停電復旧に3日!テクノロジーの最先端シリコンバレーは電力が不安定!?

世界の流れは「脱炭素」。アメリカのシリコンバレーではすべての電気が再生可能エネルギーで賄われている地域がある。しかしそこには、“テクノロジーの最先端”らしからぬ日常が起きていた。昨夏渡米し、スタンフォード大学でSDGsについて研究している、尾川真一・客員研究員が5月22日、RKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』で電力事情について報告した。

電気は100%再生可能エネルギー

私が暮らしている、カリフォルニア州パロアルト市はサンフランシスコの南にあります。ここでは2013年から100%再生可能エネルギー由来の電気が供給されています。基本的には太陽光と風力です。カリフォルニア州なので晴れの日も多いですし、日照時間も長いので、太陽光がメインになるというのは、州内の他の地域でも同じかなと感じています。

頻繁に停電、復旧にも時間がかかる

ただ、太陽光は天気に左右されるため、不安定です。近年、気候変動のせいなのか、去年9月は熱波が来て、カリフォルニア州はものすごく暑かったんです。暑過ぎて、みんなが冷房をたくさん使ってしまったために、夜の電力需要が急激に上がったのですが、太陽光発電による電気はないので、供給が追いつかなくなり、辺り一帯が停電してしまいました。需給バランスが崩れて、逼迫してしまったわけです。

日本とは違ってアメリカの弱いところで、一度停電してしまうとなかなか復旧しません。結局、その日の夜は窓を開けて寝る。次の日もまた夜になると停電して、また窓開けて寝る。という状況が3日ぐらい続きました。復旧を待つというよりは、諦めているというような感じでした。

私は日本のインフラってすごいな、と初めてそのときに感じました。最近でも冬の嵐で木が倒れて電線が切れて停電したのですが、復旧するのに3日ぐらいかかりました。このあたりってテレワークをしている方が多いので「Wi-Fiが切れてテレワークができません」という方が結構いましたね。

不満が募りそうなものだが…

すごく不思議なんですが、テクノロジーの最先端といわれているシリコンバレーなのに、あまりにもインフラが弱いんですね。スタンフォード大学は学内の電力を100%再エネで賄っていますが、先ほどと同じように夏暑過ぎてみんなが冷房を使うと、電気が足りなくて停電しました。

停電すると、建物の入口にある電子ロックが開かなくて、中に入れなくなります。ところがこういうことが起きても、社会全体がそれを常識としてとらえているので、苛立ったり不満を募らせたりする人は私が見る範囲いませんでした。

日本は真似できるのか?

日本も2050年にカーボンニュートラルを実現するという目標を立てているので、それに向けて着実に再エネの比率を高めていくことは必要でしょう。けれども、この間もG7環境会議で、日本は火力発電所を維持する方向ということで、世界的には批判されていました。

なかなかこの問題の解決は難しいと感じています。まず日本社会が、アメリカで起きている電力不足による停電に対し、寛容になれるかどうか。便利であることに慣れてしまっているので、こういう不自由な状況を受け入れられるかどうかというのは、大きな問題だなと思っています。

もう一つは国の地理的な問題として、アメリカや中国のように広い国土があるところの再エネ政策って、砂漠のような何もない土地に太陽光パネルをずらっと並べて、風力発電も10基20基じゃなくて山全体、丘全体を覆うように風車を建てています。規模が違うんです。この規模でできるアメリカや中国だから、風力、太陽光で再エネの6~7割を確保できているんです。

再エネ政策は日本独自の方法で

でも、日本はそうはいかないですよね、山が多いですから。山の斜面に太陽光パネルを並べるとなると、エリアは限られるし、労力もすごくかかる。日本は日本なりの再エネ政策を進めていくのが一番いいと感じています。

例えば水資源は豊富なので、水力という手もありますし、バイオマス発電もありますよね。それから、福岡県でも一部導入されていますが、田んぼや農地の上にソーラーパネルを設置するといった、ソーラーシェアリング農業といった方法もあります。そういったものを組み合わせていくしかないのかなと思っています。

やはりアメリカに来て感じるのは、「世界の流れは完全に再エネ、カーボンニュートラル」ということ。日本にいると、そこまで緊迫感は感じませんでした。

スタンフォード大学客員研究員・尾川真一さん

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

田畑竜介 Grooooow Up
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
出演者:田畑竜介、武田伊央、尾川真一
番組ホームページ
公式X

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

蓮舫氏の政治生命は限界? 石丸氏にも不安点…都知事選敗者の今後を読む

7月15日(月) 寺島尚正アナウンサーがパーソナリティを務めるラジオ番組『おはよう寺ちゃん』(文化放送・月曜日~金曜日 午前5時00分~9時00分)が放送。月曜コメンテーターで経済評論家の上念司氏と、都知事選で敗れた蓮舫氏、石丸氏について意見を交わした。

 

今回の結果が蓮舫氏の攻勢限界点では?

東京都知事選で落選した前立憲民主党参院議員の蓮舫氏がSNSで今後の活動について「今は、国政選挙はもう考えていない」と述べ、立候補の考えがないことを明らかにした。投開票からおよそ1週間となったおととい夜、都知事選後では初となる動画配信で、「国政から卒業して、都知事に手を挙げ、すごい景色を見た。120万を超える人が『蓮舫』と書いてくれて、これでまた国政に戻るというのは違う。渡り鳥みたいになる」と述べた。蓮舫氏は都知事選で、立憲や共産党などの支援を受け、およそ128万票を得たが、3位だった。

寺島アナ「上念さん、この表明についてはどうご覧になってますか?」

上念「う~ん、政治生命が終わったかな?みたいに見えちゃうんですけど、どうでしょう。128万票で3位だったので、これが彼女の攻勢限界点になるんじゃないですかね。では何するのか。このまま4年後の都知事選挙を目指すかは分からないですけど、その時はどうなっているんですかね。タレントとしても、若い世代はタレント時代の蓮舫さんを知ってる人はあまりいなくて、40歳ぐらいだともう政治家のイメージみたいですね」

寺島「ああ、もうすでにね」

上念「50代ですよ、蓮舫さんがタレントだったこと覚えてる人は。となるとやっぱなかなかきついですね。歳月人を待たずとはよく言いますね」

一方、東京都知事選で2位に躍進した前広島県安芸高田市長の石丸伸二氏はきのうテレビ番組に出演し、自民党の派閥パーティー収入不記載事件について「一言でいうとダメだが、ダメなことをなかったことにしようとしている自民党が究極的に終わっている」と述べた。その上で、石丸氏なら自民党をどう変えるかと共演者に問われると、「私をトップに据えてくれるなら、自民党に入ってもいい」と述べ、「でも、ないでしょうね」と答えた。

寺島「上念さんは石丸氏の今後について、どうご覧になりますか?」

上念「石丸さんは、ポスター代を踏み倒して裁判で負けてますよね。そういうブーメランになりそうなことは、ちゃんとやってたほうがいいと思います。あの踏み倒し方は、結構ひどいですからね。そういった常識がないような指摘をされてる部分をどうするのかと。自民党を俺が変えてやるみたいな偉そうなことを言うのはいいんですけど、政治家は厳しく見られるので、その辺はどうなのか。そこまで言うなら、じゃあご自身はどうなんですかと言われるので、それも考えて発言してるのかなと、ちょっと心配です」

Facebook

ページトップへ