【まとめ】学生三大駅伝2018の見どころ 実況中継をラジオで聴こう!

今年も学生三大駅伝の季節がやってきました。

文化放送では、出雲駅伝・全日本大学駅伝・箱根駅伝の全てを実況中継! また、ZIP-FMは全日本大学駅伝、ラジオ日本では箱根駅伝の中継番組をお届けしますよ! どうぞお聴き逃しなく。

 

学生三大駅伝とは?

  • 出雲駅伝(出雲全日本大学選抜駅伝競走)とは
  • 全日本大学駅伝(全日本大学駅伝対校選手権記念大会)とは
  • 箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)とは

特設サイトもオープン!

ラジコで駅伝を応援しよう!

学生三大駅伝とは?

大学生が出場する出雲駅伝、全日本大学駅伝、箱根駅伝を総称して「学生三大駅伝」と呼ばれています。

出雲駅伝(出雲全日本大学選抜駅伝競走)とは

駅伝シーズンの幕開けを飾る本大会は、三大駅伝の中でもっとも距離が短く、45.1㎞を争う「スピード駅伝」。箱根駅伝に向けての重要な位置づけの駅伝なのです。

2018年10月8日(月・祝)に行われた「出雲駅伝」では、学生駅伝の王者・青山学院大学が12秒差で東洋大学に勝利! 事前に行われた記者会見では、青山学院大学・原晋監督が今年の作戦名を発表し、「出雲駅伝4度目Vを6区間で決める。ポイントは4区。9度目の出場で果たしたい。“ヨロシク(4649)大作戦”です」と意気込んでいました。

▼出雲駅伝について詳細はこちら
https://news.radiko.jp/article/edit/8949/

全日本大学駅伝(全日本大学駅伝対校選手権記念大会)とは

全国の大学が出場でき、真の「日本一」を決定する駅伝。毎年11月第1日曜日に開催され、名古屋・熱田神宮~三重・伊勢神宮8区間の106.8kmで競い合う大会です。

前半に小刻みなアップダウン、後半は比較的平坦なコース、区間ごとに持久力のある選手やスピードのある選手など、幅広い選手層が求められます。 記念すべき50回目の開催となる今年から、各区間距離を大幅に変更。8区間の総距離106.8kmは変わらないのですが、以前までは11.9㎞だった7区が5.8㎞延びて17.6㎞に。1~6区は9.5㎞~12.8㎞と短くなり、8区は変更ありません。この変更によって、繰り上げスタートが減少しレースが高速化するのではないかと言われています。

全く別の大会となる秋の伊勢路に、各校はどう立ち向かうのか? また、昨年20年ぶりの優勝を飾った神奈川大学は、今年も「日本一」の称号を勝ち取ることができるのか、青山学院大学が「史上初、2度目の学生三大駅伝三冠」に王手をかけるのか、要注目です。

▼全日本大学駅伝について詳細はこちら
https://news.radiko.jp/article/edit/9705/

箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)とは

毎年1月2、3日に開催され、お正月の代名詞となっている箱根駅伝。関東の大学しか出場しないにもかかわらず、日本で行われる学生駅伝の中でもっとも話題性があり、学生長距離界最大の駅伝競走です。

関東学生陸上競技連盟の加盟大学の中で、前年の大会でシード権を獲得した10校と、予選会を通過した10校、関東学生連合を加えた合計21チームが出場。

東京・大手町からスタートしクライマックスの「山登り」に至るまで、毎年多くのドラマが生まれてきました。その歴史は長く、今回で95回目を迎えます。

今回は圧倒的な強さを誇る青山学院大学の5連覇を阻止するべく、各校がしのぎを削る模様。

来年のお正月には、どのような感動が待ち受けているのでしょうか。聴き逃せません!

▼箱根駅伝について詳細はこちら
https://news.radiko.jp/article/edit/11305/

特設サイトもオープン!

文化放送では、出雲駅伝の開催に合わせ、学生三大駅伝特設サイト「大学駅伝ラジオ独り占め」がオープン。各レースの見どころなど中継や大会情報満載でお届けします。ぜひ、こちらも合わせてお楽しみください。

▼学生三大駅伝特設サイト「大学駅伝ラジオ独り占め」
http://www.joqr.co.jp/ekiden/

ラジコで駅伝を応援しよう!

ラジコなら、スマートフォンから駅伝の中継を聴くことができます。状況が一望できるので、沿道で応援する際におすすめですよ!

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

蓮舫氏の政治生命は限界? 石丸氏にも不安点…都知事選敗者の今後を読む

7月15日(月) 寺島尚正アナウンサーがパーソナリティを務めるラジオ番組『おはよう寺ちゃん』(文化放送・月曜日~金曜日 午前5時00分~9時00分)が放送。月曜コメンテーターで経済評論家の上念司氏と、都知事選で敗れた蓮舫氏、石丸氏について意見を交わした。

 

今回の結果が蓮舫氏の攻勢限界点では?

東京都知事選で落選した前立憲民主党参院議員の蓮舫氏がSNSで今後の活動について「今は、国政選挙はもう考えていない」と述べ、立候補の考えがないことを明らかにした。投開票からおよそ1週間となったおととい夜、都知事選後では初となる動画配信で、「国政から卒業して、都知事に手を挙げ、すごい景色を見た。120万を超える人が『蓮舫』と書いてくれて、これでまた国政に戻るというのは違う。渡り鳥みたいになる」と述べた。蓮舫氏は都知事選で、立憲や共産党などの支援を受け、およそ128万票を得たが、3位だった。

寺島アナ「上念さん、この表明についてはどうご覧になってますか?」

上念「う~ん、政治生命が終わったかな?みたいに見えちゃうんですけど、どうでしょう。128万票で3位だったので、これが彼女の攻勢限界点になるんじゃないですかね。では何するのか。このまま4年後の都知事選挙を目指すかは分からないですけど、その時はどうなっているんですかね。タレントとしても、若い世代はタレント時代の蓮舫さんを知ってる人はあまりいなくて、40歳ぐらいだともう政治家のイメージみたいですね」

寺島「ああ、もうすでにね」

上念「50代ですよ、蓮舫さんがタレントだったこと覚えてる人は。となるとやっぱなかなかきついですね。歳月人を待たずとはよく言いますね」

一方、東京都知事選で2位に躍進した前広島県安芸高田市長の石丸伸二氏はきのうテレビ番組に出演し、自民党の派閥パーティー収入不記載事件について「一言でいうとダメだが、ダメなことをなかったことにしようとしている自民党が究極的に終わっている」と述べた。その上で、石丸氏なら自民党をどう変えるかと共演者に問われると、「私をトップに据えてくれるなら、自民党に入ってもいい」と述べ、「でも、ないでしょうね」と答えた。

寺島「上念さんは石丸氏の今後について、どうご覧になりますか?」

上念「石丸さんは、ポスター代を踏み倒して裁判で負けてますよね。そういうブーメランになりそうなことは、ちゃんとやってたほうがいいと思います。あの踏み倒し方は、結構ひどいですからね。そういった常識がないような指摘をされてる部分をどうするのかと。自民党を俺が変えてやるみたいな偉そうなことを言うのはいいんですけど、政治家は厳しく見られるので、その辺はどうなのか。そこまで言うなら、じゃあご自身はどうなんですかと言われるので、それも考えて発言してるのかなと、ちょっと心配です」

Facebook

ページトップへ