財津和夫、ビートルズのジョン派かポール派かと問われ、「両派」だと答える

TULIP・財津和夫が、時には(いや、結構しばしば)ビートルズを熱く語る『グランドメゾン プレゼンツ 財津和夫 虹の向こう側』。今回は、ジョージ・ハリスンに会った時の話から始まり、財津お得意のビートルズ論もお聞きいただきます。

カンヌで遭遇したジョージ・ハリスン

ビートルズを敬愛してやまない財津和夫が、ポール・マッカートニー&リンダ・マッカートニー夫妻にあった時のエピソードは今年9月17日の放送でお話ししました。今回は、リスナーからのリクエストで、ビートルズのメンバーのひとりジョージ・ハリスンに遭遇した時の回想から始まります。
「(フランスの)カンヌの近くでやっている音楽見本市というものに連れていかれた事があったんです。ビートルズが解散してからしばらく経って、映画プロデュースもしていたジョージ・ハリスンが音楽出版系にも興味があるという事でやはり(その見本市に)来ていまして、現地でその噂を聞きつけ、希望かなって会えることになりました」
「会うと、シャンパンを飲んでいたジョージがシャンパングラスを僕の頭の上に載せて。何で載せたのかわからないけど、遊びのつもりだったんでしょう。その写真も撮られました」
後から聞いた話では、「向こうは英語、こっちは日本語。通訳がいなくて何にも喋りませんでした。ハロー、ハローで終わりましたね」との嬉しくも短い出会いだったようです。
さて、ビートルズのメンバーの中で、最も影響を受けた人は誰ですか、とのリスナーの問いには
「ジョン派かポール派かと言われると、両派ですね。ジョンがいないとポールも際立たないし、その逆もあり、ですよ。これはホントに稀なバンドスタイルです」
「だいたいは一人有名なボーカリストがいるとそのバンドが成立するので、バンドの名前を言われるとそのボーカリストしか思い浮かばない、例えばTULIPだったら姫野達也とか、タイガースだったら沢田研二とか」
TULIPは財津和夫でしょ、と途中で下田アナが言葉を挟んでも財津の話は止まらない。
「ビートルズはジョンとポール、これはもう双璧です。どっち、と言えないんですよ。うまい具合にキャラがちょうど反対側。両極端だったから、それがうまい具合に良いもの(作品)を作りましたね」
その両極を支えていたのがリンゴとジョージなのですかね、と下田アナが言葉をつなぐと
「よくわかりませんけどね・・・、やっぱり曲はポールとジョンがたくさん作ったので、ジョージとリンゴはちょっと影が薄い感じになっていますけど。4人ビートルズがいて、ドラムとベースとギターとギターで最小(人数の)バンドスタイルをちゃんと作っているので、現代でもバンドをやる人達はビートルズスタイルから離れなれない。素晴らしいですよ」
最近話題のビートルズ最新作「ナウ・アンド・ゼン」を聞いた感想を問われると
「昔のビートルズを知っているだけに『あぁ、なんかちょっと違うなぁ。ビートルズじゃないなぁ』っていう感じがする」と率直な感想を述べる。「ビートルズが好きな人にとっては、アバタもエクボですよ。嬉しくてたまらなくて、(新曲が)出た、というだけで聞かなくても喜んでる人もいますから」と少し第三者的な冷めた発言で今回のビートルズ論を締めた。

今日の一曲は、ビートルズ「ビコーズ」。1969年9月発売の、11作目のオリジナル・アルバム(イギリス盤)『アビイ・ロード』に収録されている。ベートーベンのソナタ「月光」がモチーフになっている。

次回12月24日の放送は、通常通り18時15分(午後6時15分)からの予定です。
TULIPのライブで知り合ったファン同士のエピソードや、クリスマスに関する昔話などをお伝えします。

グランドメゾン プレゼンツ 財津和夫 虹の向こう側
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週日曜 18時15分~18時30分
出演者:財津和夫、下田文代
番組ホームページ

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

魅惑の ”ヴェルベット・ヴォイス” 野田幹子の魅力をノンストップでお届け!『こだわりセットリスト・特別編』

"こだわり" 選曲をノンストップでお届けする『こだわりセットリスト・特別編』。5月23日(木)19:00~は『野田幹子特集』を放送します!

1987年デビューのシンガーソングライター・野田幹子。彼女の魅力は何といっても「ヴェルベット・ヴォイス」と称されるその優しく伸びやかな歌声。キャッチーで洗練されたサウンドと相まって、聴くものに「癒し」と「心地よさ」を与えてくれます。

今回、特集するにあたって改めてアルバムをじっくりと聴き直しましたが、その完成度の高さに驚かされたと同時に、時代・世代を越えた普遍的な魅力を感じることが出来ました。現在は歌以外にもソムリエ、文筆業など、マルチな活動を展開する彼女ですが、その類稀な才能を生かして、もう一度音楽シーンの第一線で活躍してほしいと願う今日この頃です。

今回は、アルバムナンバーを中心に、彼女の魅力満載のセットリストでお届けします。どうぞご期待ください!

※セットリストの詳細については番組HPでご確認ください。

Facebook

ページトップへ