電動キックボードのシェアリングサービスを福岡市内で体験してみた

株式会社Luupが提供する電動キックボードのシェアリングサービスが3月27日、福岡市内で始まった。RKBラジオのキャスタードライバー・スナッピーが4月10日放送の『Toi toi toi』で、この新しい移動手段を体験リポートした。(報告・スナッピー神谷留菜)

コンパクトシティ・福岡市で活躍しそうなサービス

最近街中で、電動キックボードを利用する人を見かけませんか? 新たな移動手段として注目されている電動キックボードのシェアリングサービスが福岡市で3月27日から始まりました。このサービスはどう利用するのか? RKBラジオのキャスタードライバー「スナッピー」の小島可奈子が体験しました。

スマートフォンアプリで利用

Luupの電動キックボードは、福岡市内350か所に設置された「ポート」と呼ばれる駐輪場のようなスポットに駐車されています。「街じゅうを駅前化したい」というミッションのもと、サービスを提供しているLuup。 福岡は他の都市と比べて、商業エリアと住宅エリアの距離が近く、短距離を移動するのに最適な電動キックボードは、便利な存在になるのではという理由で進出したそうです。

近くのポートに電動キックボードがあれば、そこから目的地付近のポート間をLUUPで移動することができます。利用するにはまず、スマートフォンのアプリを取得します。アプリ内で電動キックボードの車体に付いているQRコードを読み取れば、そこから運転が可能になります。

気をつけたい自転車とは違うルール

自転車に似ている移動手段ですが、違う点がいくつかあります。 Luupが提供する電動キックボードは「特例特定原動機付自転車」で、利用できる年齢は16歳以上という制限があります。また、ナンバープレートがついており、最高速度は20km/h。原則、車道を走りますが、例外として降りて手で押すか「時速6kmモード」に切り替えることで歩道(自転車通行可であるところ)を走ることができます。また、交差点を右折するときは原動機付自転車のように、二段階右折で曲がります。

スナッピー小島、初めてでしたが難なく乗れました。キャナルシティ博多を1周、およそ1.5kmほど走りましたが所要時間は8分。徒歩では14分かかるため、時間の短縮になりました。 また、立ったままで進むので、体力の消耗がなく、暑い夏などに特に重宝しそうだと感じました。

「歩くには距離があるけど、バスに乗るほどでもない」「体力を使いたくない」「汗をかきたくない」など、日常シーンで便利なこのサービス。詳しい使い方については、ホームページをご覧下さい。

「株式会社Luup」サイトはこちら
https://luup.sc/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

Toi toi toi
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 9時00分~13時00分
出演者:坂田周大、富永倫子
番組ホームページ
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

カネヨリマサルをゲストに迎えたFM802『RADIO∞INFINITY』公開収録に180名様ご招待!

無限の可能性が広がるかも!?
FM802にて毎週木曜深夜24時から生放送でお送りしている深夜の3時間プログラム『RADIO∞INFINITY』。
「ライブハウスシーンを追いかける」をテーマに日々、音楽の魅力を発信中!!

この度、カネヨリマサル“君と私の世界を変える大阪城野音ワンマン”の開催決定を記念して、
君と私の世界を変える公開収録(MINI LIVE & TALK)を、OSM 大阪スクールオブミュージック専門学校にて開催!
ぜひお越しください!

【イベント詳細】
ROAD to 大阪城野音!『RADIO∞INFINITY』 公開収録
●開催日時:2024年6月8日(土)18:30~
●イベント時間:約60分を予定
●場所:OSM 大阪スクールオブミュージック専門学校
●ゲスト:カネヨリマサル
●DJ:ハタノユウスケ
●詳細&ご応募は:こちらから

Facebook

ページトップへ