財津和夫、「音楽を引き受けてくれた」とTULIPのコピーバンドに賛辞を贈る

TULIP・財津和夫が、時にはTULIPのコピーバンドに対するメッセージをお届けするRKBラジオ『財津和夫 虹の向こう側』。今回は、コピーバンドの活動に賛辞を惜しまない財津の本音と、50周年ツアーの後はカバー曲でソロコンサートをやってみたい、という財津の思いがけない悩みもお伝えします。

コピーバンドは、なぜかボーカルの声まで似てしまう

この番組でも何度も取り上げている通り、ビートルズを敬愛している財津和夫がリーダーのTULIPは、ビートルズをトリビュートしてきたグループとしての側面も大きい。
ご存じの通りTULIPも結成から半世紀が過ぎ、日本全国にTULIPのコピーバンドが生まれている。
「嬉しいです。コピーバンドを作って下さるという事は、音楽を引き受けてくれたわけですから」
コピーバンドの演奏についても、YouTubeで時々見ている、という財津。
「皆さん、楽しそうにやってらっしゃいますね。よくぞここまでコピーしてくれたねって、本当に嬉しいです」
「僕らも、ビートルズをコピーした時にそうだったんですけど、姫野が歌っている曲を歌っている人は、やっぱり姫野の声になっているんです・・・本当になんかそういうところが微笑ましくてね。コピーバンドを見ていると、僕が幸せになります」
今回の話題の基となったメッセージの主は、60代を中心とした5人編成のコピーバンドのメンバー。結成してから40年も活動しているという。
「40年!? スゴイねー、という事は僕らがデビューした10年後にコピーを始めたっていう事か。この人たちイイですね。その頃からTULIPを愛してくれて『コピーしようぜ』って仲間ができたわけですから、いやあ本当嬉しいな」と賛辞を惜しまない財津。
私たちもTULIPのコピーバンドをやっている、というリスナーの方、どうぞ番組宛てにメッセージをお寄せください。

仕事を忘れられる仕事とは

以前の放送で、財津が「洋楽のカバーだけでステージをやってみたい」と話した事に感動した、というリスナーからのリクエスト付きメッセージを紹介。
オリジナルよりカバーの方がいいんですかね、とわざとイジケたような言い方をした財津だが、「自分の好きな曲を歌うってことは本当に楽しいですもんね。なんていうんですか、仕事を忘れられる、アマチュア時代頃の自分に戻れるっていうのが良いんですよね」と気を取り直したようにポジティブ発言。
そこからまた翻って「こういう話をしても、『仕事』として考えるスタッフは、『やっぱり青春の影はやった方がいいんじゃないですか』と言う。そういわれると僕も心の中が揺れ動くんですよね。カバー曲の後、青春の影をやると急にまた自分が仕事モードになってしまうかと思うと、どうしていいのかわからない」
そういう場合は、TULIPのコピーバンドの方に来ていただいて、財津さんが楽しく眺めているのはどうでしょうか、という下田アナの提案に財津も大きく同感したところで、リクエスト曲へ。

今日の一曲は、財津が以前のソロコンサートでカバーした事もあるデイヴ・クラーク・ファイヴの「ビコーズ」。1964年の作品。

次回4月21日の放送は、通常通り18時15分(午後6時15分)からの予定です。
詞を作る事、についてお話しします。

財津和夫 虹の向こう側
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週日曜 18時15分~18時30分
出演者:財津和夫、下田文代
番組ホームページ

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

日向坂46高本彩花 佐々木美玲の家に泊まり続けていた過去を明かす「みーぱんの家は安心感がすごくある」「長居しちゃう」

日向坂46の佐々木美玲、河田陽菜、富田鈴花がパーソナリティを務めるTOKYO FMのラジオ番組「ローソン presents 日向坂46のほっとひといき!」(毎週金曜 11:30~11:55)。この番組は、ランチ前に「ほっ」とするような“癒やし”の時間をお届けすることを目指していますが、たまに(?)脱線してしまう番組です。5月24日(金)の放送は、ゲストに日向坂46からの卒業を発表している一期生の高本彩花さんが登場! ここでは、佐々木美玲家で起こったエピソードを語り合っていました。


日向坂46の佐々木美玲と高本彩花


佐々木:私と彩は同じ一期生なんですけど、たぶん一緒にいる時間が一番長いと思うんだよね。

高本:確かに! みーぱんのお家にめっちゃ泊まっていたよね(笑)?

佐々木:泊まってた(笑)!

高本:昔は本当にみんな、ずっと入り浸ってたもんね。みーぱんのお家って、すごく居心地が良いし“泊まっていいよ”って全部受け入れてくれるというか、安心感がすごくあるんだよ。

佐々木:それ、めっちゃ言われる(笑)。

高本:だから、長居しちゃう(笑)。懐かしい~。

佐々木:それでさ、私が飼っていた犬がいて、私は「くま」って名前を付けたのに違う名前で呼んでさ(笑)。

高本:ハハハ(笑)。

佐々木:まだ飼い始めたばかりで、本人もまだ名前を覚えていない頃だったから「違う名前で呼ぶのをやめて!」って、ずっと言ってた(笑)。

高本:それは、みーぱんが不在で、としちゃん(加藤史帆さん)と私でくまの子守りみたいなことをしていた時間があって、としちゃんが(違う名前で)ずっと呼んでいたのよ(笑)。

佐々木:(笑)。でも今は、ちゃんと“くま”って覚えてくれたから良かった。それこそ、くまを一緒に見に行ったのも彩なんですよ。

高本:そうだね! 一緒に行ったわ。

佐々木:あとは韓国旅行も行ったり、それぐらい本当に一緒にいる時間が長いから……。

高本:確かに! 思い返してみればそうだね。

佐々木:思い返さないでちゃんと覚えていて(笑)。

----------------------------------------------------
5月24日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年6月1日(土) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:ローソン presents 日向坂46のほっとひといき!
パーソナリティ:日向坂46(佐々木美玲、河田陽菜、富田鈴花)
放送日時:毎週金曜 11:30~11:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/hitoiki/

Facebook

ページトップへ