がーまるちょば五輪開会式「ピクトグラム」の舞台裏を語る

が~まるちょば

東京オリンピックの開幕式で視聴者の目を釘付けにした「ピクトグラム50個パフォーマンス」。国立競技場でのライブとVTRを織り交ぜて構成したあの演出を担当したマイム・アーティスト・が~まるちょばがRKBラジオ『櫻井浩二インサイト』に出演し、舞台裏を語った。

櫻井浩二アナウンサー(以下、櫻井):東京オリンピックの開会式を振り返って、私にとってはなんだかんだで一番印象に残っているのが、あのピクトグラムのパフォーマンスです。

が~まるちょば:ありがとうございます。

櫻井:あのパフォーマンスには3人がいましたが、中心で再現していたのが、が~まるちょばさん?

が~まるちょば:実は違います。結構、世間の人たちはメインのピクトグラムがが~まるちょばだと思っているみたいですが、僕はもともとクリエイターとしては参加していたんですけれど、当初は出演の予定がありませんでした。結果的にはカメラマンとして参加しています。

櫻井:映像を映していたのがが~まるちょばさん?

が~まるちょば:そうです。開会式が有観客になるか無観客になるか直前まで分からなかったので、あのパフォーマンスは360度、どの位置からみても面白く観られることを意識して作りました。だから、舞台上にはメインのピクトグラムと黒子役の白いピクトグラム、そしてそれを撮影するカメラマンのピクトグラムと、要はパフォーマー3人だけの世界で全部やろうということで。作品を構成していく過程で僕は「カメラを構えてこんなふうに撮ったらこんなふうにできるよね」みたいな感じで作っていたんですが、その撮影をオリンピック公式のカメラマンにお願いするわけにもいかず「僕がやるしかない」ということで。

櫻井:たしかに、あのカメラワークやカメラアングルもかなり計算されてましたよね?

が~まるちょば:いやもうね、はい、そうです。結構大変だったんです。与えられた5分間で50のピクトグラムを再現する、しかもお客さんが楽しく見られるように構成するのに、どうやって表現するかいろいろ考えました。結局、3か所に事前に収録した映像があるんです。

櫻井:ありました。指でこうスイミングしたりとか。

が~まるちょば:あと馬のシリーズと、柔道の道着を着ているシリーズが収録でした。競技場では、VTRが流れている間に、次の表現のための準備がされているんです。かなりワチャワチャしていて、それを(競技場で)見ていても面白いように作っいるので、現場にいたアスリートたちにも楽しんでもらえたかなと。ちなみに、ピクトグラムって1人しか出てこないものと、2人で表現するプログラムがあるんですけど、そのときは3人ともパフォーマンスしなきゃいけないということで、僕はそのときだけカメラを三脚に据えて演技に加わっています。

櫻井:どれぐらいかかりました、あれ考えるのに?

が~まるちょば:お話をいただいたのは、今年の2月ぐらいです。もちろん、毎日練習したとか毎日考えたというわけではありませんが、緊急事態宣言もあって予定の稽古ができなくなる状況に陥りました。結局、国立競技場に入ったのは2週間前ぐらいで、舞台に立てたのは4回か5回くらいです。いくつかあった表現の候補のうち、どれを選ぶかは前日まで悩みました。

櫻井:あれが完成形で、最後の形だったんですね。

が~まるちょば:ライブでやるものですから、事故も起こりやすい。映像が途中で途切れることもあるから、すべて事前に収録した映像で済ませることもできたわけです。だけど、事故が起きたとしても、その場でライブでやっている面白さをオリンピック委員会の方の理解もあって、あの5分間が実現できました。

櫻井:バドミントンのところでちょっとミスしてしまいましたけど、あれもライブならではのことだということなんですよね?

が~まるちょば:櫻井さんはミスって言いましたけれど、あれがミスかどうかは分からないですよね?

櫻井:なるほど(笑)

が~まるちょば:あれもパフォーマンスの一つだとしたら、どうでしょう。でもそれはライブだから、見た人が感じてくれる。これをこうでしたって言っちゃうから、結局つまらないものにもなってしまうので。僕の仕事はパントマイムなので、最良の形でお客さんに届けるのはやっぱり映像ではなく舞台なんですね。

櫻井浩二インサイト
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
出演者:櫻井浩二、高橋早紀、が~まるちょば
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

※放送情報は変更となる場合があります。

「すべてをデジタル化しようとする人は嫌い」Instagramを日本に広めた長瀬次英が考える“デジタル戦略”とは?

笹川友里がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「DIGITAL VORN Future Pix」。この番組では、デジタルシーンのフロントランナーをゲストに迎え、私たちを待ち受ける未来の社会について話を伺っていきます。1月15日(土)の放送は、株式会社Wellness Me CEOの長瀬次英(ながせ・つぐひで)さんをゲストに迎え、お届けしました。


(左から)長瀬次英さん、笹川友里


長瀬さんは、通信事業会社、外資広告代理店などを経てFacebook Japanに参画。2014年にInstagramの初代日本事業代表責任者に就任し、日本におけるInstagramの収益モデルを確立。その後、ロレアル日本法人で初代CDO(最高デジタル責任者)に就任し、「CDO of the Year 2017」を受賞。

その後、エンターテインメント会社LDH JAPANの執行役員兼CDOなどを務め、2019年には自身の会社を中心にパラレルキャリア&ワーキングを遂行し、2021年にウエルネス事業の会社、株式会社Wellness MEを共同代表で設立。同時に、TOKYO FMのチーフデジタルプロデューサーも務めています。

◆Instagramを日本に広めるために…

日本でInstagramをローンチした際に、責任者として手腕を発揮した長瀬さん。「まずは多くの人に使ってもらうためにも、入念に戦略を立てた」と振り返ります。Instagramはテキストよりも写真や動画など視覚的・直感的にアピールするコンテンツが中心とあって、「写真(を撮るの)がうまい人を先に取り込んだほうがいいので、写真家やモデル、ブランドなど、きれいな写真を持っている人たちを巻き込んで、Instagramのプラットフォームに上げてもらいました」と、初期段階の取り組みを説明。

さらには、普段は見ることのできない著名人のプライベートを切り取った写真を投稿してもらうことで、より多くの人の関心を引くだけではなく、いわゆる“映える”写真がおのずと蓄積していくことによって、「それがプラットフォームの質を維持するための素敵な抑止力となった。ただ、それだけでは広がりが薄いので、誰が撮ってもそれなりの写真に見えるようにフィルター機能を付けたりと、順序立ててやっていった」と回顧。そんな戦略もあって、1年間でおよそ1,100万人のユーザーを獲得しました。

◆デジタル戦略で重要なのは「アナログな部分」

華々しい経歴を経て、2021年にはチーフデジタルプロデューサーとしてTOKYO FMに参画。デジタル戦略を推進していくうえで、「本当に重要なのは“アナログ”な部分」と言います。「変えてはいけない部分をいかに守って、それをいかに伸ばすかがデジタルの役目。すべてをデジタル化しようとする人がものすごく多いんですけど、僕はそれがすごく嫌い。だからTOKYO FMも、ラジオのいいところだけを残して、その良さをもっと広くするのが僕のやり方」と解説します。

長瀬さんいわく、デジタル化していくにあたり「最初にやったのは“教育”。そのなかでも、マナーや受け答え。デジタルの世界だからこそ、どうやったらもっと温かく接することができるのか。そうすることで何が起きるかというと、個人情報が取りやすくなるんです。(アンケートなどを取るにも)実は会話が重要な接点なので、美容部員をやめてiPadで全部対応しましょう、というのはありえないし、面白くない」と持論を展開します。

あくまでもデジタルは、アナログな部分や人間味、温度感を活かすためであって「所詮、人と人とのやり取りや駆け引きでビジネスが成り立っているので、そこをどう活かすかが注目ポイントだと思う」と自身の見解を示しました。

◆仕事で大事にしているのは“人間力”

昨年には、元テレビ東京アナウンサーの森本智子(もりもと・ともこ)さんと共同でWellness MEを設立した長瀬さん。これについては、“健康ビジネス”がこれから盛り上がるのを見越してのことだと明かします。「コロナ禍において、みんな自分に向き合う時間や生き方を考える時間が増えた。そのなかで、時間の使い方、自分のエネルギーの使い方などがすごく追及されていくだろう」と予見します。

また、「自分の生き方は幸せであるべきだし、時間もお金も人も自分のために使うべき。だから、“どのようにして豊かにしていくか”の提言とアイデア、それを実現させるものを提供していくと、人々はもっと自分のために幸せに生きていけるんじゃないか、というのをテーマとしてつくった会社」と思いを語ります。

「“これからは楽しく美しく健やかに、健康と幸せを自分のために使っていく時代だ”というのをテーマとして掲げているので、肌がきれいになるクリームやコスメ、リラックスするようなサービス、もっと自分の体と見つめ合うプログラムや教育などの方面にも手を伸ばしていけたら」と展望を語ります。

また、仕事をするうえで重要だと思っていることは、“誰からも好かれるような人間力”と長瀬さん。数多くの業務を抱えていることもあって、ときにはダブルブッキングをしてしまうことがあるそうですが、「『しょうがないな、長瀬さん』と許してくれて、好きでいてくれるような人間力がすごく大事だと感じる。 “語学が堪能”“高学歴”といったスキルやバックボーンよりも、キャラが良ければ話が進みやすい」と語っていました。

次回1月22日(土)の放送は、後払い決済サービスPaidy 副社長 執行役員・橋本知周(はしもと・ともひろ)さんをゲストに迎え、お届けします。Paidyのサービスについてや“世界から見た日本の決済サービスの展望”など、貴重な話が聴けるかも!? どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年1月23日(日) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:DIGITAL VORN Future Pix
放送日時:毎週土曜 20:00~20:30
パーソナリティ:笹川友里
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/podcasts/futurepix/

Facebook

ページトップへ