キスマイ&SixTONESがパーソナリティ!『第46回ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』を聴こう

ニッポン放送では、今年も12月24日(木)正午から25日(金)正午までの24時間、『ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』を生放送。46回目のメインパーソナリティは、Kis-My-Ft2とSixTONESが担当します。どうぞお楽しみに!

『ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』とは?

『ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』は、目の不自由な方が安心して街を歩けるように「音の出る信号機」設置の基金を募るチャリティ・キャンペーンです。「ミュージックソン」という言葉は、「音楽」をかけながら24時間の放送ということからイメージされる「マラソン」を掛け合わせた造語です。

昭和50年(1975年)からスタートしたこの企画は、毎年11月1日から翌年1月31日までの3ヶ月間に渡り、募金キャンペーンを展開。毎年、クリスマス・イブの正午から24時間の生放送が行われ、ニッポン放送にゆかりのある方がメインパーソナリティを務めます。

現在ニッポン放送を含め、全国11局で募金キャンペーンと放送を実施しています。ニッポン放送では銀行振り込みや現金書留、クリック募金、チャリティインターネットオークションなどの募金方法を設けているので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

『ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』公式サイト

※今年度はコロナウィルス感染拡大防止の観点から、期間中のニッポン放送1階玄関での「愛の泉」の設置、ニッポン放送社屋での募金の受付はありません。また、募金いただいた方にお配りしていた「ありがとうステッカー」も配布もありません。

今年のパーソナリティはキスマイ&SixTONES!

毎年豪華なパーソナリティが登場することで話題の『ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』。46回目となる今年は、Kis-My-Ft2とSixTONESがメインパーソナリティを務めます。 Kis-My-Ft2は3年連続3回目、SixTONESは今回が初参加となります。現在Kis-My-Ft2は、毎週土曜19時から『Kis-My-Ft2のオールナイトニッポンPremium』、SixTONESは毎週土曜23時30分から『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』を担当しています。

今年のキャッチフレーズは「とどけ、ニッポンエール」。Kis-My-Ft2とSixTONESだからこそ届けられる応援の力で、ニッポン全体に「心からのエール」を届け、活力をみなぎらせます!

Kis-My-Ft2 コメント

北山宏光
3年連続パーソナリティは35年ぶり、僕と同い年なので縁を感じます。ミュージックソンは「リスナーのみなさんとつながりながら作っていく番組」だと毎回感じています。自分たちが“誰かのためにできること”を肌で感じられるし、自分の興味や、生活の中で少しずつ変わってきたものがあることもすごく感じているので、今年もやらせていただけるのはとても嬉しく思います。Kis-My-Ft2とSixTONESで、どんな化学反応が起きるかも楽しみです。

千賀健永
今年はSixTONESも一緒なので、普段お届けできないような掛け合いもお届けできたらと思います。一番の目的は、目の不自由な方たちのためのよりよい環境を作っていくことなので、たくさんの方々に募金していただけたら嬉しいです。エンディングは毎年プレッシャーでしたが(笑)盲学校の子供たちとは、ボイスメッセージを送り合ったり、すごく楽しい時間を共有させていただいたので、今年も何らかの形で一緒にやれたらいいなと思っています。

宮田俊哉
24時間の生放送は大変なこともありますが、終わった瞬間に「またこの番組に関わりたい」と思う不思議な力がミュージックソンにはあります。それを3年連続でやらせていただけるのは、自分の中でも特別なことです。もし今年選んでいただけなかったら、今年のクリスマスは何して過ごそう、みたいな、自分の中でクリスマスのルーティーンになっています。今年はSixTONESと一緒に、楽しくできたらなと思ってます。

横尾渉
3年目ということで、ニッポン放送のリスナーの皆様に「キスマイが帰ってきたぞ」と思っていただけたら嬉しいです。チャリティ活動は信用が大事だと思っています。今年はキャッシュレス募金が中心になり、より一層信用が大事になると思うので、レギュラーの「オールナイトニッポンPremium」でも一つ一つの言葉を大切にして、皆さんの心に何か届けられたら、それが募金につながってくれたら嬉しいです。

藤ヶ谷太輔
3年連続はとても名誉なことですし、嬉しいという気持ちはもちろんですが、責任感も増えてきて、しっかりとお届けしなきゃいけない、よりパワーアップしたミュージックソンにしなければいけないと使命感も感じています。このご時世で、この時期だからこその、今までとは違った新しいミュージックソンになるのではないかと期待していますし、楽しみたいです。

玉森裕太
3年目のメインパーソナリティ、またクリスマスにここに戻ってくることが出来て、とても嬉しいです。3年連続が35年ぶりということで、とても光栄に思います。3年目ですが僕の中ではまだ全然緊張感が抜けないしドキドキしていますが、今年はSixTONESと一緒に、13人で24時間、クリスマスを盛り上げて駆け抜けていけたらいいなと思います。

二階堂高嗣
あのスタジオに行くと「ただいま」という感じになるので、今年もまたリスナーのみなさんやスタッフのみなさんと24時間をご一緒できることがとても嬉しいです。今年は募金方法が変わりますが、目の不自由な方が過ごしやすい街づくりのためにはみなさんの力が必要です。一つ一つのつながりを大切にして、去年は僕が一番最後にしんみりしちゃった分、今年は笑顔で終わりたいなと思います。

SixTONES コメント

ジェシー
1年目でこんな大きいプロジェクトに、Kis-My-Ft2の皆さんと一緒に参加できることはとても嬉しいです。ありがとうございます。みんな同じところで生きているということ、1秒1秒を大切に生きていくことの大切さを伝えていきたいです。ジャニーズのグループ2組がメインパーソナリティを務めるのは長いミュージックソンの歴史で初めてなので、そういうところも楽しんでいただけたらと思います。

京本大我
ミュージックソンは「とてもハートフルでピースフルな24時間」という印象です。歴代のパーソナリティの方々が素晴らしくてプレッシャーも感じますが、キスマイの皆さんの近くでたくさん学ばせていただきながら、僕たちのカラーもしっかり出せたらいいなと思います。僕たち6人は本当に音楽が大好きで、歌うことはもちろん、ボイパやラップなど、音で色々表現できるメンバーも多いので、そういうことを織り交ぜながら、楽しく、聴いている方々に幸せを与えられたらなと思います。

松村北斗
ミュージックソンはすごく素敵なキャンペーンだと知ってましたし、今年からレギュラーで番組を担当させていただいて周りに「ニッポン放送ファミリーに入ったね」と言っていただくこともあったので、「いつか」という想いは正直ありました。パーソナリティに選んでいただいて、とても名誉なことだと思っています。まだ始動したばかりで責任感や自覚は足りてないのかなと思いますが、本番の日までには必ず、ミュージックソンをやるに値する6人でいることを約束します。

高地優吾
新参者のSixTONESがこんな大役をやっていいのかという不安はありますが、キスマイ兄さんのお力をお借りしつつ、楽しいクリスマスにできたらいいなと思います。学生時代に、点字を打つ勉強をしたことがあって、これを機にもう一回思い出して再チャレンジしようと思っています。今回、ご縁を頂いてミュージックソンに携われることはとても嬉しいです。

森本慎太郎
「オールナイトニッポン」をやらせていただいてまだ1年目でこの大役を頂き、光栄です。キスマイ兄さん方の意見やアドバイスを聞きながら、頑張ってついていきたいです。ミュージックソンは、目の不自由な方々と共同で作り上げていく番組という印象です。自分たちらしく、全身全霊でリスナーの方々に届けていきたいです。よろしくお願いいたします。

田中樹
歴史ある番組を、レギュラーをいただいて1年目の僕たちが大先輩のKis-My-Ft2の皆さんと一緒に担当できること、とても光栄に思います。僕たちの年代や、もっと下の世代の人にもミュージックソンのことを知ってほしいし、共有できる素晴らしさも伝えられたらいいなと思います。24時間しゃべり続けることへの不安はなくて、そんなに長い時間しゃべっていいんですか?と思うくらいですが(笑)この経験が今後の僕たちにとって大きな変化をもたらすと確信しています。

第46回ラジオ・チャリティ・ミュージックソン
放送局:ニッポン放送
放送日時:2020年12月24日 木曜日 12時00分~25日 金曜日 12時00分
出演者:Kis-My-Ft2、SixTONES
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#ミュージックソン」

※放送情報は変更となる場合があります。

キスマイ&SixTONESのレギュラー番組もチェック!

Kis-My-Ft2出演『Kis-My-Ft2のオールナイトニッポンPremium』

Kis-My-Ft2のメンバーがパーソナリティを務める『Kis-My-Ft2のオールナイトニッポンPremium』。2018年度、2019年度の下半期に放送され、リスナーからの復活希望の声を受けて今年度も半年間限定で復活しました。(※ニッポン放送、山形放送、山陰放送、山口放送、四国放送の計5局)

サードシーズンとなる今回は、昨シーズンからの人気コーナー「キスマイジャーナル」のほか、「玉喜利グランプリ2020」や「今さら聞けないキスマイのこと」、「ごめんなさいが言えなくて」などをお届けしています。

『ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』の前週の12月19日(土)の放送には、SixTONES・ジェシーさんがゲスト出演しました。

※制作局のニッポン放送では、プロ野球中継『ショウアップナイター』を編成しているため、10月と11月のニッポン放送での放送がない放送回に限り、ストリーミングサービス「SHOWROOM」での音声配信を予定しています。

キスマイ・宮田がSixTONESを怖がる理由は?「コンビニの前でたむろってる奴ら…」

山本彩、キスマイ、宮下草薙も! 2020年秋のラジオ改編情報

Kis-My-Ft2のオールナイトニッポンPremium
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週土曜 19時00分~21時00分
出演者:Kis-My-Ft2(北山宏光/千賀健永/宮田俊哉/横尾渉/藤ヶ谷太輔/玉森裕太/二階堂高嗣)
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#キスマイANNP」

※放送情報は変更となる場合があります。

SixTONES出演『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』

『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』は、今年1月にCDデビューを果たし、4月から始まったSixTONES初の冠レギュラーラジオ番組です。毎週田中樹さんとほかのメンバーが週替わりのペアで生出演し、近況トークや個性あふれるネタコーナー、企画コーナーで土曜の深夜を盛り上げます。

10月31日(土)の放送では、事務所の先輩・Kis-My-Ft2と『ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』で共演する事を受け、田中さんは「胸を借りるつもりでご迷惑をおかけしないように、Kis-My-Ft2の皆さんとSixTONESがご一緒させていただくこともなかなかないので、そういったところも楽しさをお届けできたらなと思います」と決意を語りました。また森本さんは、番組中にKis-My-Ft2メンバーを"お兄ちゃん"呼びするチャレンジを繰り広げました。

また『ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』の前週の12月19日(土)の放送には、Kis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔さんがゲスト出演しました。

SixTONES・田中樹「本当に全力を込めて作り上げた作品」2ndシングル「NAVIGATOR」を語る!

SixTONES・田中樹、オードリー・若林からの誕生日プレゼントに「何これ、気持ちぃー!!」

SixTONESの『オールナイトニッポン』初回放送! オードリーやCreepy Nutsとの繋がりを明かす!

SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週土曜 23時30分~25時00分
出演者:SixTONES(ジェシー/京本大我/松村北斗/髙地優吾/森本慎太郎/田中樹)
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#SixTONESANN」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

90年代初めの"サブカル・バンド"にはプレッシャーになった「浪漫飛行」の大ヒット

「宝島」を読んで悦に入っていた青春時代 ©STVラジオ

シンガーソングライターの松崎真人が、'70~'90年代の日本の曲・日本語の曲を厳選かけ流し(イントロからアウトロまでノーカット)でお届けするSTVラジオ『MUSIC☆J』。5月8日は、10曲目~12曲目の「つながり」にフォーカスします。

☆10曲目「浪漫飛行/米米CLUB」

松崎:言わずと知れた1990年度のオリコンで年間2位。米米CLUBの中でも特大級のヒットでございます。クレジットを見ると、アレンジが中崎英也で共同クレジットになってるんですね。作曲が米米CLUBアレンジがで米米CLUBと中崎英也というクレジットなので、こういう場合は往々にして、どこからが作曲でどこからが編曲かあまりこだわらないというパターンが多いんですけど、そうでないと当時、浪漫飛行が出るまで米米CLUBは、16ビートのファンクをやって、同時にステージでは面白いことをやって、シュールな前衛芸術なのか?お笑いなのか?というギリギリを攻めるマニア受けのバンドだと思われていたわけです。でも大所帯のバンドを維持するには、どっかでブレイクというか大ヒットが欲しいとうことで、狙って大トッと言うのはなかなか生まれないんですが、ここは狙って取ったというのはスゴいですね。

松崎:で、これ(浪漫飛行)も"元歌"がある曲でして、次の曲も同じ元ネタです。

☆11曲目「トゥナイト/佐野元春」

松崎:当時、佐野元春さんが自分でやっていた雑誌やFM番組の色んな情報を加味すると、恐らく、米米CLUBの浪漫飛行と同じ元ネタにスゴく触発されてるんじゃないかと思います。きょうは"3段逆スライド"でもう3曲目で元歌に行ってしまいます。「トゥナイト」の2年前のヒット曲ですね。歌詞で描かれている情景を含めて、同じニューヨークを描いている曲です。そこら辺も共通するんじゃないかと思いますね。

☆12曲目「STEPPIN’OUT/JOE JACKSON」

松崎:もうメロディーのどこを取って、どこをパクったとか、そういう次元じゃないんですよね。この単調な割とマシン的なリズムにシンセベースを♪ドンドンドンドンって行く感じ。で、米米CLUBの浪漫飛行が技ありなのは、全然テンポが違うんです、いま聴くと。元春さんの曲もそうですし、音の各要素で少しずつJOE JACKSONの良さを取り入れてるんですけど、やはりメロディじゃないというところと、小技の効かせ方に日本的な遊び、日本語の遊びが高等戦術として使われているところが、それぞれスゴいなと思うところです。

松崎:ちょっとだけ付け足すと、「浪漫飛行」とか「君がいるだけで」で米米CLUBが売れたコトって言うのは、同系統の「劇団系」とか「アート系」「パフォーマンス系」の(いわゆるサブカルチャー系)バンドが、"あなたたちも米米CLUBのように大きく売れて欲しい"というプレシャーを与えられる大きな遠因になっていたんです。例えば、「メンズ・ファイブ」とか、浜田麻里さんがいた「モダン・チョキチョキズ」とか、放っておいてもらえたら面白く活動が続けられたのに、「浪漫飛行」的な成功を、当時、90年代後半とかCDがパカパカ売れていた時代には、そういう面白いことやってるバンドにも大きいヒットを望むみたいな風潮がございまして、その白羽の矢が立ったバンドには、それなりに苦労したということです。これは"実話"込みでございますですね。

<5月8日のプレイリスト>
M01「Get Wild/TM Network」
M02「Dear My Friend/Every Little Thing」
M03「深い森/Do As Infinity」
M04「プリティー・プリティー/石野真子」
M05「恋のバッド・チューニング/沢田研二」
M06「ごはんができたよ/矢野顕子」
M07「五月のバラ/鹿内孝」
M08「飛んでイスタンブール/庄野真代」
M09「ペガサスの朝/五十嵐浩晃」

M10「浪漫飛行/米米CLUB」
M11「トゥナイト/佐野元春」
M12「STEPPIN’OUT/JOE JACKSON」
M13「青空のある限り/ザ・ワイルドワンズ」
M14「忘れ得ぬ君/ザ・テンプターズ」
M15「愛の挽歌/つなき&みどり」
M16「HURRY GO ROUND/hide with Spread Beaver」
M17「恋のマジックポーション/すかんち」
M18「丸ノ内サディスティック/椎名林檎」
M19「君は風/佐々木幸男」
M20「雨が空を捨てる日は/中島みゆき」

M21「ダンシング・オールナイト/もんた&ブラザーズ」
M22「紳士同盟/薬師丸ひろ子」
M23「泣かないで/舘ひろし」
M24「十戒(1984)/中森明菜」
M25「シャツのほころび涙のかけら/NSP」
M26「決められたリズム/井上陽水」
M27「ジュテー厶/坪倉唯子」
M28「ハナミズキ/一青窈」
M29「ホンダラ行進曲/ハナ肇とクレイジー・キャッツ」
M30「もうひとつの土曜日/浜田省吾」

<松崎真人の編集後記>
「恋のバッド・チューニング/沢田研二」。あの「TOKIO」の次のシングルとして制作陣のプレッシャーは大きかったと思うが、それを聴き手に悟らせない遊び心溢れる楽曲。女性コーラスにあのパタパタママで有名な「のこいのこ」さんを起用していたことは今回初めて知った。男と女は「ズレてる方がいい」というコンセプトは2021年にも通用するかも。

STVラジオ『MUSIC☆J』(毎週土曜 18:00~21:00)
 

Facebook

ページトップへ