“CDアーティスト世界第1号”ビリー・ジョエルが日本人に愛される理由

音楽プロデューサー・松尾潔氏

きょう5月9日は、ビリー・ジョエルの73歳の誕生日。ビリー・ジョエルといえば、CDで発売された楽曲として世界第1号のタイトルを持つアーティストで、とくに彼のメロディーは日本人に愛されている。RKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』に出演した、音楽プロデューサー・松尾潔さんにその理由を聞いた。

日本のメーカーが開発に加わったCD・だから世界第1号に

田畑竜介アナウンサー(以下、田畑):きょうはビリー・ジョエルの誕生日なんですか?

松尾潔さん(以下、松尾):はい、73歳ですね。ビリー・ジョエル、私が彼の楽曲を初めて聴いたのは高校生の頃だったかな。すごく大人で都会的な香りのするミュージシャンだなという印象を持ちましたね。おそらく多くの50代以上の人たちにとって“初めて手にした洋楽アーティスト”ではないでしょうか。僕が中学生、高校生のときは「洋楽を聴いている」という人の半分ぐらいはビリー・ジョエルを何かしら聴いていたんじゃないかと思います。

田畑:「オネスティ」「ストレンジャー」など、CMでもよく起用される音楽でしたよね。

松尾:当時、アメリカのコロムビア・レコード(現ソニー・ミュージック)の看板アーティストだったので、80年代から親会社であるソニーのステレオコンポのCMで使われることも多く、日本人にとってなじみのあるアーティストになっています。ただ、ビリー・ジョエルがどうやって日本で人気を浸透させていったかというと、1982年に誕生したCD=コンパクトディスクなんです。

松尾:世界第1号の音楽CDが、ビリー・ジョエルの「ニューヨーク52番街」ってアルバムなんですよ。CDの開発は日本のソニーと、ヨーロッパのフィリップスという2つのメーカーが共同でやったわけですが、日本は大きなマーケットであると同時に開発国でもあったんですね。だから世界初の音楽CDは日本から出たんですよ。

松尾:1982年10月1日、ソニーや日立から一斉にCDプレーヤーが発売され、当然そのソフトも同じタイミングに用意されました。ソニー系列から50タイトル、日本コロムビアから10タイトル出たんですが最初に生産されたのは、ビリー・ジョエルの「ニューヨーク52番街」という、1978年に発売されて世界的に大ヒットしていたアルバムだったんです。

松尾:これでビリー・ジョエルは“CD第1号アーティスト”という不滅の名声を築いたのと、CDプレーヤー買った新しいもの好きの人が「ビリー・ジョエルでも買っとく?」「レコード持っているけど、CDでも買っちゃう?」ということで、ビリー・ジョエルの名前が深く浸透していくきっかけになりましたね。

田畑:第1号になったのには、何か理由があったんですか?

松尾:やはり、洋楽アーティストとして当時、ファーストプライオリティだったってことですよね。70年代の終わりにグラミー賞の常連になって、そのタイミングでのCDの開発だったので。

日本人に受け入れられる「一筆書きのようなメロディー」

松尾:ところで、そのときのソニーを代表するアーティストということで当然、日本側のアーティストもいるわけですけど、日本のCD第1号は誰か知っていますか?

田畑:大滝詠一さん。

松尾:そうですね。つまり2人が“良質のポップミュージックの代表”だったってことですね。ビリー・ジョエルはニューヨークの出身ですが、都会の哀歓や都市生活者の悲哀、そういうのを描くのに大変長けていて、メロディーも美しいし、ボーカリストとしても伸びのある高音で人気を博しました。「オネスティ」はアメリカよりも日本で受けた曲のひとつです。

田畑:日本って、ビートよりもメロディーの方が受け入れやすい文化で、そこにハマったっていうのがあるんでしょうね。

松尾:アメリカのビリー・ジョエル。イギリスのエルトン・ジョンって感じですかね。

田畑:「オネスティ」のメロディーの抑揚とかはすごく胸を打つ響きがありますよね。

松尾:「一筆書きのようなメロディー」って言われることが多いですけれど、ブレスの位置も独特で、スタジオ録音なのにライブを聴いているような気持ちにさせてくれる。息使いを感じさせるコーディングですよね。この曲はアメリカでは最高位24位、トップテン入りはしていないんですが、日本では大変人気があって、日本人好みでもあるし、実際いろんな人たちがカバーしているんですね。たとえば島津亜矢さんもその一人です。

松尾:本当に空気が一変するような美しいメロディーですよね。島津さんは松田聖子さんの歌のカバーも絶品なんですが、彼女が歌うことによって、ビリー・ジョエルのメロディーが日本で愛された理由もよくわかる。素晴らしい翻訳者の役割も果たしているような気がします。

田畑竜介 Grooooow Up
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

※放送情報は変更となる場合があります。

政府が原子力政策大転換 「現実味のない話が暴走。岸田政権がなぜ駄目かを象徴している」辛坊治郎が批判

キャスターの辛坊治郎が11月29日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。政府が示した今後の原子力政策の行動計画案について、「現実味のない話が暴走している。岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している」と批判した。

第4回GX(グリーン・トランスフォーメーション)実行会議を開催した岸田総理 2022年11月29日 総理大臣官邸 ~首相官邸HPより https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202211/29gx.html

経済産業省は28日、今後の原子力政策の行動計画案を示した。廃炉が決まった原子力発電所の建て替え(リプレース)として、従来型より安全性を高めた次世代原発の開発、建設を進めることや、現在は最長60年とされている運転期間の延長を認めることが柱となっている。

辛坊)日本で原子力発電所の運転期間は2011年に発生した東日本大震災の後、「原則40年、最長60年」と規定されてきました。国内の既存原発33基のうち再稼働は10基で、運転期間の上限60年だと残りの23基が再稼働しても、2070年に原発はゼロになります。ただ、こうした見通しは震災後から見通せていたことです。そのため、不足分の電力は別のエネルギーで補うことが考えられてきたわけです。

この方針は安倍政権でも菅政権でも変わりませんでした。しかし、岸田政権になって突然、変わりました。岸田政権は、老朽化して廃炉が決まった原発を対象に、安全性の高い次世代型原発への建て替えを進めようとしているのです。これは、現在の国内環境では、新しい立地に新しい原発を造るのは無理だろうと分かっているからです。岸田政権はまた、1基の出力が100万キロワット規模の標準型より小さい30万キロワット規模の原発への建て替えを考えています。事故を起こした際のリスクも念頭にあるのでしょう。

東日本大震災に伴う津波で、東京電力福島第1原発は原子炉の冷却に必要な電源を失いました。その結果、炉心が溶融して原子炉建屋の爆発につながりました。そこで、岸田政権が建て替えに想定している次世代型原発は、電源を失っても冷却できる空冷式のタイプです。こちらも安全対策を考慮してのことでしょう。

しかし、建て替えはそう簡単なことではないと思いますよ。なぜなら、かつて建設の同意を得られた住民だからといって、同じように同意を得るにはかなりハードルが高いだろうと考えるからです。また、出力を小さくするといっても、例えば100万キロワット相当の出力を確保しようとすれば、少なくても3基は造らなければなりません。そうなれば、結果的に小さな出力の原発をあちらこちらに建てることになります。さらに、核廃棄物処理の課題も残ります。現在の国内環境を見渡せば、まず無理でしょう。

安全対策のコストを考えても、原発は圧倒的に経済的に見合わないことが明らかになってきています。自然エネルギーのほうがトータルのコストで安いです。そうしたことがはっきりとしてきている状況の中で、岸田政権は建て替えを言い出しています。

このように、現実味のない話が暴走している感じがしますね。仮に「現実味はある」と言うのであれば、論理的な説明が必要ではないでしょうか。そうした論理的な説明がなく、岸田政権は安倍政権や菅政権がしなかった方針転換を突然、しようとしています。岸田政権は、原発の建て替えを進めたい思惑を持つ一部の人たちから、政治的な支持を得たいのでしょうね。この岸田政権のやり方は、岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している事象だと感じます。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ