朝活とは?おすすめの朝活&ラジオ番組をご紹介

仕事や学校に行く前など朝早い時間に、趣味や勉強の時間をもつ「朝活」。朝活のメリットと続けるコツ、朝活のお共におすすめのラジオ番組をご紹介します。

朝活とは

朝活は、就活、婚活、保活などの「〇活」という言葉のひとつ。朝早い時間を利用して様々な活動を行うことを意味します。ジョギングなど体を動かすほか、仕事の準備に充てたり、同じ活動を行う仲間と交流を図ったり……と、人それぞれに合った朝活があります。

朝活のメリット

生活リズムが整う
朝活をすることで朝起きる時間が一定になり、生活のリズムが整います。生活リズムが規律正しくなると、体内で分泌されるホルモン量のバランスも調整され、睡眠の質が向上。体の代謝も改善されるので肥満や高血圧、糖尿病など、生活習慣病の予防にもつながります。

夜より集中力が高く時間を有効に使える
朝活は、夜に活動するよりも物事に集中することができます。夜は仕事や学校などの用事を終えた後で体が疲れており、集中力が上がるとは言えません。朝活はたくさん睡眠を取った直後に行うので、頭がスッキリし、疲労もない状態のため、夜より時間が確保できなくても、集中して取り組めるため、効率の良い時間が過ごせます。

仕事や学校以外の時間を確保できる
朝に活動することで、仕事や学校などで束縛される以外にプライベートの時間を確保が可能です。確保できたプライベートの時間で趣味や自分磨きをすることで充実感、あるいは家事や仕事をこなすことで「頑張れた」という達成感を得られ、精神面への影響も改善されます。

朝ゆとりが生まれ一日がスムーズに
朝活のために朝早く起きるようになると、忙しい朝の時間でも多少ゆったりと過ごせるようになります。朝は仕事を始める準備や、お子さんがいる家庭の場合は子供を送り出すため朝食やお弁当作りなどがあり、一日の中でも一番忙しい時間という人も多いでしょう。朝活を始めることで、朝の時間にゆとりが生まれると、そのストレスが減少し、心穏やかな一日のスタートを切ることができます。

朝活を始める時の注意点

目的をしっかり持つ
目的を持たずに「楽しそう」、「流行っている」という理由で取り組むと、長続きしない原因にもなりかねません。また、モチベーションも上がらず、ダラダラとした時間を過ごしてしまうこともあるので、「ジョギングをして理想の体型を手に入れる」、「勉強して資格試験に合格する」、「イベントに参加して友達を作る」などの目的を持って取り組みましょう。

起床時間は少しずつ早くする
朝活の時間を確保するために、いきなり朝早く起きようとして上手くいかずに三日坊主になってしまうことも。朝活を始めたばかりの頃は、無理に早く起きようとせず、「明日は10分早く、明後日はさらに10分早く」というように、少しずつ起床時間を早めるといった工夫を行うと良いでしょう。

家族との生活リズムのすり合わせ
家族と同居している人は、室内での運動により騒音が生まれたり、お子さんのいる家庭では育児の分担などで揉めてしまったりと、朝活が家庭内不和につながらないように注意が必要です。家族には事前に相談をしておき、「この時間を朝活に使いたい」、「6時に音が出るかも」など、話し合いの上で行うことでスムーズに朝活ができるでしょう。

朝活を無理なく続けるには

睡眠時間を削らない
朝活を長く続けるためには、睡眠時間を確保するようにしましょう。朝活のメリットは規則正しい生活リズムを送ることで睡眠の質をはじめ、代謝など体の調子を整えることにあります。しかし、朝活のために睡眠時間を削り、寝不足で集中力や免疫力が落ちてしまうと本末転倒です。

早寝のための工夫をする
睡眠時間を確保し、朝早く起きるためには早めに就寝する必要があります。しかし、なかなか寝付けないという人もいるでしょう。早く寝るために、例えば寝る直前のスマートフォンやパソコン等の使用は控えるなどの工夫も重要です。スマートフォンやパソコンから放出されるブルーライトは、体の機能が夜でも昼間だと勘違いを起こし、睡眠を促す分泌物が抑制されてしまいます。また、人が眠りにつくには体温も関係するため、寝つきを良くするためには、睡眠の直前ではなく、3時間ほど前に入浴するのがおすすめです。

寝だめしない
朝活するために週末遅くまで寝て、寝だめしようと考えている人もいるかもしれません。睡眠不足を補うために長時間寝ることは効果がありますが、寝だめは、質の悪い睡眠を続けるだけでためることはできません。さらに、寝だめをすることで睡眠のリズムを崩し、逆に体調を悪くする原因にもつながってしまいます。

朝起きるのが楽しみになるようなことを用意する
朝活を続けるには、好きなスイーツなど自分の楽しみになるような「ご褒美」を用意すると、モチベーション維持に役立つでしょう。「ご褒美」を用意するのではなく、朝活で取り組むこと自体を自分が楽しめるものにすれば自然と朝起きるのが楽しくなるでしょう。

朝活を休む日を作る
毎日続けていると、モチベーションが次第に落ちていってしまうこともあるため、メリハリをつけるのも重要です。時には朝活を休み、リフレッシュする日を作るのもいいでしょう。自分のペースに合わせて2〜3日に一度、1週間に一度オフの日を設けることで、朝活へのやる気が湧いてくるでしょう。

運動、読書、勉強、カフェ巡り、イベント参加…おすすめの朝活

運動(ランニング、散歩、ヨガ、ストレッチ等)
朝活で運動することは非常におすすめです。ランニングや散歩など、外に出かけて行う運動は朝日を浴びることができます。太陽の光を浴びることで、体内でセロトニンという脳内物質が分泌され、精神安定など、心の調子を整えてくれます。

外に出て運動するのが難しいという場合は、ヨガやストレッチなど、室内でできる運動をしましょう。室内で体を伸ばすことでも十分なリラックス効果を得ることができます。

読書
読書は、朝活の中でも取り組みやすい活動でしょう。場所を選ばずにできるできるため、朝早く起きて自宅で、または朝早い時間の空いている電車の中など、自分のペースで取り組めます。また小説や自己啓発など、自分の好きなジャンルから選べるので、朝活初心者が始めるのにハードルが低く、おすすめです。

勉強(語学や資格取得等)
朝は、一番体力があり集中しやすい時間帯なので、それを活かして勉強するのも良いでしょう。実際、朝活をしている人には英語などの語学習得が人気です。もちろん語学だけでなく、資格の勉強などに取り組んで効率よく知識を身に着けましょう。

趣味(手芸や物づくり等)
朝活では、手芸やDIYなどものづくりや、絵画など、趣味に取り組むケースもあります。早朝から趣味に取り組むことで、気持ちが充実し、そのまま仕事に臨めば、仕事もモチベーション高くこなせるはずです。

少し贅沢な朝食
朝食を採ることは、ダイエットなどにも効果的です。人間は食べ物から接種したエネルギーを消費して活動しているため、エネルギーがなくなると筋肉を分解して活動するようになり、筋肉がなくなると代謝が落ち、逆に太りやすく痩せにくい体になってしまいます。

日中に消費するエネルギーを補うには朝食は不可欠です。朝早く起きて、いつもより豪華な朝食を採作り、健康と美容を気遣うのもおすすめです。

カフェ巡りをする
朝食を採ることは美容のために必要なことですが、自宅で採らずに、カフェなどにでも足を運ぶのも良いでしょう。カフェのモーニングメニューでは、コーヒーと共に軽めの朝食を注文することができます。色々なカフェをめぐり、その違いを楽しむのもおすすめです。

朝風呂
朝風呂は、目覚めを良くするだけでなく、美容にも影響をもたらします。熱めのお湯に短時間浸かると、血圧が上がって頭がスッキリし、代謝も向上するので、痩せやすい体質作りにも効果的です。

書写
書写は、目覚めた直後の脳の準備運動、そして脳のトレーニングとして効果的です。

最近はパソコンで文字を打つことが主流になってしまいましたが、文字を書くというのは脳を刺激する行動です。文字を書く際、漢字やひらがななど文字の形を思い出し、書いた文章を脳に記憶することで、脳を刺激しています。好きな言葉や文章を手書きで書き写すというのも良いでしょう。

イベント参加
ここ数年の在宅ワーク急増に伴い、朝活に取り組む人が増えていますが、そのような背景から最近では朝活をしている人同士で交流会が行われることも。

交流会は対面のほか、オンラインでも開催されています。同じ朝活をしている人が集まるので、モチベーションの向上、また自分だけでは知り得なかった知識や発見もあるので、ぜひインターネットやSNSで探してみてください。

朝活におすすめのラジオ番組

朝活には、前述の活動だけではなく、ラジオ番組を聴くというのもおすすめです。ラジオは、何かほかの朝活をしながらでも聴けますし、また自分の趣味と合った内容を聴いて教養を深めたり、取り組む際に聴いてリラックスしたり、BGMとして聴き流したりもできます。次からは、朝活におすすめの番組を5つご紹介します。

朝から「なるほど」…TBSラジオ『生島ヒロシのおはよう定食』

TBSの元アナウンサーである生島ヒロシさんがパーソナリティーを担当する番組。アーティストや評論家、実業家ら著名人が次々とゲスト出演します。今をときめくゲストのトークや、専門知識に思わず「なるほど」と頷いてしまう放送が多く、教養を深めることができます。

例えば2022年6月14日に出演したフリーアナウンサー・内藤裕子さんは、長年研究を続けているカレーについて熱弁を振るいました。トークの中で、「日本にカレーが誕生して今年で150年を迎えたということ、日本最古のカレーにはカエルが使われていたこと」が明かされ、現在のものとは異なるカレーにリスナーからも驚きの声が上がっていました。

生島ヒロシのおはよう定食・一直線
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 5時00分~6時30分
出演者:生島ヒロシ
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

鳥のさえずりに癒される!文化放送『朝の小鳥』

文化放送開局翌年にスタートした、実に70年近く続く超長寿番組。放送のメインは番組名にもあるように鳥です。全国各地の山岳や海岸、あるいは平地にいるキジやヤマガラなどのさえずりを聴くことができます。

グリーグ作曲『ペール・ギュント』より『朝』のメロディーとともに聞く小鳥のさえずりは、日曜日の朝から気分をさわやかにしてくれます。

朝の小鳥
放送局:文化放送
放送日時:毎週日曜 5時15分~5時20分
出演者:鈴木純子
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

心が軽くなる!J-WAVE『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』

別所哲也さんがナビゲートし、音楽を中心に世界のニュース情報を知ることができる番組。ジャズやクラシックを楽しみながら色々な知識を得ることができます。

「MORNING CLASSIC」のコーナーでは、クラシックソムリエ・田中泰さんがセレクトするクラシック音楽と共に聴ける『心の軽くなる言葉』が人気。2022年3月末までは瀬戸内寂聴さんが担当、現在は京都 妙心寺 退蔵院の松山大耕さんが担当しており、朝から充実感に満たしてくれることでしょう。

J-WAVE TOKYO MORNING RADIO
放送局:J-WAVE
放送日時:毎週月曜~木曜 6時00分~9時00分
出演者:別所哲也
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグ「#ohayomorning 」

※放送情報は変更となる場合があります。

沖縄づくしの放送!ラジオ沖縄『暁で〜びる』

沖縄の方言で「夜明けですよ」という意味の番組。1986年にスタートし、現在はシンガーとして活動する盛和子さん、吉田安敬さんの親子2人によって放送されています。

番組の特徴は何と言っても『沖縄づくし』ということ。BGMは沖縄民謡、トークもすべて”ウチナーグチ”、つまり沖縄方言で進行します。さらに盛和子さん、吉田安敬さんの流れるようなトークは、笑うのを抑えきれないほど軽快。思わず聴き入ってしまう内容が、リスナーから愛されています。

暁でーびる
放送局:ラジオ沖縄
放送日時:毎週月曜~土曜 5時00分~6時50分
出演者:盛和子、吉田安敬
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

早見沙織&関口舞出演 JFN系列『Memories&Discoveries』

JFN系列『Memories&Discoveries』は、声優・早見沙織さん(火曜〜木曜)、実業家・関口舞さん(金曜)がパーソナリティーを務める番組(※放送局により放送時間等が異なります)。

『SPY×FAMILY』や『鬼滅の刃』などの人気アニメ番組に出演している早見さんと、ニュースのコメンテーターや若者の恋愛・仕事相談を行っている関口さんが、テーマに沿った音楽やクラシック音楽の魅力をアーティストと共に紹介します。オープニングトークでは、パーソナリティー自身の近況なども語られ、ファンにとってはたまらないものとなっています。

Memories&Discoveries
放送局:TOKYO FM 他37局ネット
放送日時:毎週火曜~金曜 5時00分~5時30分
※放送局によって日時が異なる場合があります。
出演者:早見沙織
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

この記事を書いた人

radiko編集部

radiko社員が「ラジコを通じて、ラジオの良さをもっと知ってもらい、皆さんが面白い番組に出会うキッカケ」になるように、ラジオ各局の情報をまとめて発信中。radiko newsでは、新番組へのインタビュー、さまざまなテーマに沿ったまとめ記事など、独自の切り口でも番組をご紹介しています。ラジコ公式SNSの情報更新も行なっています。

radiko公式Twitter

radiko公式Instagram

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

八女茶スパークリングにサウナ―注目のサウナで最高のととのい!?

八女茶スパークリング

北部九州・山口災害情報パートナーシップを結ぶコミュニティFM各局とRKBによるコラボ番組『ローカる!』。地域密着のコミュニティFM局のパーソナリティにとっておきの街ネタを紹介してもらう。8月は八女市にあるFM八女の中島直樹さんと「夏を全力投球」というテーマで八女の魅力を再発見していく。14日(日)の放送ではおしゃれスポットへ生まれ変わった八女市健康増進施設のべんがら村を訪れた。(報告・荒木風花ディレクター)

Facebook

ページトップへ