意外な効果も!?いま、中小企業がSDGsに取り組むべき理由

櫻井浩二アナウンサー(左)とゲスト・越川智幸さん ©RKBラジオ

RKBラジオの朝の情報ワイド『櫻井浩二インサイト』(月~金・6:30~9:00)は「エリアから世界まで、聴けばいまが見えてくる」がモットー。とくに7:40頃からの「スペシャルインサイト」は週替わりで旬のテーマを、当事者や専門家に直接話を聞く、番組の中核コーナーだ。

7月27日~31日の特集は、今年注目を集めている「SDGs=持続可能な開発目標」について、中小企業がどう関わるべきかをお送りしている。ゲストは、SDGs推進ネットワーク福岡・代表で中小企業診断士の越川智幸さん。越川さんは今月『明快!中小企業のためのSDGs経営』(梓書院)を上梓したばかりだ。

29日の放送では「中小企業がSDGsに取り組むべき理由」についてインタビュー。越川さんはまず「SDGsは人材採用に効果がある」ことを挙げる。“売り手市場”で地方の中小企業が人材不足に悩みを抱えているが、それをSDGsに取り組むことで解決できるというのだ。意外な答えに、櫻井浩二アナウンサーも驚きを隠せない。

しかし、その答えは明快だ。「30歳未満の若い求職者は、企業側がSDGsに積極的かどうかを調べたうえで面接に臨む」というのだ。若い世代は地球環境の問題やジェンダー、ハラスメントに対して、中高年よりも敏感だという。「(若い世代にとって)2030年、2050年は遠い将来のことではないので、われわれの世代以上に自分事として考えている」(越川さん)

また、別の理由としては「資金調達に有利になる」とも越川さんは解説する。地方銀行や信用金庫といった金融機関側の動きとして最近、環境に配慮するなど、SDGsに取り組んでいる企業の方に融資をしたい、という考えもあるという。担保を取るということとは別の側面で、SDGsに取り組んでいるかどうかを、融資の判断材料にしているというのだ。実際に、SDGs私募債を発行した企業に“寄付をする”という形で支援する金融機関も現れている。

30日は、SDGsに取り組む中小企業が社会的信用を得て、事業を拡大した事例を紹介する。

櫻井浩二インサイト
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 6時30分~9時00分
出演者:櫻井浩二、田中みずき、越川智幸
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

ひまわりにも見られる神秘的な「自然界の法則」

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように—ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。7月30日放送分のテーマは「ひまわりにまつわる法則」です。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

ひまわりの中心には、種となる小さな花がたくさん並んでいますが、その並び方は中心から外に向かってらせん状になっています。さらによく見ると、同じらせん状でも左回りと右回りがあるそうです。

それぞれ並んでいる花の数を数えて行くと、ひまわりの大きさに関係なく、必ず3つのパターンのどれかになります。

その1:左回りに21、右回りに34。

その2:左回りに34、右回りに55。

その3:左回りに55、右回りに89。

この21、34、55、89という数字の並びですが、“隣同士の数の合計”が規則正しく並んだものとなります。実際に計算してみると、21+34で55、34+55で89になります。この数字の並びのことを「フィボナッチ数列」と言います。

ひまわりの場合、この数列に従ってらせん状に並ぶと、最も多く並べることができるそうです。そうすることで種を少しでも多くつけ、子孫を残そうとしているのだとか。

「フィボナッチ数列」に基づくらせん状は、ひまわり以外にも松ぼっくり、アンモナイトやオウムガイの殻、台風など、自然界にも数多く見られるのだそうです。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ