ロス疑惑を例に考える「ジャニーズ性加害問題を報じなかった」理由

元サンデー毎日編集長・潟永秀一郎氏

ジャニー喜多川氏の少年たちへの性加害を認めた、ジャニーズ事務所の会見が9月7日開かれた。翌8日、RKBラジオ『立川生志 金サイト』に出演した、元サンデー毎日編集長・潟永秀一郎さんが改めて「メディアはなぜ、この問題を報じてこなかったのか」についてコメントした。

社会部記者には縁遠い“芸能界の話”

予めお断りすると、今回の話は、あくまで私に見えていた世界です。それはおそらく、長く芸能界と接点がある方々や、同じメディアでも、テレビのキー局や広告代理店などの方々が見えるものとは違う、メディアの端っこの、一記者の視点で、浅はかかもしれません。あくまで私の視点、個人史としてお話しします。

週刊文春がこの問題をキャンペーン報道した1999年当時、私は毎日新聞福岡総局(現・福岡本部)の記者でした。仕事柄、新聞各紙は毎日必ず目を通していましたが、週刊誌は正直、見出しを斜め読みする程度で、このキャンペーン記事もきちんとは読んでいませんでした。

全国紙で芸能関係の取材をするのは、学芸部や文化部と呼ばれる部署で、社会部だった私は取材対象でなかったことも理由の一つです。これは東京本社も同じで、事件や裁判になって初めて、社会部が取材します。ですから、ジャニーズ事務所が文春を名誉棄損で訴え、ジャニー氏の性加害に関して1審では事務所側が勝訴、2審で文春側が逆転勝訴したことは新聞記事で知っていました。

今回「あの時、メディアがきちんと報じなかったことが問題をここまで大きくした」という指摘があって、それはその通りだと思うのですが、すみません、当時の私には「世界の犯罪史上に残る多数の少年への性犯罪」という認識はありませんでした。

それはなぜだったんだろう、と改めて考えてみて、思い当たるのは「芸能界を別世界だと思っていたこと」です。戦後、興業の世界には反社会勢力との付き合いがあったとか、新人の売り出しやショーレースには大金が動くとか、どれも伝聞で耳にした生半可な知識が「芸能界は多くのタブーがある別世界だ」という認識に置き換わって、その一つと片付けてしまったということです。

また、これは多くの指摘がありますが、2017年に110年ぶりに性犯罪に関する刑法が改正されるまで、法的に強制性交の被害者は女性に限定されていたように、男性の性被害を軽視する風潮に、私も染まっていた面があったでしょう。

週刊誌報道が先行した「ロス疑惑」との違い

ただ、「週刊誌ネタだったから大きく扱わなかったんだろう」という指摘は、私はちょっと違うと感じています。というのも、同じく週刊文春が1984年に報じた「ロス疑惑」は、テレビも新聞も大々的に後追いしたからです。

私は翌85年に毎日新聞に入社しましたが、こちらは自分の持ち場と関係ないのに、毎日ニュースを追っていました。余談ですが、渦中の三浦和義氏が警察に逮捕されたとき、親しい先輩記者が当の三浦氏と一緒にいたという話をのちに聞いて、驚いたことがあります。

それはさておき、私が「ロス疑惑」事件に触れるのは、ジャニーズ問題を考えるうえで二つのポイントがあるからです。

一つは、捜査当局が動くかどうか。さっき言った通り、ロス疑惑では警察が動きました。85年9月、警視庁が三浦氏を妻の殺人未遂罪で逮捕し、のちに有罪が確定しました。これは反省を込めて言いますが、社会部記者は警察や検察が動く「事件」には過剰に反応します。「抜いた、抜かれた」の特ダネ競争になるからです。

決して当局に責任転嫁するつもりはありませんが、もしジャニーズ問題もあの裁判の後、警察が強制わいせつなどで捜査に動いていたら、社会部は学芸部を押しのけて取材に走っていたでしょう。「捜査当局が動かなくても、犯罪は犯罪だろう」というお叱りを覚悟の上で、これが一つ目の現実です。

もう一つは、訴訟への恐れです。三浦氏はその後、妻の殺人容疑でも立件されますが、1審の有罪判決が高裁で逆転無罪となり、最高裁で確定しました。三浦氏はこの間、犯人と断定するかのような一連の報道に対して500件近い名誉棄損訴訟を起こし、その多くで勝訴して賠償金も得ました。

ジャニーズ訴訟では最終的に文春側が勝訴していますが、事務所が文春を訴えたとき、話題になった一つが1億円を超える損害賠償請求額の大きさでした。私は、これは他のメディアに対する一種の脅しである「スラップ訴訟」の側面があると思っています。

訴えられた側は、たとえ勝っても、弁護士費用や時間的拘束などで大きな負担を受けます。特にフリーのジャーナリストにとっては厳しく、「ロス疑惑」報道で敗訴が相次いだ後のメディアには余計、このジャニーズ裁判は「触らぬ神に…」的な圧力になったと思います。

週刊誌にとって「売れる表紙」という存在

以上が、新聞記者当時の私の視点で、ここからは週刊誌の編集長になってからの現実です。

いま当時を振り返って、ジャニー氏の性加害問題について、NHKを含む在京キー局や文春以外の雑誌などの「防波堤」になったのは、間違いなくジャニーズ事務所のスターたちです。それは彼らが意図的に守ったということでなく、結果的にそうなったのですが、ここにも二つのポイントがあります。

一つは指摘されている通り、経済的価値です。私は編集長当時、サンデー毎日の表紙にジャニーズ事務所のタレントさんを積極的に載せました。正直に言います。それは「売れる」からです。雑誌の表紙は、書店やコンビニの棚を飾りますから目につきやすく、芸能事務所にとってはタレントさんの宣伝になるので、多くの売り込みがあります。

ただ、ファンの多いタレントや俳優さんは別格で、逆にこちらからお願いすることが多く、ライバル誌にしか登場しなかった、ある俳優さんの事務所には、私が直接交渉に行ったこともあります。

そういう事務所に比べると、ジャニーズ事務所は平等というか上手でした。幹部が、特に人気の高いタレントさんは、各誌にほぼ均等に割り振り、売れっ子ほど忙しい年末でも、正月の特大号用に時間をとってくれました。

今思えば、事務所側には、それでジャニー氏の問題などに切り込ませないという意図があったのかもしれませんが、そもそも「サンデー毎日」は芸能系のゴシップを書くことはほとんどなく、そういう取材体制も取っていませんでした。だから、ただ「協力的でありがたい」という感覚しかありませんでした。おめでたいと言われればその通りですが、これが正直なところです。

抜け落ちていた取材対象との距離感

もう一つは、タレントさんと知り合った後の、心理的側面です。これは5月のこの番組でもお話ししましたが、インタビューやテレビでご一緒するなどして、個人的に話をする機会が増えると、事務所の暗部を考えることを無意識に避けていたように思います。頭の片隅に性被害のことがあっても、この人をそんな風に見たら失礼だ、という思いです。

会見で井ノ原快彦氏が言った「得体のしれない、触れてはいけない空気」とも少し違う、目の前の人が尊敬の念を込めて面白おかしく語る「ジャニー像」に少し戸惑いながら、むしろ藤島ジュリー景子・前社長が言った「みんなが、そういう事があってスターになったのではない」という言葉を信じるような思いです。

それは今、冷静に考えると、スターを特別視して、被害者を二重に傷つける考え方でもあると気づくんですが、すみません。抜け落ちていたのは、取材対象との距離感を保つ大切さです。少なくとも報道に携わる者は、どの世界であれ、身内意識を持ってはいけないことを、改めて反省します。

以上が、7日の会見を見て、私が痛みとともに振り返ったことです。私はもう現場を離れましたが、後輩たちと会う機会があれば、頭(こうべ)を垂れて話したいと思いますし、今回のことで芸能報道は変わり、タブーはもう許されなくなるのだと思います。

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

◎潟永秀一郎(がたなが・しゅういちろう)
1961年生まれ。85年に毎日新聞入社。北九州や福岡など福岡県内での記者経験が長く、生活報道部(東京)、長崎支局長などを経てサンデー毎日編集長。取材は事件や災害から、暮らし、芸能など幅広く、テレビ出演多数。毎日新聞の公式キャラクター「なるほドリ」の命名者。

立川生志 金サイト
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週金曜 6時30分~10時00分
出演者:立川生志、田中みずき、潟永秀一郎
番組ホームページ
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

#139 パリ五輪が近づく中で吉田沙保里さん登場!スベリンと柴田英吉が対峙した日曜地獄

オープニングトーク

岡田師匠の「1週間早いなぁ〜、色々あるなぁ〜」というお言葉から始まったスペシャルウイークの今回。
しばんちゃんからは「色々あります?」という返答があり、話を促しつつも本当に色々あったのかなぁという疑念の混じった言葉だったことに気付いたおかしばの申し子は「おかしば検定3級」です。そして色々あったと言いつつ話はないんかいというツッコミを用意したあなたは「おかしば検定準二級」です。
そんなそれぞれの思惑がある中で始まった師匠のトークは「肩が痛くて病院に行った話」
エピソードきょうはあるみたいです、しばんちゃん、甲斐ちゃん、スタッフ、3級の資格を持っているおかしばの申し子はエピソードがあったことにホッとしつつも、無いことを望んでいる自分がいることに気付いたことでしょう。
色々と肩の現状を話す岡田師匠ですが、話を聞いたしばんちゃんの返答は「おじさんのオープニングトークだなぁ〜」でした。
そしてしばんちゃんのオープニングトークは「スタッフに忖度がない話」
師匠が55才でパーマをあてた時も特に反応がなく、スペシャルウイークの反響を聞かれたら「ボロボロです」と答えるスタッフに対してしばんちゃんが吠え倒しています。
ラジオ界の雄「日曜天国」はみうらじゅんさんをゲストに迎えて緩やかトークで行く中で、我々は金メダリストを呼んでガチンコ勝負、果たして結末はどうなんでしょう!
超人がゲストということで岡田師匠が野球界の超人・糸井嘉男さんと仕事をした際のエピソードを披露。
糸井さんは野手として野球界に数々の記録を残していますが、実は投手として野球界に入団しました。ただランナーが出た時にクイックモーションをしようとしたら体のどの部分から動かしたらいいのかが分からずプルプルゆらゆらマウンドで震え出し、その震えのせいでクイック酔いをしてしまったということで野手に転向したということです、どういうことだ!
するとしばんちゃんも先日、偶然新幹線で超人・糸井さんと会ったということでエピソードを紹介。
柴田「壁かと思ったら糸井さんだった」
柴田「上を見たら頭が車両の天井を突き抜けていた」
岡田「野球選手の中で身体の逆三角形が一番すごい」
柴田「羽根が生えてるぐらい肩幅が広い。デビルマンのよう」
そんな超人・糸井さんに匹敵するのがきょうのゲスト「吉田沙保里さん」です。
岡田「最近話題になっている猪の駆除、高速タックルでなんとかできる」
柴田「瞬間的なスピードなら猪より速い」
柴田「低さも猪より低い」
岡田「追い込まれた時の角中ぐらい低い(角中の打撃フォームついては各自ネットで調べて下さい)」

ゲスト「吉田沙保里さん」

改めまして本日はゲストに「吉田沙保里」さんが登場!そうです、霊長類最強女子です!
霊長類最強男子カレリンの連勝記録を塗り変えたということで霊長類最強女子の称号を獲得し、その後も凡人の手には届かないスーパーな称号を数多く持っています。
たくさんの伝説的エピソードから父との物語、オリンピック決勝で負けてしまった時の話、猪と戦ったらの話など、本に出版できる内容でお送りしました。勝ち続けられる秘訣、そして吉田沙保里の名言集も飛び出しています!※恋愛トークでは6回告白してフラれた話も。
206連勝の話では「途中小学生相手に稼いだの?」「テンション上がらない時もあったでしょ?」「きょうは別にいいかなって日はあるんですか?」「ガスの元栓止めたかなってあるの?」
吉田沙保里「ないです!ALSOKに入ってるんで安心してます」
現役時代からバラエティ番組に出演していることについても聞きました。
柴田「バラエティ番組に出て試合に負けたりしたら叩かれるんじゃないですか?」
吉田「人は人なんで。自分が楽しかったら、また頑張ろうって気持ちになれるんで」
柴田「バラエティ番組に出てガス抜きできたからこそ勝てたりもするんですね」
吉田「そうですね、気持ちの切り替えになりましたね」
そして師匠が終始言っていたのが「吉田沙保里をもっと神格化してほしい」とのこと。
岡田「来てくれて嬉しいけど、気楽に文化放送に来てほしくないのよ」
柴田「そうですね、SPを5人ぐらい連れてね」
岡田「ゴルフとかも行ってほしくないのよ。やるならクラブを持たずに素手一本でやってほしいのよ」
国民栄誉賞をもらった際には副賞として「ミキモトの真珠」を頂いたそうです。受賞者によって副賞は変わるそうで、13連覇で国民栄誉賞受賞ということで13ミリの金の真珠だったそうです。
柴田「俺がもしも国民栄誉賞を受賞したら何を貰えるんだろう?」
岡田「えっ?」
柴田「なんなんだろう、俺の副賞?」
岡田「ダメ出しです」
柴田「ビンタとダメ出し」
吉田「厳しい!」
そんなワチャワチャ愉快なトークをしていますが、引退を決断した時のエピソードは必聴です、radikoで聞いてみてくだい。
※師匠曰く「このトークは初出しです」「沙保里さんは今涙を浮かべています」
※吉田さん曰く「初出しではないです」「笑ってます」「気持ちはこもっています」

爆笑!おかしば大喜利

6th Seasonも残り僅か。若干パ・リーグと同じように上位陣が抜け出してきていますが、プロ野球との違いはこちらには「岡ポイント!」という師匠の気分次第で得点が量産されるシステムがあります。最後まで諦めずにチュンピニョオオン(チャンピオン)を目指しましょう!
今週のお題は「ひとつの要素を加えて野球を台無しにして下さい」です。
メールを送っても全然回答が読まれず0ポイントのおかしばの申し子に朗報です、あなたの下の人もいます。
現在−2ポイント<ワンワンニャンニャン菊地さんと奥様>です、良ければ回答を参考に来週もチャレンジ宜しくお願いします!
<ワンワンニャンニャン菊地奥様の回答>
⭐︎ホームベースがブーブークッションになっている
⭐︎ユニフォームが高級ブランドでできている
⭐︎9回の裏にホームランを打ったら1億点!
⭐︎監督の指示出しが手旗信号
⭐︎球場の砂がすべて鳴き砂なので、選手が踏むたびにキュッキュッと鳴く
<ワンワンニャンニャン菊地さんの回答>
◎待った!あり
◎ホームランボールをお客さんがキャッチしたらアウト
◎点数が入る度にベンチでビールかけ
◎ネクストバッターズサークルで打順が回ってくるまでグルグルバット
◎乱闘になったらチームの代表同士がピッチャーマウンドで相撲を取る
来週のお題はRN:へふな〜さん考案のお題です。
「岡田師匠のタイトルコール<爆笑!おかしば大喜利〜>本当はなんて言ってる?」
回答例)ちくしょ〜!おにぎり食べてぇ〜!
回答例)ハクション!おったまげた話〜!
※なんでもありにならないように自分で自分を戒めましょう!

エンディング&今日の業務連絡

エンディングトークはきょうは楽しかったという話。
吉田沙保里さんにまた出てほしいしばんちゃんと神格化して欲しいから気軽に出てほしくない岡田師匠が謎のバトルを繰り広げています。
来週のメッセージテーマは「スカッとした話」
梅雨の季節になりジメジメしてきている今日この頃、そこでこちらのテーマです。
爽やかなスカッとエピソードからスカッとした様なしてない様なエピソードまでとりあえずメールをお願いします!

きょうは徒歩で文化放送に来たしばんちゃん、外は25℃、湿気は先ほどまでの雨の影響で80%超えと汗だく決定の条件は揃いました。
早速テーブルに着くや否や服を脱ぎ捨て全身を冷感シートで拭き拭き、その模様はYouTubeにアップ予定、BANされる前にチェックお願いします。
そんなコンディションを整えている中で最近は15分ほど早い文化放送入りをしていた岡田師匠がなかなか来ず。結局以前ぐらいの時間で文化放送入りをしたのですが、少し心配になったスタッフ一同でした。その辺りの模様も乗せるかも。。。
SeeYou!

X:https://x.com/okashi_joqr
Podcast:https://podcastqr.joqr.co.jp

Facebook

ページトップへ