ラジオが聴ける無料アプリ「radiko」をダウンロードしよう!

ラジオが聴ける無料アプリ・radiko(ラジコ)は、面倒な手続きは一切不要で、アプリをダウンロードするだけでラジオを聴くことができます。アプリをダウンロードして、通勤・通学の時間やお仕事中、入浴中、就寝前など、お好きなタイミングでぜひラジオをお楽しみください。

radikoの使い方

スマートフォンの方はアプリをダウンロード、パソコンの方はWebサイトにアクセスしてラジオを聴くことができます。登録などの手続きは一切不要で、今いるエリアのラジオ番組が聴けます。

パソコンの方はこちらから

radikoの使い方ガイドはこちら

過去1週間以内に放送された番組を聴ける「タイムフリー」

「聴き逃してしまった番組を聴きたい」、または「面白かった番組をもう1度聴きたい」という場合は、「タイムフリー」を使って聴くことができます。

「タイムフリー」は、過去1週間以内に放送された番組を聴ける無料の機能です。
※今いるエリアで現在放送しているラジオ局の番組は無料で聴けます。エリア外の番組については、radikoプレミアム(有料)会員限定のサービス「エリアフリー」をご利用ください。

「タイムフリー」詳細はこちら

全国のラジオ番組が聴けるradikoプレミアム会員限定サービス「エリアフリー」

通常のradiko(無料・放送エリア内聴取)とは異なり、日本全国のラジオ局の番組を聴ける(有料・放送エリア外聴取)radikoプレミアム会員限定のサービスです。「タイムフリー」にも対応し、過去1週間の番組を遡って聴けます。

「エリアフリー」詳細はこちら

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

「ファミチョコ」「シャコチョコ」ってどんな意味?

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように—ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。2月14日放送分のテーマは「バレンタインチョコ」です。

※画像はイメージです

1959年(昭和34年)、「メリーチョコレート」がハート形のチョコレートを販売しました。チョコレートには自分と相手の名前を書き込むことができたそうです。「女性から男性へ1年に一度、愛を伝えることができる日」というキャッチコピーとともに、当時の女性たちの注目を集めました。

翌1960年には、「森永製菓」が「2月14日のバレンタインデー(愛の日)は、ハートのついたカードや手紙にチョコレートを添えて贈る日」というキャッチコピーで、「バレンタインデー企画」を大々的に展開しました。これが、バレンタインの行事が日本に定着するきっかけとなったそうです。

愛の告白とともに贈られる、いわゆる「本命チョコ」が本来のバレンタインチョコでしたが、時代とともに「義理チョコ」など本命以外のチョコが登場します。

例えば、主に女性同士で贈り合う「友チョコ」。お世話になった人にお礼の意味を込めて贈る「世話チョコ」。家族に贈る「ファミチョコ」。男性から女性へ贈る「逆チョコ」。応援する有名人に贈る「ファンチョコ」。さらに、会社や仕事関係の男性に贈るチョコは「社交チョコ(シャコチョコ)」と呼ばれているそうです。

また、自分で自分のために購入して楽しむ「マイチョコ」「自分チョコ」などもあります。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ