2016年・大晦日の特別番組まとめ!朝~夜の番組編

大晦日はラジオもスペシャルプログラムが満載! 豪華ゲストによる生放送や、今年のヒット曲のオンエアなど聞き逃せない番組が目白押しです。ぜひチェックしてみてくださいね。

ニッポン放送『子どもたちの震災~しゃべっていいんだ~』

子供たちの震災

2016年5月30日(月)に放送し、「第12回日本放送文化大賞」のラジオ・グランプリを受賞したニッポン放送報道スペシャルを再放送でお届け。若者たちの“こころの復興”を辿りながら、自らの役割を模索する姿を追います。

■放送時間:14時〜15時
■ナビゲーター:上柳昌彦
■出演者:雁部那由多、津田穂乃果、桑山紀彦、相澤朱音

InterFM『TOKYO DANCE PARK』

豪華なゲストが次々登場! 日本のエンターテインメント界NO. 1の実力の持ち主・三浦大知さんやHIPHOP界を担う男・ZEEBRAさん、渋谷HARLEMやVISIONで大活躍のDJ KANGOさんが登場して、「挑戦」をテーマに2時間生放送でお届けします!

■放送時間:12時〜14時
■ナビゲーター:MC RYU
■ゲスト:三浦大知、ZEEBRA、DJ KANGO

ラジオ日本『中央競馬 ゆく馬 くる馬』

専門紙解説陣とともに、今年の“ゆく馬”(引退馬)を実況録音を交えながら振り返りつつ、“くる馬”(来年活躍が期待される馬)を予想。来年の中央競馬を盛り上げる馬とは? 競馬ファンに向けた年末スペシャル番組。

■放送時間:15時5分〜16時30分

bayfm78 『KEIYOGINKO GRAND COUNTDOWN JAPAN HOT HOT 100』

今年1年の総決算! 邦楽ヒット曲TOP100のカウントダウンはもちろん、独自目線の企画コーナーや、今年大活躍したあのゲスト、たくさんのアーティストメッセージなどなど盛りだくさんの内容でお届けします。これを聴かなきゃ、年が越せない!

■放送時間:13時〜17時50分
■ナビゲーター:森久保祥太郎
■ゲスト:藤原さくら

CBCラジオ『北野誠のズバリ 大みそかスペシャル』第1部7時~11時55分

phpkqDAvp

いろいろあった2016年のニュースから身のまわりの話題まで、多彩なゲストと共にズバッとぶった斬り!! 一年の最後の最後まで「本音トーク」満載でお送りします。

■放送時間:7時~18時
■ゲスト:大川豊、井上トシユキ、戸井康成、河原﨑辰也、酒井直斗

MBSラジオ『松竹芸能60周年 これからも 謙虚・素直・感謝 SP』

2016年7月~2017年7月が60周年イヤー。そんな60周年イヤーを大晦日に祝おうという番組。松竹芸能の生き字引 正司敏江師匠から松竹の未来を担う若手芸人まで60周年にふさわしいメンバーがちゃぷらステージに大集合しての2時間。

■放送時間:11時30分~13時30分 ※公開生放送
■出演:森脇健児、シンデレラエキスプレス渡辺裕薫、かみじょうたけし、チキチキジョニー、若手枠(河邑ミク、どんぐり兄弟、ウドントミカン、天然もろこし)正司敏江、酒井くにお・とおる、MBSアナウンサー 福島暢啓

 

2016年を締めくくる大晦日も、ぜひラジコでお楽しみください!

▼radiko.jp
http://radiko.jp/

『radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)』なら、今まで聴けなかったラジオ局の番組も聴くことができます。

▼プレミアム会員登録はこちらから
http://radiko.jp/rg/premium/

※各ラジオ局のエリアでは、今まで通り「radiko.jp」(無料)でお楽しみいただけます。

EV市場に変調……アクセルをふかしはじめた日本勢への影響は?

政策アナリストの石川和男が5月19日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送Podcast番組「石川和男のポリシーリテラシー」に出演。米EV(電気自動車)大手テスラが、減収減益や人員削減に追い込まれるなど変調をきたすEV市場について専門家と議論。今後の日本がとるべきEV政策やメーカーの戦略について提言した。

※画像はイメージです

米EV大手テスラは4月15日、世界で従業員の10%以上を削減すると発表。同社の今年1-3月期の決算は、前年同期に比べ4年ぶりの減収減益となったほか、EVの販売台数も9%減となった。一方、安値攻勢をかける中国メーカーBYDの今年1-3月期決算は、純利益が前年同期に比べ11%増、販売台数は13%増となったものの、伸び率は減少した。

この現状について、ゲスト出演した自動車業界に詳しい経済ジャーナリスト井上久男氏は「中国では今、景気低迷を背景にした価格競争からEVの値引き販売が起きている。今年3月に中国のスマホ大手シャオミが出したEVが、かなり評判がよく、まさに走るスマホ。テスラより安い価格で市場投入してきており、中国のEV大手BYDが“シャオミ潰し”に動くなど、中国勢同士で競争が起きていて第二のEV競争が始まっている。テスラはそれに巻き込まれている」と解説した。

日本勢について井上氏は「まだ商品をほとんど出せていない。値引き競争したくてもできない。それが不幸中の幸いで、値引き競争に巻き込まれずに済んでいる」と指摘。あわせて「EVが新しいもの好きな人たちの間である程度一巡して、いわゆるキャズムのような状態になっている。充電環境の悪さや、補助金がないと高くて買えないなどの理由から、再び世界でHV(ハイブリッド車)が売れ始めている」と明かした。

一時はEVに関して出遅れが指摘された日本メーカーだが、井上氏によると「テスラやBYDが引っ張ってきた、この4年くらいのスピードが早すぎた」とのこと。井上氏が取材した大手国内自動車メーカーの経営陣は「(EVが)想定内の普及スピードに戻ってきた」と話したという。

井上氏は「中国では“賢い車”、車のスマート化が加速している。日本メーカーは中国勢に比べると、まだスマート化に関するノウハウは少ない」とも述べ、トヨタと中国SNS大手テンセント、日産と中国ウェブ検索大手バイドゥが提携したように、車のスマート化技術の強化が重要だと指摘した。

そのうえで、今後日本メーカーが世界のEV市場で勝てる価格について聞かれた井上氏は「市場によって違うと思うが、アメリカであれば補助金なしで400万円くらい(1ドル150円程度を想定)のEVを出せば売れると思う」と述べる一方、「日本国内では150万円くらいだと思う。国内は軽自動車が中心のマーケットになっていて、可処分所得も伸びず、高齢者も増えるなかで国民の足となっている。地方に行けば一人一台。ガソリンスタンドも減少する中、軽自動車のEVでもう少し安いものが出れば爆発的に売れると思う」との見通しを示した。

最後に石川は「(今のEV価格競争を)日本が傍観者として見ているのは、実はいいこと。日本メーカーは、競争を見極めたうえで売っていくことができる。最終的に日本メーカーが大事にしなければならないのは価格戦略。いいものが売れるのではなく、売れるものがいいもの。メーカーが価格戦略を立てられるよう、国も支援策をふんだんに出して、国策として日本のEVメーカーを育てていくべきだ」と持論を述べた。

Facebook

ページトップへ