オリンピックで声を上げる選手たち~人種、ジェンダー差別に抗議する背景にあるものは

毎日新聞解説委員・元村有希子さん

日本のメダルラッシュで盛り上がる東京オリンピック。無観客開催、マスク着用など異例の大会になっているが、もう一つ大きな動きがある。選手たちがオリンピック理念に基づき、人種やジェンダー問題に声を上げ始めたことだ。毎日新聞論説委員の元村有希子さんがRKBラジオ朝の情報番組『櫻井浩二インサイト』で解説した。

櫻井浩二アナウンサー(以下、櫻井):今回のオリンピック、選手たちが人権問題について発信している点が特徴ですよね。

元村有希子さん(以下、元村):サッカー女子のイギリスとチリの戦いで、試合前に選手たちが片膝をつくというポーズをして話題になりました。これは人種差別への抗議を示すBLM(Black Lives Matter)運動「黒人の命も大事だ」という理念に共感を示しています。これはイギリスが提案して初日から始まりました。日本のチームも、先月24日の試合の際にイギリスと共に片膝をつくという場面がありました。アメリカ国内では、アメフトの試合で片膝をつくという行為は以前からありましたが、オリンピックでは長くタブーでした。

櫻井:オリンピック憲章では、人権問題も含めて政治的な声を上げることは禁じられています。

元村:政治的中立であることが(憲章に)明記されています。1968年メキシコ五輪の時、陸上男子200mで金メダルと銅メダルを取った黒人選手が、表彰台の上で抗議活動をしたことで、IOCに処分されたり、帰国後に栄誉を与えられなかったりしたということがありました。そうしたことが原因で、オリンピックでの政治的活動は封じ込められていたのです。しかし、選手からの声が高まったこともあり、IOC側が今年7月に新たなガイドラインを作りました。それは「特定の人や国を標的にしないのであれば、政治的活動を許容する」という内容です。そこで早速、選手たちが行動を起こしたのです。

櫻井:片膝をつく行為以外にもさまざまな運動がありました。

元村:ドイツの体操女子選手が、チームユニフォームをレオタードではなく、足の先まで隠れる「ユニタード」にしたということで話題になりました。これは女子選手がレオタードを着ることによって性的な視線で見る人がいて、画像の一部を切り取ってSNSで拡散されることへの抗議です。

櫻井:オリンピックでこのような行動が起こっていることについて、関係者からどんな声が上がっていますか?

元村:これは時代の流れでもあるかと思いますが、好意的にとらえています。先ほどの女性に対する視線についても、組織委員会のジェンダー平等推進チームのメンバーは「今まではオリンピック報道に関して、女性には“美しすぎる○○”“ママでも○○”などの形容詞が付くことがあり、パフォーマンスより容姿や女性性が重視されている」と会見で指摘していました。今回の大会は全選手団の半分が女性という、過去最高の女性比率で、その点から考えてもジェンダーに関して意識が高まっていると言えます。また、五輪が掲げている人権問題についてですが、人種やジェンダーなど、あらゆる差別問題を選手自ら声を上げて解消していこうという姿勢が強調されている大会になっていると思います。

櫻井:こういう動きが、これからも盛んに行われるようになりますね。

元村:さらに、メンタルの問題を告白する選手が増えています。アメリカ体操女子のバイルス選手は「もう耐えられない」と、一部の競技を欠場しました。これまで選手というのは、鋼の肉体と心、メンタルも強いことが求められていましたが、今は選手から口にできるような環境になっています。大会期間中のSNS投稿が推奨されるようになったことが背景にあります。大会中の不安定な気持ちを選手が直接発信できる環境になって、見守る側も選手の気持ちを知ることができるようになりました。また、影響が大きかったのは、テニスの大坂なおみ選手が、うつ状態を告白したことです。彼女はBLM運動に積極的に参加し「アスリートも人間で、人権に対して発言する権利があるのだ」ということを体現しました。そのことで、大坂選手のような行動が標準になってきました。これが東京大会のレガシーになり、次からオリンピックの運営が民主的になると思います。

櫻井浩二インサイト
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
出演者:櫻井浩二、田中みずき、元村有希子
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

今年も「変化」を受け入れながら「順応」していく1年に…「2022年の働き方」どう変化する?

TOKYO FMの生ワイド番組「THE TRAD」(毎週月曜~木曜15:00~16:50)。月曜・火曜の放送は、稲垣吾郎(店長・パーソナリティ)と、吉田明世(専属店員・アシスタント)が本質的で流行に左右されない上質な音楽と趣味の話題をお届けします。

ニューノーマルに対応する中小企業を応援するコーナー「THE お仕事ラッド」では、専属ナビゲーター・中川絵美里が東京近郊の中小企業を訪問。新しい働き方など“会社のニューノーマル”に関するエピソードを生中継で紹介します。

1月3日(月)放送のゲストは、ビジネス版LINE「LINE WORKS」を手がけるワークスモバイルジャパン株式会社 マーケティング本部・本部長の増田隆一さん。「2022年の働き方」や「LINE WORKS」について伺いました。


(左から)増田隆一さん、中川絵美里



ニューノーマルに対応する中小企業を応援するコーナー「THE お仕事ラッド」。ナビゲーターをつとめるのは、「THE TRAD」専属店員・中川絵美里(水曜・木曜アシスタント)です。現場に強い仕事用のLINEを提供する「LINE WORKS」と番組がタッグを組んで、首都圏の会社やお店で働いているリスナーと中継を結び、ご自身のお店をPRしてもらいます!

◆「2022年の働き方」…どのように変化する?

稲垣:今日は新年最初の「THE お仕事ラッド」ということで、特別ゲストをお迎えしています。

中川:LINE WORKSを運営しているワークスモバイルジャパン株式会社 マーケティング本部・本部長の増田さんをお招きして「2022年の働き方」についてお聞きしていきたいと思います。

増田さん、初めまして。本年もよろしくお願いいたします! LINE WORKSは、企業やお店、行政などさまざまな職種の方々に利用されています。多くの企業と関わる増田さんから見て、2022年の働き方はどのように変化すると思いますか?

増田:新型コロナウイルスの影響で外出自粛もあって、生活様式や仕事の仕方もガラリと変わりました。仕事の面でいうと在宅ワークへの切り替え。また、それに伴ってオフィスを縮小する会社も増えました。

私たちの身近なところで言うと、ビデオ会議やセミナー、勉強会などもすべてオンラインでおこなうなど、IT活用が加速しました。2022年も変化を受け入れながら、その変化に順応していく1年になると思われます。

稲垣:昨年出演していただいた企業もIT導入の声は多かったですよね。

中川:そうですね。「コロナ禍を機にビデオ会議ツールを利用し始めた」という声や、お店を経営されている方のなかには「YouTubeやInstagramを開設した」という声が多かったように思います。

ちなみに、ワークスモバイルジャパンではコロナ禍において変化した働き方はありますか?

増田:私たちが使っているLINE WORKSは、離れて働く人同士が便利にコミュニケーションを取れるツールで、どこにいても仕事ができるのが強みです。

私たちはコロナ禍で特に大きな仕事の変化はなかったのですが、「社内でLINE WORKSのビデオ通話機能の利用が増えた」とか、リモート環境で働くことが多いので「些細なことでもビデオ通話で相談する」とか、コミュニケーションの機会をたくさん作れるように心がけていますね。

中川:LINE WORKSは、コロナ禍(のビジネス)でコミュニケーションがとりやすいツールということですが、改めて詳しく教えていただけますか?
  
増田:LINE WORKSとは、みなさまが日常的にご利用いただいているLINEとは異なるソフトウェアですが、「LINE」のように使い慣れた操作感で、誰にでも使いやすく作られています。

トークやスタンプの送信はもちろんのこと、仕事用に作られているため、スピード感を持って業務のやり取りをできるのがポイントです。ワンタップでビデオ会議をスタートできる機能などもあります。

また、社員全員に一斉に情報配信する掲示板機能や、(社内チーム)メンバーの予定がわかるカレンダー機能、社員の意見をスムーズにまとめるアンケート機能などもあります。

そんなLINE WORKSは「47都道府県ではたらくすべての人たち」に「仕事、楽しい」を届けることを目標としています。楽しく仕事するには、仕事仲間やお客様との円滑なコミュニーションが大切だと考えます。LINE WORKSでは無料プランもご用意していますので、ぜひ試してみてください。

中川:増田さんありがとうございました。今年も、たくさんのお店や企業に「新しい働き方」についても伺っていきたいと思います。

▶特設サイト:https://www.tfm.co.jp/trad/oshigoto/

<番組概要>
番組名:THE TRAD
放送日時:毎週月曜~木曜日 15:00~16:50
※「THE お仕事ラッド」は毎週月曜16:00時頃、放送予定
出演者:稲垣吾郎(月曜・火曜パーソナリティ)、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)(水曜・木曜パーソナリティ)、吉田明世(月曜・火曜アシスタント)、中川絵美里(水曜・木曜アシスタント)
番組サイト:https://www.tfm.co.jp/trad/

Facebook

ページトップへ