、お好み焼に関するエッセイを紹介する番組です。「え!? お好み焼にまつわる話って、そんなにたくさんあるの?」と思ってしまいそうですが、思い出のお好み焼店の話だったり、親が焼いてくれたお好み焼の話だったり、リスナーから寄せられる心あたたまる話は尽きることがありません。

エッセイを朗読するのは「お笑いマンガ道場」でおなじみの柏村武昭さん。選出作品はラジオで放送、優秀作品は書下ろしアニメーション動画になります。採用されるとオタフクソースの詰め合わせが送られます。

お好み焼のある風景
放送局:RCCラジオ
放送日時:毎週月曜~火曜 11時55分~12時00分
出演者:柏村武昭
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

KRY山口放送『山口合同ガスPresentsミュージックアラカルト』(※『おはようKRY』内)

クラシックを中心に、ゆったりとした音楽をお届けする番組です。看板コーナーである「三分随筆」では、リスナーから寄せられた作品を朗読します。

パーソナリティーは山口放送ではおなじみ、水々しい声に定評のある清家律子さん。音楽の解説も丁寧で、午前中の家事が終わった後に、ホッと一息つきたい方にもおすすめの番組です。

おはようKRY
放送局:KRY 山口放送
放送日時:毎週月曜~金曜 7時00分~10時00分
出演者:竹重雅則、青木京子、山本恭子、山本博子
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジオNIKKEI第1『私の書いたポエム』

自由句律のポエムを紹介する番組で、放送45年目の長寿番組です。パーソナリティは長岡一也さんと大橋照子さん。

「大橋照子さん」と聞いてピンとくる方の中には「ラジアメリスナー」だった方も多いのではないでしょうか。「ラジアメ」とはTBSラジオほか、80年~90年代に全国ネットで放送された番組『大橋照子のラジオはアメリカン』のこと。実は私も『斉藤洋美のラジオはアメリカン』を含めてリスナーだっため、照子さんの変わらない雰囲気にホッとします。

私の書いたポエム
放送局:ラジオNIKKEI第1
放送日時:毎週日曜 20時30分~21時00分
出演者:長岡一也、大橋照子、千葉公慈
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

賀来賢人「SNSに依存せず、ほどよいお付き合いを」リスナーに提言

俳優の賀来賢人がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”」。3月23日(月)~3月24日(火)の放送では、クラブ会員(※本番組でのリスナーの呼称)から寄せられたメッセージにまつわるトークをお届けしました。

パーソナリティの賀来賢人



◆SNSは「使い分けがわからん!」
3月23日(月)の放送では、会長(※本番組での賀来の呼称)がクラブ会員からのメッセージに答えました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「私は最近SNSを始めたのですが、ちょっとしたつぶやきが知らない人に拡散されて、何千人とかに一気に広まり、ビックリしながらも新鮮な毎日を送っています。SNSをやっていて“これはビックリだった!”といったエピソードはありますか?」(女性)

現在、TwitterとInstagramをやっている会長は、「使い分けがわからん!」と実感を語ります。

そもそもTwitterを始めたきっかけは「舞台の宣伝とかのため」。そしてInstagramは、「みんなやっているから」。そんないきさつで始めたSNSについて「どっちもやり始めちゃったもんだから、引くに引けない状況なんですよね(苦笑)」と打ち明けます。

昨今のネットニュースについて「例えば、『僕が誰々と写真を撮りました』ということですら、ニュースになるわけですよ。いい宣伝になることもありますし、恐ろしいこともありますよね」とコメント。

そして、このクラブ会員に向けて「気をつけてくださいね。あまりSNSに依存せずに……でも、ないと生きていけない時代なのかもしれないですから、(SNSとは)ほどよいお付き合いを」と呼びかけていました。

◆クラブ会員の質問や相談に回答
3月24日(火)の放送では、クラブ会員から寄せられたメッセージに答えました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「私は今、お箸や器を商材にしたお店で働いているのですが、いまだに苦手なシチュエーションがあります。それは、1人でイヤホンをつけて来店されるお客さまです。接客方法に縛りはなく“何をしてもいいよ!”という感じの社風なのですが、どういう風なアクションをすれば、お客さまが嫌な気持ちにならずに接客ができるのか、と毎日悩んでいます。海外の方には勢いでいけるのですが、日本人の方だとどうしても顔色を伺ってしまいます。会長だったらどうしますか?」(女性)

このメッセージに、「店員さんとしては、難しいですよね~。イヤホンをつけている人は“あまり声をかけてほしくない”っていう意味だと思います……僕もどちらかと言うとそうかもしれない」と答えます。そして、「ほどよい接客は、難しいでしょうけど、頑張ってください」とエールを送りました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「私は学校でよく『怒ってる?』と聞かれます。そんなつもりはないので『どうして?』と聞くと、『真顔が怖いから、怒っているみたいだよ』と言われました。けっこう“グサッ”ときています。真顔が怖いからといってずっと笑っているわけにもいかず、とても困っています。賢人会長ならどうしますか?」(女性)

この相談に、開口一番「僕もなんですよ!」と共感する会長。「何にも考えていないのに、『ピリついている』みたいなことをよく言われるんですよね。特に女優さんとか。僕は、緊張してあんまり女優さんに話しかけないんですよ。それが『怖い』って影で言われていたことがけっこうあって。こちとら緊張しているだけなのに……第一印象って大事ですよね」と同じ悩みを抱えている様子。

体が硬くて姿勢が悪いのを悩んでいた会長は、年明けの放送で、2020年の抱負は「体を柔らかくする」と宣言。最近、姿勢の矯正に通っているそうで、「姿勢をよくしてから、先生が『顔の“険”が取れた』ってよく言うんです。だから、体とかも(表情に)関係してくるのかもしれないです」と自身の経験をアドバイスとして送りました。

<番組概要>
番組名:賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”
放送日時:毎週月~木曜 16:50~17:00
パーソナリティ:賀来賢人
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/kento/

Facebook

ページトップへ