ミキの“裏側”全開ラジオ! 文化放送『ミキの深夜でんぱ!』インタビュー

Photo by:Ryota Isomura

今、話題の“お笑い第七世代”の一組として注目されているミキ。クオリティの高い兄弟漫才で数々の賞を獲得、バラエティ番組ではその愛されるキャラクターで多くの番組に起用されています。

活動拠点を東京に移したこの春から、文化放送で関東エリアでの初レギュラーラジオ番組『ミキの深夜でんぱ!』がスタート。女性ファンが多いイメージのミキのお二人ですが、テレビでは見せない“素”のトークで男性ファンの心をグイグイつかんでいる模様。番組が始まるきっかけやラジオのルーツ、今後の野望についてインタビューしました!

ミキで、亜生とやりたい。二人でしゃべり倒したら、番組が決まった

Photo by:Ryota Isomura

――東京に拠点を移した4月から番組がスタート。東京でラジオをやりたかったそうですね。

昴生:タイミングがばっちりでした。「東京でラジオやりたい」と言ってたら、文化放送さんから僕らと相席スタートとガンバレルーヤの3組で1回番組やりませんかと声がかかったんです。「おい、これは大チャンスや! 二人でしゃべり倒そうぜ」と。しゃべり倒したら、ほんまに決まった(笑)。その番組で3組をシャッフルして誰とラジオでしゃべりたいかというコーナーがあって。僕は亜生って言ったんですよ。ミキでやりたいと。

亜生:その時、僕は「マジで仕事取りに行かんといて!」と思いました(笑)。

昴生:それがつながってよかった。

――こんな番組にしたいとか、コンセプトみたいなものはありましたか?

昴生:KBS京都で『兄弟でんぱ!』(※1)っていうラジオをずっとやっているんですけど、日曜のお昼にオンエアしていて言葉に制限がかかるんですよ。聴いてる人の層もあるんで。

亜生:80歳の男性とかから、めっちゃクレームが来たりするんですよ。

昴生:トイレのこととか、汚いこともいえない。じゃあ『深夜でんぱ!』では、昼にしゃべられへん話をしようと。去年オールナイトニッポンをやって、結構下ネタの話が好評だったんです。「深夜やったら、多少下ネタもありでいこう」ってなったら、こんな全面的に下ネタになっちゃった(笑)。

(※1)KBS京都ラジオ『ミキの兄弟でんぱ!』毎週日曜日 13時~14時放送

下ネタしゃべって、爆笑できる兄弟ってあんまりいない

Photo by:Ryota Isomura

――番組を始めて気づいたことは?

亜生:お兄ちゃんがエッチなことしゃべる時は、すごい気持ち悪いなと。

昴生:(爆笑)自分でも分かってしまうんです。これをしゃべったら、「俺、気持ち悪くなってしまうなと……」。あと、変わった兄弟やなって改めて思いました。こんなことしゃべれる兄弟ってあんまりいない。

亜生:爆笑しますしね、二人で下ネタの話をして。他の兄弟って引いてもうたりすると思うんですよ。いや聴きたないねん……。お兄ちゃんのそんなんって。

――亜生さんの「お兄ちゃん」が下ネタをマイルドにしているような気がしますが。

亜生:ほんまはお兄ちゃんを「にぃ」って言いたいですもん。いつも呼んでるのは「にぃ」なんですけど。

昴生:それは絶対現場では言うな、と言うてます。

亜生:僕ん中では「お兄ちゃん」はもう、他人で言うところの「おまえ」って言うてんのと一緒ぐらい。

昴生:あ、そうなん。その位置にあるん……。

亜生:そう、他人行儀やもん。「お兄ちゃん」は。

昴生:……それは嘘やろ。

亜生:ウソ(笑)

昴生亜生:(爆笑)

――本当に仲がいいですね~。

昴生:僕ら兄弟、結構昔から下ネタが好きで、一緒にしゃべってたんです。亜生には、僕が何歳の時にどのセクシー女優さんが好きだったかがバレてますから。

賀来賢人の動物占いは“チーター”!? 「お調子者で卑怯って書いてありました(苦笑)」

俳優の賀来賢人がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”」。7月6日(月)~7月7日(火)の放送では、クラブ会員(※本番組でのリスナーの呼称)から寄せられたメッセージにまつわるトークや番組企画をお届けしました。


パーソナリティの賀来賢人



◆会長は“占い”好き?
7月6日(月)の放送では、クラブ会員から届いた質問メッセージに、会長(※本番組での賀来の呼称)が答えました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「最近、ケンクラ(※本番組の略称)を聴きながら新聞の夕刊を読むという素敵なスタイルを編み出しました。好きなコーナー記事は、“明日の運勢“です。会長は、占いは好きですか?」(男性)

先日、初めてタロット占いをしてみたという会長は「全然当たっていなくて……」と苦笑い。さまざまな占いがあるなか、なぜタロット占いだったかというと「本当は“イルミナティカード”が欲しくてネットで買ってみたら、タロットカードが届いちゃったんですよ(笑)。でも“やってみよう!”となって、占ってみたんですけど、全然当たらなかったんですね」と経緯を説明。

その結果に、「タロット初心者だから“こうなったのかなぁ!?”みたいな。でもやり方がそれしかないから……でも占う人が上手いと、きっと信じちゃうんだろうなって。対面する占いは、テクニックも含めての占いなのかなって思いますよね」と感想を口にします。

会長によると、過去に何度か手相を占ってもらったことがあるそうで「僕ね、手がしわくちゃで線がすごく多くて、大体『君は天下を統一する手相を持っている』って言われるんです。『20代後半から天下を統一する』って言われているんですけど、なかなか統一しないから、“いつするんだろう”と思って……もっとガッツリと時間をかけて占い師の方とお話してみたい」とコメント。

ちなみに、動物占いは“チーター”だったそうで「お調子者で卑怯って書いてありました」と苦笑いを浮かべていました。

◆会長が“七夕”に聴きたい曲は?
7月7日(火)の放送では、この日は“七夕”ということで、「ケントズ・レコメンドソング・七夕スペシャル」と題し、会長が七夕に聴きたい曲をレコメンドしました。

「この前の『ケンクラ・レコメンド』(※クラブ会員から届いたメッセージにピッタリな曲を会長がチョイスする企画)の流れで、もう一発この曲にしたいと思います!」とセレクトしたのは、久保田利伸さんの「流星のサドル」。

この曲をオンエアしたあと、会長は「この電子音、“テレッ、デレッ、ドゥクドゥン♪”みたいな始まり方がカッコイイ。久保田さんの声がまたハイトーンなんですよ。だからカラオケで歌うのが、なかなか難易度が高い曲なんですけどね。

『流星のサドル』っていうタイトルが気に入って、この曲を一生懸命覚えました。久保田利伸さんが好きなんですよね。日本人離れした歌唱力で、いつもワクワクしながら聴いております。みなさんもぜひ聴いてみてください!」とおすすめしていました。

<番組概要>
番組名:賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”
放送日時:毎週月~木曜 16:50~17:00
パーソナリティ:賀来賢人
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/kento/

Facebook

ページトップへ