“オール九州”で作った内山田洋とクール・ファイブ「東京砂漠」

音楽プロデューサー・松尾潔氏

「長崎は今日も雨だった」でデビューし、昭和ムード歌謡のトップを走り続けた内山田洋とクール・ファイブ。その代表曲「東京砂漠」の誕生秘話をRKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』に出演した音楽プロデューサー・松尾潔さんが明かした。

メンバー全員が九州出身のグループ

内山田洋とクール・ファイブは昭和のムード歌謡史の頂点の一つかと思います。特にリードシンガーの前川清さんは、今でも大人気。九州が生んだスーパースターの一人です。僕は子供の頃「歌っているのが内山田洋じゃないんだ!」って気づいたときのショックは大きかった。それから「一番偉い人の名前なんだ」って認識に改めたんですが、実際に内山田さんを中心に作られたのがクール・ファイブで、そのリーダーの内山田洋さんは、1936(昭和11)年6月6日生まれで、ご存命であれば86歳だったんですが、2006年に70歳でこの世を去りました。

内山田さんは、福岡県柳川市の出身で、伝習館高校という伝統校を卒業しました。ギターが大変お上手な方で、私もコンサートで何度か見たことがあるんです。本当にジャズの素養の高くて、ギターソロはかっこいい。テレビでちょっと1曲だけやる、というのとは違う、奥行きを感じさせるようなミュージシャンでしたね。しかもリーダーシップが強かったという話も聞いています。

クール・ファイブはメンバー全員が九州の出身で、もともと長崎のキャバレーで営業していたグループなんですね。前川清さんは佐世保で歌っていたんですが、クール・ファイブのメンバーの小林さんがスカウトして、リードボーカルに収まることで、1969(昭和44)年に「長崎は今日も雨だった」でメジャーデビュー、いきなりヒットして、その年のレコード大賞新人賞を取り、『紅白歌合戦』にも出ました。その人気は前川清さん集中していくんですが、グループ内では内山田さんがプロデューサー的な役割も強くこなしていました。

桑田佳祐もお気に入り一曲「東京砂漠」

今回紹介したいのは「東京砂漠」です。これは内山田洋さん自らの作曲。建設会社のCMソングとして1980~90年代によく流れていましたが、ヒットしたのは1976(昭和51)年のことでした。

この曲を好きな人の中に、桑田佳祐さんがいます。桑田さんが「ひとり紅白」という企画をやったことがありますが、あのときクール・ファイブのメンバー全員の役を1人でして「東京砂漠」を演奏した動画がいまも残っています。「東京砂漠」は本当によくできている曲で、特に九州の方には沁みるんじゃないかなと思います。というのも、作詞を手がけたのは、北九州市若松区出身の吉田旺さんなんです。ちあきなおみさんの「喝采」の詞を書いた方です。

吉田旺の個人的体験が生んだ「東京砂漠」

吉田さんは元々画家を目指して、東京の多摩美術大学に進学したものの、その夢は叶わずに、広告代理店でデザインの仕事をしていたそうです。本人の弁によると「東京に出てきたけれど、画家になる道は遠い」と挫折を味わっていたころ、新宿の歌舞伎町で夜、タクシーを待っていたら、北九州で親しくしていた、昔の恋人というか、マドンナといった存在の人と、ばったり顔を合わせたんですって。ところが、かつての自分の理想の女性が、まるで昔の輝きを失っていて、吉田さんと目が合うとササッと、身を隠したそうです。そこで吉田さんはどう思ったかというと「東京ってつらいな」って。

「東京で夢を叶えることはつらいな」というのと同時に「東京は人を変えてしまうのかな」と考えていると、なんだか心が乾いた感じになって、それを「東京砂漠」という言葉に込めたということなんです。ちなみに「東京砂漠」という言葉は、吉田さんが作った言葉ではなく、東京オリンピックがあった1964年に、オリンピック開催が危ぶまれるぐらい、東京にずっと雨が降らず、その時に「東京砂漠という言葉ができたそうです。それから12年ぐらい経って、吉田旺さんの頭の中に、「これぞ東京砂漠じゃないか」と。

それを「長崎は今日も雨だった」という“雨男集団”のイメージが強いクール・ファイブに当てるというね。これは僕に言わせると「プロの作詞家が仕掛けた大回収劇」でもあるし「その歌詞に見合う粘りっこいサビを作った内山田洋あっぱれ」という、奇跡的なトライアングル。もちろんトライアングルの残りの一辺は前川清さんのボーカル、クール・ファイブのハーモニーですね。

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

田畑竜介 Grooooow Up
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

※放送情報は変更となる場合があります。

フワちゃん、『THE W』1回戦落ち後に事務局に電話を掛けた過去「あたしプライド高いんだって」

11月21日(月)深夜、フワちゃんがパーソナリティを務めるラジオ番組「フワちゃんのオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週月曜27時~)が放送。フワちゃんが『女芸人No.1決定戦 THE W』に出場していた頃の話を、元同居人のピン芸人・YouTuberの岡田康太が明かした。

フワちゃん

今回はゲストに、フワちゃんの親友であるお笑いトリオ・トンツカタンの森本晋太郎と岡田を迎え、フワちゃんが岡田の家に居候していた2017年頃の話を展開。ピン芸人として活動していたフワちゃんが『THE W』に出場したときのことについて、岡田が語った。

そのときのフワちゃんは、意気込んで出場したものの1回戦で敗退。その後、ある理由で事務局へ電話を掛けたという。

岡田:フワちゃんが居候してるとき、まだネタをやってたんですよ。

フワちゃん:そうだね、ピンネタやってたんだよ。

森本:『THE W』とか出てたとき?

フワちゃん:1回戦落ちの『THE W』だ(笑)

岡田:あったあった(笑) なんか、1回戦落ちの『THE W』のとき、事務局に電話してなかったっけ?

フワちゃん:あれ、何でだっけ? 何かあったよね?

岡田:『THE W』で、(スタッフからカメラを向けられ)「今から予選ですけど意気込みどうぞ」みたいな感じで言われて。元気な感じで、「絶対優勝しまーす!」みたいな明るい感じで言って、落ちたから、そのVTRが恥ずかしすぎて、電話掛けて、「あのVTR、ちょっと消してもらっていいですか?」って(笑)

フワちゃん:(笑)

森本:誰も観てねーよ(笑)

岡田:「あのVTR、恥ずかしくて……」って。

森本:いいじゃん、それで落ちた方が面白いでしょ、芸人的には。

フワちゃん:よく覚えてるね……(笑)

森本:何、隠滅しようとしてんの?

フワちゃん:いや、だから、あたしプライド高いんだって。

森本:(笑)

岡田:めっちゃプライド高かったな(笑)

岡田康太を抱える?トンツカタン・森本晋太郎とフワちゃん

1回戦で敗退したことによって事前に撮ったVTRが恥ずかしくなり、隠滅しようとしたというフワちゃん。プライドの高さは今も昔も変わっていないとのことで、「笑われるのはいや、笑わせたい」と自身のこだわりを語っていた。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ