6月はLGBTQプライドマンス~男性カップルとのシェアハウス生活から考える

6月は世界各国でLGBTQへの理解を深め、権利を啓発する「プライドマンス」だ。性的マイノリティに対して、世界で最も理解が進む地域の一つアメリカ・カリフォルニア州で暮らす、スタンフォード大学客員研究員の尾川真一さんにRKBラジオ『立川生志 金サイト』で話を聞いた。

行政も企業も大々的に支援

サンフランシスコには、カストロストリートというLGBTQの方々が集まる通りがあります。プライドマンスに合わせ、6月は毎週大規模なイベントが行われています。

行政や企業も大々的にプライドマンスを支援しています。例えば、カリフォルニア州の州都サクラメントの庁舎には、運動の象徴でもある虹色の旗が国旗や州旗とともに掲げられています。

サクラメント州庁舎のレインボーフラッグ

メジャーリーグ、サンフランシスコジャイアンツの試合会場では、虹色の旗に加え、トランスジェンダーの旗が掲げられていたほか、ジャイアンツのロゴは虹色仕様になっていました。このほかにも、SNSなどで企業のアイコンが虹色になっているのを見かけます。

男性用トイレにも生理用品

日本では最近、新宿のジェンダーレストイレが話題になっていたと思いますが、私の住む地域では、空港や大学などいたるところにジェンダーレストイレがあります。すべてが新しく設置されたわけではなく、元々は男子トイレ、女子トイレと分かれていたものを改装してジェンダーレストイレにしている場所もあります。

中はすべて個室になっているのですが、その扉を開けると男性用の小便器がそのまま設置されていて驚きました。

当然、街のすべてのトイレがジェンダーレスになっているわけではなく、男女で分かれている場所もたくさんあります。ただ、男子トイレにも、トランスジェンダーの方向けに無料の生理用品が設置されている場所があります。

男性カップルとの共同生活

現在、私はバイセクシャルの男性カップルと一緒にシェアハウスで生活しています。2人とも、女性とも交際経験があり、現在は男性同士で交際しています。傍から見ると、仲の良い親友同士のように見えるかもしれません。

とてもオープンで“バイセクシャルジョーク”も言ったりします。私が車で道案内をしているときに、「次の信号を直進で」というと、「ごめん無理だ。バイセクシャルはストレートじゃないから真っ直ぐには行けない」といった具合です。お互いに、好きなタイプの話もしています。「トランスジェンダーのことの人を好きになったことある?」みたいな会話もしていました。

ただ、彼らはもともとアメリカの東海岸の出身で、カリフォルニアに引っ越すまでは自分がバイセクシャルだということを、家族や友人にカミングアウトしていなかったそうです。一方、西海岸のカリフォルニア州はとても理解が進んでいる場所で、すでに生活に溶け込んでいます。

象徴的な例として、ワイフ(妻)やハズバンド(夫)といった単語はあまり使いません。代わりにパートナーという単語を使います。「奥さんは? 旦那さんは?」「彼氏、彼女いますか?」とは聞かずに「パートナーはいますか?」と尋ねる感じです。

もしそこで女性が「ワイフがいる」と答えたら、「あ、女性が好きな方なんだ」と分かります。大々的なカミングアウトというよりは、こうした何気ない会話の中で「気づく」ことが多いと思います。

しかし、アメリカ全体で見れば、最高裁の判例を受けて、ようやく昨年12月に同性婚が法制化されたぐらいなので、まだまだ理解には時間がかかると思います。

日本語の「~さん」はとても便利

最近、SNSなどで自分の名前の後ろに(he/him)や(she/her)をつけている人を見かけたことがあるかもしれません。これは、自分の性自認を示すものです。つまり、he(彼)と呼んでほしいか、she(彼女)と呼んでほしいかを意思表示しています。これは、LGBTQの人に限らず、ビジネスシーンなどでも多く見られます。

この点、日本語の「~さん」という表現は、性別に関係なく使えるのでとても便利です。英語ではMr./Ms.をつけるのが通常ですが、Mr.Ogawa ではなく、Ogawa-sanとすれば、相手の性別や性自認を気にする必要がなくなるので、広まればよいなと思っています。

スタンフォード大学客員研究員・尾川真一さん
立川生志 金サイト
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週金曜 6時30分~10時00分
出演者:立川生志、田中みずき、尾川真一
番組ホームページ
公式X

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

日米同盟に「空白の3カ月」 『もしトラ』に日本は対応できるのか?

723日の「おはよう寺ちゃん」(文化放送)では、火曜コメンテーターで上武大学教授の田中秀臣氏番組パーソナリティーの寺島尚正アナウンサーが、バイデン大統領の大統領選撤退表明日米同盟を巡る協力ついて意見を交わした。

『もしトラ政権』とコミュニケーションを取れる人が日本の政治の中枢にいて欲しい

アメリカのバイデン大統領が11月の大統領選からの撤退を表明したのを受け、日米同盟を巡る協力に隙が生まれる懸念が出てきた。後任が決まるまでの3カ月間も現職大統領として外交日程が続く。 

日本は大統領選挙で民主党のバイデン氏、共和党のトランプ氏のいずれかが勝利しても対応できるように準備してきた。 

2023年に外務次官候補だった山田重夫氏を駐米大使に起用している。トランプ前政権時代にNSS(国家安全保障局審議官として築いたパイプを評価した。首相自ら主導して人事を決めた。 

2024年4月には自民党・麻生太郎副総裁がトランプ氏本人とアメリカ・ニューヨークで面会をしている。岸田首相の防衛費の増額などを説明し、同盟国に負担を求めてきたトランプ氏に理解を求めた。 

民主・共和、両にらみで対策を進めていたものの、再選に意欲を示し続けていたバイデン大統領が民主党候補として正式指名される直前に撤退を表明したことが誤算だった。 

(寺島アナ)日本はトランプ氏とバイデン氏、どちらの勝利にも対応していた、ということですが。これは田中さん、どうご覧になりますか?」

(田中氏)それは正しいやり方だと思うんですけど、『もしトラ(もしもトランプ氏が再び大統領になったら)』と考えるとリスクの方が個人的には大きい気がします。仮にハリス副大統領が次の大統領になったら、バイデン政権の延長上ですから不確実性が低いと思うんですけど、トランプさんが戻ってきて今の公約をベースにしたら、たとえば経済政策だけ見ても日本の為替レートに対する圧力をかけてくる可能性もあるし。関税を引き上げると言ってますから、それに対する個別交渉が必要になってくると思いますアメリカがトランプ政権になったら、一方ではアメリカ国民のためにお金を扱うけど、他方で安全保障面を含めて予算カットみたいなことをやりますから、さらに防衛費増額を日本に求めてくる。さらに台湾有事の悪化に結び付くような話も出てきたら嫌だな、と思います

田中氏は『もしトラ』になったとき、日本の対応について考える。 

(田中氏)その時に日本側に『もしトラ政権』とコミュニケーションを取れる人が政治の中枢にいて欲しいですよね。それが麻生さんなのかというと“そうなのかな?”という気もしますし、安倍元首相のようなリーダーシップを取れる政治家がいて欲しいですよね。個人的な推しメンは高市早苗さんかな?って思います。彼女であれば交渉力もあるんじゃないか?”と思います野党のなかでも人材はいるかも?と思いますけど、いま経済政策が踏み絵になっているんです。利上げする人は、いま総理大臣になっちゃいけない人ですよね。河野太郎デジタル大臣、茂木敏充自民党幹事長はそろって利上げ発言をしたので絶対にいま総理大臣になっちゃいけないですよ

田中氏は、石破茂氏の現在の動きを注意深く見ている 

(田中氏)私の個人的見解ですよ?怪しい動きをしている石破茂さんは体質的に利上げ発言をしそうですけど、してないですよね?これは恐らく、菅義偉さんあたりと最近近づいているので“不用意な経済政策発言するな”と釘を刺されている気がします」

(寺島アナ)菅さんはその辺りは分かっているんですかね? 

(田中氏)分かっていると思います。今のタイミングで利上げは絶対にあり得ないですから。菅さんは株価が上がるのが大好きなんですよ。雇用も心配してると思いますけど、それ以上に株価が上がるのが大好きですから、利上げ発言なんかしたら株価が下がるから釘を刺している可能性はある

〈出典〉 

日米同盟に「空白の3カ月」 | 日本経済新聞 (https://www.nikkei.com/) 

Facebook

ページトップへ