西太平洋の島国・パラオをめぐる国と沖縄県の“微妙な”協調

飯田和郎・元RKB解説委員長

自民党国会議員と旧統一教会との接点をめぐる問題、イギリスのエリザベス女王の死去、沖縄県知事選…。この1週間、大きなニュースが続いた中で、大きく報じられなかった、パラオ共和国大統領の日本訪問。RKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』に出演した飯田和郎・元RKB解説委員長は、この訪問から岸田政権の沖縄、さらには中国を念頭に置いた対応が見えると話す。
 

中国を念頭に関係強化

パラオは、日本から南へ3000キロの西太平洋に浮かぶ大小200の島から成る。総面積は500平方キロメートル弱。鹿児島県の屋久島とほぼ同じ。総人口は1万8000人という、小さな国だ。パラオのウィップス大統領は、岸田首相と9月9日に首脳会談を行ったほか、天皇・皇后両陛下は大統領夫妻と会見された。

岸田首相との会談で両首脳は、海洋進出を強化する中国を念頭に「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けて、関係強化を確認。共同声明を発表した。また岸田首相は、パラオの送電システム整備のため、21億円を上限とする無償資金協力も表明した。

岸田首相はパラオの海上保安能力の向上を、支援していくことも約束している。今年7月、海上自衛隊の護衛艦「きりさめ」がパラオに寄港し、パラオの巡視船と訓練も行った。これも海に囲まれた国同士、海洋進出を強める中国を視野に入れた協力だ。

太平洋戦争の激戦地

パラオは第一次大戦後、日本の委任統治領になった。委任統治とは、国際連盟からの委任によって、ある国が敗戦国の植民地や領土に対して行なった統治のシステム。日本は第一次大戦までドイツ領だった南洋群島を、敗戦まで委任統治した。

委任統治によって、多くの日本人がパラオへ移住した。子供のころに日本語教育を受けたパラオのお年寄りには現在も、日本語を話す方がいる。日本の童謡を上手に歌ってみせる高齢者も健在だ。

そのパラオは、第二次大戦中、日本軍とアメリカ軍との激戦地だった。日本兵約1万人がこのパラオで戦死した。このこともあって、天皇陛下は会見したウィップス大統領に、こう述べられている。

「厳しい戦禍を体験したにもかかわらず、戦後、慰霊碑や墓地の清掃、遺骨の収集に尽力されてきたことに対し、大統領とパラオの人々に心から感謝します」

ご両親にあたる上皇ご夫妻は2015年、天皇・皇后両陛下としてパラオを訪れ、かつての激戦地において、戦禍に倒れた日本兵を慰霊された。旧日本軍の戦闘機の残骸が、浅瀬や海底に眠ったままだ。

中国が国民のパラオ観光を制限

そのパラオは、近年ではリゾート地というイメージが強い。特に、ダイビングで人気がある。観光はパラオ経済の柱だ。ピークだった2015年には年間16万人が海外から訪れていたが、いくつかの要因によって、ダメージを受けた。

中でも、中国政府は政策的に、中国国民のパラオ観光を制限した。パラオは、中国とではなく、台湾と外交関係を持っている。台湾が外交関係を維持する国は現在、パラオを含めて世界で14か国しかない。私は2003年にパラオで取材したことがある。ワシントンのホワイトハウスによく似た立派な国会議事堂があり、その左右に裁判所と大統領府が建設中だった。驚くことに庁舎建築の総事業費のほぼ9割を台湾が貸与していた。パラオをつなぎ留めるため、台湾が用意したわけだ。

中国はパラオに対し、台湾と断交し、中国と国交を結ぶように仕掛けている。パラオは、中国人にとっても人気の渡航先だったが、パラオが頼りだった中国人観光客の渡航を制限することで、中国はパラオにゆさぶりをかけるわけだ。

さらに追い打ちをかけたのが新型コロナウイルスの影響。2020年の観光客数は、ピーク時の9分の1、1万8000人まで減少した。今も回復していない。世界銀行によると、2020年の経済成長率はマイナス9.7%。それだけに、日本への支援を求める。

パラオ大統領の日本訪問に関していうと、ランチも含めた首脳会談や天皇・皇后との会見など、日本政府はかなり厚遇したように思える。援助も約束した。中国からすれば、それは、「日本による台湾への側面支援」にも思える。面白くないだろう。
 

首脳会談で沖縄県民の民意を意識した岸田政権

戦前の話に戻る。「日本が委任統治していたころ、多くの日本人が移住した」と説明したが、その日本人の半分以上、1万3000人が沖縄からだった。沖縄とパラオの関係は今日に至る。

沖縄県とパラオは先月8月26日、双方の友好関係の強化を盛り込んだ覚書を結んだ。今後は双方が持つ技術や人材、資源などを活用していくという。日本の自治体が外国の国家とこのような覚書を結ぶのは珍しい。そこからは、沖縄県の思惑が見えてくる。

パラオ政府は、2020年から資源保護を目的に、自国の排他的経済水域(EEZ)のうち、80%の海域を禁漁区にした。残り20%は、パラオの漁船と、協定を結んだ外国籍の漁船に限って操業を認めている。その20%の海域で、日本で唯一、操業が認められているのが、沖縄県のマグロはえ縄船だ。

県が結んだ覚書の大きな目的の一つが、パラオのEEZ内でのマグロ漁。沖縄の漁業者にとってこれは死活問題だ。さまざまな交流を通じて、EEZ内でのマグロ漁を維持していく狙いだろう。

日本政府は、沖縄の漁業者がパラオのEEZで操業できていることをどうみているだろうか。外務省のホームページに、9日の首脳会談の紹介の中で、このような記述がある。

「両首脳は、パラオ水域における日本漁船の安定操業の継続に向け、引き続き緊密に連携していくことを確認しました」

パラオの海で操業しているのは、沖縄の漁業者だけ。つまり、沖縄のマグロ漁船の保護を、首相が直接、パラオの大統領に働きかけたわけだ。沖縄県庁の担当部局やマグロ漁船の組合も、今回の首相の働きかけを評価している。

いま、沖縄県では本島だけではなく、先島諸島の島々で、自衛隊の配備計画が急ピッチで進んでいる。軍備増強を図る中国をにらんで、中国が仕掛けるかもしれない台湾侵攻や、さらなる海洋進出に備えるためだ。

ここからは、頭の体操。政府としては、安全保障戦略においては地元・沖縄の理解が欠かせない。そのためにも、パラオ大統領を丁重にもてなしたり、マグロ漁の保護を要請したりする。これら動きは、国に対する沖縄県の、沖縄県民の民意を意識しているのではないか。

パラオ大統領との首脳会談は、11日の沖縄県知事選の直前だった。選挙は岸田政権が望む結果とならなかったが、無関係ではないように思える。そして、その視線の先には、中国をにらんだ安全保障戦略がある――。そういう気がしてならない。

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

飯田和郎(いいだ・かずお) 1960年生まれ。毎日新聞社で記者生活をスタートし佐賀、福岡両県での勤務を経て外信部へ。北京に計2回7年間、台北に3年間、特派員として駐在した。RKB毎日放送移籍後は報道局長、解説委員長などを歴任した。

田畑竜介 Grooooow Up
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
出演者:田畑竜介、田中みずき、飯田和郎
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

※放送情報は変更となる場合があります。

水樹奈々、シンフォギアライブでの裏話を披露!〜11月27日「水樹奈々 スマイルギャング」

 

文化放送地上波で毎週日曜日23:30〜24:00に放送中「水樹奈々 スマイルギャング」

今回の放送回では11月20日(日)にベルーナドームにて開催された「シンフォギアライブ2020→2022」について語った。
今回のライブは、本来は2020年に開催が予定されていたものの、感染症の影響を考慮し延期されており、約2年の時を経て遂に開催となったものだった。

水樹「先日無事に開催してきましたよ〜!」
福圓「お疲れ様でした!」
水樹「生憎の雨で本当に寒い中の開催になったんですけど、最後まで思いっきり盛り上がって下さってありがとうございました。
あのね!私たちも舞台上での衣装が薄着で歌ってる時の吐く息が白いの。」
福圓「え?舞台上でですか?」
水樹「そう!もう寒くて寒くて!」
福圓「照明もあってそれは相当凄いですね…。」
水樹「もう寒過ぎる!芯から冷えた!ベルーナドームは有難いことに何度も歌わせていただいているんですけど、いつも私が立たせていただくのは7、8、9月の夏場なんですよ。」
福圓「本当だ。」
水樹「初めて11月の半ば過ぎで、こんなにも寒いのか!って思いました。前日のゲネ(最終リハーサル)をさせていただいた時は晴れてたからまだひんやりするな、くらいだったんだけど、一気に気温が下がって。私トップバッターだったから、まず水樹奈々としてゲームの主題歌や挿入歌を歌わせてもらったんだけど、体はキンキンなわけよ(笑)しかも、前日もすごい大渋滞してて、都心から車で2時間くらいかかって。」
福圓「あら、かかりましたね。」
水樹「遅れちゃうと半野外ってこともあって音止めの時間があるから「もう楽屋に行かずにこのまま舞台袖に車を横付けしてください!はい、このままテントに入って早替えして、マイク持って、歌って!」って言われて「え?!はい!METANOIA!」みたいな。」
福圓「流石すぎる(笑)」
水樹「だからもう体がビックリしちゃって(笑)」
福圓「全然準備ができずに。」
水樹「声出しもできないし、大渋滞でずっと座って固まったままでアップもできずに、来て着替えてスタジアムダッシュよ。当日もすごい混んでやっぱり2時間くらいかかったの。ついてメイクして着替えてもう出番で。しかも、METANOIAからのFIRE SCREAMからのFINAL COMMANDERよ。」
福圓「カロリー激高!」
水樹「普段最後の方に歌うやつを3連続よ!本当にまた修行をさせていただいたな、と思いましたね。」

とコメント。
「段取りが多くて、 みんなと1回しか合わせてないから緊張したけど楽しかった!」と当日の様子を興奮気味に語った水樹。
天候や渋滞のアクシデントはあったものの、1人のライブとはまた違ったチームの良さがあるライブになったと語った。

「水樹奈々 スマイルギャング」11月27日放送分はradikoのタイムフリーにて放送から一週間視聴可能。
https://radiko.jp/#!/ts/QRR/20221127233000

Facebook

ページトップへ