いよいよ明日19日(月)スタート!HBCラジオ夏の大感謝週間…気になる現金128万7千円を当てるには?

©HBC

いよいよ明日19日(月)からスタートするHBCラジオの「夏の大感謝週間」。今回も、恒例となった現金128万7千円が1名様に当たるプレゼントキャンペーンを実施します。

©HBC

現金128万7千円プレゼントの応募の仕方は以下の通りです。

1.上記の番組プログラムの中で、?印がついている番組を聴く。

2.その番組の中で告知されるキーワードをチェック。

3.下記URLの応募フォームまたはハガキに、聴取した日付と番組名、キーワード、名前、住所、年齢、電話番号、職業、HBCラジオへのメッセージを書いて応募。

ハガキの宛先は、郵便番号060・8501(住所不要)HBCラジオ「128万7千円」係まで。

「HBCラジオ 夏の大感謝週間」現金128万7千円応募フォーム

ひとり何通でも応募できますので、HBCラジオを聴けば聴くほど〆切は、応募フォームが8月25日(日)29時まで、ハガキは26日(月)の消印有効です。クラシックの名曲「カルメン」が鳴ると、キーワード発表の合図です。聴き逃しのないように待っていて下さいね。

©HBC

期間中は、現金128万7千円以外にもプレゼントが盛りだくさん!『朝刊さくらい』(6:30~9:00)は「ジンギスカンスペシャルセット」、『気分上昇ワイド ナルミッツ!!!』(9:00~12:00)は「安平追分産アサヒメロン」ほか。

©HBC
©HBC

『カーナビラジオ午後一番!』(12:00~16:00)は「台湾ペア旅行(カーナビ大忘年会in台湾ご招待券)」ほか、『夕刊おがわ』(16:00~17:20)は「全国共通お食事券ジェフグルメカード1万円分」。

賞品画像はイメージです ©HBC
賞品画像はイメージです ©HBC

『HBCファイターズナイター』(17:57~21:00)は「札幌ドームのファイターズ戦スターシート(ペア)」、『ファイターズDEナイト』(21:00~22:00)は「番組特製マフラータオル」が当たります。

賞品画像はイメージです ©HBC
賞品イラストはイメージです ©HBC

19日(月)からのHBCラジオをお聴き逃しなく!

©HBC
HBCラジオ 夏の大感謝週間
放送局:HBCラジオ
放送日時:毎週日曜~土曜 5時00分~28時59分
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

新型コロナ影響「卒アル」にも…若新雄純「普段の授業中の写真を使えるようになればいい」

市川美絵がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「Seasoning~season your life with music~」。木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)が最近起きたニュースを独自の視点で解説する「若新雄純の『色メガネ』」のコーナーでは、「コロナ禍における卒業アルバム制作」について取り上げました。


木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)



◆学校行事の中止で卒業アルバムはどうなる?
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、休校の長期化や学校行事の中止により、卒業アルバムの制作に影響を及ぼしているようです。

卒業アルバムといえば、遠足や運動会、修学旅行、文化祭……など、学校行事に参加している生徒たちの思い出がつまっています。しかし、コロナ禍でこれらの学校行事は縮小・中止を余儀なくされています。

*  *  *

若新は「できるなら、普段の授業中の写真を使えるようになればいいんじゃないかと思うんだけど」と率直な感想を述べます。「どちらかというと、行事はたまにしかない。(学校生活の)ほとんどが授業や部活。例えば、運動会ができなかったとしても、走っている写真が必要なのであれば、体育の授業中に撮ればいいと思う」と説明。

続けて「(卒業アルバムでは)普段の授業がメインではなくて、たまにしかないイベントが、やたら思い出として扱われている。学校の先生たちが(“コロナ禍で卒業アルバムに入れるカットが少ない……”と)頭を悩ませているということは、卒業アルバムのなかの思い出の写真は、“行事中に撮影をしなければならない”という価値観なんだと思う」と指摘。その背景には、“授業は抑制的な場”という意識が働いてしまっているからじゃないかと推測します。

現在の日本の学校生活は、「授業とイベントが、抑制と解放のように“対”になっている」と言い、「普段の授業のなかでも、いろいろな人からの発言を引き出したり、それぞれが違う行動をしたりすることも共存できるような、新しい学校のあり方があってもいいなと思う。イベントがないから『写真を撮れない』と言うのではなく、授業中に先生が『今いい表情していたね』とか『今の構図、面白かったね』と言って写真がとれるような、もっとオープンな時間になるといいのにな」と提案。

さらには、「授業中は聖なる時間だから写真を撮ってはいけない、授業は先生主導の特別なものだから……という考えではなく、教室や授業の時間こそ、“みんなでつくり上げて、みんなの行動で成り立っている”というふうに、学校のあり方も変わっていかないといけないのでは」と持論を展開します。

そんな若新の意見に、リスナーからは「卒業アルバムも“映え”が重視されていたんですね。確かに学校生活は、遠足や文化祭などのイベントがある日数よりも、何気ない日常の時間が多いのにもかかわらず、その何気ない時間の写真がないのは少し変だと思います」と共感のメッセージも。これを受け、若新は「普段の学びの時間からこそ、もっと豊かな表情が引き出されるような場になるべき」と語りました。

----------------------------------------------------
スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Seasoning~season your life with music~
放送日時:毎週月曜~木曜 13:30~15:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国20局ネット
パーソナリティ:市川美絵、ヨウイチロウ(月曜)、乙武洋匡(火曜)、IVAN(水曜)、若新雄純(木曜)
番組Webサイト:https://park.gsj.mobi/program/show/38286

Facebook

ページトップへ