財津和夫、高校の同級生とタクシーの運転手に人生の節目で諭された頃を振り返る

TULIP・財津和夫が、時には自らの人生の節目について語るRKBラジオ『財津和夫 虹の向こう側』。今回は、大学への進学、そしてプロのミュージシャンを目指すきっかけとなったのは、人との偶然の出会いであったことをお話しします。

それをやりたいと思ったら、ずっとやらないかんよ

自らの人生の節目の話をする前に、まずは縁起・ゲン担ぎに関しての質問に財津が答えます。
「縁起は担ぐかな。縁起よりもまず、強迫観念がちっちゃい頃からあるような気がする。どうしてもこれをやっておかなきゃいけないとか、日常の中で、これはこういう形、これはこういう順番とかにこだわってしまう」
「石畳歩いたりする時に、線踏まないように歩いたりしますね。本当に自分で馬鹿だなって思いながらやってますけど」
「それからステージとかに上がる前緊張するじゃないですか。緊張するとやっぱり脅迫観念が出てくるんですよね。この前こうやってステージやったらうまくいった、これやらなきゃいけないんじゃないかな、と新しいジンクスが増えていくんですよ」
縁起担ぎの話題の後は、改めて人生の節目だった、と思った事について。
高校を卒業して、同級生はみんな大学へ。財津家はお金もなかったので、親から「大学に行かなくていい」って言われて、パチンコして暮らしていたようです(現代のフリーター、あるいはいわゆるパチプロ?!)。毎回、意外と勝っていたのでタクシーでパチンコ屋に通うような生活を送っていたある日の事。パチンコ屋から出て博多湾の夕焼けを見ながら歩いていたところ、高校の同級生の女の子とばったり出くわした財津青年。
同級生:「パチンコしてって言うけど、ブラブラブラブラしようっちゃない。周りはみんな大学行きようちゃけん、あんたも行きたかっちゃないと」
財津青年:「行きたいっちゃあ行きたいけど、行かれん」
同級生:「お金の事? 財津君、親っていうものはね、子どもが『大学に行きたい。合格したから、お金出して』って言ったら、なんとかしてやってくれるもの、それが親というものよ」
と、同級生から強い言葉を貰いました。
「精神年齢の低い僕は、彼女の精神年齢の高さをみましたよ。俺、勉強して受験やるだけやってみようかな、ときっかけを貰ったんですよ」と、人生の節目のきっかけとなった同級生の言葉を懐かしみます。
もう一つは大学生になってからの事。
TULIPを結成する前(いわゆる第1期メンバーで結成する前)に、もう亡くなってしまったTULIPのメンバーの安部俊幸の所に泊りがけで遊びに行こうと、その時もパチンコで勝った金で、キターを持ってタクシーに乗った。
運転手さんから「あんたギター持っとうね。なんかやりようと。あのね、今あんたがそれをやりたいと思ったら、ずっとやらないかんよ。僕も実はギターやってた。でもある時挫折して、結局やめた。今それをすごく後悔している。だから、あんた続けてね」という言葉を貰った、と。
財津は、安部のアパートに行ったその日のうちに、声をかけてくれたタクシー運転手さんをイメージして、「私の小さな人生」を彼の家で作詞作曲している。
「この二つが人生の大きな節目です」

今日の一曲は、その「私の小さな人生」。財津曰く「この曲で東京にレコーディングしに行って、のちのTULIPのスタイルになる前身」という説明をしているが、財津がこの曲を作った後、安部は財津からTULIPへ勧誘される事になる。今回は、アルバム「魔法の黄色い靴」に収録されたバージョンでお聞きいただいた。

下田アナは誰に似ている?

番組のエンディングでは、下田アナが芸能人に似ている、というメッセージを紹介。
1通目は、「声がキムラ緑子さんに似ている。目を閉じて聞いてみると、セクシーな大人の優しさを感じる」という内容。本人は、声が誰かに似ている、と言われたことはあまりないらしいが、財津は「低い声が似ているんじゃないかな、女性は声が低いとセクシーに感じる」とも。
2通目は、「名取裕子に似ている」とのお便り。財津は「ウチの下田の方が上回ってるんじゃないですか」と内輪でリップサービス(?)
この記事の冒頭にも写真がありますが、RKBテレビのニュースを読むことも度々ありますので、エリアの方はそちらでもどうぞご確認ください。

次回3月3日の放送は、通常通り18時15分(午後6時15分)からの予定です。
「イイね!のポーズ」についてお話しします。

財津和夫 虹の向こう側
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週日曜 18時15分~18時30分
出演者:財津和夫、下田文代
番組ホームページ

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

中川大輔・八木莉可子・乃木坂46 清宮レイらが“オニ語”を絶叫し躍動! 『鴨川ホルモー、ワンスモア』公開ゲネプロレポート

ニッポン放送と劇団「ヨーロッパ企画」上田誠のタッグでお贈りするエンタメ舞台シリーズ第4弾『鴨川ホルモー、ワンスモア』が4月12日(金)東京・サンシャイン劇場にて開幕。

公演前に初日前会見と公開ゲネプロ(通し稽古)が行われた。

本作は、第 170 回直木賞を受賞した万城目学のデビュー作にしてベストセラーとなった小説「鴨川ホルモー」とその外伝的続編 「ホルモー六景」を、“ワンスモア”とタイトルを新たに、京都を代表する劇団「ヨーロッパ企画」上田誠が総勢 18 名の豪華キャストで舞台化する、青春群像喜劇だ。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

舞台の幕が開くとステージ中央には、京都・鴨川の土手(可動式)が。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

二浪の末京都大学へ入学した安倍(中川大輔)が、菅原(岩崎う大)ら怪しい先輩たちから誘われた新歓コンパで早良(八木莉可子)への一目惚れをきっかけに、謎のサークル「京大青竜会」へ入部するところから物語は始まる。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

京大青竜会は、千年も昔から脈々と「ホルモー」のサークル。ホルモーとは、“オニ語”を叫び、鬼や式神を使役して戦う謎の競技。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

当初はホルモーに懐疑的だった安倍たちも、いつの間にか好奇心に負け、訓練に夢中で取り組む、そして京大青竜会のライバルである京都産業大学玄武組、龍谷大学フェニックス、立命館大学白虎隊との激しいバトルが展開されていくというストーリーだ。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

ゲネプロ前に行なわれた初日前記者会見にて、高村役の鳥越裕貴が「オニ語だけで会話できる」、楠木役の乃木坂46 清宮レイが「オニ語も身体に染み付いている」と語ったように、ステージの上下左右でキャストがオニ語を叫び、躍動し、縦横無尽に動き回るパワフルなバトルシーンは見応え抜群だ。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

さらに、安倍と早良との恋愛模様や、恋敵となる芦屋(佐藤寛太)の存在感、楠木をはじめ、男性ブランコが演じる三好兄弟や松永らサークルのメンバーたちとの関係性、そしてそれぞれに紐づくストーリーが、誰もが一度が味わったことがあるようないい意味での青臭さとともに表現されている。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

キャストのそれぞれが輝き、そして笑える瞬間が随所にある、まさに青春群像喜劇だった。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

初日前記者会見にて中川は「自分の黒歴史を乗り越えていくことが本作の主題のひとつになっている」と語った。「ホルモー」という奇想天外なトピックについ意識が向きがちだが、ストーリーの端々から醸し出されるのは、青さ、甘さ、酸っぱさ、どこか恥ずかしくなるようなほろ苦さ。まさにそれは誰しもが経験したあの青春の日々だ。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

観終わった頃には、きっとホルモーから離れるのが寂しくなってきているはずだ。

Facebook

ページトップへ