ミキの“裏側”全開ラジオ! 文化放送『ミキの深夜でんぱ!』インタビュー

Photo by:Ryota Isomura

今、話題の“お笑い第七世代”の一組として注目されているミキ。クオリティの高い兄弟漫才で数々の賞を獲得、バラエティ番組ではその愛されるキャラクターで多くの番組に起用されています。

活動拠点を東京に移したこの春から、文化放送で関東エリアでの初レギュラーラジオ番組『ミキの深夜でんぱ!』がスタート。女性ファンが多いイメージのミキのお二人ですが、テレビでは見せない“素”のトークで男性ファンの心をグイグイつかんでいる模様。番組が始まるきっかけやラジオのルーツ、今後の野望についてインタビューしました!

ミキで、亜生とやりたい。二人でしゃべり倒したら、番組が決まった

Photo by:Ryota Isomura

――東京に拠点を移した4月から番組がスタート。東京でラジオをやりたかったそうですね。

昴生:タイミングがばっちりでした。「東京でラジオやりたい」と言ってたら、文化放送さんから僕らと相席スタートとガンバレルーヤの3組で1回番組やりませんかと声がかかったんです。「おい、これは大チャンスや! 二人でしゃべり倒そうぜ」と。しゃべり倒したら、ほんまに決まった(笑)。その番組で3組をシャッフルして誰とラジオでしゃべりたいかというコーナーがあって。僕は亜生って言ったんですよ。ミキでやりたいと。

亜生:その時、僕は「マジで仕事取りに行かんといて!」と思いました(笑)。

昴生:それがつながってよかった。

――こんな番組にしたいとか、コンセプトみたいなものはありましたか?

昴生:KBS京都で『兄弟でんぱ!』(※1)っていうラジオをずっとやっているんですけど、日曜のお昼にオンエアしていて言葉に制限がかかるんですよ。聴いてる人の層もあるんで。

亜生:80歳の男性とかから、めっちゃクレームが来たりするんですよ。

昴生:トイレのこととか、汚いこともいえない。じゃあ『深夜でんぱ!』では、昼にしゃべられへん話をしようと。去年オールナイトニッポンをやって、結構下ネタの話が好評だったんです。「深夜やったら、多少下ネタもありでいこう」ってなったら、こんな全面的に下ネタになっちゃった(笑)。

(※1)KBS京都ラジオ『ミキの兄弟でんぱ!』毎週日曜日 13時~14時放送

下ネタしゃべって、爆笑できる兄弟ってあんまりいない

Photo by:Ryota Isomura

――番組を始めて気づいたことは?

亜生:お兄ちゃんがエッチなことしゃべる時は、すごい気持ち悪いなと。

昴生:(爆笑)自分でも分かってしまうんです。これをしゃべったら、「俺、気持ち悪くなってしまうなと……」。あと、変わった兄弟やなって改めて思いました。こんなことしゃべれる兄弟ってあんまりいない。

亜生:爆笑しますしね、二人で下ネタの話をして。他の兄弟って引いてもうたりすると思うんですよ。いや聴きたないねん……。お兄ちゃんのそんなんって。

――亜生さんの「お兄ちゃん」が下ネタをマイルドにしているような気がしますが。

亜生:ほんまはお兄ちゃんを「にぃ」って言いたいですもん。いつも呼んでるのは「にぃ」なんですけど。

昴生:それは絶対現場では言うな、と言うてます。

亜生:僕ん中では「お兄ちゃん」はもう、他人で言うところの「おまえ」って言うてんのと一緒ぐらい。

昴生:あ、そうなん。その位置にあるん……。

亜生:そう、他人行儀やもん。「お兄ちゃん」は。

昴生:……それは嘘やろ。

亜生:ウソ(笑)

昴生亜生:(爆笑)

――本当に仲がいいですね~。

昴生:僕ら兄弟、結構昔から下ネタが好きで、一緒にしゃべってたんです。亜生には、僕が何歳の時にどのセクシー女優さんが好きだったかがバレてますから。

【企業IR】日本企業として21年ぶりに米国NASDAQにダイレクト上場を果たしたメディロムの事業展開を江口社長が語る

江口康二(メディロム 代表取締役)

ラジオNIKKEIでは個人投資家向けにIR(株主・投資家向け広報)活動を展開する上場企業によるIRプレゼンを全国で開催するイベント「ジャパンツアー」を行っています。

9月30日(金)に放送した『メディロム IRセミナー』は2022年9月10日(土)に広島で開催した『ジャパンツアー』の模様をダイジェストでお伝えしています。

Facebook

ページトップへ