サカナクションのラジオ番組『802×サカナクション アダプトON THE RADIO』、『サカナLOCKS!』、『加藤さんと山口くん』

2007年にデビューし、今年15周年を迎えるサカナクション。ボーカル・ギター担当の山口一郎さんが手掛けるユニークな世界観の楽曲や、唯一無二のライブ演出で多くのファンを魅了し続けています。

今回は、3月30日にリリースされるコンセプト・アルバム『アダプト』にちなんだFM802とコラボ企画『802×サカナクション アダプトON THE RADIO』ほか、サカナクションが出演する『サカナLOCKS!』(TOKYO FM)と、山口さんが単独で出演する『加藤さんと山口くん』(STVラジオ)をご紹介します。

音楽の新しい時代を築くサカナクション

2005年、山口さんと岩寺基晴さんが在籍していたインディーズバンド「ダッチマン」が「サカナクション」に改称。2006年春に草刈愛美さん、岡崎英美さん、江島啓一さんら3名を加え、本格的に活動を開始し、翌2007年にアルバム『GO TO THE FUTURE』でメジャーデビューを果たしました。バンド名の「サカナクション」は、「魚」と「アクション」を掛け合わせた山口さん考案の造語で、止まっていたかと思えば急に動き出す魚の仕草から「変化を恐れずにやっていこう」という決意が込められています。 

サカナクションの楽曲はバンド名の通り、まさに斬新そのもの。ロックでもあり、ポップスでもあり、エレクトロでもあり……ひとつのジャンルに囚われることのない曲調に、山口さんの歌詞が合わさることで、今までに無い新しい音楽のスタイルを確立させています。耳に残りやすい楽曲が多いことから企業とのタイアップも多く、『白波トップウォーター』(2007年)を皮切りに、テレビ番組やCMなどのテーマ曲に起用されています。

ライブも独創性に富んでおり、2021年12月から2022年年1月まで開催されたツアーライブ『SAKANAQUARIUM アダプト TOUR』では、ワイドショーをイメージしたセットを設営し、耳だけでなく目でも楽しめる演出が施されました。3月30日(水)には、コンセプト・アルバム『アダプト』がリリースされます。

コンセプト・アルバム「アダプト」3月30日リリース『802×サカナクション アダプトON THE RADIO』

3月30日(水)にリリースするコンセプト・アルバム『アダプト』にちなんだFM802のコラボ企画『802×サカナクション アダプトON THE RADIO』が決定!

山口一郎さんがFM802のさまざまな時間帯の番組に登場し、アルバムから1曲を選曲し、FM802の各時間帯、それぞれの番組に適応する『アダプト』の楽曲についてトーク。さらに、山口さん自身が選曲と共に3分以内に収めた曲紹介のコメントを寄せるというタイム“ショック”企画に挑戦します。どうぞお楽しみに!

『802×サカナクション アダプトON THE RADIO』実施番組
3月29日(火)
24時〜『Poppin’FLAG!!!』DJ板東さえか 24時台

3月30日(水)
6時〜『TACTY IN THE MORNING』DJ大抜卓人 9時台
14時〜『802 RADIO MASTERS』DJ中島ヒロト 14時台
21時〜『ROCK KIDS 802-OCHIKEN Goes ON!!-』DJ落合健太郎 23時台

3月31日(木)
11時〜『UPBEAT!』DJ加藤真樹子 11時台
18時〜『EVENING TAP』DJ土井コマキ 19時台

Poppin'FLAG!!!
放送局:FM802
放送日時:毎週火曜 24時00分~25時00分
出演者:板東 さえか
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

on-air with TACTY IN THE MORNING
放送局:FM802
放送日時:毎週月曜~木曜 6時00分~11時00分
出演者:大抜 卓人
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

THE NAKAJIMA HIROTO SHOW 802 RADIO MASTERS
放送局:FM802
放送日時:毎週月曜~木曜 14時00分~18時00分
出演者:中島 ヒロト
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

ROCK KIDS 802 -OCHIKEN Goes ON!!-
放送局:FM802
放送日時:毎週月曜~木曜 21時00分~23時48分
出演者:落合 健太郎
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

UPBEAT!
放送局:FM802
放送日時:毎週月曜~木曜 11時00分~14時00分
出演者:加藤 真樹子
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

EVENING TAP
放送局:FM802
放送日時:毎週水曜~木曜 18時00分~21時00分
出演者:土井 コマキ
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

サカナクションのレギュラー番組

サカナクション出演 TOKYO FM『サカナ LOCKS!』

TOKYO FMの人気番組『SCHOOL OF LOCK!』(毎週月〜木曜 22時〜)で、2012年4月から放送されているコーナー。2020年1月からは派生番組『SCHOOL OF LOCK! FRIDAY』(毎週金曜 22時〜)内で放送されています。山口さんは「音学の講師」として毎週、他4人のメンバーは「副担任」として不定期で出演中です。

番組では、毎回楽曲が作られるまでの過程を生徒(リスナー)が授業感覚で学んでいきます。 サカナクションの楽曲だけでなく、Adoさんの『うっせぇわ』やBTSの『Butter』など、他アーティストのヒット曲も取り扱い、ヒットまでの裏側を解説。サカナクションを知らなくても、音楽好きなら思わず「なるほど」と頷いてしまうシーンが満載です。

~サカナLOCKS!~
放送局:TOKYO FM
放送日時:毎週金曜 22時30分~22時55分
出演者:サカナクション
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#サカナLOCKS」

※放送情報は変更となる場合があります。

山口一郎、放送中に男泣き…原点回帰の一曲『グッドバイ』(2014年1月9日放送)

間もなく放送10周年を迎える『サカナLOCKS!』において、ファンの間で忘れられないエピソードとして挙げられるのが、9枚目のシングル『グッドバイ/ユリイカ』が初オンエアとなった2014年1月9日の放送。このシングルは元々、『ユリイカ』と10枚目のシングルに収録された楽曲『さよならはエモーション』との両A面で発売する予定でした。

当時、山口さんは「自分が作りたい曲を作るのではなく、求められる曲を作ることに慣れすぎていた」と、自分の作りたい音楽と求められる音楽とのギャップに悩んでいました。そのギャップは山口さんを次第に苦しめ、精神面での不調やメンバーとの関係にも悪影響を及ぼすことに。 「1年くらい休養したいと本格的に考えたりもした」とスランプに陥った山口さんでしたが、そんな気分を紛らわせるため、好きな曲を口ずさんでいたところで浮かんできたのが『グッドバイ』のメロディーでした。

山口さんは、音楽活動を始めた初心の感覚で『グッドバイ』を完成させ、「たくさんの人に聴いてほしい」と思うようになると、テレビCM用に制作された『さよならはエモーション』と入れ替えるように、タイアップ元の東進ハイスクールへ打診。しかし、既にCMが完成していたため楽曲変更は叶わず、『グッドバイ』はお蔵入りとなりました。

しかし、それでも『グッドバイ』の披露を諦めきれない山口さんは、「サカナクションを知らないたくさんの人に『グッドバイ』を最初に聴いて、サカナクションを知ってもらいたい」と、サカナクションのマネジメントを手掛ける野村達矢さんを説得。山口さんの熱い想いを受け取った野村さんが東進サイドに再び掛け合い、ノンタイアップで『グッドバイ/ユリイカ』を両A面シングルとしてリリースしました。

一時は音楽活動の休止も選択肢に入れていた山口さんは、『グッドバイ/ユリイカ』を初めてオンエアするにあたってリスナーのリアクションをしきりに気にしていました。そして『グッドバイ』のオンエア直前、「あの……辛かったんだよね」、「親にも心配かけちゃったし、スタッフにも、本当に……」と感極まり、声を詰まらせたのでした。

『グッドバイ』の初披露を無事に終えて、山口さんは「初オンエアの日にラジオで泣くなんて。どんだけ中二病なんだってところですけど」と苦笑い。しかし、山口さんの"男泣き"にネット上では驚きの声が上がり、『グッドバイ』をリピートして聴くファンが続出することになりました。

山口一郎出演 STVラジオ『加藤さんと山口くん』

山口さんと極楽とんぼ・加藤浩次さんが日曜のお昼にお送りする30分のトーク番組。一見すると接点の無い組み合わせですが、山口さんと加藤さんには「北海道小樽市出身」という大きな共通点があります。

加藤さんがMCを務める『スッキリ』(日本テレビ系)の企画で2人が共演して意気投合したことがきっかけで、2020年7月にはSTVラジオで特別番組が実現。同年10月よりレギュラー放送がスタートしました。2021年10月からはSTVラジオをキー局に全国11局ネットでの放送となり、ヒット番組へと成長しています。

加藤さんと山口くん
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週日曜 12時00分~12時30分
出演者:加藤浩次、山口一郎
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

企画に収録…すべてが2人きり

『加藤さんと山口くん』では山口さんが企画を担当し、収録や進行もすべて二人だけで行われています。基本的に山口さんの自宅で収録が行われていますが、都内各地を散策したり、山口さんのマイボート「NF丸」で海釣りを楽しんだり、ロケ企画が多いのも特徴です。山口さんと加藤さんのトークはもちろん、ジンギスカンのタレを食べ比べるなど、北海道をよく知らない、行ったことが無いリスナーでも思わず笑ってしまう内容となっています。

腹を割った本音トークも

都内散策やまったりとしたトークが楽しめる『加藤さんと山口くん』ですが、時には2人の腹を割った本音トークも繰り広げられます。2021年12月12日の放送では、2022年1月に配信リリースされたサカナクションの新曲『ショック!』の話題に。山口さんは同曲のMV(ミュージックビデオ)でワイドショー風のセットを採用したことについて、「朝起きる度に"何か大きな事件が起きてないかな"と無意識に思っていることにショックを受けた」と明かしました。

『スッキリ』でワイドショーのMCを長年務める加藤さんは、「『スッキリ』がワイドショーの在り方を変えた」と切り出すと、海外アーティスト出演のコーナーについて触れました。知名度の関係で視聴率が振るわず、次第に排除されていった事情を明かし、加藤さんは「絶対に番組のカラーになるし、これは続けましょう」と、スタッフに海外アーティストの出演を継続させるように説得。ミュージシャンに失礼のないようにどう伝えるかを向き合った結果、視聴率も回復したとワイドショーの観点から音楽表現について語りました。

ミュージシャンの立場から見たワイドショー、ワイドショーのMCのから見た音楽。全く異なる2つを並べることで新しい発見があるのも、人気の理由と言えるでしょう。

そのほか過去の放送回

2人の地元・北海道にまつわる話題や青春時代、人生観など日々の思いを語る本音トークで盛り上がった回(2020年7月19日放送)

サカナクション・山口「土下座させられた」下積み時代の苦労を語る

山口さんが北海道の音楽文化について熱く語った回(2020年11月1日放送)

サカナクション・山口一郎、北海道の音楽性を語る「反響するものに対してすごく敏感なサウンド」

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

青木愛 “お金をいくら積まれても現役当時には戻りたくない”発言の深意とは?

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」(毎週土曜 7:00~7:25)。11月26日(土)の放送は、元アーティスティックスイミング日本代表の青木愛(あおき・あい)さんをゲストに迎え、お届けしました。


青木愛さん(左)とパーソナリティの丸山茂樹



◆「幾ら積まれても、(現役当時に)戻りたくない」発言の深意とは?

丸山:まずは簡単に、青木さんのプロフィール紹介を。8歳のときに当時やっていた水泳からシンクロナイズドスイミング(現名称:アーティスティックスイミング)に転向し、小学4年のときにジュニア五輪で優勝。2006年ワールドカップに出場し、チーム種目で銀メダルを獲得。2008年北京オリンピックでは、日本代表にチーム最年少で選出され、5位入賞。同大会を最後に現役引退し、現在はアーティスティックスイミングの指導とともに、モデル、タレント、リポーターなど幅広く活躍されています。水泳を始めて、シンクロに転向しようと思ったきっかけは?

青木:私は京都出身で、自分の家から一番近いスイミングスクールにベビースイミングがあったので、母が親子の健康のためにと0歳10ヵ月からベビースイミングに入れて。そのスイミングスクールが、たまたま京都で唯一シンクロコースのあるスクールだったんですよ。

丸山:もしそのスクールになかったらやっていなかったかもしれない?

青木:そうですね。違うところに住んでいて、近所のスイミングスクールに行っていたらシンクロコースがないからやっていないと思います。ずっと水泳を続けていたんですけど、幼稚園ぐらいのときに奥野史子(おくの・ふみこ)さんがそのスイミングスクールの出身でよく練習に来られていたんです。それを母と見て「あの人、すごい選手なんやで」って聞いて、奥野さんの泳ぎを見て“めっちゃ、綺麗やなぁ”って思って。あと、シンクロコースに通っているお姉さんたちが、よく一緒に遊んでくてすごくやさしかったので。

丸山:なるほど。それでシンクロコースに転向したと。0歳の記憶にない頃からやっていたら、水泳が好きも嫌いもなく、日常にあったということですよね。

青木:そうですね。だから、水が怖いと思ったこともなかったですし、水のなかにいるのが当たり前みたいな感じでした。

丸山:青木さんは身長が高いですから、小中学生ぐらいのときに、例えばバレーボールやバスケットボールなど、ほかの競技をやりたいと思ったことはなかったですか?

青木:まったくなかったです。シンクロの練習が厳しすぎて、正直嫌になったことはありますけど、かといってほかの競技をやりたいというのはまったくなくて。

丸山:へぇ~、そうなんだ。

青木:体育の授業でいろいろな競技をやるじゃないですか。それは楽しかったですけど、やっぱりシンクロが好きだったんだと思います。

丸山:途中でやめたくないという思いがあるなか、「(現役)当時に絶対戻りたくない」というコメントがあったようですけど、相当練習が厳しかったんですか?

青木:例えば、高校生のときって、部活動が厳しいとかあるじゃないですか。私は高校時代にクラブチームでやっていたんですけど、テレビ番組のトークテーマで「(お金を)幾ら積まれたら、当時に戻る?」と聞かれて、「幾ら積まれても、戻りたくない」って言ったんです。

丸山:なるほど。

青木:やっぱりそのときにやり切っているし、(練習は)つらいから。例えば、お金をいただいて、ただ高校生に戻って違うことをしてみるのならわかるんですけど、またあの当時の生活をとなると「やるかいっ!」って(笑)。

丸山:「やるかいっ!」ってね(笑)。

青木:今、普通に生活できているから、「別に何十億積まれても、絶対に(シンクロは)やらん!」みたいな。

丸山:中学のときに、“鬼コーチ”と言われる井村雅代さんと会ったことも大きな起点になったと思うんですけど、当時かなり厳しかったから「何十億積まれても、絶対に戻らない」と(笑)。それは話しづらいですよね(笑)?

青木:中学2年生のときに井村シンクロクラブ(現:井村アーティスティックスイミングクラブ)に移籍したんですけど、当時、井村先生は日本代表監督をされていたので、井村シンクロクラブでチームを見る担当を持っていなかったんです。もちろん何度も教えてもらったことはあったんですけど、変な話、神様みたいな存在なんですよね。だから今でも怖いです(苦笑)。

◆アーティスティックスイミングの魅力とは?

丸山:オリンピックに出場したいという思いはいつ頃から芽生えたんですか?

青木:シンクロを始めたときから“オリンピックに出る”と思っていました。

丸山:かっこいい~!

青木:奥野史子さんを見て“シンクロをやりたい”と思ったのと、奥野さんがオリンピック選手だったのもあって、競技を始めたときは“(オリンピックに)出れるもんや”と思っていたんですよね(笑)。でも、高校生になってジュニアの日本代表に入るなどしていくにつれて、オリンピックの重みを直に感じるようになって……始めた当初の“オリンピックに出る”というときからは変わりましたね。

丸山:なるほど。

青木:しかも“オリンピックに出る”イコール、いつからか“メダルを獲って当たり前”というのがついてくる。シンクロは「日本のお家芸」と言われていましたから。私たちの代でメダルは逃してしまいましたけど、歴代の先輩方はずっとメダルを獲ってきていたので。始めた当初からは(オリンピックに対する)感じ方が変わりましたね。

丸山:そうですよね。あらためて、アーティスティックスイミングの魅力とは?

青木:わかんないです(笑)。とりあえず、やっていて楽しいんですよ。めっちゃ怒られるし、しんどいし、練習はめっちゃ嫌いでしたけど、何かはわからないけどやっぱり大好きで。8人で息を合わせて、4分間完璧に泳ぎ切れたときの気持ち良さは、ほかには代えがたいものがありますね。

あと、シンクロのコーチって大体厳しくて、やさしいコーチって基本いないんですよ。そんなコーチが4分間泳ぎ切ってその演技が良かったときに褒めてくれるのがすごくうれしい。

丸山:そっかぁ~。

青木:メダルを獲るよりもうれしいですね。

次回12月3日(土)の放送も、引き続き青木さんをゲストに迎えてお届けします。どうぞお楽しみに!

「AuDee(オーディー)」では、時間の都合上カットしたトーク部分も盛り込んだ「ディレクターズカット版」がアップされています。音声は「AuDee(オーディー)」アプリで聴くことができますので、ぜひそちらもチェックしてください。

----------------------------------------------------
▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年12月4日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です⇒ 詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY
放送日時:毎週土曜 7:00~7:25
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/moving/

Facebook

ページトップへ