「値上げの10月」庶民の味方・第三のビールから税金考えるきっかけに

10月から酒税法が改定されて「第三のビール」などの酒税が上がる。世のなか値上げラッシュで、今年に入って食品だけでその数およそ3万品目にも及ぶが、今度は「庶民の味方」も対象となる。9月22日にRKBラジオ『立川生志 金サイト』に出演した、元サンデー毎日編集長・潟永秀一郎さんは「税金の使い道を考えるきっかけに」と呼びかけた。

そもそもなぜ「第三のビール」なのか?

今回の酒税改定は6年前、2017年にすでに決まっていて、3段階に分けて実施される2回目です。上がるのは第三のビールとワイン。下がるのは、ビールと日本酒です。ただ、第三のビールの上げ幅が大きくて、節約のためにビールから替えたご家庭も多いでしょうから、「痛い」という声が多くて、実は、かく言う私もそうです。

まずはビールの区別から復習します。酒税法上「ビール類」には三つの種類があります。一つ目はビールで、国税庁の定義は、「麦芽比率が全体の50%以上で、米や果実、香味料などの副原料が麦芽重量の5%以内のもの」です。銘柄で言うと、アサヒ・スーパードライやキリンラガー、サッポロ黒ラベルなど。

ちなみに、ビール大国のドイツでは600年以上前にできた「ビール純粋令」に「ビールは麦芽、ホップ、水、酵母のみを原料とする」とあって、日本で当てはまるのはキリン一番搾りやサントリー・プレミアムモルツ、エビスビールなどです。

二つ目は発泡酒で、こちらは麦芽比率がビールより低い「50%未満」で、副原料はビールで認められていないものも含めて、「麦芽の5%以上」使えるなど、条件が緩やかです。代表格は「淡麗グリーンラベル」です。

そして、そのどちらにも当てはまらないのが「新ジャンル」とも呼ばれる第三のビールで、銘柄で言うと「本麒麟」や「金麦」「クリアアサヒ」や「麦とホップ」などが該当します。製法など詳しくは後でお話しします。

発泡酒を狙い撃ちした増税

では次に、酒税の税率がどう変わってきたか――です。というか、酒税の変遷が新しいビール系飲料を生んできたとも言えます。

転換点は今からおよそ30年前の1994年でした。一般家庭に冷蔵庫などなかった戦後の復興期、「ビールはぜいたく品」だったので日本のビールの税率は高く、令和の時代になった今でもドイツのおよそ20倍、消費税も含めるとビール代のおよそ4割は税金という状況です。

そこで「味は、ほぼビール」でも「酒税法上ビールにならない酒」を造ろうと、サントリーがこの年発売したのが、発泡酒の「ホップス」でした。当時、酒税法はビールの定義を「麦芽の使用率67%以上」としていて、それを下回ると税率の低い「雑酒・発泡酒」が適用され、65%のホッブズは安く出せたんです。他社も参入して、ビール系の発泡酒というジャンルが生まれました。

ところが、政府は2年後の1996年に酒税法を改定し、麦芽率50%以上の発泡酒の税率をビールと同じにします。発泡酒を狙い撃ちにした増税で、各メーカーは麦芽比率50%未満の商品開発でこれに対抗しました。おりしもバブル崩壊後の不況期、安さが受けて発泡酒のシェアは2000年代初め、ビール類の半分近くを占めるまでになります。

するとまた狙い撃ちです。2003年5月に発泡酒は増税されて、以後、市場は徐々に縮小します。そこに現れたのが「第三のビール」でした。ビール、発泡酒の次だから「第三の」なんですね。

こんどは第三のビールを増税対象に

この第三のビール、実は2種類あって、一つは「麦や麦芽以外の穀物から作るもの」。もう一つは「発泡酒に麦類を原料とする蒸留酒を混ぜて作るもの」で、ベースは発泡酒なのに、別の酒を混ぜると税率が下がるという酒税法の盲点を突いた商品です。増税されてはかいくぐるという、いわばメーカーと国税庁の知恵比べですね(笑)。最近のヒット銘柄はこちらのほうが多くて、新ジャンルの主流になっています。

その後、2006年にその第三のビールも増税されるなどして、今回の改定が決まった2017年当時の酒税額は、というと、350ミリリットル缶換算で▽ビールは1本77円▽発泡酒はおよそ47円▽第三のビールは28円――でした。

それが2020年の1回目の改定で、▽ビールは7円減税されて1本70円に▽発泡酒はすえ置かれ▽第三のビールは10円弱の増税でおよそ38円――になりました。

そうして今回、10月からの改定で▽ビールはさらに7円ほど減税されておよそ63円になり▽発泡酒は今回も据え置かれ▽第三のビールはまた10円弱あがって、ついに発泡酒と同じおよそ47円になりました。

つまり、この3年で350ミリリットル缶のビールはおよそ14円減税され、発泡酒は変わらず、第三のビールは20円近く増税されたんです。

買いだめには「覚悟」が必要

きのう、近所のスーパーで改めて値段を確認しましたが、ビールは350ミリリットル缶24本のケース売りで安くても4千数百円。一方、第三のビールは3000円を切っていましたから、そりゃあ物価高の今、うちもそうですが、家計の厳しいお宅は第三のビールですよ。

もちろん10月になればビールは下がりますから、それを待つという考え方もありますが、それでもおそらく1ケース4000円そこそこ。値上げ後の第三のビールと比べても、まだ1000円近くは高いはずです。

ということで私、先日2ケース買いました。第三のビールを(笑)。ただし、ここで気を付けなければならないのは、家にいっぱいあるからと、つい飲み過ぎてしまうこと――って、それ私なんですが(笑)。いつもは1本のところを2本飲んでたら、節約どころか高くついて、健康にもよろしくない。

防ぐには冷蔵庫に入れる本数を制限することで、今まで1日1本だったら1本しか冷やさない――買いだめにはそれくらいの覚悟が必要だ、と、これも私がカミさんに言われたことなんですが(笑)。いま駆け込み需要で、店によっては品薄になっているところもあるようなので、生活防衛には(あくまで飲み過ぎない決意の上で)、買い置きも有りかと思います。

3年後にはもう一つの庶民の味方「酎ハイ」も…

ちなみに今回の酒税改定では、冒頭お話ししましたが、ほかに日本酒が減税され、ワインが増税されます。上げ幅下げ幅共に1リットル当たりおよそ10円ですが、実際には資材の高騰などで日本酒はほとんど下がらず、ワインは若干上がるか据え置きのところが多いようだと、大手酒販会社の幹部は話していました。なので、ワインは慌てて買い置きする必要はなさそうです。

さて、2017年に決まった酒税改定。最後の3回目は3年後の2026年10月で、ここでまたビールは減税、発泡酒と第三のビールは増税されて、ついにビール類は3種類すべて同じ税額になります。メーカーがあれこれ知恵を絞って税金の安いビール飲料を開発してきた歴史も、多分これで終わり。しかも次回の改定では、この間ずっと据え置かれてきた庶民の味方「酎ハイ」類の税額も7円上がることが決まっています。

国税庁は改定の目的を「同じような酒の種類なのに税率に差があり、商品開発や販売数量に影響を与えている状況を改め、税負担の公平性を回復する」ため、としていますが、消費者側からすれば、生活防衛のために、ビールから発泡酒、発泡酒から第三のビール、さらには酎ハイへと逃れてきた庶民を追い詰めるように映るのも事実です。

値上げを機に税金の使い道を考える

今月、私はこのコーナーで2回、税金の使い方がおかしくないですか、という話をしました。車を持っていない人にはほとんど恩恵のないガソリン代補助に数兆円も使う一方で、国立大学や学術機関では研究費や冷房代にも事欠く始末だったり、「予備費」という国会の承認なしで使える予算がチェックの甘さで悪用されていたりといった問題でした。

納税は国民の義務ですし、酒税の改定も6年前に私たちが選んだ国会議員が多数決で決めたことです。ただ、庶民に厳しい増税をするなら、その使い道は決して選挙対策などでなく、国民のため、この国の未来のために使って欲しいと、心から願います。

私たちも後で「何でこんなことに…」と後悔しないように、選挙で1票を投じなければいけないと心した、苦いビールの話でした。

◎潟永秀一郎(がたなが・しゅういちろう)
1961年生まれ。85年に毎日新聞入社。北九州や福岡など福岡県内での記者経験が長く、生活報道部(東京)、長崎支局長などを経てサンデー毎日編集長。取材は事件や災害から、暮らし、芸能など幅広く、テレビ出演多数。毎日新聞の公式キャラクター「なるほドリ」の命名者。

立川生志 金サイト
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週金曜 6時30分~10時00分
出演者:立川生志、田中みずき、潟永秀一郎
番組ホームページ
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

#139 パリ五輪が近づく中で吉田沙保里さん登場!スベリンと柴田英吉が対峙した日曜地獄

オープニングトーク

岡田師匠の「1週間早いなぁ〜、色々あるなぁ〜」というお言葉から始まったスペシャルウイークの今回。
しばんちゃんからは「色々あります?」という返答があり、話を促しつつも本当に色々あったのかなぁという疑念の混じった言葉だったことに気付いたおかしばの申し子は「おかしば検定3級」です。そして色々あったと言いつつ話はないんかいというツッコミを用意したあなたは「おかしば検定準二級」です。
そんなそれぞれの思惑がある中で始まった師匠のトークは「肩が痛くて病院に行った話」
エピソードきょうはあるみたいです、しばんちゃん、甲斐ちゃん、スタッフ、3級の資格を持っているおかしばの申し子はエピソードがあったことにホッとしつつも、無いことを望んでいる自分がいることに気付いたことでしょう。
色々と肩の現状を話す岡田師匠ですが、話を聞いたしばんちゃんの返答は「おじさんのオープニングトークだなぁ〜」でした。
そしてしばんちゃんのオープニングトークは「スタッフに忖度がない話」
師匠が55才でパーマをあてた時も特に反応がなく、スペシャルウイークの反響を聞かれたら「ボロボロです」と答えるスタッフに対してしばんちゃんが吠え倒しています。
ラジオ界の雄「日曜天国」はみうらじゅんさんをゲストに迎えて緩やかトークで行く中で、我々は金メダリストを呼んでガチンコ勝負、果たして結末はどうなんでしょう!
超人がゲストということで岡田師匠が野球界の超人・糸井嘉男さんと仕事をした際のエピソードを披露。
糸井さんは野手として野球界に数々の記録を残していますが、実は投手として野球界に入団しました。ただランナーが出た時にクイックモーションをしようとしたら体のどの部分から動かしたらいいのかが分からずプルプルゆらゆらマウンドで震え出し、その震えのせいでクイック酔いをしてしまったということで野手に転向したということです、どういうことだ!
するとしばんちゃんも先日、偶然新幹線で超人・糸井さんと会ったということでエピソードを紹介。
柴田「壁かと思ったら糸井さんだった」
柴田「上を見たら頭が車両の天井を突き抜けていた」
岡田「野球選手の中で身体の逆三角形が一番すごい」
柴田「羽根が生えてるぐらい肩幅が広い。デビルマンのよう」
そんな超人・糸井さんに匹敵するのがきょうのゲスト「吉田沙保里さん」です。
岡田「最近話題になっている猪の駆除、高速タックルでなんとかできる」
柴田「瞬間的なスピードなら猪より速い」
柴田「低さも猪より低い」
岡田「追い込まれた時の角中ぐらい低い(角中の打撃フォームついては各自ネットで調べて下さい)」

ゲスト「吉田沙保里さん」

改めまして本日はゲストに「吉田沙保里」さんが登場!そうです、霊長類最強女子です!
霊長類最強男子カレリンの連勝記録を塗り変えたということで霊長類最強女子の称号を獲得し、その後も凡人の手には届かないスーパーな称号を数多く持っています。
たくさんの伝説的エピソードから父との物語、オリンピック決勝で負けてしまった時の話、猪と戦ったらの話など、本に出版できる内容でお送りしました。勝ち続けられる秘訣、そして吉田沙保里の名言集も飛び出しています!※恋愛トークでは6回告白してフラれた話も。
206連勝の話では「途中小学生相手に稼いだの?」「テンション上がらない時もあったでしょ?」「きょうは別にいいかなって日はあるんですか?」「ガスの元栓止めたかなってあるの?」
吉田沙保里「ないです!ALSOKに入ってるんで安心してます」
現役時代からバラエティ番組に出演していることについても聞きました。
柴田「バラエティ番組に出て試合に負けたりしたら叩かれるんじゃないですか?」
吉田「人は人なんで。自分が楽しかったら、また頑張ろうって気持ちになれるんで」
柴田「バラエティ番組に出てガス抜きできたからこそ勝てたりもするんですね」
吉田「そうですね、気持ちの切り替えになりましたね」
そして師匠が終始言っていたのが「吉田沙保里をもっと神格化してほしい」とのこと。
岡田「来てくれて嬉しいけど、気楽に文化放送に来てほしくないのよ」
柴田「そうですね、SPを5人ぐらい連れてね」
岡田「ゴルフとかも行ってほしくないのよ。やるならクラブを持たずに素手一本でやってほしいのよ」
国民栄誉賞をもらった際には副賞として「ミキモトの真珠」を頂いたそうです。受賞者によって副賞は変わるそうで、13連覇で国民栄誉賞受賞ということで13ミリの金の真珠だったそうです。
柴田「俺がもしも国民栄誉賞を受賞したら何を貰えるんだろう?」
岡田「えっ?」
柴田「なんなんだろう、俺の副賞?」
岡田「ダメ出しです」
柴田「ビンタとダメ出し」
吉田「厳しい!」
そんなワチャワチャ愉快なトークをしていますが、引退を決断した時のエピソードは必聴です、radikoで聞いてみてくだい。
※師匠曰く「このトークは初出しです」「沙保里さんは今涙を浮かべています」
※吉田さん曰く「初出しではないです」「笑ってます」「気持ちはこもっています」

爆笑!おかしば大喜利

6th Seasonも残り僅か。若干パ・リーグと同じように上位陣が抜け出してきていますが、プロ野球との違いはこちらには「岡ポイント!」という師匠の気分次第で得点が量産されるシステムがあります。最後まで諦めずにチュンピニョオオン(チャンピオン)を目指しましょう!
今週のお題は「ひとつの要素を加えて野球を台無しにして下さい」です。
メールを送っても全然回答が読まれず0ポイントのおかしばの申し子に朗報です、あなたの下の人もいます。
現在−2ポイント<ワンワンニャンニャン菊地さんと奥様>です、良ければ回答を参考に来週もチャレンジ宜しくお願いします!
<ワンワンニャンニャン菊地奥様の回答>
⭐︎ホームベースがブーブークッションになっている
⭐︎ユニフォームが高級ブランドでできている
⭐︎9回の裏にホームランを打ったら1億点!
⭐︎監督の指示出しが手旗信号
⭐︎球場の砂がすべて鳴き砂なので、選手が踏むたびにキュッキュッと鳴く
<ワンワンニャンニャン菊地さんの回答>
◎待った!あり
◎ホームランボールをお客さんがキャッチしたらアウト
◎点数が入る度にベンチでビールかけ
◎ネクストバッターズサークルで打順が回ってくるまでグルグルバット
◎乱闘になったらチームの代表同士がピッチャーマウンドで相撲を取る
来週のお題はRN:へふな〜さん考案のお題です。
「岡田師匠のタイトルコール<爆笑!おかしば大喜利〜>本当はなんて言ってる?」
回答例)ちくしょ〜!おにぎり食べてぇ〜!
回答例)ハクション!おったまげた話〜!
※なんでもありにならないように自分で自分を戒めましょう!

エンディング&今日の業務連絡

エンディングトークはきょうは楽しかったという話。
吉田沙保里さんにまた出てほしいしばんちゃんと神格化して欲しいから気軽に出てほしくない岡田師匠が謎のバトルを繰り広げています。
来週のメッセージテーマは「スカッとした話」
梅雨の季節になりジメジメしてきている今日この頃、そこでこちらのテーマです。
爽やかなスカッとエピソードからスカッとした様なしてない様なエピソードまでとりあえずメールをお願いします!

きょうは徒歩で文化放送に来たしばんちゃん、外は25℃、湿気は先ほどまでの雨の影響で80%超えと汗だく決定の条件は揃いました。
早速テーブルに着くや否や服を脱ぎ捨て全身を冷感シートで拭き拭き、その模様はYouTubeにアップ予定、BANされる前にチェックお願いします。
そんなコンディションを整えている中で最近は15分ほど早い文化放送入りをしていた岡田師匠がなかなか来ず。結局以前ぐらいの時間で文化放送入りをしたのですが、少し心配になったスタッフ一同でした。その辺りの模様も乗せるかも。。。
SeeYou!

X:https://x.com/okashi_joqr
Podcast:https://podcastqr.joqr.co.jp

Facebook

ページトップへ