"聴いて”楽しむ!おすすめラジオドラマ15選

全国各地のラジオ局では、古典や文学、オリジナルドラマなど「音」だけで物語の世界を伝えるラジオドラマが放送されています。本記事では、ラジオドラマを題材としたおすすめ番組をピックアップ。『NISSAN あ、安部礼司 -BEYOND THE AVERAGE-』(TOKYO FM)や『青山二丁目劇場』(文化放送)、『ミヤリサン製薬 ラジオ劇場 下町ロケット』(KBCラジオ)、『鴨の音』(文化放送)などをご紹介します。

平日放送

月曜~金曜日 TBSラジオ『朗読・斎藤工 深夜特急 オン・ザ・ロード』

2023年4月にスタートした朗読番組。作家・沢木耕太郎さんの代表作「深夜特急」全6巻を朗読でお届けします。朗読を担当するのは、中学生の時に「深夜特急」を読んで影響を受け、18歳で世界各国を旅した俳優・斎藤工さん。旅に憧れる少年から日本を代表する俳優に成長した斎藤さんが自らの声で、新たな「深夜特急」の世界へと導きます。

朗読・斎藤工 深夜特急 オン・ザ・ロード
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 23時30分~23時55分
出演者:斎藤工
番組ホームページ
公式Twitter

X(旧:Twitter)ハッシュタグは「#深夜特急」

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

月曜〜木曜日 FMとやま『西村まさ彦のドラマチックな課外授業』

富山県出身の俳優・西村まさ彦さんが、パーソナリティ兼プロデューサーを務める番組。ラジオドラマには一般公募で集まった富山県内の中学生が出演し、毎月1作品を4週間・全15話のシリーズで放送します。本放送は、朝の情報番組『Breakfast Show』内で7時45分から、再放送は16時から放送中です。

第5週がある月には、ラジオドラマ制作の裏側を紹介するメイキングシーンを放送しており、西村さんによる演技指導の様子もお届けします。

西村まさ彦のドラマチックな課外授業
放送局:FMとやま
放送日時:毎週月曜~木曜 16時00分~16時10分
出演者:西村まさ彦
番組ホームページ

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

月曜日 文化放送『青山二丁目劇場』

古川登志夫さんが劇場支配人として番組をナビゲート、人気作家の作品やショートストーリー、完全オリジナルなど毎回さまざまなラジオドラマをお届けします。ドラマパートは、青二プロダクション所属の声優陣がベテランから若手まで幅広く出演中です。

青山二丁目劇場
放送局:文化放送
放送日時:毎週月曜 20時30分~21時00分
出演者:古川登志夫、青二プロダクション所属声優
番組ホームページ

X(旧:Twitter)ハッシュタグは「#青山二丁目劇場」

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

月曜日 KBCラジオ『ミヤリサン製薬 ラジオ劇場 下町ロケット』

2011年に第45回直木賞を受賞し、テレビドラマ化もされた池井戸潤さんによる同名のベストセラー小説を原作としたラジオドラマ。宇宙科学開発機構の研究員だった佃航平が、家業の町工場「佃製作所」を継ぎ、一度は諦めた「ロケットを打ち上げる」という夢を追い求め、社員たちと共に奮闘する姿を描きます。

2023年10月からは第4部「ヤタガラス編」を放送中。主人公・佃航平役には岸谷五朗さん、音楽・ナレーション担当の野島裕史さん、そして井上和彦さん、加藤和樹さんら豪華キャストによる熱演も聴きどころです。

ミヤリサン製薬 ラジオ劇場 下町ロケット ヤタガラス編
放送局:KBCラジオ
放送日時:毎週月曜 18時30分~18時45分
出演者:岸谷五朗、野島裕史、平山祐介、保村真、井上和彦、倉野尾成美(AKB48)、加藤和樹、野島健児、榎あづさ ほか
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

火曜日 NBC長崎放送『ドラマってムジカ』

「男と女が織り成す、ドラマと音楽のタペストリー」をコンセプトに、時代を彩った名曲の世界観をモチーフにしたラジオドラマと、物語の原作となった曲をお送りします。基本的に1話完結型の物語で、作中の登場人物は女優・声優として活動する小田切茜さんと声優・安部亮馬さんが演じます。

ドラマってムジカ
放送局:NBC長崎放送
放送日時:毎週火曜 16時40分~16時50分
出演者:小田切茜、安部亮馬

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

火曜日 LOVE FM『こちヨロ(こちらヨーロッパ企画福岡支部)』

京都を拠点に活動する劇団・ヨーロッパ企画が手掛ける福岡発のオリジナル番組。休止期間を挟みながら、2023年4月よりシーズン11が放送中です。

パーソナリティは石田剛太さんが担当し、福岡を中心に活動する著名人をゲストに迎えるほか、「イシダカクテル」のコーナーでは石田さん自らが脚本を書き下ろし、テーマに沿った大人の恋愛ラジオドラマをお届けします。

こちヨロ(こちらヨーロッパ企画福岡支部)
放送局:LOVE FM
放送日時:毎週火曜 21時00分~21時30分
出演者:石田剛太 (ヨーロッパ企画)
番組ホームページ
公式Twitter

X(旧:Twitter)ハッシュタグは「#こちヨロ」

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

木曜日 KBS京都ラジオ『~ココロもカラダもHappyに~わかさ生活ラジオ』

ブルーベリーを利用したサプリメント「ブルーベリーアイ」でもおなじみ、株式会社わかさ生活による情報番組。わかさ生活の創業者・角谷建耀知さんによる書籍「女子高生と魔法のノート」をオーディオブック形式で放送しており、テレビCMでもお馴染みのキャラクター「ブルブルくん」も登場します。

~ココロもカラダもHappyに~わかさ生活ラジオ
放送局:KBS京都ラジオ
放送日時:毎週木曜 17時30分~18時00分
出演者:角谷建耀知 / 相埜裕樹
番組ホームページ

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

金曜日 J-WAVE『RICOH JUMP OVER THEATER』(※『ALL GOOD FRIDAY』内)

2023年10月より『ALL GOOD FRIDAY』内で放送されているミニコーナー。一般のリスナーやリコーグループ社員から寄せられた実際のエピソードをもとに、『RICOH JUMP OVER』(毎週水曜26時~)でナビゲーターを務める映画監督・松井大悟さんが、「はたらく喜怒哀楽」をテーマにしたラジオドラマを手掛けます。

ALL GOOD FRIDAY
放送局:J-WAVE
放送日時:毎週日曜 11時30分~16時00分
出演者:LiLiCo、稲葉友
番組ホームページ
公式Twitter

※「RICOH JUMP OVER THEATER」は13時50分ごろ放送

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

金曜日 J-WAVE『BITS & BOBS TOKYO』

クリエイティブディレクター、コピーライターで小説家である高崎卓馬さんがナビゲーターを務め、書き下ろしのショートドラマとトークをお届けします。

ドラマパートは女優・長澤樹さん演じる少女が、TOKYOを舞台にいろいろな「BITS & BOBS」(イギリス英語で「とるにたらないもの」の意)に出会うストーリー。月替わりの豪華ゲストが主演を務め、毎回さまざまなキャラクターを演じます。これまで佐藤健さんや松田翔太さん、大森南朋さん、役所広司さんらが出演しました。

BITS&BOBS TOKYO
放送局:J-WAVE
放送日時:毎週金曜 25時00分~25時30分
出演者:高崎卓馬、長澤樹
番組ホームページ
公式Twitter

X(旧:Twitter)ハッシュタグは「#babt813」

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

土日放送

土曜日 TOKYO FM『一建設 presents おうちのはなし』

憧れの住宅メーカーに就職した女性社員・籠宮ユリカを主人公にしたラジオドラマ。仕事を通じて彼女が出会う人々の「おうちのはなし」をお届けします。籠宮ユリカ役は女優・髙橋ひかるさんが演じています。

一建設 presents おうちのはなし
放送局:TOKYO FM
放送日時:毎週土曜 17時55分~18時00分
出演者:髙橋ひかる
番組ホームページ

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

日曜日 文化放送『鴨の音』

2020年から世界遺産・京都下鴨神社(京都市左京区)で毎年開催されている、朗読劇「鴨の音」の世界観から派生したラジオ番組。ラジオドラマパートとトークパートの二部構成でお届けします。MCは中井和哉さんと下野紘さんが務めます。

ラジオドラマでは豪華声優陣によるオリジナルドラマ、トークパートでは毎回ゲスト声優を迎えて、過去の朗読劇の思い出話やラジオドラマに関するトークなどをお送りします。

鴨の音
放送局:文化放送
放送日時:毎週日曜 20時00分~20時30分
出演者:中井和哉、下野紘
番組ホームページ
公式Twitter

X(旧:Twitter)ハッシュタグは「#鴨の音」

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

日曜日 TOKYO FM『NISSAN あ、安部礼司 ~BEYOND THE AVERAGE~』

神保町の中堅企業・大日本ジェネラルに勤務する平均的なサラリーマン・安部礼司が、トレンドの荒波に揉まれながら前向きに生きる姿を描いた勇気と成長のコメディの物語です。2021年4月には番組15周年を迎え、放送開始時は30代独身だった安部礼司も、今では2児の父親となり、50代に突入しました。

会社でのドタバタ劇や家族との感動エピソードなど、毎回バラエティに富んだ1話完結型の物語を"イマツボ"な選曲とともにお届けします。

NISSAN あ、安部礼司 - BEYOND THE AVERAGE -
放送局:TOKYO FM
放送日時:毎週日曜 17時00分~17時55分
出演者:安部礼司
番組ホームページ
公式Twitter

X(旧:Twitter)ハッシュタグは「#abe02」

※放送情報は変更となる場合があります。

日曜日 FMヨコハマ『YOKOHAMA SYA⇔REE』

ReeSyaさんが気になる鉄道の話題やラジオドラマをお届けする、オーディオ・エンターテイメント番組。ラジオドラマは、脚本家・杉崎智介さんが手掛ける「美術ミステリードラマ 杉崎智介のle Salon」シリーズや「地獄保険」 シリーズなど、さまざまなジャンルの作品が楽しめます。

YOKOHAMA SYA⇔REE
放送局:FMヨコハマ
放送日時:毎週日曜 19時30分~20時00分
出演者:ReeSya、杉崎智介
番組ホームページ

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

日曜日 JRT四国放送『ヒノマルSUNSUNラジオ』

徳島県阿南市出身の漫画家・大東優也さんによる長編漫画『HINOMARU!』。徳島市のコミュニティラジオをきっかけに発足した「ヒノマルプロジェクト」によって、テレビアニメ化や声優教室、音楽教室などを多岐にわたって展開しています。

番組では『HINOMARU!』の原作に基づいたラジオドラマを始め、大東さんや声優、アーティストによるトークや企画もお届けします。

ヒノマルSUNSUNラジオ
放送局:JRT四国放送
放送日時:毎週日曜 22時30分~23時00分
出演者:ヒノマルプロジェクト
番組ホームページ
公式Twitter

X(旧:Twitter)ハッシュタグは「#SUNラジ」

※放送情報は変更となる場合があります。

日曜日 JFN系列『Sound Library~世界にひとつだけの本~』

女優・木村多江さんがナビゲート役となり、ある人物が書いた自伝の朗読をその物語の時代にきらめいていた音楽に合わせてお届けする朗読劇です。旅行会社に勤務する主人公・月原加奈子の日常で起きた出来事や思い出、同僚・知人のエピソードなど、その出来事の時代やシチュエーションに沿った楽曲に乗せながら物語が展開していきます。

Sound Library ~世界にひとつだけの本~
放送局:TOKYO FM 他29局ネット
放送日時:毎週月曜 5時00分~5時30分
※放送局によって日時が異なる場合があります。
出演者:木村多江
番組ホームページ
公式Twitter

X(旧:Twitter)ハッシュタグは「#サウンドライブラリー」

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

この記事を書いた人

radiko編集部

radiko編集部員が「ラジコを通じて、ラジオの良さをもっと知ってもらい、皆さんが面白い番組に出会うキッカケ」になるように、ラジオ各局の情報をまとめて発信中。radiko newsでは、新番組へのインタビュー、さまざまなテーマに沿ったまとめ記事など、独自の切り口でも番組をご紹介しています。ラジコ公式SNSの情報更新も行なっています。

radiko公式Twitter

radiko公式Instagram

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

「中小規模の病院」の力になるために…株式会社ヘンリーが開発したクラウド型電子カルテ「Henry」とは?

笹川友里がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「DIGITAL VORN Future Pix」(毎週土曜 20:00~20:30)。この番組では、デジタルシーンのフロントランナーをゲストに迎え、私たちを待ち受ける未来の社会について話を伺っていきます。2月24日(土)の放送は、株式会社ヘンリー 共同CEOの林太郎(はやし・たろう)さんをゲストに迎えて、お届けしました。


(左から)笹川友里、林太郎さん


林さんは、一橋大学卒業後、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)に留学。学生時代は、アフリカで日本の中古重機をレンタルする新鋭スタートアップで現地リーダーとして活躍。楽天株式会社入社後、楽天カード全体のSEOマーケティング業務や、楽天市場・楽天カードのビッグデータの分析などを担当、2018年に株式会社ヘンリーを起業しました。

◆“医療現場のデジタル化”を目指す

はじめに、ヘンリーが提供している病院向けのクラウド一体型電子カルテ「Henry」について、「『電子カルテ』『オーダリングシステム(医師の指示を各部署にコンピューターで伝達するシステム)』『レセプトコンピューター(診療報酬明細書を作成するコンピューターシステム)』の3つが一体となったクラウド型のシステムで、病院向けに販売しているのは、日本で弊社だけです。クラウドで使えることによって、他にはない大きなメリットが提供できます」と林さん。

これまでの医療システムは、それぞれ別のシステムでそれらを“つなぐ”前提で作られているものが多いのですが、「我々は最後発で作ったこともあり、それらをすべて同じシステムで管理できるように作ってあるところが特徴です。また、紙を使わなくても情報共有ができるシステムを構築しているところもメリットかなと思います」と強調します。

林さんによると、医療業界では長らく“セキュリティ上、医療情報システムはインターネットにつないではいけない”といった制限があったため、「例えば、お医者さんが自宅でカルテを確認するとか、何か緊急の事態があったときに“患者さんの情報を伝える術がない”というようなことがありました。それをクラウドシステムで共有化することにより、自宅で“患者さんが急変した”という情報を具体的に確認した状態で病院に向かえる、というメリットもあります」と話します。

続けて「医療の現場は、すごく情報が多い世界なので、実際にはもっと共有したい情報がたくさんあると思うんですけど、我々の目標としては、この先3~5年のあいだにクラウドのシステムを通して、お薬の情報だけではなく、患者さんの情報の細かいところまで、医療機関や自治体と共有し合える世界を構築できればと思っています」と力を込めます。

◆中小規模の病院向けに特化している理由

「Henry」は中小規模の病院に向けたサービスとして特化していますが、その理由について、「大きな病院では電子カルテの普及率がかなり高くて、おそらく9割以上の病院が導入していますが、中小規模の病院の普及率はまだ50%ぐらいで、残り約半分の病院は紙のカルテを使っています。その大きな理由として、例えば、病院内にサーバーがあって、インターネットとつながない従来型のシステム『オンプレミス』(自社でサーバーを所有・管理)を導入したくても、“価格が高額なために買えない”という病院が今でも多く存在しています」と林さん。

そうした中小規模の病院が抱えている課題を解決するべく、「“クラウドで安価かつスムーズに導入できるシステムを作りたい”という思いで、我々は初めから中小規模の病院に特化して作ったという背景があります」と話します。

そして、「Henry」の今後の展望については、「電子カルテ、オーダリングシステム、レセプトコンピューターはそれぞれ難しいシステムなので、(サービスを導入していただく)病院がより使いやすくなるように、機能を改善していくことが必要になってくると思います」と課題点を挙げます。

そうした部分を一つひとつ解決していき、「より使いやすく、しかも安価で情報共有しやすい電子カルテができれば、今まで電子カルテに踏み切れなかった病院に対しても、自信を持って提供できると思いますので、まずは我々のシステムを使って“業務が改善した”“情報共有ができるようになった”といった事例をどんどん作っていきたい」と力を込めていました。

次回3月2日(土)の放送も、引き続き、林さんをゲストに迎えてお届けします。林さんが思い描く“近未来の医療現場の風景”についてなど、貴重な話が聴けるかも!?

----------------------------------------------------
2月24日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年3月3日(日) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:DIGITAL VORN Future Pix
放送日時:毎週土曜 20:00~20:30
パーソナリティ:笹川友里

Facebook

ページトップへ