夏、それは選手を思う大切な季節

きょう19日から夏の大感謝週間をスタートさせたHBCラジオ『ファイターズ DE ナイト!!』のパ-ソナリティ・斉藤こずゑ ©HBC

きょう19日(月)から、HBCラジオはリスナーに向けての恒例企画「夏の大感謝週間」をスタートさせた。今年の感謝週間のテーマは“この夏、野球愛が止まらない”。それにあわせて、『ファイターズDEナイト』(月―金 午後9時~10時)のパーソナリティで、文春オンラインのコラムニストを務める斉藤こずゑさんが、ファイターズの選手に向けてのエッセイを綴ってくれた。球場から離れたラジオスタジオから、いつも選手を気づかい、愛情を注ぐ。彼女のあふれるばかりの思いが詰まったメッセージだ。

斉藤こずゑの『ファイターズ DE ナイト!!』は月ー金 午後9時~午後10時放送 ©HBC

平日ナイター、私はHBCのスタジオにいます。スタジアムの夏の空気や気温は放送席と中継を結ぶことで感じています。解説者さんと実況さんとの会話の中から受け取るのです。それはドーム球場でも変わりません。夏のトーン、夏にしかない話題がある、そこに私は風を感じています。

 

夏は野球ファンには忙しい季節です。待ちに待った開幕、試合があるというそれだけで嬉しい時期が過ぎて、交流戦あたりから感じてくる今シーズンのチームの傾向。そうなるとファンはじっとしていられなくなって、自分なりの分析を繰り広げ始めます。

 

「まだ気にする時期じゃない」なんて、もう言っている場合じゃなくなる順位表。ゲーム差という名の数字と、ここから先の試合スケジュールを毎晩のように交互に見つめながら、優勝に向けて自分は何をどうすればいいのかと悶えるのです。

 

選手の体も心配な季節。暑さも手伝って疲れが出てくるのが夏。この時期は何かのタイミングで怪我などすれば、シーズン中には帰って来られない可能性もあります。屋外球場で雨が降れば、どうか何事も起きないようにと、場合によっては勝ち負けよりそちらを願うことすらあります。

 

もうここまでで十分に忙しいのに、夏は朝から気持ちはすっかりスカウトです。そう、甲子園では未来のファイターズ戦士になるかもしれない金の卵たちが酷暑の中、一生懸命に野球をしているのです。地方大会から追いかけるとその忙しさはもっと長い期間となります。

 

汗、戸惑い、挫折、笑顔、栄光、涙、、、高校野球には様々なものが詰まっています。そして、毎年思います。いまファイターズにいる選手たちはみんなここを通って来たのだと。このすべてを感じ、「一生懸命」という海を必死で泳いできたんだと。その海原は今もまだまだ広がっているのだと。

 

夏の暑さは改めて選手を尊敬するきっかけをくれます。外国人選手のハイスクール時代を勝手に想像するのも楽しい。もしかすると、ファンが選手ひとりひとりのことを一番たくさん思う季節なのかもしれません。

 

今夜も私はスタジオでスタジアムの放送席と結びながら風を感じます。選手の「一生懸命」を思いながら。

©HBC
ファイターズDEナイト!
放送局:HBCラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 21時00分~22時00分
出演者:斉藤こずゑ
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

水樹奈々、来年のライブタイトルについてついに情報解禁!〜9月25日「水樹奈々 スマイルギャング」

 

文化放送地上波で毎週日曜日23:30〜24:00に放送中「水樹奈々 スマイルギャング」

「今夜はまず奈々さんから発表があるということで」という福圓の一言から始まった9月25日放送回。

水樹「来年1月にさいたまスーパーアリーナでライブを開催するとお知らせしてまいりましたが、そのライブのタイトルがついに決定しました〜!」
福圓「おぉ!はやーい!」
水樹「そうなんです。早速ここで発表いたします。タイトルは、『NANA MIZUKI LIVE HEROES 2023』!」
福圓「おぉ!またこれ意外な!」
水樹「そう!ド直球、だけど今までやってこなかったものをやりますよ!」
福圓「そうですね」
水樹「そして、今回あらかじめ2daysで異なるセットリストを演出で行うよって話をしていたんですが、1日目私のお誕生日当日の1月21日(土)を『-LIGHTNING MODE-』、そして2日目1月22日(日)を『-BLADE MODE-』と題して、2日間ガラリと変えてやってみようじゃないか、と!
「HEROES」という旗印の元に集まってきたそれぞれの舞台という形で開催します。
これは、みなさんもう「LIGHTNING」と「BLADE」と聞くと、あれ?もしかして?と思われてると思うんですけど、まさに!そうです!明言はできないんですけど!」
福圓「あ、明言はできないんですね」
水樹「できないんですけど、まさにそうです!これまで、赤のペンライトが似合いそうなとか、火の演出が使われそうなものとか、歌詞にそういった赤を感じさせるようなものがあるものは「RED」で、「BLUE」がぴったりなものはBLUE。RED・BLUEで分けたものもあれば、「QUEEN’S NIGHT」「KING’S NIGHT」のように、女性らしい曲、凛々しい曲で分けたこともあったし、あとは、「FRONTIER」と「GENESIS」って言って初期の曲とその後の前期後期で分けたこともありましたが」
福圓「そうでしたね」
水樹「今回は、「LIGHTNING」「BLADE」。これまで、私は声優として数々のヒーロー、ヒロインたちを演じてきて、ヒーローって言うと男性的なイメージがありますけど、女性の主人公だったり、凛々しく戦う者のことをヒーローとも言いますし」
福圓「今多いですね」
水樹「そうそう!だから全部ひっくるめてその情熱的に戦ってきた、彼ら、彼女たちの人生と共に側にあった曲たちをこの2日間大放出したいな、と思っています」
福圓「おぉ!熱い!」
水樹「激アツです。」

と2023年にさいたまスーパーアリーナで開催される2daysのライブタイトルと詳細を熱く語った。
実はこのライブについての会議は「NANA MIZUKI LIVE HOME 2022」開催中から行われていたらしく、題に沿ってのセットリストもすんなりと書き出せたと話した。

「水樹奈々 スマイルギャング」9月25日放送分はradikoのタイムフリーにて放送から一週間視聴可能。

https://radiko.jp/#!/ts/QRR/20220925233000

Facebook

ページトップへ